2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.05.29 (Thu)

関東大学トーナメント 5/29 駒澤大VS法政大

駒澤大70(26-17,13-19,22-31,9-14)81法政大
080529kozu.jpgベスト8をかけた戦いに進んだのは国士舘大に劇的な勝利をあげた駒澤大。3部Aのチームながら春シーズンはまとまりのあるところを見せている。
対する法政大は昨年のインカレ準優勝チーム。主力もほとんど残っており、トーナメントには無類の強さを発揮するが、乗ってくるかどうかは試合次第といったところもある。
試合は駒澤ペースで進んだ。法政大らしいプレーが見られるようになったのはようやく後半から。とはいえ、#5神津(3年・C)がフル出場28点と気を吐いたが他は本領発揮とはいかない。格下相手に11点差の勝利というすっきりしない勝負だった。
写真:法政大・神津を守る駒澤大・西。

試合の内容と、駒澤大・井上選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

■GAME REPORT■
080529naito.jpg最初にリードを奪ったのは駒澤大。#17内藤(2年・C)、#74平(3年・F)らのシュートが決まりゲームの入りはいい。残り5分で交代した#7西(4年・F)が更にリズムを作る。カットから#28井上(4年・F)のシュートにつなげると、自身も連続得点、バスカンも奪い一気に法政大をリード。1Qは#28井上がミドルシュートを決めて法政大から9点のリードを奪った。

2Qも追いつかれながら駒澤大は粘る。#9西山(2年・F)の3P、#74平の連続得点で法政大に一歩もひけをとらない。法政大は#91落合(3年・PF)のリバウンドからのシュート、#27福田(4年・SG)の3Pでやっと残り3分で逆転。しかし最後に#7西にフェイクから得点を決められると前半は3点を追う格好となった。

実力差のあるチームがやられるのはたいてい3Q。1部チームはこの3Qの戦い方をよく心得ており、ここで一気にやられれば駒澤大は苦しくなる。しかしこの3Qも駒澤大は粘った。#74平と#28井上が得点の中心となり、#7西が#5神津をディフェンスする。その神津が3P、バスカンとチームをリードするが、得点はつかず離れずといった状態で駒澤大を突き放すことができない。勝負が動いたのは残り4分半で#72坂上亮が決めた3P。ここで#5神津、#72坂上亮、#91落合と続き、差を開いた。#23信平(3年・F)のダンクも出てこれで法政ムードかと思われたが、#3吉田の3P、#8桜井(4年・F)のタップシュートも出て、駒澤大も点差を詰める。3Qでのビハインドは6点。まだ追撃可能な範囲で終えた。

4Q、#64佐々木(4年・PG)、#5神津のシュートで10点差にした法政大。駒澤大は#74平が4ファールで苦しくなるが、#28井上がドライブを決めて気迫を見せる。だが、ディフェンスが厳しくなるとなかなかシュートが打てない。インサイドで好ディフェンスをしていた#7西も4つ目、苦しいながらもシュートも決めて5点差とするが、残り2分で5つ目を犯して退場となると駒澤の得点はここで止まる。法政大は楽勝とはいかないまでも最後に#5神津、#91落合らがきっちり決めて勝利をものにした。だが、1桁の得点で推移した試合は駒澤大の大健闘といえる内容と言えよう。



◆#28井上知徳(駒澤大主将・4年・F)
080529inoue.jpgキャプテンとして大事な場面での得点が目立った。
目標の国士舘大に勝利し、代々木に来られた事が
秋以降のチームにプラスになるに違いない。

-今日の試合はいかがでしたか。
「喜べる訳ではないですけど、勝てないことはなかったなと思います。やっていて自分でもびっくりするぐらい競って、でも4Qでは向こうの方が戦い方を知っていて、こっちはミスをしたりコーチが指示していることができなかったりした。相手の実力にやられたというよりは、自分たちがやることをやれずに負けた感じです」

-代々木でベスト8のかかった試合で緊張などは?
「代々木だし、他のメンバーでそういうのがある選手もいたけれど緊張は自分ではなかったですね。それよりは昨日いい勝ち方をしたのでチャレンジしようという気持ちでした。今回の目標は国士舘に勝つということで、自分が大学に入って“勝った”と思えるような試合ができましたし」

-春から練習試合などでもなかなかいい状態のように見えました。
「まだまだです。でもみんなもっと高いレベルを求めていますし、下級生も育ってきているし、4年生も就職活動がある中で頑張っているので去年よりはいいかと思います。学生らしいチームを目指している部分もあるので、そう言ってもらえたらうれしいですね(笑)」

-筑波や東海ともちゃんと試合できているという感じでした。
「あれは自信になりますね。自分たちがやればできるんだって」

-新人戦もありますが、チームとしては次はリーグ戦ですね。今年は2部復帰にかける思いも強いのでは?
「今日代々木で負けたので、入れ替え戦はもう一度ここに、代々木に来て勝って上がりたいと思います」

-そこに至るまでの課題は何ですか?
「自分たちからですね。自分たちから崩れないことです。やれることはやる。相手がどうこうではなくて自分たちがしっかりやる。それさえできれば」

-今日はでも合わせのプレーなど、法政大よりできている部分も見受けられました。
「まだ終わったばかりで自分ではなんとも言えないですが、これからビデオを見て、コーチたちも考えてくれると思うので、言われたことを自分たちがコートで表現できるようになることが大事ですね」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:58  |  2008トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |