FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2019.11.15 (Fri)

【2019リーグ1部】3位・専修大

191110senshu_20191122210717c82.jpg

安定度が高まり、チームとしても成長が見えた秋
豊富なタレントによる爆発力はインパクト大


 16勝6敗で青山学院大とは同率だが得失点で3位となった専修大。開幕6連勝でいいスタートを切ったが、第7節で青山学院大に敗れるとそこで少しリズムを崩し、3連敗と安定しない前半だった。後半も一瞬崩れかかる時期もあったが、終盤戦では勝負強さを見せたが、やや波が出たことが順位に影響した。

191110morizane2.jpg 例年通りのタイムシェアを行いつつの戦いではあったが、昨年よりもチーム全体での底上げができてきている。新人戦準優勝を果たした2年生の躍進は目覚ましく、#23キングが抜群の身体能力を活かしてリバウンドから速攻へと走る姿は鮮やかで、アウトサイドシュートでも見せる。インサイドでは#46寺澤、アウトサイドでは#28野﨑、#1山本、#95齋藤といった選手たちが台頭。1年生もアグレッシブさが光る#0ケイタ、後半戦は怪我で欠場したものの、コントロール力の高い#10喜志永といったフレッシュな面々がリーグ戦を通して活躍した。ここを締めるのが#34盛實、#12西野、#30アブといった上級生だ。インサイドを支える#30アブはブロックの名手。3☓3の日本代表候補としてツーウェイの活躍を続ける#12西野は、コンスタントに内外からシュートを決めてくる。そしてクラッチシューターとして強心臓を持つ#34盛實は、終盤戦で勝負強い3Pを何度も沈め、3位獲得の原動力にもなった。得点を取りに行くことよりもチームを回すことにプレーの意識がいっている試合もあったが、やはり点を取っていくことで大きな影響力を与える選手だ。

 下級生の頃からプレータイムを分け合いながらやってきた選手が上級生になったことで、大崩れする場面は少なくなった。また、高い身体能力と得点力による爆発力の大きさもこのチームの魅力だ。あとはこの勢いを維持し、インカレを勝ち抜くだけだ。

写真:終盤になると盛實らしい勝負どころのシュートが面白いように決まり、存在感を見せつけた。


【リーグ戦インタビュー】
#28野﨑由之(9/15)
#34盛實海翔(2019 LEAGUE PLAYER)
#34盛實海翔(11/2)
#23キング開(11/2)
#12西野 曜(11/3)


【個人ランキング(TOP10以内)】
#12西野 曜 得点ランキング7位(344点)
#34盛實海翔 3Pランキング3位(54本)
#30アブ フィリップ リバウンドランキング5位(OF50/DE146/TO196)
#34盛實海翔 アシストランキング4位(70本)


※山本選手、ケイタ選手のインタビューは「続きを読む」へ。


191110morizane.jpg
欲しいと思うところで決める盛實のシュート力はさすがの一言。


191110king.jpg
今季大きく成長したのはキング。リバウンドからアシスト、速攻までオールマイティにこなす。


191110abu.jpg
大黒柱のアブ。1巡目の法政大戦ではブロック8も記録。


191110abe.jpg
ガードの層が厚いのも強み。阿部は秋はバックアップに回った。


191110nishino.jpg
リーグ戦中も3☓3の所属チームで試合に出るなど、タフに働いた西野。


191110nozaki.jpg
アウトサイドシュートで持ち味を発揮した野﨑も、今季プレータイムを伸ばした一人。


191110saito_20191122210716578.jpg
機動力の高いガードの齋藤も2年生の成長株。


191110terasawa.jpg
インサイドで泥臭くがんばる寺澤。ゾーンに入ったときの爆発力は高い。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「緊張もあったけど、楽しんでできている」
初のリーグ戦をこなすうちに身につけた自信


◆#1山本翔太(2年・F)

191110yamamoto2.jpg

春のプレシーズンからたびたびコートで姿を見るようになったが、新人戦で好プレーを見せ、2年目になって成長が見える。秋のリーグ戦でもタイムシェアをする中でプレータイムを獲得。最終週の第21節では筑波大相手に接戦となったところを、山本のシュートが決まりいいダメージを相手に与えた。また、速攻も決めて流れを引き寄せた。得意のシュートではチーム内でアドバイスをもらうこともあり、磨きをかけている。コンスタントなプレータイムを得るために、ここからも努力が続く。


―筑波大戦は途中は余裕がある試合になりそうでしたが、追い上げられましたね。
「余裕があったので出たら気楽に打てるかなと思いましたが、そういう状況ではなかったですね。緊張する部分もありましたが、自分のいつもとおりのプレーができたのでよかったと思います」

―この2カ月のリーグ戦はいかがでしたか?
「今年から出させてもらって、最初はチームの足を引っ張るんじゃないかと不安なところもありました。でも先輩も優しくしてくれて、今はとても楽しいです。自分はあんなすごい人たちとは違うので、支えている感じで十分だなと思ってやっていました(笑)。でも身体の当たりにも慣れてきましたし、やっていればできるのかなという感触を得られたと思います」

―チームとしては終盤はいい調子で勝っていけたと思いますが、練習の雰囲気もよかったのでしょうか?
「監督がまず声を出して盛り上げて、明るくやれていたと思います」

191110yamamoto.jpg―専修大はサイズがあって何でもできる選手が多いですが、山本選手の役割はどんなものですか?
「自分はドリブルとかよりも、外から打つことを仕事としています。だから出番がきたら積極的に打っていきたいです」

―専修大は盛實選手(#34)や西野選手(#12)など、シュートがうまい選手がたくさんいますが、一緒に練習すると参考になるものですか?
「練習中からアドバイスを聞いたり、自分がダメなら海翔さん(#34)の方からもアドバイスをくれます。すごく助かりますね。自分はディフェンスが前にいると消極的になってしまうところがあるんですが、海翔さんは自分が打てると思うんだったら打てばいいとか、下半身も使って打つ方がいいよと言ってくれたりします」

―ありがたいですね。では自分の注目してもらいたいポイントと残りの試合に向けて。
「3Pは自信はあるので、そこは見ていてもらえたらと思います。ディフェンスは苦手ですが、やらないと出られないので、そこもがんばります」

----------------------------------------

「プレー時間は短くてもできることをやる」
感じたことはこれから、行動に移していく


◆#0ケイタ シェイクブバカー(1年・C・日体柏)

191110keita1.jpg

アブとともに専修大のゴール下を任される選手だ。初めてのリーグ戦では短い出場時間の中でもリバウンドや得点で存在感をみせる試合もあり、アグレッシブにゴール下で躍動した。加えて今年は上級生に留学生が多かった分、パワーの違いを感じたことで課題が見え、来年からの目標も定まったようだ。チーム内でもよく選手と話している様子が見られるが、日本語は達者でインタビュー中も笑顔が絶えることがなかった。優しく、人懐っこい一面も彼の魅力の一つだ。


-2カ月半のリーグ戦はどうでしたか?
「楽しくて、それぞれいいプレーができてよかったと思います」

-アブ選手(#30)と交代で出場時間もまずまずありましたね。
「はい。フィリップ(アブ)は4年生だしスタートで出ていました。自分は、プレータイムは短いけど、短くても出たらできることやるだけでした」

-専修大でのバスケットはどうですか?やりやすさはあるでしょうか。
「海翔(#34盛實)とか、キング(#23)とかは、とてもやりやすいです。まだ1年生だから慣れないことはたくさんあります。タイミングもまだ合わないけど、来年からは出る時間も長くなると思うし、頑張りたいです」

191110keita2.jpg-他のチームのたくさんの留学生と対戦してどうでしたか?
「体が違うと思いました。これからウエイトトレーニングとかを頑張っていかなければいけないと感じました」

-試合でモップを担当している時、よく一緒にモップ担当のチームメイトと話しをしていますね。日本語話すことは好きですか?
「はい。バスケのことも、そうじゃないこともたくさん話します。話す方が、うまくなります。高校では日本語の授業があったんです。大学は日本語で難しい授業を受けないといけないので、これまで話していたのとは違って、ちょっと難しくなりました。でも自分で日本語勉強したいから、たくさん話したいです」

-インカレはどんなプレーをしたいですか?
「これで終わりじゃなくて、インカレがあります。みんなで全力を出して頑張りたいです」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:53  |  2019リーグ1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |