2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2017.11.16 (Thu)

【2017リーグ1部】準優勝・専修大学

上級生・下級生がバランスよく活躍し
リーグ戦準優勝に輝く~専修大学~


17senshu21.jpg

 専修大学は11勝7敗で準優勝。最終戦は上位を目指す青山学院大と最後まで分からない攻防となった。前半は2Qに青山学院大がリードを奪うが、3Qに専修大が巻き返し、3Q終了時では62-61の互角の勝負に。4Qは#30アブ(2年・C)が連続ダンクで見せ、#14髙澤(4年・G)、#34盛實(2年・G)などが続くが、青山学院大が最後は逃げ切り、80-78。青山学院大が接戦を制した。

 専修大はこの2か月、序盤には#11秋山(4年・PG)、中盤には#10大澤(3年・F)などを怪我で欠いたが、豊富な選手層を持つだけに大きな影響は感じさせず、#30アブ(2年・C)、#12西野(1年・F・近大附属)ら下級生がゴール下で奮闘し、#34盛實が印象的な3Pを次々と沈めてチームを勢いづけるシーンが目立った。7戦目の筑波大戦から4連敗を喫したが、チームでディフェンスへの意識を高めて立て直し、終盤は7連勝。2位をキープした。

17senshu15.jpg 個人では#30アブがリバウンド王、#34盛實が得点ランキング5位、3Pでは2位に輝き、2年生ながらリーグ敢闘賞に輝いた。また、4年生の活躍も目立った。怪我からさほど時間を置かず復帰した#11秋山はもちろん、途中からスタメンに入った#14髙澤は持ち味を発揮して高確率のシュートを沈め、#26砥綿(4年・G)も司令塔として試合の流れをコントロール。#15安保(4年・G)、#65佐々木(4年・F)といった面々がコートに登場すればチームも沸いた。これまで「個」が目立ちがちなチームだったが、今年は4年生たちが例年以上にチームワークを意識し、上下の別なく話し合いながらチームをまとめてきた印象がある。準優勝を果たしたのは2004年以来のこと。この勢いのままインカレに臨みたい。

写真:ハードにプレーし倒れ込んだアブをベンチの皆が助け起こす。

※専修大・安保選手のインタビューは「続きを読む」へ。


17senshu03.jpg 17senshu05.jpg 17senshu04.jpg 17senshu06.jpg 17senshu09.jpg 17senshu10.jpg 17senshu11.jpg 17senshu14.jpg 17senshu16.jpg 17senshu22.jpg 17senshu23.jpg 17senshu24.jpg 17senshu25.jpg 17senshu26.jpg 17senshu01.jpg 17senshu07.jpg 17senshu12.jpg 17senshu20.jpg 17senshu18.jpg


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「リバウンドやルーズボールで頑張ることが大事」
地道なプレーがチームをまとめる鍵に

◆#15安保友貴(専修大・4年・主将・G)
17senshu08.jpg主将として今年のチームの先頭に立った。泥臭いことを意識し、ベンチにいるときはコートに大きな声援を送る。当たり前のことをコツコツとこなし、見せるべきことをチームに見せていくことを意識したようだ。その末に掴んだ準優勝という座に、思わず見せた涙が印象的だった。残す大会はあと一つ。最高の頂点を仲間とともに目指す。


ーリーグ戦を終えて、涙も見えていましたね。
「今年のチームはいろいろあったし、その思いがついこみ上げてきてしまいました。リーグ戦でも4連敗があったり、チームとして落ちてしまった時期もありました。そのとき選手だけで話し合い、いろいろ修正することや、課題を確認しました。その結果7連勝しました。最終戦は負けてしまいましたが、勝ちが続いたことで、いろんなことを思い出して涙が出てきたんです」

ー準優勝は佐々木監督が主将だった2004年以来になりますね。
「胸を張っていい結果だと思います。あとはインカレに向けて切り替えたいです」

ー今年のチームは上級生、下級生の両方が活躍できているのではないでしょうか。
「みんな、それぞれ自分の役割がわかってきたと思います。だからこそ、自信もついてきています」

ーその中で4年生としてはどんな思いがありましたか?
「自分も、自分の役割をこなすだけでした。下級生は派手ですが、4年生たちは地味なところ、リバウンドやルーズボールといったところで頑張って、チームを引っ張っていければいいなと。4年みんながそうだったんじゃないかなと思います」

ーそういう4年生の献身的な思いは下級生にも届いていそうですか。
「そういう部分で頑張ることで、下級生もついてきてくれました。だからこそチームが噛み合ったんじゃないかと思います」

ー安保選手としては何を心がけていたのでしょう。
「試合に出たときは持ち味のディフェンスからのトランジションを意識して、少しでもチームに貢献できるようにということです」

ー専修大は個性派集団と言われることも多いですが、主将としてどのようにまとめることを意識しましたか?
「最初はどうすればいいのかぜんぜんわかりませんでした。個性は本当に豊かなので。でもリーグ戦あたりからどうやればチームをまとめられるのかがわかった気がします。地味ながら声を出したりとか、そんなところを意識してやっていましたね。あまり率先して何かをやるタイプではありませんが、まわりの4年生には本当に助けられました」

ー4年生たちのチームワークも大事だったんですね。確かにベンチでの安保選手の姿勢は目立ちました。声を掛けたり、率先して立ったり拍手したり。
「それは本当にやろうと思って意識していました。去年の自分ではあり得なかったです(笑)。意識して自分を変えてやっていきました」

ーとても印象的なシーズンでした。次はインカレですね。
「まだまだ課題は多いです。フィリップ以外のリバウンド強化やトランジション、ディフェンス・オフェンスの切り替えなど、まだまだやることはあるので、残りの1か月を頑張っていきます」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  13:05  |  2017リーグ戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |