FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2007.11.30 (Fri)

11/30 インカレ5日目準々決勝 青山学院大VS早稲田大

青山学院大81(26-14,19-13,15-17,21-22)66早稲田大
1130arao.jpg一戦ずつ調子を上げている早稲田大。対する青学大は実力充分、着実に頂点へ向かって駒を進めている。
試合が始まって流れを掴んだのは青学大。早稲田大のエース#7近森(4年・F)に満足にオフェンスをさせず、足を使った攻撃で次々早稲田ゴールを揺らし前半で17点差をつけてこのままワンサイドゲームになるのかと思わせた。
しかし、リーグ戦ならばこれで切れてしまいそうだった早稲田大だが、この日は違った。点差が離れても懸命に粘り、追い上げる姿勢を見せて20点差前後でついていく。青学大の勝利が揺らぐような展開とまではいかなかったが、最終スコアは81-66。早稲田大の健闘が光った。
写真:この日31得点と速攻から大量ゴールを奪った青学大・荒尾。

試合のレポートと早稲田大・前川選手、近森選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

■ GAME REPORT■
1130kazama.jpgゲーム開始2本連続でシュートを決めたのは早稲田大#10風間(4年・F)。しかし青学大も#8荒尾(3年・C)がすぐに決め返すと早稲田大のスローインから5秒を奪い、更に#8荒尾がゴール下で得点、#12渡邊(2年・G)も早い展開でレイアップを決める。早稲田大は#7近森が固いディフェンスに逢い、容易にシュートさせてもらえない。しかしその分#10風間が空いたところから得点を狙いバスカンを獲得。ボーナススローは失敗するが、#7近森がカバーしゴールを決めた。しかし早稲田大の勢いもここで青学大に反撃される。早稲田大がターンオーバー、ファールを犯すと#1熊谷(4年・F)、#10小林高晃(2年・F)らがたたみかけるように得点、1Qは26-14とリードした。

2Q、早稲田大は2ファールの風間を#11赤沼(3年・F)にチェンジ。だが開始30秒で#7近森がスティールから得点した後はまたも青学大の足に走り負ける格好となる。#8荒尾にマッチアップしている#12根本(3年・C)がファール2と苦しくなった早稲田大。オフェンスでも激しい当たりに何もさせてもらえない。32-16とダブルスコアにされてしまうが#4菅川(4年・F)の意地の3Pが決まり、#7近森、そしてコートに戻った#10風間もそれに続く。だが青学大は動じない。早稲田ディフェンスをものともせず得点を重ねるとリードを広げていく。早稲田大は#17山田(2年・F)がゴール下のイージーシュートをミスするなど、いいところで決められず44-27と17点差で前半を終えた。

1130watanabe.jpg後半も青学大の優位は揺るがない。しかし得点差は20を境に推移したが、それ以上開かないのは早稲田大の意地か。#7近森は激しいディフェンスに逢いながらそれでも果敢にゴールを狙う。リーグ戦、入れ替え戦となかなかいいところが出せなかった#4菅川も3Pを沈め、#17井手(1年・SG)は持ち前の運動量でコート狭しと駆け回り内外からゴールを狙っていった。青学大は4Qで#10小林高晃のファールが4つになったが、そのままリードを保って逃げ切った。早稲田大は力及ばなかったが、戦う姿勢は最後まで見えた試合となった。

青学大の準決勝は1部昇格を決めて勢いのある大東文化大との対戦となった。個々が強烈なキャラクターである大東大は今大会でも異彩を放っている。全く異なる両者がどのような戦いを見せるのか、注目の一戦であろう。


◆#7近森裕佳(早稲田大・4年・PF)1130chikamori.jpg
今シーズンいい形でスタートを切り、4年の最後の年に賭ける日本一への思いは強かったはず。夢が絶たれ近森の目には涙が浮かんだ。

―今日の試合を振り返って。
「前半が全てだったと思うんですけど、どうしても青学のプレッシャーが強くていい形でパスが回らなかったっていうのは試合後にみんな反省していて。結果的に悪いオフェンスになってしまって、走られて、アウトナンバーでどんどん決められてどんどん離されたっていうのがあると思うんで。荒尾の所の合わせとかスクリーンプレイとか対応できなかったっていうのは、対策不足だったとは思います。でもうちがやろうとしたディフェンスっていうのは自分たちなりにできたっていう感覚があったので、やっぱりオフェンスが課題なのかなという感じが残ってしまって。でも最後まで誰一人諦めずにブザーがなる瞬間までみんながディフェンス頑張ったし、ボールを追ったっていうのは、みんなの意識が変わったと僕ら4年は感じています。こういう結果になってしまったんですけど、1年の時からですけど日本一を目指して自分たちの代を始めて、結果インカレ日本一の夢は終わってしまってすごい残念で悔しい気持ちがあるんですけど、これで終わりじゃないし、あと2試合5位決定戦まであるので。応援してもらっている人たちにも“早稲田変わったんだな”っていうのを見せたいし、もう一度応援したいチームだと思わせたいので。ここで腐るんじゃなくてベスト4以上も優勝もできないですけど、気持ち切り替えるのも難しいかもしれないですけどそこは4年がしっかりと切り替えさせて、なんとか5位になれるように明日からまたベストを尽くしたいです」

―点差が付いてからも全員でリバウンドに行って、ルーズボールの飛び込む姿は今までの早稲田にはなかったと思うのですが。
「それが伝わってもらえれば嬉しいです。前半で20点差が付いて応援しくれる人たちにも、もう決まちゃったかなと思わせる展開だったので、そこで諦めて気持ちの入ってないプレイをしちゃったら“やっぱり早稲田こうなるんだ”と思われると思ったので、みんなそれだけはすごい避けたかったし、みんな諦めずに絶対勝つぞっていうことは絶えなかったので。最後ブザーが鳴るまで何が起こるかわからないという気持ちをみんなが持って。3Qの最初も10点差になるかならないかの所まで行って、ああいう所でイージーシュートを落としてしまったり。あそこでもし入っていればっていうところが、そんなの挙げたら霧がないですけど。この一年間の積み重ねの差が出ちゃったのかなって正直思ったので。後輩たちもそういうことは感じてくれていると思うので。インカレの借りはインカレでしか返せないと僕らは思っているので。トーナメントやリーグで優勝してもインカレでの日本一っていうのは特別だと思うので。後輩たちには今日の悔しさを感じてもらって糧にしてもらって来年絶対僕たちが果たせなかった…日本一っていうのを菅川と4年生と話していて…ほんと狙って早稲田で、このチームで頑張ってきていたんで…そういう思いは後輩たちに、僕らはもうこの場に戻ってくることはもうどうあがいてもできないんで。後輩にそれは頑張ってもらうためにも、残り2試合自分たちがどういうものを残さないと、それが最後僕ら4年の仕事だと思うんで。また明日の朝には気持ちを切り替えて、代々木に戻って頑張りたいと思います」


◆#5前川貴宏(早稲田大・4年・PG)1130maekawa.jpg
打倒青学は叶わなかった。しかし、この試合でも前川を始め最後まで諦めない、気持ちで負けない早稲田らしさを取り戻しつつある。

―敗因は?
「やっぱり実力の差っていうものが。相手のブレイクが出てきたときにその時点で受けちゃったのが敗因ですね」

―青学にやらせてはいけないと思ったのは何ですか?
「相手がリバウンドとってからのブレイクを得意とするチームなので、全員でオフェンスリバウンドに絡んでいって少しでもブレイクを遅らせて相手のリズムを狂わせようって話していたんですけど。前半の最後とかその意識が薄くなって走られてしまったっていうのが」

―後半には盛り返せたのは?
「ハーフタイムにみんなこのままじゃ終われないって話していて。ディフェンスを一から。リバウンドの前にディフェンスでプレッシャーをかけて相手のターンオーバーを誘発して、自分たちのブレイクに持っていこう、そういうことで話し合って。後半の出だしとかは結構出ていたんで良かったと思います。(それがスティールからの速攻につながった?)点差が点差だったのでギャンブルっていったらおかしいですけど、やらないと点差は縮まらないんで。とにかくボールを奪おうという気持ちで頑張りました」

―ガードとして自分たちのオフェンスのプランというのは?
「ハーフコートに入ったら体格差が結構出てくるので、ブレイクで相手のディフェンスをかき回してやっていこうかなと思いましたけど、体の強さとかディナイの強さっていうので全然ボールも回らなかったのでリズムを狂わせられたかなと思います」

―気持ちの面では入れ替え戦が終わって落ち込んだりとかはなかったのですか?
「やっぱり落ち込みましたし、後輩たちにも申し訳ないっていう気持ちを4年生全員が持っていたんで。インカレは優勝目指して、後輩たちにも思いを残そうと思ったんですけど、この結果は残念ですね」

―リーグ戦とはスターターも変わりましたが。
「そこは学生コーチの判断がありますけど。でもサイズアップはしたのでリバウンドも頑張らなきゃいけないのかな。全員でリバウンドで獲ってブレイクにつなげられれば良かったんですけど、そこはボールへの意識をもっと強くしなきゃいけないと思います。リーグ戦と比べるもあれなんですけど、前に青学とやったときより内容としてはブレイクも出ていたし、ディフェンスも頑張れたと思うので、明日からは今日の反省点を生かして5位目指して頑張ります」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2007インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |