FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10
※台風の影響による延期試合があります。常に最新の情報を関東大学バスケットボール連盟の公式サイトでご確認ください。
関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3

2018.12.16 (Sun)

【2018インカレ】東海大インタビュー

181216tokai_20190118085108572.jpg

チーム一丸となったプレーを見せて
5度目の大学日本一に

 第70回目の記念大会となったインカレ、第一シードの東海大は5年ぶりにその頂点に輝き、リーグ・インカレの2冠を達成。短期決戦での勢い、長期戦における安定感のどちらも持ち合わせたチームだと証明した形になった。

 今年のチームはいくつかの重要なパズルがうまく組み合わさったことが、良い方向に進んだ一因だった。昨年、東海大は2005年の1部昇格以後初めて、リーグ戦で9位という下位低迷を経験。当時2年生だった平岩や笹倉、寺嶋はスタメンの出場していたが勝つことの難しさを感じ、また3年生だった内田らはベンチを温める時間が長くなり、チームにどう貢献するべきか悩んだ1年でもあった。上級生たちが学びを得た昨シーズンが、今年のチーム作りにおいて大事な鍵になったことは間違いない。そして今年、彼らが一回り成長し、そこに加えて頼もしいルーキーの加入がチームをより前に進ませることになった。大倉颯太は春のトーナメントで既に出番を獲得し、怪我で出遅れた八村も新人戦、リーグ戦を経てその非凡なリバウンド能力を発揮。チームはリーグ半ばよりこの2人をスタメンに入れることを選択したが、それがチームにこれまで以上の勢いを生んだのも間違いない。

 インカレは危なげないプレーで個々の良さが光った。ファースト、セカンドともオフェンス、ディフェンスでそれぞれの持ち味を出して1回戦から安定感を発揮。ベスト8以降は明治大、そしてここ数年は大学界の中心であった筑波大を準決勝で倒すと、選手層の厚い専修大に決勝で対戦すると、相手の持ち味を攻守で封じた。コートに出たすべての選手が随所で1年間築き上げてきたものを確実に発揮しての見事な優勝。そしてそれはまだこの先の進化を感じさせられる、端緒の勝利でもあった。

※内田選手、鶴田選手、秋山選手、大倉颯太選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「プライドを持って練習に取り組んできた」
その中でもチームを優先して導き出した大きな結果

◆#15内田旦人(東海大・4年・主将・SG)
181216uchida2.jpg昨年はチームが高い勝率を残せない中で、ベンチで長い時間を過ごすことが多かった。そこから主将となった今年、やることは少なからず見えていたに違いない。「東海がどうあるべきかを話し合い」、「個人のエゴよりもチームのために」を優先して出来上がったのが今年のチーム。そこには自分たちも下級生のときには上級生がやりたいようにやらせてくれた、という思いが少なからずあった。難しい立場ながらも、それを泰然とこなしたのは内田の人柄によることも大きいだろう。優勝したあとこそ笑顔を見せたが、あとは淡々と、噛みしめるように語る姿が心に残った。


—3年生時点のインタビューでも「来年のことを考えて」と言っていて、ずっとチームのことを考えてきたかと思います。そうしてチームをインカレ決勝に連れてきて、自分のシュートも決まった心境は。
「もともと自分の長所は外のシュートで、それをまず出そうと思ってこの決勝も他の試合も臨んでいました。だから入ってホッとしたと言うよりは、当たり前という感じのほうが大きいです。朝もシュート練習していましたし、自分の長所もわかっていますし、試合に出たらそれを出そうと思っていたくらいで。もちろん気持ちよかったですが、歓声はあまり聞こえなかったんです。それよりもプレーに集中しようと思っていて。皆、喜んでましたか? ビデオで確認しますね(笑)」

—専修大も乗れば怖いチームだと思いますが、どんな意識で決勝に臨もうと。
「それも試合前に言いました。自分たちはディフェンスチームで、相手の勢いを押さえることに喜びを感じますしチームの士気も上がります。だからまずはディフェンスを頑張ろう、そこからリバウンドをしっかり取ってブレイクという自分たち本来のプレースタイルを40分貫こうと取り組んでいました」

—今年はインカレで優勝を狙える、と手応えは感じていましたか?
「リーグ戦で白鴎大と大東文化大に2連敗して、その後天皇杯予選で黒田電気に負けたとき、ホテルで4年生でミーティングしました。そこから練習の圧も全然変わりましたし、しっかり結果に結びつきました。これをやり続けたらリーグ優勝、インカレ優勝につながるなと思えたので、その3敗はとても大きかったです」

—確かにそこでチームの様子がガラリと変わったのが見えました。4年生の話が出ましたが、他の学年とのコミュニケーションを振り返るとどうでしたか?
「うーん、正直1年生とはあまり関わっていなかったかなと思います。もともと自分から行くタイプではなく、来たやつを受け入れる感じなので、ちょっと悔いが残るとしたらそこです。1年生ともっと仲よくと言うか、コミュニケーションを取っていたらもっとよかったですね」

—内田選手自身はトーナメントはスタートでしたが、リーグからはバックアップに回ったプレーとなっていました。それについては。
「リーグ中はセカンドチームとして良(#10寺嶋)や(#10鶴田)美勇士、秋山皓太(#37)とかと一緒に、『ファーストチームを練習中から潰そう』と毎回言っていましたね。プライドもありましたし、自分たちがハードワークすることによってファーストチームの力も上がり試合中困らなくなると思ったので、そういったプライドを持って練習に取り組んでいました。同時に、自分が下級生のときは礼生さん(現SR渋谷・ベンドラメ)が下級生にやりやすい環境を作ってくれて、やりたいプレーをさせてくれました。先輩から学んだことを、1年間やり続けようと思って継続したというのも大事なことだったと思います」

181216uchida_201901180851120f0.jpg

----------------------------------------

「自分のやるべきことをまっとうするだけ」
確実に役割を果たして4年としての存在を示す

◆#10鶴田 美勇士(東海大・4年・C)
181216turuta2.jpgリーグ途中からはセカンドチームの一人としてインサイドをカバーしたが、抜群の安定感が光り、平岩や八村といった選手がベンチに下がっている間も不安は感じられず、むしろ頼もしいと思える場面が多かった。鶴田をバックアップにおけるからこそ、スタメンはのびのびとプレーすることが可能になったのは確かで、インカレにおけるセカンドユニットのプレーぶりはむしろ東海大の層の厚さ、強さを確実に周囲に伝えた。4年間で学んだことの多さと、4年目に結果としてそれを残したことは大きく誇っていいだろう。


—試合が終わった瞬間はどのような気持ちになりましたか。
「やっと日本一になれたなという気持ちと、今までやってきた練習やトレーニングは嘘をつかなかったなという気持ちでしたね」

—昨年苦しんだところから今季のスタートでしたね。
「去年のような終わり方だけはしたくないというのがすごくあって、キャプテン中心にチームがまとまっていけました。今年は上級生と下級生の上下関係というのも全くなくて、とても仲が良かったんですけど、それも良い意味で結果につながったと思います。みんな今年は何としてもタイトルを獲るぞという意識が強かったと思います」

—鶴田選手の入学前はインカレでは当たり前のように優勝していた中、ここまでなかなかインカレの優勝には手が届いていませんでした。
「過去はリーグ戦で優勝しても結局インカレを獲れない状態が続いていて、それは自分たちの代で無くして後は後輩に託すだけにしたいと思っていました。リーグで優勝したのはもちろん嬉しかったんですけど、そこは通過点だと捉えていて、最終目標はインカレなのでそこに向けて準備してきました。かなり良い練習も出来て、周りのみんなも優勝に向けてついてきてくれたので、今回は自信もありました」

—2年ぶりの決勝でしたが、2年前と違う心証はありましたか。
「2年前の決勝では実質何も出来なくて、すごく悔しい思いでした。今回は4年生の立場でコートに立って、後悔の無いように思い切ってやるだけだし、試合自体をしっかり楽しもうと思っていました。自分のやるべきことをしっかり全うしていければ良いかなと思っていました」

—外目からのシュートもあり、応援席も沸きましたね。
「自分と玄(#25平岩)ではタイプも違うんですけど、外のシュートも結構得意だと思っているんですよ。当たらない時は当たらないですけど(笑)。コーチからも空いたらしっかり打てということと、ディフェンス頑張れということは言われているので、そこはしっかりやっています」

—最後に4年生だけとなった時の気持ちは?
「そんなに実感も無かったんですけど、やっと優勝できるという実感がすごく沸いてきました。4年生で出た時は涙が出そうでした。嬉しかったです」

—反面3年生以下がスタメンに座り、悔しさのようなものはありませんでしたか。
「自分はリーグの最初の頃まではスタートで出ていて、なかなか勝てない状況でした。そこから颯太(大倉)と亜蓮(八村)がスタメンで、自分はバックアップという形になりましたけど、悔しい気持ちというのは無くて、逆にその立場から流れを作りたいと思っていました。下級生も3年生もチームのために頑張っているので、自分が出たらスタートのメンバーよりも運動量を増やしていって、違うバスケットをできたらとすごく思っていました。バックアップだからこそ成長できたかなと思います」

—より東海大が強くなるために、後輩たちに力を入れていって欲しいことは?
「ディフェンスのコミュニケーションですね。東海はディフェンスのチームなので、とにかくそこを強化することと、オフェンスは思い切ってやるということを忘れずにして欲しいです。東海のモットーを出していって欲しいです」

—この4年間で成長を実感できたことはありますか。
「高校は何も考えずにがむしゃらにやればよかったんですけど、大学では中を生かすスクリーンとか、色々と学んでいけました。自信がついたところでは、ポストディフェンスですね。泥臭いところはコーチから評価して頂いているので、そういうところは成長できましたし、メンタル面でも高校に比べれば大学では成長できたと思いますね」

181216turuta_201901180851090c9.jpg

----------------------------------------

「自分が後悔したくないという思いでやってきた」
あきらめずにこつこつと必要なことをやり続ける姿勢

◆#37秋山皓太(東海大・4年・F)
181216akiyama2.jpgセカンドチームの一人としてコートに立ち、チームに安定をもたらすには欠かせない存在感を見せた。上級生が出場するとディフェンスがより締まるチームだが、準決勝、決勝におけるディフェンスの冴えは、やはり4年間研鑽を積んできたからこそ、と感じられる場面が多かった。東海大で学んだことは「我慢」と言うが、チームに求められることを理解して果たすのは誰にでもできることではない。それを見ている物にも伝わる形でしっかりと披露したことが、優勝にもつながる1つの重要なピースとなった。


―優勝したときの気持ちは?
「ブザーが鳴ったときは嬉しかったですね。でも優勝したのは嬉しかったんですが、それよりも少し違う感慨があります。僕は中学2年の夏に転校したんですが、そのときからずっと日本一を目指して取れないでいたんです。そして最後に日本一になってそこまでの取り組み方だとか考え方だとか、中にも失敗はあったけれど、這いつくばりつつも最後まで一生懸命やってきたことが今、大事だったなと思います。結果よりもそういうプロセスについてとても満足できたという気持ちです」

—這いつくばる、という言葉からは苦労したことを伺えます。
「本丸中のときも福岡第一のときも、東海に来てからもそうですが、やはり期待されている分、日本一にならないと周りからの目も厳しいです。なぜか僕が進学するときはチーム全体としてあまり良くない時期に入ったりして、第一のときはウインターも2度出ていないし、持ってないなと思ったこともあります。ほかにもいろいろ苦しいことがたくさんあったんですが、でも逃げずに一生懸命やってきてよかったと思います」

—下級生が目立つ年ではありましたが、上級生がチームを支えている姿は見えましたし、全員でやれたからこそ勝てた年だったのではという感じもします。
「1、2年はみんなうまくて、3年だって春日(#38)だって僕より上手いです。その中で試合に出れる出れないという不安もリーグ戦ではありました。あれだけ層が厚いので結果を出さないと試合には出られないというのはありますから。でもほかの4年の3人がいろんな面で、例えば旦人(#15内田)だったらリーダーシップ、松浦(#68)だったらトレーニングで先頭に立って頑張ってくれるし、美勇士(#10鶴田)はフィジカルの強さがあってそこで見せています。そこで自分で何ができるかといったらずっとやってきた、一生懸命やることをやり続けるだけでした。結果はどうなるかわからないけど、もしその姿を見て思うことがあれば、それが後輩たちのためにもなると思います。そして何より自分が後悔したくないという思いでやりました。個人としてインカレはそこまで目立った結果は残りませんでしたが、リーグは少し出せたと思うので良かったのかなと思います」

—また、3年生の成長が非常に大きく見えた年でもあります。それはどう感じていますか?
「3年生も新人戦で優勝していて元々上手さはあります。でも上級生になって彼らも心の持ち方、考え方が大人になって、それがプレーや言動、行動につながったのだと思います」

—そういう中で4年生はどういう役割を果たしたと言えますか?
「旦人はずっと厳しいことも言うときは言うし、責任感が強いのでリーダーシップを発揮してくれました。あと2人は背中で見せたというか、彼ら自身に引っ張っているという気持ちはそんなにないかもしれませんが、彼らが見せれば下級生は必然的に頑張る、そういう部分はあったと思います」

—プレーで見せること、そして次につなぐという仕事を果たせましたか?
「インカレはそこまでの結果では目に見えていないかなと思います。ミスもありましたし。でもリーグを通してはそれをきちんとやって、チームとしてのディフェンスは崩さず、やったという手応えはあります。2年のときから出番を得て、出られないときもありましたが地道にやってきたことが大事だったなと思います」

181216akiyama.jpg

----------------------------------------

「ディフェンスに取り組んだ結果が優勝につながった」
自分に変化を課して見せた大きな成長

◆#19西田優大(東海大・2年・SG)
181216nishida2.jpg上級生からも、この1年で大きく成長したといくつもの声が上がった西田。昨年はインカレで勝負のかかったシュートを外し、号泣しながらコートを去った。しかし今年の決勝では真っ先に相手ペイントに切り込んで得点すると、立ち上がりのペース作りに貢献。ディフェンス面でも相手エースを抑えるなど、攻守で存在感を発揮し、あそこから大きく、たくましくなった姿を見せてくれた。そこにはやはり苦労した昨年から何を変えるべきかを考え、自分を高めてきた高い意識がある。彼もまだ2年、ここから先のさらなる成長が楽しみだ。


—昨年の悔しさから一転、今年は結実のシーズンとなりました。
「去年は本当に悔しい思いをして、自分たちは何を変えないといけないかを上級生と話しました。といっても大きなことはなかなか変えられません。そこに1年生が入ってきて、自分の役割も少しずつ変わってきました。自分が1年生だったときはオフェンスになるべくたくさん絡んで、ディフェンスは先輩に頼る部分が多くあったのですが、今年から相手のエースにつくことが増えました。自分のディフェンス力というのがチームにいい影響を与えると考えて、ディフェンスに目を向けて取り組んだ結果がインカレ優勝につながったと思うので、本当によかったです」

—確かにディフェンスは圧巻でした。決勝のディフェンスで意識してやったことはありますか?
「僕がディフェンスでいちばん大事だと思っているのは気持ちなんです。もう意地でもついていくとか、好きにやらせないという気持ち。逆に気持ちが落ちているときは目を切って簡単に裏をやられたりといったプレーをされてしまうので、気持ちに尽きるかなと思います」

—そのためにどんな練習に取り組んできましたか。
「東海は特に夏にディフェンスの練習をみっちりやるのですが、その成果があると思います。それと、僕がいつもペアを組んでいる春日さん(#38)のディフェンスが本当にしつこくて。それを真似するではないですが、お互いにやれば相乗効果でお互いによくなったので、春日さんに感謝したいです」

—先ほど「役割が変わった」と言っていましたが、2年生ながらリーダーシップを取る様子が見られました。
「九産大戦(2回戦)は下級生4人がスタメンという中で、自分もリーダーシップを発揮していかないとなと思いましたし、陸さん(陸川監督)からも『来年は上級生になるんだから少しずつリーダーシップを出して行け』と言われているので、そこは意識的に声を出すようにしています。できるようになれば、できなくなってしまうことってほとんどないと思うんです。むしろ1回できたことを次はどう出すかという遂行力が来年はもっと求められます。(#11大倉)颯太だったりもリーダーシップがすごいのですが、コーチが言っていることにもっと応えられるよう来年も頑張りたいです」

—来年の話が出ましたが、今年はリーグもインカレも優勝で締め括り、来季以降のモチベーションをどう保っていくべきでしょうか。
「今年1年はチャレンジャーという気持ちでずっと臨んできました。来年はディフェンディングチャンピオンという立場になるのですが、自分たちが崩してはいけない『ディフェンス』というのをやり続ければ、自然と勝利はついてくると思います。そこを崩さず来年もやっていきたいです」

—今年の4年生への思いを聞かせてください。
「自分たち下級生が多く試合に出ている中でも何ひとつ不満を言わず、コートに立てばディフェンスだったり、ベンチからもたくさん声を出してくれたりと、本当に支えてもらいました。リーグ中も、個人的に3Pシュートがあまり入らなかったのですが、『どんどん打ち続けろ』という言葉を掛けてくれた。そのおかげでインカレでは全試合通して9本決められました。本当に4年生に感謝したいと思います」

—学年間の境がない感じがしますが、コミュニケーションは意識していましたか?
「特に意識してということはなかったです。バスケット以外でも本当に仲がいいんです。先輩でも全然いじるし、自分も下級生にいじられて、でもそれがいい関係につながっています。そこは崩さずと言いますか、来年もいい意味で仲良くやっていければいいなと思います」

181216nishida.jpg

----------------------------------------

「ここから4年間勝ち続けないといけない」
高みを目指し、まだまだ先へ

◆#11大倉颯太(東海大・1年・PG・北陸学院)
181216ookura2.jpgインカレ中は本来持つパフォーマンスよりはやや大人しい数字が続いていたが、そこは本人も認め、準決勝終了時では「調子は良くない」と言っていた。しかし決勝の蓋を開ければ17点10リバウンド。いずれもチームハイの数字を叩き出し、いつも通りの姿を見せた。
強い意志と明確な目標を持って東海大に進み、1年目でリーグとインカレの2冠を達成。しかし目指すところに到達しているという意識はまだまだなく、むしろ今始まったという感覚の方が強そうだ。ここから東海大の伝統を引き継ぎ、さらに引き上げられるのかここからの活躍にも注目が集まる。



—優勝の瞬間何を考えていましたか?
「今シーズンずっと優勝しようと言ってきて、ホッとしたというのがまず感想としてありました。めちゃめちゃ嬉しいというよりは、選手の4年生にはもちろん、マネージャー、学生コーチ、トレーニングコーチ、トレーナーの方々には本当にお世話になりました。だからそうした4年生のために優勝という形で終われたことが良かったなと」

—優勝した瞬間の表情が普通といいますか、いつも通りだったのでどんな感情だったのかなと思いました。
「4年間勝ち続けないといけないので、ここからだなという気持ちでしたね」

—インカレでの調子は個人的には良くない、ということを言っていましたが今日は3P、バスケットカウントといずれも見事でした。
「反省したということじゃないですが、インカレは自分のパフォーマンスに全く納得がいぅていない状態でした。でもチームは勝ち続けているし今日の試合は本当に大事な試合なので、切り替えてやろうと。そこでやはりシュートを狙っていこうと思っていて、そうやってマインドセットして狙うとやはりシュートは入るものだなと感じましたし、前半から狙っていって相手の隙をつけた瞬間がああいうプレーにつながりました。3Pに関しては当たっていた感覚だったので、フィリップ選手(#30アブ)をスイッチさせて絶対前から打ってやろうと思っていたので、あそこはうまく決まって気持ちよかったですね」

—さすがでした。この1年は自分にとってどんな1年でしたか?
「4年生をはじめ、2、3年生ら上級生に本当にバックアップしてもらったという思いがいっぱいです。思ったことを全部口に出せと言ってくれる先輩ばかりで、本当に自分としてもストレスがない状態でリーグを通していいゲームができましたし、うまくいかない状態でも後ろにあれだけ偉大な先輩がいるということは心強かったですし、今シーズンはそういった先輩の大きな背中を見られてよかったなと思います」

—春からすごくスムーズにチームに馴染んでいる感じがしました。大学に来てそこはすぐにフィットできたのでしょうか?
「僕は納得いかない状況でバスケットをするのは好きじゃないので、自分たちが何をしたいのかをまず学生コーチと模索して、しっかりこれをやる、どういうスタイルでやるかを決めてチームで遂行しようとしてきました。そこがうまくいかない時期が少なかったというか、うまくいかないままで終わらせなかったことで今日の勝ちにもつながっていったと思います」

—でも大倉選手が目指すところはまだまだ先、という感覚がありそうですね。
「これまで、めちゃくちゃ嬉しいという感情というのはまだ経験したことがありません。4年生になるとそう思えるのかな、と今日みなを見ながら思いましたが、そこを感じ取れるようなところまでやり遂げたいと思います」

—ぜひそうした姿を見たいですね。リーグ戦中から本当に勝つためにバスケットに時間を割いて向き合ってきたと思うのですが、シーズンが一区切りとなってここで少し休みますか?
「いや、休まないです。完璧なバスケットを目指していて、良くはなったけれど今日のゲームを見てもまだまだいけるところはあるし、反省したい部分もあったので、ここから伸びしろもあるし、やらなければならないことはまだあるとわかっているので、休まずにやっていきます」

181216ookura_20190118085105f07.jpg


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2018インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |