2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2017.11.18 (Sat)

【2017リーグ1部】6位・白鴎大学

新戦力も存在感を増しつつある中
チャレンジャー精神で戦う 〜白鴎大学〜


17hakuo10.jpg

 昨リーグは3位、今年は春のトーナメントで2位となり、1部に上がってきて着実にその足跡を残している白鴎大。終盤まで上位争いに絡んでいたが、最終成績は9勝9敗の6位。最終戦は余裕を持って戦っていたにもかかわらず、逆転で筑波大に破れ、苦い幕切れとなった。エースの#0野﨑(4年・SG)は「得点が取れず、消極的なときは負けてしまう」と敗戦について言うが、誰でも得点が取れるチームだからこそ、人任せのプレーではいけないということだろう。

17hakuo05.jpg #0野﨑(4年・SG)、#21神里(4年・PG)、#18奥野(4年・PG)といった4年生のガード陣を中心に、#75シェッハ(2年・C)を大黒柱に据える構成は昨年とは大きくは変わらない。今年は機動力のある#58前田(2年・SF)、インサイドプレイヤーの#44星野(2年・PF)、#35秋野(3年・PF)といった面々が存在感を増してきた。ほかにも、躍動感あふれる#37長島(3年・PG)、ガードながら飛び込みリバウンドなどにも積極性を見せる#32三浦(2年・SG)といった、ニューフェイスもどんどん頭角を表してきている。プレータイムを分け合いながら、いかにそれぞれが役割をまっとうするかで結果も違ってきそうだ。2巡目には優勝した拓殖大相手に攻守ともに光って勝利。上位に食い込む力を確かに持っている。その上で「チャレンジャーだと思っている」(野﨑)という気持ちで挑み続けることが大事だろう。

写真:シェッハを生かしつつ、全員がゴールに向かっていけば強い。

※白鴎大・野﨑選手のインタビューは「続きを読む」へ。


17hakuo03 17hakuo04.jpg 17hakuo02.jpg 17hakuo01.jpg 17hakuo06.jpg 17hakuo07.jpg 17hakuo09.jpg 17hakuo12.jpg 17hakuo13.jpg 17hakuo15.jpg 17hakuo16.jpg 17hakuo18.jpg 17hakuo17.jpg 17hakuo19.jpg 17hakuo20.jpg 17hakuo21.jpg 17hakuo22.jpg 17hakuo24.jpg 17hakuo23.jpg 17hakuo14.jpg 17hakuo08.jpg


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「チームを引っ張る柱になる」
勝利のカギを握る絶対的エースとしての自覚

◆#0野﨑零也(白鷗大・4年・SG)
17hakuo11.jpgコート上で圧倒的な存在感を示す、チームの大エースと言える選手だ。4年生になり、チームの柱として果たす役割を十分自覚している。リーグ戦は怪我の影響が残り本調子ではなかったというが、それでも野﨑らしいチームをわかせるシュートを何本も決めた。結果としては6位ではあるが、常にチャレンジャーの意識を持って戦えたことはチームとして自信にも繋がったと言う。春の準優勝には決して満足してはいない。インカレでは選手自身が満足できる、悔いのない試合をしてほしい。


―最終試合、筑波大に残念な逆転負けとなってしまいました。
「筑波の勢いに対して僕たちが受け身になってしまい、どんどん勢いがなくなり積極性がなくなりました。それが追い付かれた原因かなと思います。メンバーチェンジしたときのベンチメンバーが波に乗り切れなかったということも一つです。そこは誰が出ても変わらず、流れを掴めたらもっといいチームになると思います」

―勝てる試合と負けている試合の違いは何でしょうか?
「勝てる試合では僕たちは基本点を取れています。競ったゲームでも勝ち切れる強さを持っています。負けるときは点数が取れないという課題があって、そのパターンになると負け試合になりますね」

―点数を取れない根本的な原因は何でしょうか?
「やはり積極的にシュートに行っていいところで、消極的になってしまっていますね。シュートまで行けなくて、逃げのパスになってしまうといいますか。僕たちはパスを回して相手を崩していきますが、パスが回らず単発になることが多々あります」

―今年のリーグ戦は混戦でした。この2か月はどう感じましたか?
「僕が下級生の時は入れ替え戦に行くか行かないかの瀬戸際だったので、このような混戦の中でも6位になれたことは自信になったと思いますし、これをインカレにも繋げていきたいと思いましたね」

―春2位という結果をどう捉えてリーグ戦に臨みましたか?
「結果は2位でしたが、決勝で筑波に結構やられて差がついて負けてしまったので、2位だからと言って調子に乗ってはいませんでした。僕たちリーグ戦では本当に常にチャレンジャーだと思っているので、特に意識はしていませんでした。その面はしっかりできたと思います」

―リーグ戦前に怪我があったということですが。
「怪我したのが関東選抜の前だったのですが、影響はありましたね」

―でもそれを感じさせないプレーでした。インカレに向けて改善したいところ、伸ばしていきたいところは何ですか?
「改善したいところは、接戦の時にいかに勝ち切れるかが重要なので、そこを意識していきたいですね。伸ばしたいところは得点が取れれば上位のチームといい勝負ができるので、そこはみんなで話しつつ、積極的に行けるように声をかけていきたいです」

―個人的にはどうでしょうか?
「うまくいかない時に顔に出てしまって、プレー面に影響が出てしまいます。そこは1年生の時から言われています。もう4年生なのでそこは顔に出さず、声を出しつつみんなを引っ張っていけるような、チームの柱になっていきたいと思います」

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:35  |  2016リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |