2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2017.11.23 (Thu)

【2017インカレ】11/23 筑波大VS青山学院大(準々決勝)

青山学院大が筑波大に前半23点のビハインド
後半怒涛の追い上げはあとわずかに3点が足りず


171123kidasugiura.jpg

写真:筑波大・杉浦と青山学院大・木田。ゲーム終盤はこの4年生同士が点を取り合う息詰まる攻防戦に、会場のボルテージも上がった。杉浦は3P2本の19点。木田は3P4本の22得点。どちらも譲らない気迫がコートに満ちていた。


171123aoki.jpg 準々決勝第一試合、第4シード青山学院大と関東5位の筑波大の戦いは、1Qは筑波大の一方的な展開になった。ディフェンスを突破できない青学大はターンオーバーを繰り返し、一方の筑波大はオフェンスで中外とバランス良く得点し、速い展開でどんどん加点すると一気に差が開いて1Qは23-5。2Qも青学大は攻撃のきっかけが作れず、開始3分で#13前田(3年・F)の3Pが決まってようやく初得点。筑波大は#65玉木(3年・C)、青学大は#37ナナー(2年・CF)が互いに3ファウルでベンチ行きとなるが、それでも筑波大の怒涛の攻撃は止まらず前半は43-20と筑波大23点のリード。

 この差を埋めるのは難しいかと思いきや第3Q、青学大は#13前田のジャンパーから流れを掴み、一気に点差を詰める。筑波大は#17杉浦(4年・PF)の個人技で持ちこたえるが、青学大の勢いは止まらない。終盤は#6木田(4年・F)の3P、スティールで5点差と、このQ25点を獲得して18点の差を詰めた。一方の筑波大はこのQわずか7点に終わった。

171123maeta.jpg 第4Qも筑波大は#17杉浦が着々と点数を重ね、青学大はここのディフェンスが対応できない。オフェンスでは変わらず#13前田と#6木田のシュートが好調で開始3分でついに同点に追いついた。そこからは4年生同士の点取り合いとなり、最後までわからない展開になだれ込む。勝負を決めたのは残り1分を切った時間。ここで筑波大#10村岸(2年・SF)の3Pが流れを決定的にした。懸命に粘る青学大は最後まで勝負をあきらめないが、この日獅子奮迅の働きで猛追の一翼を担った#6木田が終盤にファウルアウト。青学大が最後は流れを渡さず最後は#4青木(4年・PG)のドライブからの得点もあって77-74。4連覇を目指す筑波大が準決勝に駒を進めた。

171123kida.jpg どちらも、リーグ戦では苦しんだチームだった。筑波大はエースが抜け、怪我人が続出。青山学院大は安定した試合を続けられず、リーグ終盤まで中盤から下位の争いを続けた。だが、筑波大は課題だった前半の入りを改善し、エースの杉浦が次々とシュートを決めた。メンバーも揃い、ようやく戦える体勢が整ったと言える。青山学院大は4年生が見事にチームを牽引し、そこにチームがついていった。

写真上:この日ファウルトラブルでベンチにいる時間が長かった筑波大・青木も、最後はしっかりとドライブを決めて勝利を確実にした。
写真中:青山学院大・前田は27点。木田とともに追い上げの中心となった。
写真下:青学大・木田は無念の退場。うなだれる6番が皆にベンチで迎えられる中、まだコートに立っていなかった4年生、日野がその代わりとなって出ていく。会場からは戦い抜いた木田に盛大な拍手が送られた。

※筑波大・吉田監督のコメント、玉木選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【COMMENT】

「リーグ戦の反省、練習が生きた」
中日もしっかり練習して挑んだ準々決勝

◆吉田憲司監督(筑波大)

(青山学院大に対して)本来こういうことはしませんが、昨日の1日空いた日は1時間半ほど練習して、ディフェンスのイメージを作りました。リーグ戦でやられたところの反省とオフェンスの修正などです。最初の3Pは簡単に打たせない、全部ドリブルだからチームでしっかり守るというのを意識しました。オフェンスの入りもプレスに対してしっかりコーディネーションできて、一気にドライブして得点できました。

(後半に追い上げられた)2Q以降はどこかで向こうの追い上げがあるだろうと思っていました。こちらは3Qの入りでシュートにいっていたけど、フィニッシュが悪かった。そこから悪くなったので反省しています。ただ、向こうも無理をしていたのでこのまま逆転を一気にやるのはきついだろうと思ったので、点差を維持することを考えていました。

(今年のチームに関して)春は短期決戦なので良いとして、リーグは9週間あります。その中でうまくいかないことがありました。馬場が抜け、3番候補にと考えた波多(#14)の怪我もありました。ヤス(#4青木)と牧(#88)以外にもう一つ起点を作りたくて村岸(#10)や山口(#27)に期待しつつやってきました。切っていく選手がいないというのが悩みでしたね。でも菅原(#8)、玉木(#65)も怪我から復帰して揃いました。あとは増田(#11)と杉浦(#17)がポジションがかぶってしまうと一緒に使えずにもったいないので、2人を同時に長くコートに立たせるのが理想ですね」


【INTERVIEW】

「大学バスケで王者を狙うにはまだまだ足りない」
自らの課題に向き合い、チームを支える大黒柱へ

◆#65玉木祥護(筑波大・3年・C)
171123tamaki.jpgリーグ戦序盤で怪我により長期の欠場を余儀なくされ、終盤に復帰するもののチームとしても個人としても満足のできない結果に終わった。しかしインカレで3連覇を狙うためには、ゴール下の働きは必須。その核になることが自分の役割であると自覚している一方で、期待によるプレッシャーもあると言う。準々決勝では前半からリバウンドやオフェンス面でも存在感を十分に発揮した。ここがまず一歩。それを大きなものにできるかどうか、残りの2試合で問われる。


―最後は競り合いましたが、入りのいい試合ではありました。
「今日は1Qが良かったですね。リーグ戦はずっと出だしが課題でした。それを克服して、いい感じに入れたことで、その貯金があり、最後勝ち切ることができたと思います」

―ベスト8がけの新潟経営大戦は接戦でした。間の1日の練習はだいぶしっかりと練習をやったと吉田監督がおっしゃっていました。
「そうですね、結構やりました。僕自身はしっかり練習をやった方がいいと思っていたので、そんなに驚きませんでした。昨日の練習で青学対策ができたと思います。リーグ戦の2巡目で負けているので、それを踏まえて自分たちの動きの反省をしっかりとして、共通理解をしたことでいい形で今日に持っていけたと思います」

―具体的にどんな対策をしましたか?
「青学はドリブルしてきてシュートや1対1が多いチームなので、カバーのタイミング、そこからパスが出されたときのローテーションや、クローズアウトで抜かれないようにしようという意識を強めました。あとはセンター陣のところですね。リバウンドに飛んでくるので、センター陣は負けないようにボックスアウトを徹底すること。周りはボールを取りに行くような、全員でリバウンドをすることを心掛けていました」

―前半の3ファウルは誤算?
「そうですね、3つ目は特にいらないファウルでした。2つ目はしょうがないと思いますが、本来いらないですね。でも、できるだけファウルをしないように心掛けていました」

―相手のセンター陣が玉木選手と同じくらい、あるいはもっと大きい選手もいました。その意味で気持ちは入っていた部分はありますか?
「そうですね、弾もそうですが他の学校にも大きい選手や留学生がいます。その中で僕は大きい選手ではないので(195cm)、ボックスアウトを力いっぱいやらなければ抑えられません。今日はとても緊張しましたが、それがいい方向に働いていい感じに動けたので、よかったです」

―玉木選手が怪我をしていた期間はチーム的にも苦しかったと思うのですが。
「確かに僕がいなくてセンター陣に不安はあったかもしれませんが、僕が復帰してもそんなに良くなかったですね。僕自身の調子や出来が悪すぎて、リーグ戦は乗れませんでした。でも僕がいない間に下級生の森下(#15)や三森(#33)がしっかり頑張ってくれました。それは彼らにとってとてもいい経験になったと思いますし、今日も特に森下はコンタクトの部分もしっかりしてきたし、リバウンドも頑張っていたので、助かっています」

―4連覇かかっています。春と状況は違いますが、プレッシャーは感じますか?
「プレッシャーは感じてはいます。個人としては代表にも選んでもらって、周りからはすごい選手と思われているかもしれないとか、あとはチームからの期待ですね。4年生にセンターはいないので僕が上級生のセンターになります。お前ならできると言われる部分は本当に僕ができるか不安ですが、特に乗っているときは『俺はできる』と思わないと精神的にやってられません。佑成さん(#17杉浦)や増田(#11)のようにコンスタントに点数やリバウンドを取りに行けるようにならないといけません。これはこれからの自分の課題になってくると思います。下級生の頃と比べると自分でも成長したとは思いますが、まだまだですね。大学バスケで、王者を狙うには足りない部分がたくさんあります。そこはまだ自分が甘いのでしっかりやっていきたいです」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2017インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |