FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2020.01.15 (Wed)

【2019インカレ】大東文化大インタビュー

「モッチには4年間助けられた」
主将として良き同期たちと歩んだ1年


◆#34中村浩陸(大東文化大・4年・主将・PG)

191215bakamura2.jpg

春シーズンの不調からの復活を遂げ、リーグ戦優勝の原動力の一人ともなった中村。苦しいときに試合を打開していくのは決まって彼か、モッチだった。機動力があって攻撃的、内外から得点を狙う力は爆発力が高く、相手チームの驚異になった。4年生全員が一丸となったのが今年のチームの良さだが、コート上では常に先頭に立つこの2人の頼もしさは際立っていた。互いの絆が育んだチーム力であり、今年の結果であっただろう。


―大会を終えて今はどんな気持ちですか?
「4年間早かったなという感じですね。優勝はできなかったけれど、悔いは残っていません。また次のステージを頑張りたいです」

―春3位、リーグ優勝、インカレは3位と年間を通じて上位の結果を出したと思います。この1年間の成長をどう感じますか?
「チームとして本当に一回りも二回りも成長できた1年だったと思います。それは僕だけの力ではなく、西尾さんやスタッフ、副キャプテンの後藤(#81)だったりが、チームのために考えて発言することを繰り返しました。それが結果につながったし、良かったと思います」

―春の段階ではそうやって高め合う雰囲気はどこまでできていたのでしょう?
「あったはあったんですが、それがみんなバラバラでした。一人が成長しようとやっているときに、もう一人は違うところを向いていたりすることが多く見えました。だからリーグで連勝しているときや、インカレでの戦いというのは、みんなが一つのところを目指して行こう、となっていたので、それが成長できた部分だと思います」

―どこのチームも同じようなことを求めてやっているとは思うのですが、今年の大東文化大がそれをできたのは何故だと思いますか?
「多分モッチ(#15)がすごくチームを鼓舞し続けたりとか、周りを引き込んでやろう、やろうとするプレイヤーだったおかげです。最初はなんだか嫌々なところもありつつ(笑)、みんながついていったりだとか、『あ、自分もやらなきゃ』と気づいたりする選手も出てきて、それが良かったんだと思います。4年生一人ひとりが、たとえ自分が出られなくてもチームのためにやろうとするのが見えました。そのおかげだと思います」

191215nakamura1.jpg―リーグ戦のインタビューでは昨年の主将の熊谷選手(現B1三河)のイメージに惑わされないで、自分の色を出したいと言っていましたね。できたと思いますか?
「100%できたかと言われたらそうではなく、もっとできたことはあったと思います。でも1年間自分の色を出し続けられたのかなとは思っています」

―今年の4年生はどんな人たちでしたか?
「個性的でしたね。後藤などのようなムードメーカーがとても多くて、よくしゃべるし、バラバラに何かをやっているイメージはなかったです」

―誰と支え合ったかといわれたらやはりモッチ選手ですか?
「そうですね。彼は本当にいつもチームのことはもちろん、僕個人の悩みも聞いてくれたし、チームにアドバイスも常にしてくれました。彼自身も自分のことで悩んだこともあったと思います。でも本当にモッチには4年間助けられましたね」

―試合が終わったあと、モッチ選手とコート中央で話し合っていましたね。
「ありがとう、本当にありがとうって言いました」

―コートには最後は4年生しかいませんでした。どんな気持ちでしたか?
「最後に慎哉(#25高木)を試合に出そうというのはあったので、その一心で試合をしていたし、相手もシェッハ(#75)のように怪我で出られなかったメンバーもいたので、そこはみんなが出られて、お互いが良かったですね。いい気持ちで終われてあの数分は楽しかったです」

―後輩たちには何を大事にして欲しいですか?
「大東のバスケットというのを貫いてくれればと思います。ディフェンスからブレイクを出したり、レイアップに持っていったり、そこにビッグマンが絡んで得点するパターンが中心です。それを継続して40分間できるかどうかが鍵だと思います。いいものを持っている後輩が多いので、そこは40分間やり続けることやディフェンスを継続することを意識してやって欲しいと思います」


※後藤選手、小谷選手、高木選手、増本選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※モッチ選手のインタビューはこちら



[続きを読む]

----------------------------------------

「自分なりのリーダーシップのとり方を考えた」
チームにプレー以外でも何かを見せる意識


◆#81後藤大輝(大東文化大・4年・SF)

191215goto2.jpg

シュートが決まるたびに個性的なポーズで見ている人を楽しませた今年の後藤。それが印象に残っているということは、彼がそれだけシュートを決めたということであり、大東文化大が強かったということだ。
今年は副将の役割も担っており、4年生とはどうあるべきかを示そうとしてきた。プレイヤーとしては他に軸がある中で、自分らしさを追求したリーダー像。コートの一隅を照らす明るさと、元気の良さも今年の大東文化大の一つのカラーとなった。


―4年間の大学バスケが終わりました。最後は白鴎大の三浦選手(#34)と山形南マッチアップ、熱かったですね(笑)。
「最後の試合で白鴎大で高校の同期の三浦とマッチアップできる機会を得られて、あのシチュエーションで終えられたのは本当に気持ちが良かったです」

―大東文化大での4年間はいかがでしたか?
「本当にどうしていいかわからない年もあったし、なかなか自分らしさが出せない時期が続いていたことも感じます。でも4年生になって副キャプテンとしての役職を務めることになって、自覚が芽生えました。自分のできることをしっかりやろうと意識して、最後の年は頑張ってこられたと思います」

―副キャプテンということですが、中村浩陸選手やモッチ選手など、リーダーシップを持っている4年生がいる中で、どのような役割を果たそうとしていたのでしょうか?
「本当にしっかりした人たちがいる中で、自分も引っ張らないといけないという気持ちはありました。でも心の拠り所というか、彼らとはまた違う先頭の立ち方みたいな方法について考えました。気持ちの面で盛り上げたり、後輩と一緒にさわいだり、自分なりのやり方で引っ張ることをやってきました。キャプテンはしっかりしているし、モッチに『お前、だらしないと』と言われることも正直ありました(笑)。でもチームを引っ張るというのは彼らのようにやるだけじゃないということも伝えたかったので、本当に自分なりに精一杯やったと思っています」

―特にどういうことが伝わるといいと思いますか?
「自分は何でもかんでもできる訳ではないので、自分なりの良さを出そうとしました。元気よくプレーで見せるとか、そういうところですね。それが伝わっていればいいと思います」

―でも後藤選手のスリーポイントが入ったときの明るいパフォーマンスは見るのが楽しみでしたし、きっと伝わったのではと思います。
「シュートが入ると自分が一番嬉しいので(笑)、ああなりますね。でもそういうのが後輩にも伝わるといいなと思います」

191215goto1.jpg

----------------------------------------

「支え合って、頑張れる環境で成長できた」
難しいポジションを黙々とこなした名シューター


◆#13小谷健太(大東文化大・4年・SG)

191215kodani1.jpg

3位決定戦は約20分の出場で20点。持ち味の3Pを3本決め、ベンチからの歓声が飛んだ。2年次にゲームに出場するようになり、西尾監督もそのシュート力を高く評価していた。この4年間はベンチからの出場が多くなったが、常にシュートを狙う姿勢が見える選手だった。高木同様、黙々と努力を続けることの大切さを教えてくれた、なくてはならない存在だ。


―大会を終えてどんな気持ちですか?
「これで引退になりますが、いい形で試合を終えることができました。だから嬉しさのほうが大きいです」

―今年は4年が一丸になったチームだったと思いますが、どう感じていますか?
「いい意味でワガママさがそれなりにあるチームだと思っていたので、まとまるのかなと最初は思っていました。でも我がある選手たちがみんなとしっかりコミュニケーションを取ってよくしゃべって、いいチームになったと思います」

―春は怪我人もいたし、気負いがあるのかなと感じることもありました。改善していけたのは何が良かったのでしょうか?
「やはりチームでここがダメだというのをしっかりしゃべったことだと思います。キャプテンやモッチが中心になってよくしゃべっていたので、それを見て後輩たちも何かをしないという気持ちで、一つの方向にみんなが向けました。トーナメント、新人戦が終わってちょっと曖昧な感じになっていました。でもリーグ戦の最初の青山学院大戦で負けたことがすごく大きくて、このままではダメだとわかりやすく理解できて、そこからチームを修正していけたんだと思います」

―春の抜けきれなかったところからの成長というよりは、秋に皆が自覚できたということなんですね。
「なんといっても秋の初戦ですね」

―小谷選手はワンポイントシューターとしての起用が多く、これはなかなか難しいポジションだと思うのですがいかがでしたか?
「やはりすごく大変な部分はあって、この1本を決めないといけない、という場面はとても多かったです。でも出してもらっているということはとても嬉しかったですし、決めたときには周囲の期待に応えられたという感覚で自信にもつながり、苦しいながらもいろいろ考えてやれたので、いい経験になりました」

―それが今日のスリーポイント3本、20点という成果になったという感じですね。素晴らしかったです。
「白鴎大戦は少し得意で、そこを出せたらいいなと思っていたところでやれたので良かったです」

191215kodarni2.jpg―大活躍で、本当に良かったです。大東文化大での4年間はいかがでしたか?
「仲が良くて、1年のときは腐りそうなときも先輩が声をかけてくれて優しくて、同期とも支え合ってやっているので、頑張れる環境でした。少しやんちゃなイメージもあるかもしれませんが、マネージャーも一緒になってそれを変えていこうとしてくれて、皆も同じ方向を向いて協力し合うようになりました。そうやっていくうちに、やるべきことをやれるチームになっていったのが、勝てるチームへと成長できた要因だと思います」

―後輩にもいいメンバーはいますが、何が大事だと伝えたいですか?
「ハードにどれだけガツガツやれるかだと思います。この1本、フリースローの1点みたいなことが今大会でも勝負を分けました。全部の時間帯が勝負どころだという心がけが必要だし、ルーズボールやディフェンスが大東の強みなのでそれを徹底してやってくれれば間違いなく勝てると思います」

―主力が多く卒業することになりますが、誰が来季の鍵でしょうか。
「やはり飴谷(#2)です。彼がやってくれると思います。拓人(#12中村)や星野(#3)高島(#7)がそれについていければ、必然的にチームは良くなると思います」

----------------------------------------

「人の分まで頑張らなければいけないと気づいた」
原点を忘れず、真摯な努力が実を結ぶ


◆#25高木慎哉(大東文化大・4年・SF)

191215takagi2.jpg

最終学年における彼の大ブレイクぶりは、チームを押し上げ、彼自信にも大きな自信を与えた。準決勝にて僅差で大東文化大を破った筑波大の吉田監督も、たらればであったとしても「高木がいれば違っていたと思う」と素直に述べてもいる。準々決勝での怪我は惜しまれたが、それでも最後の3位決定戦は、両チームの心得たはからいで最後に出場。痛めた左側は動かせなかったが、右手のレイアップを決め、チームメイトからの喝采を浴びた。腐らず、努力し続けてきた彼の今後の活躍を祈りたい。


―怪我もあって少し残念ではありましたが、大会を終えて今はどんな気持ちですか?
「やりきったというのが一番大きいですね。1年生から3年生までずっと出られず、4年目でやっと出られました。AとBを行き来しましたが、それでも腐らずやりきれたことが良かったです。あとは試合に出られるようになったときに、プレイヤーはいろんな人の思いを背負っているんだなと思いました。引退した4年生の分、応援してくださっている方の分まで頑張っていかなければいけないんだなと気づくこともできました」

―Bチームにいたから、Bチームの選手の気持ちもよくわかりますよね。
「Bチームだとモチベーションの持っていきかたが難しくて、絶対にAチームに上がってやると思っていないと難しいことを感じました。自分は悔しい気持ちをずっと持っていましたし、出られない人のことを考えると本当に頑張らなければいけないと思っていました」

―試合に出るようになり、勝負を左右するようなシュートもたくさん決めました。それが自信になっていきましたか?
「自信にはなりましたが、やはり原点としてやるべきことは、ディフェンス、リバウンド、ルーズボールの泥臭いプレーです。それをしっかりやった上でシュートはあとからついてきたものだなと思います」

191215takagi1.jpg―ディフェンスというのは確かに頑張れば誰もが見せられる部分ですが、地道にコツコツ泥臭い部分を頑張りきる秘訣は何ですか?
「自分がディフェンスをそこまで嫌いじゃないのはあります。練習は嫌いですけど(笑)。でも何かを武器にしないと試合には出られません。シュートはみんなそれなりの力を持っているので、それ以外のディフェンス、リバウンド、ルーズボールを精一杯頑張ることが大事だという考えでやっていました」

―大東文化大での4年間は我慢もあったけれど、成果を出せた達成感もあるのでしょうね。
「いいチームメイトに恵まれました。良かったです。試合中はモッチや浩陸が引っ張ってくれて、ヒートアップしすぎてしまうときに自分が落ち着けと言うことはありました。今思えばそれをもっとできれば良かったとも思いますが。普段は下級生とよく話す方でしたね」

―後輩にはどういうことを伝えたいですか?
「一人ひとりが頑張ってチーム力を上げていって欲しいです。誰かが欠けても自分がやってやる、という気持ちを常に持つことでそれができます。モチベーションの持っていきかたは難しいですが、それを持ち続けて欲しいし、自分たちが達成できなかったインカレ優勝を成し遂げてもらいたいです」

----------------------------------------

「4年生でコートに立てたのが楽しかった」
同期とともに成長し、得られた充実の4年間


◆#99増本優太(大東文化大・4年・PF)

191215masumoto1.jpg

リーグ戦からモッチのいない時間をしっかりつなぎ、このインカレでもゴール下からチームを支え続け、フィジカルを武器としタフな試合を戦い抜いた。優勝に届かなかった悔しさはあるが、3位決定戦では4年生全員がコートに立つことが叶い「その瞬間が楽しかった」と振り返った。4年生を中心とした粘り強いチーム力を発揮した今年の大東文化大は、リーグ戦優勝を遂げた今年を代表するチームだ。増本は限られた時間で存在感をハゥt岸、チームスポーツにおいて与えられた役割を全うする大切さを教えてくれた。


―インカレ3位で終了でした。どんな大会でしたか。
「優勝したかったのが本音です。でも最後は4年生みんなでコートに立つことができて、勝つことができてよかったですね。慎哉(#25高木)はチームのことをずっと引っ張ってくれて、支えてくれていましたし、そんな仲間と出られて、あの瞬間が楽しかったです」

―高木選手の怪我が準々決勝であり、筑波大戦では深渡瀬選手(#1)と増本選手が今まで以上の頑張りで穴を埋めましたね。
「今まで支えてくれた分、自分たちが頑張って決勝まで上がろうと言っていました。優勝はできませんでしたが、2人で切磋琢磨してやって、最後は慎哉も試合に出ることができてよかったと思います」

191215masumoto2.jpg―4年生での1年間を振り返ってどんな想いがありますか。
「こんな下手くそな自分を西尾さん(監督)が育ててくれて、充実した1年でした。こんなにレベルの高いところでできるとは思っていなかったので。入学したときは試合も少し出られたらいいな、くらいの思いだったので、ガッツリ試合にも絡めてよかったです」

―モッチ選手(#15)とやりあって練習ができたのが良かったと以前は言っていましたが、彼はどんな存在ですか?
「シンプルにいいヤツですね。やんちゃでわがままなところはありますが、バスケになると本当に真剣で。喧嘩するくらいやりあっていたので。モッチがいなかったら、フィジカルもつかなかったし、強くなれなかったと思います」

―大東文化大は4年生の存在感がシーズンを通して大きかったです。
「最後の代ということで、みんながプレーで引っ張る気持ちは強かったです。自分も試合に出たら、チームを引っ張るではないですが、自分のできることをして流れを持ってきたいと思っていました。そういうシーンがあったので、良かったと思います」

―後輩たちに一言お願いします。
「大東文化大のOBとしていつまでも応援しているので、後輩たち頑張って欲しいです」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:43  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |