2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.05.29 (Thu)

関東大学トーナメント 5/29 日本体育大VS慶應義塾大

日本体育大82(20-18,15-22,18-20,29-31)91慶應義塾大
080529keio.jpg日体大#27眞庭(4年・F)、慶應義塾大#12小林(3年・G)がどんなプレーをするか、それがこの対決の一つのポイントだった。共に集中した時のシュート力はすさまじいものがある。しかし試合によってはエンジンのかかりが遅く、勝負全体をも左右する。試合はそんな両エースの3Pの応酬から始まり、共に30点を取る活躍。しかし接戦から抜け出したのは慶應大。ファールトラブルに見舞われ、選手を下げざるを得なかった日体大に対し、慶應大は#7岩下(2年・C)がゴール下で積極的にプレー、#19酒井(2年・F)もベンチから出場して19得点をあげた。
一時日体大に詰め寄られる場面もあったが、それでも勝ちを欲するチームは2年ぶりにベスト8へと駒を進めることとなった。

試合の内容と慶應義塾大・小林選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

■GAME REPORT■
080529maniwa.jpg「3Pには3Pで返してやろうと思っていた」という#12小林の言葉通り、開始1分で#眞庭が3Pを決めると、小林もすかさず3Pで返す。その対決に応援団からもどよめきが起こった。日体大は#7岩下につく#24于(2年・F)が立て続けにファール。交代した#15宮村徹(4年・C)がゴール下で連続得点するが、#27眞庭も早々に2ファールでベンチへ。慶應大はリードされながらも#13田上(3年・F)が次々フリースローを獲得、きっちり決めていく。日体大は#3八坂(3年・G)のドライブで2点リードで1Qを終えた。

2Q序盤、#12小林がスティールから倒れ込む勢いでシュートを決め、ここで慶應大は同点に追いついた。#16二ノ宮(2年・G)がファールをもらってフリースローを決めると逆転。すかさず#6宮村悠(3年・F)が3Pで返すが、再び#16二ノ宮の速攻で慶應大が逆転する。勝負が動き出したのは5分。慶應大は#7岩下がゴール下を決めると続いて#16二ノ宮が3Pを沈め、#19酒井がスティールから速攻に走って一気に点差を広げ、10点差に。日体大はトラベリングやファールが続いてリズムが狂ってしまう。しかし#00中西(2年・C)が#23原田(1年・C)からファールを得てフリースローを沈めると、#34小沢(4年・F)の3Pが続き、更に#00中西が#7岩下をブロックして2Qの最後には5点差に戻して終えた。

080529sakai.jpg3Qは#12小林がまたもスティール。岩下へのアシストも決め、#19酒井も変わらず器用で視野の広いプレーでシュートをカバーにいく。日体大は#27眞庭がしぶとくシュートを狙っていく。#12小林がディフェンスについているが、隙を縫ってシュートを放つ。開始2分で3つ目のファールを犯す苦しい状態ながらも、5連続得点でエースとしての気迫を見せつける。慶應大はミスが続いて得点の伸び具合が鈍くなるが、大事な場面に#12小林がきっちり得点し、7点のリードで4Qへ入った。

4Q開始からファール、3秒と続きリズムの戻らない日体大。開始すぐ#6宮村悠が5ファールで退場。完全に慶應大のペースとなると#4鈴木(4年・F)の速攻、#12小林の連続3Pなどで最大18点のリードを奪った。日体大は#27眞庭、#3八坂が攻めていくが、残り3分で岩下に対して好ディフェンスをしていた#00中西が5ファール退場。#3八坂も5つ目を犯してしまう。日体大は外角シュートで追い上げをはかる。「20点近いところを10点にまで戻されたのは反省点」との小林の言葉通り、残り2分で日体大は#34小沢、#24于、#27眞庭が4本の3Pを沈める。しかし追い上げは届かず#27眞庭も退場でタイムアップ。慶應大が2年ぶりにベスト8に進出した。

昨年のシーズン後半は不慮のアクシデントが続き、2部に沈んだ慶應大。選手の能力は1部に遜色ないとされるが、それでも下級生中心であるがゆえにまだまだ不安定な面も多い。しかし負けが続いたチームは勝つことを欲している。次の相手となる東海大はここ数年慶應大にとって因縁の相手といえよう。だからこそ、勝って自信をつけたいところでもある。



◆#12小林大祐(慶應義塾大・3年・G)
080529daisuke.jpgチーム全体がレベルアップを続ける慶應大にあって、昨年から本来の姿を見失って悪戦苦闘しているような状態が続いていた。
もがくのは成長を求めるからである。
慶應大のエースとして期待は大きい。
小林が一皮むけるか否か、この後の戦いも一つのポイントだろう。


-今日の試合を振り返ってどうでしたか。
「内容的に全部悪かったので、その中で勝てたのはいいかなとは思います」

-昨日の東京経済大戦では前半リードされるという悪い内容で、今日それをふまえて気をつけていたことは?
「昨日は出だしが悪くて、今日はそうならないようにやろうと思っていたのですが、結果がついてこなかった。昨日はリバウンドに絡んでいたのに、今日は絡めなかった。シュートタッチが短くて自分の前に跳ね返ってきたのも取れなかったとか、細かい点がチームとしても大きなツケで戻ってきましたね。そこが考え直なければいけない点かなと思いました」

-序盤から3Pも決まって、今日は最初からいい感じなのかなとは思いましたが。
「相手が3Pを決めたら絶対決めようと思っていて、最後までやり通せたのでそこは良かったとは思います」

-眞庭選手についていてどうでしたか?
「日体と筑波の定期戦のビデオを見て、最後に日体大は死にものぐるいで3Pを打ってそれが入るという印象があって、今日もやられてしまいました。そういったところは日体の実力なんだなと感じさせられたし、気をつけなければいけないなと思いました」

-でも今日はコートでよくしゃべっていたと思います。
「昨日佐々木先生にもいろいろ言われたので、それを見返すような気持ちもありました。後は個人的な問題なんですけど李相佰杯の代表に落ちてすごく悔しかったので、絶対東海大とやりたいと思っていました。それが叶ってうれしいです」

-チームとしていえば得点が止まってしまう時間帯があるのはまだまだ課題かなと感じますが。
「今日も最初10点開いて追いつかれて、また3Qで14点開いて追いつかれて、最後も20点開いて相手のああいった3Pで10点に戻される。20点に開いた時の集中力がチームとしての課題です。そこは上級生なので声をかけて集中力を切らさせないようにしなければと思います。精神的な面は自分も佐々木先生に個人の課題としてあげられているし、まだまだで成長していない部分なんですが、明日はそこを心がけていきたいです。集中を持続させられたら絶対負けないと思います」

-明日はその李相佰杯に入ったメンバーもたくさんいる東海大ですが(西村・古川・嶋田)。
「明日の試合のために自分は戦ってきたような部分もあります。せっかくベスト8に入って去年の成績より上になって喜びたい部分なんですが、慶應は優勝した年でもベスト4になれなかったし、その壁を長いこと破れないでいる。だから突破したいと思います。

-明日のマッチアップは古川選手かと思いますが。
「李相佰杯の合宿で一緒にやったのが最後で、向こうもケガの後だったのでどんな状態か今は分からないですが、あと1年は立ちはだかる相手だからそこは気持ちの強さで負けずにいきたいです」

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:58  |  2008トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |