FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.11.29 (Thu)

11/29 インカレ4日目 明治大VS専修大

明治大83(20-26,24-17,25-18,14-10)71専修大
1129negishi.jpg1部4位の専修大と2部3位の明治大がベスト8決めで激突した。
序盤は怪我からの復活を遂げた専修大#7浅野(4年・F)が奮闘。専修大を引っ張る。対する明治大は#45根岸(4年・F)が意地を見せる。専修大のディフェンスをするりと抜き去り、次々と得点を重ねていく。また、インサイドでは#10古橋(4年・CF)がファウルトラブルに陥りながらも強烈なブロックを見せるなど、この試合に懸ける“思い”が見えた。思いがぶつかり合っていた試合も、3Q中盤、専修大が2本のゴールテンディングを吹かれたことを機に流れが変わってしまう。ここからリズムを掴んだのは明治大で、そのまま専修大を寄せ付けることなく勝利を飾り、目標としていた“インカレベスト8”を達成した。明治大は30日、ベスト4を懸けて大東大と激突する。
写真:専修大・浅野が抜群の跳躍力で明治大・根岸のブロックに飛ぶ。

詳しいゲームレポートは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

■GAME REPORT■
1129asano.jpgこの試合、専修大#7浅野(4年・F)の目の色が違った。立ち上がり、いきなりバスケットカウントを奪い、先制点を獲得。更にリバウンドにも積極的に飛び込み、専修大に勢いをもたらした。しかし、笛が軽くあっという間にチームファウルは5回に。明治大はフリースローを得るが、それを生かすことが出来ずに得点が伸び悩む。1Q終盤に明治大は#21川崎(2年・F)の3Pが決まるが、専修大は残り3秒で#22鈴木(3年・G)がレイアップを、そしてブザーと共に#55横村(4年・G)がジャンプシュートを沈め、最高の形で1Qを終える。

2Q、明治大もオフェンスのリズムを掴み始める。#21川崎のレイアップや#45根岸(4年・F)のジャンプシュートなどで得点を重ねていき、専修大に詰め寄る。対する専修大は2Q開始直後に#55横村のレイアップが決まって以後2分間無得点。苦しい展開を強いられる。しかし、#11藤井(2年・PG)の3Pや#22鈴木のバスケットカウントで何とかリードを保つ。対する明治大は#14金丸晃輔(1年・PF・福大大濠)のシュートが徐々に決まり出す。更に#45根岸も積極的にオフェンスに参加。専修大にプレッシャーをかけていく。そして、残り2:56。明治大は#33北向(4年・PG)のレイアップで遂に専修大を捕える。その直後、#14金丸晃輔が連続得点を決め、差は5点に。何とか追いすがりたい専修大は#7浅野、#9田中がリバウンドで奮闘。連続してリバウンドをもぎ取り、最後は#22鈴木に繋ぐ。鈴木は見事に3Pを沈め、44-43の1点ビハインドで後半へ。

1129furuhashi.jpg3Q立ち上がりは互いにシュートが入らず得点が伸びない。また、ファウルもかさみ、思うようなオフェンスができない両者。この時点で明治大ゴール下の要#10古橋(4年・CF)は4つ目のファウルをコールされていた。その後は専修大もファウルが続く。明治大#45根岸は連続でフリースローを得るが1本ずつしか決められず、専修大を突き放せない。残り7分を切ると、点の奪い合いが始まる。奪い合いは2分ほど続いていたが、残り4分でこの試合の流れが大きく変わる出来事が起こった。専修大のブロックにコールされた2本のゴールテンディングである。この笛に専修大ベンチは猛講義、ブロックに飛んだ#7浅野もゴールポストに怒りをぶつける。しかし、判定は覆ることなく試合は進む。専修大の面々は苛立ちが募り、一気に緊張感が崩壊してしまった。その間に明治大は#14金丸晃輔が次々とシュートを沈め、リードを広げていく。専修大も#9田中の得点でなんとか追いすがり、8点差で最終Qへ。

最終Q、明治大は#45根岸の得点で11点差とする。対する専修大は残り9分で#7浅野がファウルアウト。精神的にプレーを続けられない様子が見えた。その後、#22鈴木らが何とか粘るが前半ほどの勢いはない。専修大はタイムアウトで立て直しを図る。すると、#9田中、#32喜多川(4年・G)のシュートが決まるも、明治大#45根岸にやり返されてしまう。また、明治大は#14金丸晃輔がアグレッシブにプレー。多彩なオフェンスを披露し、次々と得点を重ねていく。専修大はなんとか追いつこうと3Pを乱発。しかし、リングに弾かれ得点するには至らなかった。最終スコア83-71。明治大は目標としていたインカレベスト8を達成。塚本コーチが就任してようやくつかんだ大きな切符となった。


トーナメント方式であるインカレ。負ければ、チームの4年生には“引退”という2文字が飛び込んでくる。それだけに1試合に懸ける思いは強い。この試合もそれは一緒だった。専修大の4年生も明治大の4年生も強い気持ちを持って戦っていたことは一目瞭然だった。しかし、問題のゴールテンディング以外にもそんな気持ちを踏みにじってしまう様なジャッジがいくつもあった。実際、代々木第二体育館に集まった観客もどこかシラけ、明治大の勝利を素直に喜べない空気が漂っていた。
“引退”となった専修大#7浅野(4年・F)は試合後、大粒の涙を流しながらこう言った。
「自分は4年間、怪我で思うようなプレーができなかった。だから、全てをこの試合に懸けていた。でも、段々審判に流されてしまって自分達のバスケが出来なかったし、自分のメンタルの若い部分が出てしまった。最後だったのに…」
ジャッジに振り回され、自分のプレーができなかったということに関しては自身のメンタル面の問題を考える必要はあるが、選手の戦意を喪失させてしまうジャッジがこの全国の舞台で起こってしまったことは残念としかいいようがない。全力で戦って負けてしまったのならば、納得がいく。しかし、このような形では後悔だけが残ってしまうだろう。浅野は試合後、ずっと涙を流していた。悔やんでも時間は戻ってこない。
専修大の4年生にとっては、あまりにも可哀相なエンディングとなってしまった。

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2007インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |