FC2ブログ
2020年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


オータムカップ2020開始
関西大学リーグ戦開催中

2020.01.15 (Wed)

【2019インカレ】12/15 3位決定戦 大東文化大VS白鴎大

191215dh4.jpg
最後に出場した白鴎大・シェッハを拍手しながら待っていた大東文化大・モッチ。互いにハグして最後のプレーへ。


大東文化大のリードで試合が進み
最後は4年生たちだけの競演が実現


 インカレ最終日、3位決定戦は大東文化大白鴎大の戦いになった。この2チームはヘッドコーチ同士が同世代で普段から練習試合などもよくする仲。しかも、今季はどちらも多くの4年生がスタメンとしてチームをひっぱり、春トーナメントを白鴎大が、秋のリーグ戦を大東文化大が制した、今年を代表するチームだ。試合は大東文化大がリードする展開となったが、最後は互いのチームの4年生だけがコートに揃い、学生最後のプレーを締めくくる、夢のような光景も広がった。

 この日、白鴎大は#52ブラ(2年・C)が長らく酷使した膝の状態や準決勝での負傷により欠場。一方の大東文化大は#15モッチ(4年・C)がやはり準決勝での負傷で肩にテーピングを巻き、スタメンで出場したものの、ほとんどをベンチで過ごす形となった。試合は大東大#18後藤(4年・SF)の3Pで幕が開き、白鴎大#32三浦(4年・SG)が3Pで返し、4年生同士の負けられない気迫がぶつかりあった。白鴎大はゾーンで守りを固め、オフェンスではターンオーバーからの早い展開で得点。大東大は#2飴谷(3年・SG)、#99増本(4年・PF)の3Pがこれを打破していく。白鴎大は#32三浦が好調で#24星野(4年・PF)もそこに続くとリードを得るが、大東大は#18後藤の2本目の3P、#15モッチのシュート、#81後藤から#99増本へのアシストも決まると接戦に。1Qは20-21で白鴎大リード。

191215dh2.jpg

 2Q、白鴎大は#24星野の3Pが出たあとは得点が止まる。大東大は#39アビブ(2年・C)がダンクを見せ、#12中村拓人(1年・PG・中部第一)のミドルシュートで同点に。さらにそこから#39アビブのシュートが続き、さらに#13小谷(4年・SG)の3Pが入ると大東大側は大盛り上がり。白鴎大はおよそ7分ほど得点が止まってしまい、#39アビブと#13小谷がシュートを決め続けた大東大が40-28と大量リードで前半を終えた。

 3Q、白鴎大は#23荒谷(3年・PF)が連続得点。しかし大東大は#34中村浩陸(4年・PG)の4連続3Pが会場を沸かせる。それでもゾーンを継続する白鴎大はフリースローでじわじわ追い上げ。しかし大東大は今度は#12中村拓人の3Pが続き、このQ、中村兄弟が合計6本の3Pを沈めて71-47とリードを広げた。

 4Q、白鴎大は#77前田(4年・F)、#7ギバ(1年・PF・常総学院)の速攻が決まる。大東大は#1深渡瀬(2年・PF)、#88増本らが踏ん張り、#13小谷の速攻も出てリードは保っていく。しかし白鴎大も持ち味の粘りを見せ、#23荒谷、#13西山(4年・PF)の得点や#25角田(2年・SF)の3P、#2中川(4年・PG)のシュートでじりじりと追い上げ、残り2分には#13西山の3Pやシュートで12点差まで追い上げた。しかし逆転にはもう難しい時間帯。ここからは特別な時間がスタートした。

191215dh3.jpg

 残り1:21、両チームはここでメンバーを全員4年生にチェンジ。ともに6名が登録されているため、大東大はここまで存分にプレーで見せた#13小谷、白鴎大は#13西山が下がる形に。そして大東大は#34中村浩陸、#15モッチ、#88増本、#81後藤、そして準々決勝で怪我を追った#25高木(4年・SF)が登場。白鴎大は#2中川、#24星野、#77前田、#32三浦、そして膝の怪我から復帰の途上である#75シェッハ(4年・C)が拍手を受けながらコートに立った。そこからは#75シェッハのダンク、#25高木はレイアップを決め、また高校時代のチームメイトである大東大#81後藤と白鴎大#32三浦は激しいマッチアップを展開するなど、ブザーが鳴るまで、彼ららしい見せ場を数多く作っていった。最後は90-80で試合終了し、大東大が3位を確定。試合後には3位決定戦には珍しく両チームの選手が一列に並び、会場に向かって一例すると、観客席からは温かく優しい、これ以上ない拍手が降り注ぎ、彼らの4年間に幕が降りた。

191215daitohakuo.jpg


写真上:両チームとも多彩なメンバーを出場させた。大東大は中村拓人やアビブが活躍。
写真中:リーグ戦から出番を得た白鴎大の4年制、西山。バックアップメンバーとして欠かせない存在だった。
写真下:最後は両チームの選手たちが4年間の健闘を称え合った。

※各校記者会見は「続きを読む」へ。
※以下インタビューは別途掲載します。
大東文化大・中村浩陸選手、小谷選手、モッチ選手、高木選手、後藤選手、増本選手
白鴎大・中川選手、星野選手、三浦選手、シェッハ選手、前田選手




[続きを読む]

【記者会見】

◆西尾吉弘(大東文化大監督)
「この大会はリーグ戦を優勝したということもあり、2017年ぶりにチャンピオンを取りたいと思って臨んだ。やはり準決勝には高い高い壁があった。筑波大学や、今回は当たらなかったけれど東海大のような、優勝するためにはそういうチームにしっかり勝たなければ優勝させてくれないんだな、と改めて経験させてもらった。今日の3決は切り替えて学生最後の大会ということで、4年生は思い切って、下級生は4年生がしっかりバトンタッチをして終わろうということで楽しんで戦ってくれたと思う。

高木がいない中でも深渡瀬や増本が高木の分までやらないといけないとはっきりしていて、彼がいれば変わっていたかもしれないけれど、それも含めてのチームであったと思う」


◆中村浩陸(大東文化大・4年・主将・PG)
「準決勝はワンゴール差で負けてしまって単純に悔しい。優勝するためにリーグが終わってからチームを調整してきた。リーグ終盤から少しチームが崩れて不安な部分もあったが、インカレに入ると4年生がしっかり力を出してくれて、自分一人でチームをまとめなくてもいい雰囲気にしてくれたので、そこはほかの4年生のおかげで助かった。筑波、東海を倒していかないとやはり優勝は見えてこない。準決勝までいってよくない試合の入りをしてしまうとあとに響いてしまう。1本のフリースロー、1本のシュートの大事さを改めて感じたし、後輩も感じてくれたと思うので、それを来年活かして欲しいと思う。今日の試合は気持ちを切り替えて最後の学生バスケとして楽しんでやろうとした結果、勝てたし、怪我をしていた慎哉(#24高木)も試合に出すことができたのでよかったと思う」

----------------------------------------

◆網野友雄(白鴎大監督)
「昨日悔しい負けをし、今日は最後の試合だったので、勝ち試合にできれば良かった。怪我人の状況もあり、ファウルトラブルになるのが嫌だったのでゾーンを敷いたが、リーグ戦とインカレを通して使うことが少なくうまくいかなかった。お互いに4年生の気持ちが見えて、うちは負けたが最後はシェッハもコートに立てて良かった。

 春に初めてタイトルを取った中で、怪我人が出てしまって、リーグ戦は苦しみながらもマインドは外に向けずに自分たちに向け続けて、良い時も悪い時もあったが、前田がしっかり張ってくれたり、中川が引っ張ってくれたり、日替わりのヒーローが出てきたのが良かったと思う。リーグ戦を乗り切れたことも自信になっているのかなと感じる。ベスト4以上を目指してきたが、正直なところ苦しく、2部に落としてはいけないという気持ちもあった。でも強いところにも勝てたので、どこのチームにも勝てていけるという自信にはなったと思うし、実際にインカレでも、7位のチームが2位のチームに勝てたというのは、粘り強さがチームについてきた結果だと思う。一番成長したのは、ビハインドになってもそのまま開かせないところ。10点前後から盛り返せる力は素直に伸びたと思う。

 僕が白鴎大学に来た時は、彼らは2年生で前のコーチの教えを受けてきた中で、交代した。去年からは前コーチとは違うことを求めてきて、すごく彼ら自身も悩んだと思う。ただ、決してチームが悪い中で僕が来たわけではなかったので、今までやってきたことと、違うことをやろうとすることが去年はせめぎあっている感じだった。今年に関してはすごく僕の方を向いてくれて一生懸命やってくれたので、彼らには感謝している」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2019インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |