FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2020.01.15 (Wed)

【2019インカレ】プレイヤーズインタビュー #15モッチ ラミン(大東文化大・4年)

191215m1.jpg

目的を持って頑張り続けた4年間
たゆまぬ努力はこの後も続いていく


◆#15モッチ ラミン(大東文化大・4年・C)

春トーナメント3位、リーグ戦初優勝、インカレ3位でシーズンを終えた大東文化大。特に秋以降のチームとしての総合力は、攻守とも刮目に値する見事なものだった。インカレは準決勝の筑波大戦と一歩も引かぬ戦いで軍配は筑波大に上がったが、どちらが勝ってもおかしくない死闘を展開。大会を終えたモッチは1年を振り返り、楽しかったという。

モッチ:今年1年は本当に楽しかった。自分としてもチームとしても成長したと思う。昨年のチームを見て、みんな今年の大東は大丈夫かなと思っていたと思います。そう言われることもありました。それをリーグ戦で優勝できて、すごい、と言うしかない。とてもいい年だったと思う。インカレは優勝したかったけれど、負けてしまいました。悔しいけれど、この1年は無駄ではない。いい1年でした。


インカレ最終日、3位決定戦の出場時間は約8分にとどまった。肩には頑丈にテーピングが巻かれていたが、準決勝で痛めたものだ。試合の終盤、筑波大の三森のディフェンスと腕が絡まり、引っ張られる形になってしまって肩を痛めてしまったという。そのあと勝負のかかったフリースローを2本落としたが、痛みのせいで腕が上がらなかった。

モッチ:あそこで腕を引っ張られる形になって伸びてしまって、やばい、と思いました。最後のフリースローは届かない、ってなりました。言い訳にしたらダメだけど、痛かったな。準決勝はどっちが勝ってもおかしくない試合だったと思う。だから悔しい。みんな頑張ったし、すごくいい試合だった。何が勝ち負けを決めたかわからない試合だったと思う。

191215m3.jpg


こうして3位でインカレを終えたモッチだが、どこか誇らしげだった。「すごいことをしたよ思うんだよ」と言うその言葉に、ただただ頷くばかりだ。チームは彼が1年生のときは2部から1部へ昇格し、2年生ではインカレ優勝を果たした。3年生のときは当時の大東文化大の最高位・リーグ2位となり、4年目には創部初のリーグ優勝を果たした。これが、彼が入学してからの4年間にチームとして成し遂げた記録であり、強豪として成長を遂げていく要の部分にモッチがいた。また、同期たちも呼応するようにぐんぐんと伸びて、今年はいずれも頼れる選手ばかりだった。主将の中村はバスケのこともそれ以外のことも、モッチが相談に乗ってくれて、便りになったと言う。元々人に対してよく話かけるモッチは、コミュニケーションの要でもあったのだ。

モッチ:今年はとてもいいチームでした。春のトーナメントでは自分はそんなに良くなかったけど、韓国に行ってすごくチームが伸びて、それでリーグ戦でも優勝できました。

みんなとはよく話したし、それがチームだからね。キャプテンも浩陸だけじゃ大変なところはあると思う。バスケの経験は自分だってすごくあるから、影からサポートしていくこともチームとして大事だと思ってやっていました。自分はバスケのことを言うときはうるさいけど(笑)、チームのために言っています。ここまでいろんなことを言ってきたけど、みんなもすごくわかってくれていると思います。それは感謝してます。

自分が大東に入る前は大東は2部で、どうしても1部に上がりたかったと思う。自分が入学して1年目に1部に上がって、2年ではインカレで優勝しました。それは半端ない、なかなかないことだと思う。この4年目にはリーグ戦も勝ちました。すごいでしょ?4年間でここまでできるチームはなかなかないと思いますよ。すごく大きい結果を出したと思う。

191215m2.jpg


戦績が物語ることは確かに多いが、この4年間で1部の上位チームとして一目置かれる存在になれたことは意義がある。

モッチ:後輩たちがこれでもっともっと頑張ってくれたら、まだまだ大東は良くなると思う。東海や筑波みたいな、1部でも強豪といつも思われるようなチームになったら嬉しいな。OBとして後輩たちのサポートは話すことくらいしかしかできないけど、それぐらいはやるし、応援も行けたら来ようと思います。

頑張ることって、目的があればいくらでも可能です。自分は学生バスケで終わりたくないし、もっと上でやりたいから、4年間の時間を無駄にすることはできなかった。どんな場面でも目的を持ってやる必要があったし、そのためには頑張り続けるしかない。みんなにもそれをやり続けて欲しいと思います。

この先はプロとしてまた自分の道を自分で切り開いていくモッチ。大学界に大きなものを残してくれたが、この先に続く活躍を祈りたい。

191215m4.jpg


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:44  |  2019インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |