FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月


第71回 全日本大学バスケットボール選手権大会
筑波大学が3年ぶり5回目の優勝

2019.11.10 (Sun)

【2019リーグ1部】5位・筑波大

191110tsukuba.jpg

後半戦ではやや好不調の波が大きくなるが
総合力を発揮して5位でフィニッシュ


 前半戦は上位をキープした筑波大は後半戦にやや調子の波が出て、最終的に5位で落ち着いた。

 チームとして勢いがあったのは前半戦。第5戦(9/14)の大東文化大、第11戦の白鴎大(10/6)こそ破れたものの、1巡目はその2敗にとどめて2位を守った。ホームゲームでの専修大、東海大といった上位のライバル相手の、チームが一体となった見事な勝利も印象的だった。一方後半戦はムラがあり、ここ何年も破れていなかった第15戦の日本体育大(10/19)に1点差で敗退すると、続く第16戦(10/20)で大東文化大、第17戦の青山学院大(10/26)など、上位チームとの競り合いに敗れて順位を落とした。

191110maki2.jpg チームの構成は昨年と大きく変わらない。平均身長は1部リーグでも屈指の高さを誇り、攻守ともに安定感がある。主将は昨年から引き続き#88牧が務め、エース#11増田の存在感はやはり際立つ。4年生では#10村岸が最上級生らしい牽引力を見せ、#15森下もインサイドで堅実に仕事をこなした。そこに続いたのは3年生。スタメンガードを務める#8菅原のほか、#16野本は持ち味の得点力を発揮し、#33三森も後半戦ではプレータイムが増えるなど、躍進のリーグ戦だった。下級生では新人戦で活躍した#13二上が怪我でリーグ戦全体を欠場し、#7浅井も怪我で出遅れるなどやや怪我もあったが、他チームよりは欠場者の影響は大きくない。#75井上が2年目の成長を見せ、#92中田がルーキーらしからぬ存在感でチームを鼓舞するシーンも見られ、伸びしろの多さも感じさせる。上位陣は大きな実力差がないチームが揃うため、その中でどう勝っていくかが求められた2カ月半であり、またその先に続くインカレでも同様で、勝利のために何を突き詰めるかが問われるだろう。

写真:2年連続の主将を務める牧。昨年とは異なる難しさの中でチームを率いる。


【個人ランキング(TOP10以内)】
#11増田啓介 アシストランキング9位(48本)

【リーグ戦インタビュー】
#10村岸 航(9/8)
#92中田嵩基(9/28)
#16野本大智(9/29)
#88牧 隼利(10/22)

※山口選手のインタビューは「続きを読む」へ。


191110inoue.jpg
インサイド、アウトサイドとも器用さを見せる井上。昨年よりも格段に存在感が増している。


191110maki1.jpg
春は怪我でややおとなしかったが、秋は完全復活の牧。


191110masuda1.jpg
エースとしての風格漂う増田。プレーでチームを勢いづける。


191110mimori.jpg
三森の存在感も後半になるにつれて増していった。


191110morishita.jpg
昨年から飛躍的に成長の見える森下。頼れるセンターだ。


191110murakishi.jpg
4年目にして存在感がより高まった村岸。速攻からのダンクなど見せるプレーも多い。


191110nomoto.jpg
攻撃的司令塔として活躍した野本。


191110sugawara.jpg
スタメンとして安定感あるプレーが頼もしい菅原。


191110nakata.jpg
勝負強い3Pなど、度胸のいいプレーやチームを励ます声で輝きを放った中田。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「怪我をしても今まで通りのことを」
ようやく取り戻した自分のプレー


◆#27山口颯斗(筑波大・3年・SG)

191110yamaguchi1.jpg

リーグ戦終盤にようやく山口らしいシュートやドライブが見られるようになった。怪我もあって復帰はするもののプレー中にどこか迷いが見えていたが、インカレ前に感覚を取り戻したのは大きい。しかし後半戦、自身が戻ってきたにも関わらずチームは負怪我重なってしまい結果は5位。インタビュー中は時折曇った表情を浮かべたが、最後は「苦しい時は自分が流れを引き寄せる」と頼もしく前向きに話した。インカレまでにチームとしての突破口を見つけ、勝負強い筑波大を顕現したい。


-リーグ戦全体を振り返って。
「自分がリーグ戦の途中で怪我をしてしまい、ホームゲームもベストでない状況でした。その時はチームが上向きで流れが良かったので、このまま自分が復帰して、力を上乗せしてもっと勝ちたいと思っていました。でも2巡目からチームが崩れてしまって。2年前も後半悪くなってしまった印象はありますが、今年は自分が主力で出ているという分、苦しいリーグ戦でした」

-試合後、ミーティングもしていると思いますが、課題は何が上がっていますか?
「結構話もしていて、最後は先生が言っていることへの徹底力が足りないと、チームとして結論が出ました」

-そんな中で、山口選手個人としては終盤にかけて調子が上がってきた印象です。
「僕の中では、先週から徐々に戻ってきた感覚がありました。自分のプレーができているなと。腰が痛くて、スクワットができなかったのですが、先週軽くやってみたらその後いい感じになりました。今までやってきたことを怪我によってやらなくなってしまうと、できるプレーも鈍ってしまう。これは僕がリーグ戦で学ぶことができたことの一つです」

191110yamaguchi.jpg-途中、山口選手のいい動きが戻ってこなくて心配になりましたが、リーグ戦中に戻すことができてよかったですね。
「そうなんです。途中、だめだと思うこともありました。全く活躍できなかったので。試合は負けましたが、なんとか個人としては調子を上げることができました。この状態でインカレを迎えられるのは、気持ち的にもいいですし、本当によかったです」

-リーグ戦中は、野本選手(#16)や中田選手(#92)らが活躍して自信を持ってプレーする選手も増えた印象です。
「そうですね、1巡目はセカンドがまだ不安定な部分はありました。でも2巡目はセカンドが自信をもってプレーしてくれるようになったので、負けはしていても、いい収穫はあったのかなと思います。インカレに向けてもっとチームで仕上げていきたいです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:51  |  2019リーグ1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |