FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2018.12.16 (Sun)

【2018インカレ】12/16 決勝 東海大VS専修大

181216tokai_20190114054854877.jpg

ディフェンスで専修大を封じた東海大が
大学日本一の王座へ5年ぶりに返り咲く


 70回目の大学王座を決める全日本大学選手権の決勝は、5年ぶりの頂点を目指す第1シード東海大と、勝って16年ぶりの栄冠となるかが注目の第3シード専修大の対決となった。

181216hiraiwa.jpg 立ち上がり、#19西田(2年・SG)がペイント中央に切れ込み東海大が得点すると、専修大は#30アブ(3年・C)が返す。しかし外からのシュートは決まって来ず、東海大は#86八村(1年・C・明成)、#11大倉颯太(1年・G・北陸学院)のシュート、#22笹倉(3年・PG)のオフェンスリバウンドもあって開始5分で12-4とリード。専修大は#30アブでつなぐと#34盛實(3年・SG)へのアシストも出て追い上げるが、東海大は速攻も出たほか、残り2分で投入したセカンドメンバーのディフェンスが効いて22-12と1Qで10点リードに成功。東海大は2Q頭もセカンドメンバーで試合を継続していく。専修大はここで#12西野(2年・PF)のミドルシュート、ブロック、フリースローと得点をつなぐが、東海大は#10鶴田(4年・C)のゴール下、#0寺嶋(3年・PG)の速攻で流れを渡さない。専修大にファウルが続いて苦しい中、#23佐土原(1年・PF・東海大相模)のドライブ、#0寺嶋が完璧なタイミングでスティールから自身2本目の速攻をを出す東海大は、ディフェンスでも#19西田がエースの#34盛實に簡単には打たせない。専修大は#10大澤(4年・SF)の3Pが決まり、#30アブが#22笹倉のシュートをブロックするも、得点が伸びず前半は42-28の東海大が14点のリードで終了。

 後半3Qの立ち上がり、専修大は東海大のターンオーバーから#34盛實が決め、さらに#30アブがこの日3本目のブロックを披露。#12西野のポストアップ、さらにはオフェンスリバウンド、3Pなどで追い上げをはかり差を10点に。東海大は開始から5分弱は守勢にまわり思うように点数が伸びないが、#19西田の3Pが重苦しい空気を破ると、#11大倉颯太のバスケットカウントが会場をわかせた。専修大は#34盛實からのアシストで#12西野、また#10大澤の3Pで食い下がるが、東海大は#25平岩(3年・C)へのゴール下へのボールが通り、さらには#25平岩が3Pを沈めて内外のバランスの良さを見せる。専修大は#30アブがゴール下で奮闘し、連続ゴールとなるが、東海大は#11大倉颯太が中に切れ込み、またQの終わりにブザービーターで3Pを沈めて65-49と10点まで詰められた差を16と開いて4Qへ。

181216abu.jpg 状況を打開したい専修大は#23キング(1年・SF・アレセイア湘南)の速攻からのバスケットカウント、#34盛實の1本目の3Pがようやく来るが、連続でファウルを取られてしまう苦しさも。東海大はフリースローで加点し、#10鶴田、そして#15内田(4年・SG)の4年生が3Pを沈めて盛り上がりは最高潮に。20点i以上のリードを得た東海大は終盤になってベンチの4年生を順次投入。専修大は#23キング、#34盛實、#30アブが最後まで粘るが、東海大は#15内田がゲームの締めくくりとなる2本目の3Pを決めて88-70。チームメイトが喜びに満たされる中でタイムアップを迎え、5年ぶりに大学日本一の座に輝いた。


 2013年に4度目の優勝を果たして以来、2014年から決勝に進むこと3度、最後の山を越えることができなかった東海大が、5年ぶりにインカレの頂上にたどり着いた。昨シーズン、リーグ戦で勝てずに苦労をした3年生たちが心身ともに一回り成長してプレーでは中心を成し、4年生はそれをバックアップする役割を全う。そしてチームを前に進ませた大倉颯太と八村阿蓮のルーキーコンビが新風を吹き込んだ。チーム全員の勝利といってしまうのは簡単だが、そこに至るまでには個々人の努力やチームとしての意識改革なくしてはありえない。土台を固めた4年生ら上級生の存在もまた勝利の重要なファクターだった。今回の優勝を再び東海大の黄金期の始まりとできるのか否か、その行方も楽しみだ。

 専修大は後半の点数こそ4点差だったが、前半の遅れが響いた。2004年の決勝以降、ベスト4へは何度も入ったが、その先がなかなか突破しきれなかった。今年は佐々木監督が意識してきたタイムシェアがいい意味でバランスよく定着し、誰がコートに出てもほとんど印象の変わらないチームは安定感が増してきた。今大会は盛實が他チームに警戒され、かなり激しいマークを受けたが、その分他のメンバーが負担を分散し、危なげない試合運びで決勝まで到達した。ディフェンス巧者である東海大という最後の関門の突破はならなかったが、下級生が多いチームであり伸びしろは大きい。こちらもここから専修大の時代を作っていけるかどうか先の楽しみがあるチームとして来季も期待したい。

写真上:地道にゴール下を支え、リーグに続きMVPを獲得した東海大・平岩。
写真下:専修大・アブは20得点12リバウンド3ブロックショット。奮闘が見えた。

※記者会見の内容は「続きを読む」へ。インタビューは別途掲載します。


181216hatimura.jpg 181216nisino.jpg 181216ookura.jpg 181216sasakura.jpg 181216terashima.jpg 181216turuta.jpg 181216uchida.jpg 181216oosawa.jpg 181216nishino.jpg 181216morizane_20190114054844afb.jpg 181216kouzaki.jpg 181216king.jpg


[続きを読む]

【記者会見】

◆陸川章監督(東海大)

「専修大は得点力のあるチームなので、それをまず抑えよう、ディフェンスで勝負しようと話していた。前半は素晴らしいゲーム展開で、うちのペースでリードできた。でも3Qで見たように、トランジションが早いし、3Pも入る。そこで皆が慌てずにゲーム運びができて勝利できた。みんなの勝利だったと思う」

◆#25平岩 玄
「インカレの決勝の舞台だったが、自分たちには何も変わらない普段通りの1試合だった。『平然でいろ』という話があって、気負うことなくいつも通りで自分たちのバスケができたことでこういう結果に繋がったと思う」


◆#22笹倉怜寿
「序盤から自分たちのリズムで作ることができた。専修は大学界でも一、二を争う得点力なので、いかに得点力を抑えられるかを考えながら試合をして、チーム全員での勝利かと思う」


◆#19西田優大
「自分たちのペースで試合ができていい前半だったと思う。後半に相手のシュートも入って流れを持っていかれかけた時に、自分たちのディフェンスでそれを取り戻せた」


◆#86八村阿蓮
「ディフェンスが鍵だと思っていて、前半は30点以下に抑えられて良い前半だったと思うが、3Qで相手のシュートも入って流れを持っていかれかけた。ディフェンスをもう一回締め直して我慢することができたので、ディフェンスの勝利だったと思う」


◆#11大倉颯太
「相手が後半に点数を取り始めた時に、自分たちの甘さが出たが、最後に勝ち切れたので良かったかなと思う」



◆佐々木優一監督(専修大)
「14年ぶりにこの舞台に立つことができて、選手たちがここまで連れてきてくれたことへの感謝と、ここに来た以上は優勝というところにたどり着きたかったが、東海大学さんが素晴らしいバスケットをしてそれが叶わず悔しい思いもある。それ以上に、どのチームもそうだが中心になっているのが3年生以下ということで、この決勝戦を経験できたことは確実に次に繋がると思う。決勝に来るまでがどれだけ大変か、優勝にたどり着くには何をしなければならないか、選手たちには胸を張って会場を後にしてもらいたいし、3年生以下については来年またこの舞台に立って欲しいし、次こそは一番良い色のメダルをかけて欲しい」

東海大はディフェンスのチームでリーグ戦でも2連敗していて、恐らくハーフコートバスケットになったら絶対的な自信を持っているだろうと思っていた。今日に関しては、ディフェンスリバウンドからとにかく速い展開に持ち込んでアタックしていくということがキーになると思っていた。昨日の筑波大との試合を見ていても、特に八村君はオフェンスリバウンド10本ということで、いかにそこでリバウンドを取ってうちがファーストブレイクに持ち込んでいけるか。そこを選手たちには伝えていたが、序盤に選手たちに固さが見えて、自分たちのディフェンスやそこへの入り方で自分たちのバスケットにできなかった。逆に東海大が自分たちのバスケットをやれていたことで、主導権をゲームの頭に握られてしまったということは、もったいなかった。勝てるとすれば最初にうちが主導権を握る形でないとなかなか厳しいだろうということで、そこはもっとやらなければならないところ、準備しなければならないところだったなと思う」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2018インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |