FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会
12/10〜12/16@大田区総合体育館・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

2018.11.11 (Sun)

【2018リーグ1部】7位・日本大

前半は欠場者を出しながらも好調な立ち上がり
中盤から後半戦では苦戦も見える


181111nihon.jpg

 開幕序盤は連勝が続き、首位に立っていた日本大。#9杉本が参加していたアジア大会の3☓3で怪我を負い、#8ジャワラがリーグ戦前の怪我で全試合欠場となって主力を欠いた状態。夏は#21青木や#23本村も国体参加でいなかった時期もある。その分#33比嘉らベンチスタートの選手が練習から奮起し、#21青木、#14松脇といった選手も持ち前の攻撃力を発揮して勝利を重ねた。シュートが好調だったことと、ゴール下では#0シェイクが活躍。2年目ながら落ち着いたプレーでリバウンド、ゴール下での得点、ブロックショットでチームに貢献し、城間コーチも「シェイクが成長してよくやってくれた」と成果を褒める。こうしたおかげでインサイドでは#8ジャワラがいない影響をさほど感じさせず、主力の選手たちは個人ランキングでも高い位置で存在感を示した。ただ、中盤戦からは勢いを40分間持続できずに苦戦が見られて順位が下降。最終的には10勝12敗、同率の早稲田大に2勝していたため、一つ上の7位、インカレシード圏内に落ち着いた。

 勢いが止まったときにどう打開するのかは、城間コーチも課題としていたところ。攻撃力の高い選手たちが揃い、リバウンドで#0シェイクや#9島袋といった選手たちが噛み合えば持ち味を存分に発揮できる。シュートが入らないときでも粘り強く戦っていけるかが勝負の鍵だろう。#9杉本はリーグ戦後半に復帰し、チームの攻撃力に厚みを加えた。#8ジャワラも間もなく復帰と見られ、インカレで全戦力が揃った状態になったときにどう戦うのかが注目だ。
 

【個人ランキング】
#0シェイク ケイタ リバウンドランキング1位(349本)
#0シェイク ケイタ 得点ランキング5位(360点/平均
#14松脇圭志 得点ランキング10位(342点/平均
#14松脇圭志 3Pランキング2位(63本)
#21青木裕哉 アシストランキング2位(70本)


【関連記事】
【2018リーグ1部】9/12,13レポート

※本村選手、松脇選手、シェイク選手のインタビューは「続きを読む」へ。


181111sugimoto.jpg
杉本は10月の半ばに復帰。やはり攻撃に起点が増えるのは大きな武器。


181111aoki.jpg
青木は得点、アシスト両方で数字を重ねた。


181111higa.jpg
夏の練習で自覚が強まったという比嘉はシックスマンとして活躍。


181111shimabukuro.jpg
島袋はジャワラの不在を埋める働きを見せた。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「プレーでもメンタルでも支えていきたい」
主将としての意識の変化と成長をチームの勝利に

◆#23本村亮輔(日本大・4年・主将・SG)
181111motomura.jpg日本大のシューター陣の中で最上級生、今季はキャプテンを務める。個性豊かなチームメイトをまとめることは容易ではないが、シーズンを通して「チームの勝利」を第一に考えてきた。難しい役割で空回りもあったと言うが、リーグ戦終盤になりプレータイムが伸びてくると徐々に本村らしいシュートが見えた。そして早稲田大戦では14分の出場で24点とチームハイ。インカレでは一発勝負で、本村の活躍も当然問われてくる。日本大の持ち味である勝負強さを発揮するためのチーム作りはまだまだ続く。


―早稲田大戦を振り返って。
「早稲田大にはここ1年負けていなかったので、自分たちとしてはいいイメージがありました。ケイタ(#0)のところがミスマッチになるので、出だしからそこを突いていきました。ケイタの起点に周りの松脇(#14)とか、シュートが当たったので流れが来たと思います」

―本村選手のシュートも当たりましたね。
「そうですね、今まで少し遠慮していたかなと思います。勝つことが一番だと思っていました。自分だけがいいというのは良くないと思っていて、周りのことを活かそうとしたら空回りしました。自分のシュートを忘れてしまいがちでしたが、今日は良かったです。タッチが良く、打てば入るかなと思いました。最近はまず打っていなかったですね(笑)」

―シューターが多い中、本村選手の役割は何でしょうか?
「天昇(#10杉本)は欠場でしたが、高原(#11)とか後輩にもいいシューターがいます。自分が試合に出る時は4番ポジションで4人が外の形です。天昇がいないことで全員が頑張ろうという気持ちになったと思います。前半戦はそれがわかりきっていて、その中で自分たちのバスケットをどう展開するか、みんなで考えていました」

―土浦日大から4年連続でシューターが入ってきましたね。
「そうですね。この縦4学年は上下関係がなくて、仲がいいです」

―途中勝てない試合がありました。
「何やってもうまくいかなかったですね。練習も雰囲気が悪かったです。チーム状況が悪い中でまとめるのが4年生の仕事です。途中から3年生以下の意識が変わってきました。自分たちが言うというより、下級生が自分たちから変えてくれました」

―その中でキャプテンの難しさはありましたか?
「個性の強い選手が多いので、まとめるのは大変ですが、土浦日大からの後輩も多く、言っていることは聞いてくれます。3年生以下が試合に多く出ていますが、4年生はプレーでもメンタルでも支えて行きたいと思います」

―インカレに向けて何を詰めていきますか?
「天昇とジャワラ(#8)が戻ってくるのでまた違うチームになると思います。1からチームを作っていきたいです。今はケイタ以外は身長が小さいチームですが、サイズアップもするのでそれに合わせていきたいです。壁にぶつかった時に後輩たちをどうまとめるかも考えていきたいです」

(2018.11.10インタビュー)

----------------------------------------

「自分が中心となってやっていかなくてはいけない」
休みなしでリングに向かう、チームの核としての自覚

◆#14松脇圭志(日本大・3年・SG)
181111matuwaki.jpg8月の3×3の代表戦からすぐにチームに戻り、リーグ戦でも休むことなくシュートを打ち続けた。3Pランキングは63本で2位につけ、シューターが揃う日本大で一番の得点源となった。松脇の武器はオフェンスのみに留まらない。もともとディフェンスでも定評があるが、代表を通してポストの守り方を学び、プレーの幅をさらに増やして帰ってきた。相手のエース級の選手を止めつつ、誰よりもゴールにアタックしていく姿は頼もしかった。


―リーグ戦通してどう思っていますか?
「序盤で勝ちを積むことができたことは良かったです。最初に連勝できたことは後を考えると大きいですね。あれがなかったらどうなっているか、わからないと思います。チーム的にも結構いけると思いましたが、徐々に失速しました。だいぶ落ち込みました。結果7位でしたが、最初の勢いを継続させることができたら、もっとよかったのかなと思います」

―杉本選手の欠場はどう影響しましたか?
「得点源が欠けるという意味で、チームで頑張ろうという意識は芽生えたと思います。今までとは違い、みんなでシュートを狙いに行くようになったのは良かった面だと思います」

―試合数も増え、さらに松脇選手は3×3もありました。休みなしでしたね。
「そんなに気にすることもなく、という感じでした。3×3からこっちの試合に合わせることが少し大変でしたが、体力的には大丈夫です。一番変わったのは体の当たりですね。3×3のディフェンスをやると逆にここではファウルになってしまったりしました。なので最初はファウルが積んでしまいました。あとは特徴としてポストプレーが多いです。守り方とかを学んだので、活かせるものはあったと思います」

―リーグ戦のプレータイムが長かったですね。それだけ欠かせない選手になったという自覚はありますか?
「城間さんは結構自分を起用してくれるので、自分が中心でやらなくてはいけない、という自覚はあります。やれることは試合に出ている以上やらなくてはいけないと思います。ただ2試合連続とかだと疲れはありましたが、それは他のチームも一緒なので言い訳にはできないですね」

―7位でインカレのシードは獲得できました。
「そうですね。でも負けたら即終了ですし、シードだからという気の緩みはないです。ジャワラや天昇が戻ってくるので、リバウンドや得点が伸びると思いますが、しっかりプレーをしていきたいと思います」

(2018.11.11インタビュー)

----------------------------------------

「最初から勝つ気持ちで戦って、優勝したい」
チームの勝利を第一に仕事をこなすゴール下の要

◆#0シェイク ケイタ(日本大・2年・C)
181111keita.jpgリーグ戦を通して日本大のゴール下の要となった。ジャワラの欠場もあり、プレータイムが長く疲れも見えたが仕事をしっかりとこなすと、合計346本(オフェンス112本・ディフェンス237本でどちらもトップ)でリバウンド王を獲得。ディフェンスでも頭角を現し、ブロックショットランキングは51本でも1位と、208cmという持ち味の高さを存分に活かした。素直で冷静な性格に秘めた闘志を燃やし、勝利へ向かい続けている。


―リーグ戦は長かったですが、どうでしたか?
「長かったですが、楽しかったです。7位になれて嬉しいです」

―試合にずっと出ていました。疲れましたか?
「途中で疲れはありましたが、勝てば疲れはあまり感じないです」

―リバウンドをたくさん取っていましたね。リバウンド王です。
「そうですね、リバウンドは一番頑張りました。リバウンド王は嬉しいです」

―普段はどういうイメージで練習や試合をしていますか?
「まず勝つことが大切です。留学生がたくさんいて、楽しいです。相手は誰でも頑張ることは変わらないです」

―いつも落ち着いていますね。どうしてですか?
「チームメイトのおかげかな。みんなが落ち着いてやろうって声かけてくれます」

―インカレでの目標は何ですか?
「優勝です。最初から勝つ気持ちでいきます。全力でやるしかないです」

(2018.11.11インタビュー)


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:41  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |