FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.12.05 (Wed)

12/2 インカレ最終日 決勝 青山学院大VS法政大

青山学院大75(28-10,7-20,24-23,16-17)70法政大
1202aogaku2.jpg横綱相撲で力の差を見せつけ大差で順当に決勝にたどり着いた青山学院大。実力の拮抗する日本大、東海大という強豪相手に激闘の末勝ち上がってきた法政大。奇しくも今の4年生が2年生の時の新人戦決勝と同じカードである。
 日本一を決めるこの舞台で立ち上がりの差が大きく出た。緊張からかゲームに集中しきれない法政大を一気に畳み掛けるように青学大は1Qで18点のリードを奪う猛攻。しかし、法政大が他のチームと決定的に違ったのは劣勢の雰囲気を感じさせない、その楽観的とも言える選手たちの性格だろう。前半終了時には5点差まで詰め寄る猛反撃を見せる。
 試合は終盤、青学大はここぞとばかりに#15広瀬(4年・F)を中心に11点のリードを奪う。しかし法政大に徐々に点差を詰められると、残り11秒に法政大#27福田侑介(3年・F)に3Pのファウルを犯してしまう。福田侑介は3本目を外すが、リバウンドは法政大。残り7秒2点差で神津(2年・PF)は3Pを放つ。会場が悲鳴交じりの歓声が飛び交う中、神津が放ったシュートは入らず、奇跡の大逆転とはならなかった。
 春には初戦敗退の屈辱を喫した青学大が、最後まで息詰まる激戦を制し7年ぶり2度目の日本一の座に輝いた。


写真:勝利に沸く青学大。

[続きを読む]

1202arao.jpg1Q,これぞ青学大の真骨頂とでもいうべきか。開始直後、青学大#8荒尾(3年・C)を法政大#23信平(2年・F)が豪快なブロック。会場がどよめく中、荒尾は落ち着いてジャンプシュートを決めると、#12渡邉(2年・PG)がスティールから速攻。さらに渡邉のアシストから荒尾のシュートが決まる。青学大は序盤から流れを掴み自在に点を重ねる。出遅れを取った法政大は#23信平がフリースローを獲得するもことごとく外すと、体格差で勝る青学大の強烈なディフェンスの前に外からのシュートに偏りきっかけを掴めない。終始、青学大は十八番のランニングバスケットにアウトサイドシュート攻め立て28―10の大量リードを奪う。

「またしても青学の圧勝」そんな雰囲気が会場に流れる中、法政大が怒涛の反撃に出る。法政大は好調#92福田大祐(4年・PF)を投入すると、福田大祐はすぐにジャンパーと3Pを決める。さらに動きもよくなり24秒守りきると、#13深尾(4年・PG)のロブパスを受けた#23信平がバスカン。対照的に点が止まってしまった青学大。この苦しい場面で#12渡邉が3P。さらに#0橋本(1年・PG)が法政大のミスから得点。このまま青学大が流れを奪い返すと思われたが、青学大は法政大の変則的なゾーンディフェンスにリズムを狂わされなんと5分間無得点。勢いに乗った法政大は#5神津(2年・PF)の連続得点に、#13深尾のスティールからの速攻でみるみるうちに点差を詰めていく。終盤、法政大#23信平がスティールから速攻を決め、30―35の5点差に。

1202fukudad.jpg3Q,青学大は#15広瀬(4年・F)のジャンパーで先制すると、#8荒尾のインサイドで確実に得点。青学大のゾーンディフェンスを攻略できず、ミスが目立つ法政大は#23信平がスティールから速攻を決めるも、青学大#15広瀬がバスカンで反撃。さらに広瀬が外したフリースローを#12渡邉が決め8点差。このまま離されまいと法政大は#91落合(2年・C)のバスカンに#5神津の3Pで3点差に戻す。お互いディフェンスの応酬となり重苦しい雰囲気の中、法政大は#27福田侑介(3年・F)の3Pが炸裂。すかさず青学大#10小林高晃が3Pに、#8荒尾のインサイドで返すも、福田侑介はさらに連続で3Pを決め、1点差まで追い上げる。しかし青学大は冷静。終盤、またも#10小林高晃が3Pを決めると、#8荒尾の3連続得点で再びリード。59―53で最終Qへ。

このQですべてが決まる。青学大は#15広瀬がフリースローを2本とも決めると、さらにノールックで#8荒尾にアシスト。さらに素早いパス回しから#12渡邉が3Pを決め、7:23で66-55。たまらず法政大はタイムアウト。法政大は#64佐々木(3年・G)が3Pを決めるも、すかさず青学大は#1熊谷(4年・F)の3Pに、#8荒尾のシュートで返す。しかし、ここから青学大は3分間に渡りまたも無得点。ディフェンスからリズムを掴んだ法政大は徐々に詰め寄ると、#13深尾がドライブからバスカン。残り1分余りで6点差。プレッシャーからか青学大#15広瀬はフリースローを2本とも外してしまう。しかし、広瀬は挽回するように法政大#5神津をブロック。だが法政大も疲労困憊の#13深尾苦しい体勢の執念のシュートが決まる。さらに深尾のドライブからパスを受けた#27福田侑介が3Pのフェイクでファウルを獲得。福田侑介は2本決めると、3本目を落とすも法政大がリバウンド。残り7秒2点差、神津は3Pを放つも、青学大のチェックにあい入らない。青学大#12渡邉がボールをキープすると、法政大#23信平はすかさずファウル。しかしこれがインテンショナルファウルの判定に。青学大は冷静にフリースローを決め、終了のブザーが鳴り響く。青学大が75―70で7年振り2回目の栄冠に輝いた。

※記者会見、インタビューは別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:19  |  2007インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |