FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2019.11.10 (Sun)

【2019リーグ1部】12位・法政大

191110hosei3.jpg

苦闘が続いた1部へのチャレンジ
力を蓄え、再びの浮上に期待

 今季1部にチャレンジした法政大は、3勝19敗で2部降格でリーグ戦を終えた。

 初勝利は第4戦。日本体育大相手に立ち上がりからシュートの好調さを見せ、昨年全敗した相手に白星をあげた。しかしその後は思うように勝ち星を増やすことができず、リーグ途中からは#15米山、#14小野らの欠場も続き、メンバーが揃わない試合も多かった。しかし終盤戦では上位の筑波大と接戦を展開するなどいいプレーを見せる試合もあり、力の片鱗は見せた。

191110mizuno2.jpg チームの中核として、司令塔の#30水野が大きな責任を担った。終盤に入った11/2の青山学院大戦で足を痛めて次の試合は欠場したが、1試合平均30分近い出場時間で得点、アシストに奮闘。チームを引っ張り続けた。ウイング陣は高い機動力のある選手が揃い、#51金本や#1川島といった選手は高い運動能力を見せ、#14小野もたびたび豪快なドライブで相手コートを割っていき、また終盤戦ではルーキーの#2澁谷もシュートで見せた。インサイドでは#24鈴木、#31戸井、#33茨城などサイズのある選手が揃い、1部のビッグマン相手に果敢に挑み、戦った。

 今季は昨年以上に各大学がホームゲームを開催したが、法政大は白鴎大、東海大、青山学院大のホームでアウェイチームとなり、その点では不利だったともいえる。それでも10/6の白鴎大戦では#30水野が28得点、#24鈴木が15点をあげる活躍を見せ、ホームチームを撃破する見事な勝利もあった。

 来季は2部からのスタートとなるが、主力の多くはチームに残る。1部の経験を大事に再度1部の壁を破れるような成長を見せて欲しい。

写真:アシストから得点まで水野がチームを牽引。プレータイムも長かった。


【個人ランキング(TOP10以内)】
#30水野幹太 3Pランキング8位(38本)
#30水野幹太 アシストランキング3位(74本)


【リーグ戦インタビュー】
#30水野幹太(9/8)
#24鈴木悠介(10/6)


191110hosei1.jpg
初勝利は日本体育大相手の大きな1勝だった。


191110hosei2.jpg
白鴎大のホームゲームでは序盤から好調で勝利を収めている。


191110hamada.jpg
シュート力に定評のある濱田。


191110kanemoto.jpg
抜群の身体能力を見せた金本。


191110kawashima.jpg
安定したプレーぶりを見せた川島。


191110mizuno1.jpg
3P、アシストランキングとも上位に食い込んだ水野。


191110ono.jpg
切り込むプレーで見せたガードの小野。


191110suzuki.jpg
ペリメーターのシュートの上手さも見せた鈴木。


191110toi.jpg
インサイドで役割を果たした戸井。


191110yoneyama.jpg
主将の米山も内外できる選手。途中の欠場が痛かった。


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:44  |  2019リーグ1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |