FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会
12/10〜12/16@大田区総合体育館・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

2018.11.11 (Sun)

【2018リーグ1部】4位・筑波大

3年生エースがチームを引っ張り
若い力の伸びも見える


181111tukuba.jpg

 リーグの滑り出しこそ低調だった筑波大は、後半戦で調子を上げて14勝8敗で最終的に4位。インカレのシードの四つ角のポジションを獲得した。立ち上がりは4連敗と低迷。さすがにチームにも少し焦りが感じられた。しかも#14波多、#33三森、#16野本ら怪我人が続いて選手のやりくりには苦労したが、後半戦に入って#23半澤や#75井上、#13二上などルーキーの活躍も見えて持ち直すと、終盤に入って大東文化大や専修大など、上位校を撃破。良い流れでリーグ戦を締めくくった。勝敗では優勝した東海大に2敗、そして8位の早稲田大に2敗しているのがやや気になるところとはなった。

 今年は中核を4年生が担っているチームが多いが、筑波大は元々4年生の人数自体が少なく、また主将の#14波多が昨年の怪我からようやく復帰できたものの、リーグ戦中に再び怪我を負ってプレー不可能になったため、中心となっているのは3年生以下だ。主将の役目は3年生の#88牧に託され、#11増田はエースとして八面六臂の活躍を見せて得点王を獲得。リバウンドでも5位にランクインした。確かな能力がある#11増田と#88牧はプレー、メンタル面とも安定しており、昨年から主力として定着している#8菅原も落ち着いたリードを見せる。彼らが牽引役となっていくことで、周囲も次第にのびのびしたプレーを見せるようになっていったのは良い点だった。

 ディフェンスには定評があり、また平均身長としては関東最高峰で、ポテンシャルは高い。さらにトーナメント戦での一発の強さも持っている。春はそれで劇的な勝利を連発して優勝しており、インカレでもそれの再現なるかは注目したいところ。昨年のインカレ決勝で破れた雪辱を果たせるかどうか、戦いぶりは見逃せない。


【個人ランキング】
#11増田 啓介 得点ランキング1位(434点/平均19.7点)
#11増田 啓介 リバウンドランキング5位(187本)


【関連記事】
【2018リーグ1部】10/21レポート(明治大学会場)
【2018リーグ1部・コラム】熱い気持ちで歩み続けてきた二刀流 ~筑波大・仲澤翔大~
【2018リーグ1部・コラム】再び挑むホームでの戦い ~筑波大ホームゲーム~
【2018リーグ1部】11/4レポート(筑波大会場)


※増田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


181111maki2.jpg
途中からキャプテンになり、まだ思い悩む部分はあるようだが、それでもリーダーシップが光る牧。


181111morishita.jpg
春は好調だった森下。インカレでもその強さを見せて欲しい。


181111sugawara.jpg
菅原は安定して試合をリードしている。


181111yamaguchi_20181206094218518.jpg
サイズがあって機動力も高い山口はキーマンの一人。


181111inoue.jpg
井上は終盤戦に入って調子の良さが見えてきた。


18101314hanzawa2.jpg
能力の高さが見える半澤。ここから出番が増えていきそうだ。


181111tamaki.jpg
4年生として玉木の意地がもっと見たいところ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「プレー面では牧の負担を減らしたい」
エースとしてできることを果たし、得点王を獲得

◆#11増田啓介(筑波大・3年・PF)
181111masuda.jpg今年、堂々の得点王を獲得。このタイトルを日本人選手が獲得したのは2012年の宇都直輝(現Bリーグ富山)以来になる。得点力のある選手が取るのはもちろんだが、ゴール下で有利な留学生が取る可能性が高く、出場時間にも関係してくる賞でもある。今季の増田はチームのエースとして長い時間プレーし続け、そして内外から得点も取り続けたのが獲得の一つの理由だろう。その頼もしさはチームにとってかけがえのないものだった。コート内では激しい気質を見せることもあるが、コートを出れば雰囲気は柔らかい。そのギャップもまた彼の魅力だ。


―3年生がリーダーシップを取って戦ったリーグ戦になりましたね。
「今思うとリーグ戦の最初はチームとしても個人としても軽い感じで入ってしまいました。開始から4連敗で本当にどうしようもない、という感じで。頼れる4年生ももちろんいるんですが、自分と牧(#88)が引っ張っていかないと、とそこから気を引き締め直していきました」

―でも増田選手はプレータイムも長かったですし、体力はすごいなと思いました。その上に勝負どころを必ず決めてきた、というイメージです。
「気持ちは強く持つように意識していたかなと思いますが、やっぱり勝ちたいというその気持ちが強かったのかな。自分でははっきりそうだとは言葉で言うのは難しいですが。試合に出ているのは3年生以下が多いので、勝負どころとか点が入っていないときは自分と牧で攻めようとチームの方針としてもあったので、それをしっかり強い気持ちでやるだけでした」

―では一番つらかったのは最初の4連敗の時期ですか?
「そうですね。トーナメントの下位のチームに連覇してしまったので、入れ替え戦や自動降格が本当にあるんじゃないかと考えてしまいましたね。途中拓殖大に負けたときは順位が12位、本当にやばい、という感じでした。そこから再びチームでプレーを見直して、チーム一丸となって4位まで戻ってくることができました」

―増田選手はコートに入ると本当に顔が違って見えますね。気迫というか、気持ちの強さが見えます。
「それがスポーツというものかなと。自分の勝手な思いですが、気持ちで負けたら勝てるものも勝てないので、自分よりうまい人に勝つにはやはり気持ちからだと思ってやっています」

―途中で牧選手が主将になって、メンタルは牧選手、プレーは増田選手、という部分が強く見えました。
「牧もキャプテンになって思うことが色々あって苦労していたようです。だから少しでもプレー面では負担を減らしたいという思いがありました。高校時代は流れに任せる感じでそうした関係はなかったですが、今はチームとして自然にそういう形になっていきました」

―得点王も見事でした。日本人選手でこの賞を獲得したのは久しぶりです。
「自分では取れるとはぜんぜん思っていませんでした。1年のときの新人戦も最終日に現時点で得点王だと言われていて、そうなんだと思っていたもののフィリップ(専修大#30アブ)が最終日に50点を取って(笑)。やっぱりこういう賞を取るのは無理なんだなというのはつくづく思っていたんですけど、嬉しいです」

―次はインカレですね。
「やっぱり優勝したいです。そのためにここからの1か月、しっかり練習を突き詰めてミスを減らして自分にも周りにも厳しくして、チーム一丸となって大会に乗り込みたいです。地方も関東も油断できません。4位なので青山学院と同じブロックだし、手強いです」

―インカレは個人賞というより、勝つことが第一ですね。
「優勝できればなんでもいいです。昨年の悔しさを晴らしたいです。トーナメントは勢いなので、そういうチームになりたいです」

(2018.11.11インタビュー)

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:44  |  2018リーグ1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |