2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会開幕
大田区総合体育館、青山学院大学青山キャンパスほか、〜11/26まで

2017.10.22 (Sun)

【2017リーグ1部】10/22レポート

拓殖大がきっちり勝ちきり31年ぶりの頂点へ
東海大はホームで劇的な勝利を納める


171022takushoku.jpg

 台風が近づく中での試合となった今年の東海大でのホームゲーム。リーグ戦も終盤に差し掛かり、優勝、順位決定戦といった各戦いも決着がつきそうな中、5試合のうち3試合が大接戦の末に劇的な結末に。まさに嵐を呼ぶ展開で手に汗握る1日となった。そして前の試合を落とし足踏みとなっていた拓殖大は1Qから得点を重ねて勝利し、この長い混戦のリーグの中、最終週を待たずに優勝を決めた。

写真:勝利し、応援に駆けつけてくれた人々に笑顔で応える拓殖大。



最後の最後までわからない勝負が3つ
白鴎大は劇的な逆転弾で幕


171022hakuo.jpg 同じ8勝7敗で並ぶ白鴎大大東文化大の戦いは、最後の最後に劇的な幕切れとなった。試合は当初大東大ペースで進んだ。#15モッチ(2年・C)のゴール下の強さも際立ち、シュートも好調で6点リードで前半を終えた。後半、白鴎大も追い上げてじわじわと差を詰めていくが、そのたびに離す大東大のペースは変わらず。ただし、4Qに入っても10点ほどの差がついていたが、終盤にオフェンスが決まらずターンオーバーが続く大東大を尻目に、白鴎大は着実に加点。残り数分に入ると勝負はわからなくなる。残り14.1秒、大東大は#23奥住(3年・SG)の得たフリースローが1本しか決まらずリードは2点。すると、白鴎大は残り時間わずかから放った#21神里(4年・PG)の3Pがブザーとともに決まり、72-71。ビッグショットによる逆転劇で幕切れとなった。

171022hasegawa.jpg 7勝8敗同士の青山学院大早稲田大の対戦も、最後のシュートで勝負が決まった。前半は青学大#6木田(4年・F)、#31戸田(3年・SF)、#52赤穂(1年・PG・市立船橋)ら青山学院大の3Pがよく決まり、リード。3Q、早稲田大は#8新川(4年・G)の3P、#26富田(3年・C)のゴール下で10点ほどあった差を詰めていき、残り4分弱で逆転。4Qは差がつかない中で試合は進み、勝負は最終盤に持ち込まれた。残り1分を切り、青学大はフリースローで加点し、残り26秒で同点にする。早稲田大はシュートが決まらず追い込まれるが、残り約2秒で青学大がスローインを得た。これが見事にゴール下の#37ナナー(2年・CF)に通ると、66-68と青学大が2点のリードに。残り0.4秒からの早稲田大のオフェンス、#13長谷川(3年・G)がブザーとともに放った3Pがネットに沈むが、これは惜しくもノーカウントに。青山学院大が逆転で勝負を制した。

171022yamamoto.jpg ホーム2戦目、東海大は悪天候のこの日も1000人以上の観客を集めた。対する筑波大は3連敗中。この日は東海大のディフェンスに阻まれて得点チャンスがなかなかなく、前半は31-38と苦戦。3Q、筑波大は#17杉浦(4年・PF)の3Pもあるが、ターンオーバーが続く。一方の東海大は#25平岩(2年・C)のダンクも飛び出すなど、雰囲気は悪くない。しかし点差はつかないまま4Qに勝負は流れ込み、最初の5分ほどは勝負も膠着。この試合もまた最後の1分にすべてがかかる戦いになった。残り47秒、2点を追う筑波大は#4青木(4年・PG)がフリースローを2本落とすが、残り23秒でその青木が3Pを沈め、71-71の同点。東海大は#91山本(4年・PF)がドライイブを仕掛けてフリースローを得るが、これを2本決めて73-71の2点リードに。残り5.9秒、筑波大は最後にボールを持った#4青木がドライブを試みるが、これはあえなくブロックされゲームセット。東海大が接戦を勝利し、ホームの歓声に答え、ホームゲームを1勝1敗で終えた。筑波大は4連敗。

写真上:大東大は熊谷が欠場。日野澤がたびたび出番を得た。
写真中:早稲田大・長谷川が最後に放ったシュートは時間内と認められず。
写真下:12得点の東海大・山本。中距離に安定感があり、最後はアグレッシブに攻めてフリースローを獲得。

※青山学院大・ナナー選手、東海大・平岩選手のインタビューは「続きを読む」へ。


上位陣は互いに崩れず
拓殖大は31年ぶりの優勝を決定


171022tokai.jpg

写真:ホームでの劇的な勝利に笑顔の東海大。

171022fujii.jpg 前の試合で大東文化大の前に敗退した拓殖大は、この試合は1Qからオフェンスが全開。日本大のディフェンスプレッシャーもさほど厳しくなく、#23ドゥドゥ(1年・C・八王子)、#2岡田(1年・G・東山)が気持ちよくオフェンスを仕掛け、3Pも決めていく。1Qで32-13とすると、拓殖大は控えも積極的に投入。ただ、1Qで水をあけられた日本大もここで切れずにオフェンスを仕掛け続け、じわじわと迫った。それでも最初の差を取り戻すことは叶わず90-83。拓殖大が勝利した。この結果により専修大が最終的に並んでも、ゴールアベレージで上回る拓殖大の優勝が確定した。

171022yoshikawa.jpg 2位で9勝の専修大は8勝で中盤位につける明治大が相手。前半は#11秋山(4年・PG)の3Pが気持ち良くきまって専修大が抜け出した。明治大は3Q、#28今川(3年・SF)が専修大の高さをかいくぐってシュート、リバウンドに奮闘し、#32吉川(4年・SG)が次々に得点。さらに#24森山(3年・PF)の3Pが3本入り一気に専修大に詰め寄った。4Q、明治大は開始3分、#2齋藤(4年・PG)のスティールからの速攻が決まり5点差に。しかし専修大は#14髙澤(4年・G)の3P、#30アブ(2年・C)のゴール下などで詰めさせず、86-80で勝利した。

写真上:日本大は前の試合でも奮闘したガードの藤井を長時間起用。13得点4アシスト。
写真下:明治大は吉川が19点。3Pも3/4と数字を引っ張った。

※拓殖大・池内監督のコメント、飯田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「人と話すこと、笑顔でいることが大事」
コミュニケーションやメンタルがチームにもたらしたもの

◆池内泰明(拓殖大監督)
池内監督も代表のスタッフとして夏の間は長くチームを不在にした。その間、チームを託したのは自身の恩師でもあり、また拓殖大の前監督であった森下義仁氏。特に指導を依頼したディフェンスの強化はこのリーグ戦において非常に目を引いたポイントだ。学生同士のコミュニケーションが増えたことも良かったと言う。さらに、何よりも大事だったのが「笑顔」。楽しく、気持ちよくプレーすることが何よりも大きな力になる、それを叶えることが優勝にもつながった。


(結果について)よくみんなが頑張りました。今年はバスケットのスタイルで、チェンジングディフェンスをしていきたいなということを考えていました。この子たちはその方がオフェンスがうまくいくのかなと。今年は入れ替え戦もないし、プレースタイルを変えるのにもいいなと思って取り組んだのが、思いもよらずうまくいきました。それが彼らにも自信になったんだと思います。自分が夏はユニバーシアード等でいなかったので森下先生(拓殖大の先代監督)に見てもらいましたが、オフェンスはやりたいこともあったので、それ以外の部分、ディフェンス面のお願いしました。僕が大学のときから森下先生の下でチェンジングをやっていたので、できたらゾーンプレスゾーン等、僕が拓大時代にやっていたことを指導してほしいと。学生は合宿をしてOBたちともたくさん話ができて、他の人から教わる機会もあって、それも良かったのではないかと思います。人と話すこと、他の人から教わることは大事です。森下さんも学生たちとたくさん話してくれて、良かったと思います。

(リーグ準優勝だった一昨年との違いについて)一昨年はバンバ(Bリーグ川崎)一人のチームだったなと思う面は強いです。今年もドゥドゥや岡田に頼ってはいますが、飯田を始め4年生が主軸でやってくれています。オフェンスはシューターがいるので、うまくパス回しもできて得点バランスが良くなっています。あとはリバウンドが課題です。それはまだ解決できていないので、取られることはあってもこれからトライすることが大事。それはこれからインカレに向けてあと2試合含めてやっていかなければと思っています。

(4年がしっかりしていた)そうです。今日は山崎(#11)、富山(#33)も出ましたが、山崎なんかは最近プレータイムがあまりなかったのですが、かなり話もして、チームとしてベンチでしっかり指示をして欲しいと言いました。最近は練習でもとても良くなってきて、今日もいいところでパスが出ました。残りの2試合もいい形でやってインカレに入りたいです。今年はまとまっていてよく話もするし、いいチームです。僕がユニバーシアードから帰ってきたらみんなとても上手くなっていて、楽しそうにバスケットをしていました。楽しくやっているということが何よりもいいし、スマイル、笑顔は何よりも大事。良かったです」

----------------------------------------

「受け身になってはインカレでは勝てない」
これまでやってきたことを自信に、さらに激しく厳しく

◆#16飯田 遼(拓殖大・4年・主将・SG)
171022iida.jpgあっけない試合の幕切れは、彼らが優勝の実感というよりもこれをただの通過点だと感じていたからだろう。いつになく実力伯仲した今リーグ、楽な試合は一つもなかった。むしろ苦しい試合を粘りきって勝利したのがほどんどだ。だからこそ、気を引き締める。それぞれの選手にやるべきことがあり、そして4年の自分には今しかできないことがあると飯田にはわかっている。だからこそ冷静で、次にただ集中して臨むのみだ。これが必ず最後に大きな大輪の花を咲かせると信じて。


ー昨日の大東大戦が悪かった中での今日の試合でしたが。立て直しについては。
「立て直せたかと言ったら多分100%は無理なんですが、この状況になったら気持ちの部分だと思います。みんなも試合が終わったあとにいろんな不安や不満や愚痴なんかがあったとしても、それは言わないようにしようと。みんなで声を掛けてやっていこうと。そういうことで崩れてしまうと、せっかくここまでやってきたことが無意味になってしまいます。たかが1試合と言ってしまうと失礼ですが、あの大東との試合でチームが崩れるのは絶対に嫌だったので、みんなにそれは言いました。今年のチームはみんながそれにしっかり応えてくれます。それはいいところだと思います。それで切り替えて、雰囲気もよく今日の試合に臨みました。それが結果につながったと思います。点差とか、内容どうこうというのはありますが、今日の試合は勝ちたかったのでそれはできました」

ー優勝がかかってくると、どうしてもいつも通りとは行かないものなのでしょうね。
「ふわっとしてしまう部分があります。初めての経験なので難しいです。一昨年の準優勝も自分は2年生でそこまで試合に絡んでいなかったですし。しょうがない部分はありますが、明日からもみんなで話し合ってケアしあって次に向かわないといけないなと思っています。でもこうして結果が出たのは、これまでの、31年間の先輩たちのおかげだと思います」

ー後半戦に入っても本当に接戦で厳しい試合ばかりでしたが、本当によく粘りきった試合ばかりでした。
「そこは今まで通り粘るとか、後半になって逆転するとか、自分たちを信じてやっていたからだと思います」

ー優勝したという実感はありますか?
「ないですね。負けた試合もあるし、まだ残り2試合あるし、これで満足はしてはいけないと思います。これでインカレで優勝だったら満足ですが、そこまでにもっといろいろ厳しく激しく練習からしないと、このままでは絶対に優勝できないですし、受け身になったら駄目です。みんなうちが1位で対策してくると思うので、今までやってきたことを信じつつ、これから残り時間は少ないです、がみんなでやっていきたいです。このチームでできる時間はあとわずかですから、4年生たちと頑張りたいです」

ー飯田選手は途中で肩を痛めましたが、それでも多くの試合でいい3Pを決めましたね。
「そうですかね。パスをしてくれるので、決められたと思います。僕が決めるとみんなが喜んでくれるので、自分としても嬉しいですし、1本でも決められたらとは思います。でも自分が決められなくても勝てればそれでいいとも思います。それは自分だけがそう思うのではなく、だんだんそうなってきた選手は多いですね。フォア・ザ・チームというか。それは池内さんも常々言ってくれているからだと思います」

ー池内監督は笑顔、スマイルが大事だと先程おっしゃっていました。
「じゃあもっと笑うようにしないと(笑)。負けているとき、前の週の筑波戦は延長になりましたが、延長に入る前に『この場面でこういう瞬間を楽しまなければ駄目だ』と。本当は戦術的なことも言いたいと思うんですが、そうやって鼓舞してくれました。あの試合は自分たちの中では印象的ですが、池内さんの言うことに乗っかって勝てたので嬉しいですね。僕たちのことをよく考えていてくれると思います。昨日負けたあともLINEをくれてコミュニケーションを取りました。自分もわからないことは聞くし、誰かがこう言っている、とか言える環境を作ってくれて今があるので、そういう環境はこれからも続いていって欲しいですね」

ーオフェンスでは1年生が大きな役割を担いましたが、彼らについては。
「彼らは彼らなりに考えてくれているので十分です。1年であれだけできていれば。もちろんチームのこともあるし、自分が駄目だと落ち込んでしまうこともありますが、そういうのは上級生になってくればわかることです。今はただ、くじけないでいて欲しいということだけです。崩れることもあるけど、落ち込まないで欲しいですね。そんなに落ち込むことはないと自分は思っています。ただ、今自分は4年だからそう言えるんだと思います。でも1、2年のうちはいいんです。3、4年になれば今の自分のように考えてできるようになります。いずれわかることなので大丈夫だと思います」

ーまだ残り2試合あります。
「次の2試合はとても大事で、インカレにもつながる試合です。早稲田も明治もこの前は競ってギリギリで勝ちました。受け身に立たないでこちらがガツンと自分たちのバスケットをすることです。そうでなければやられるので。いい締めくくりをするために、また明日から集中したいと思います」

----------------------------------------

「勝つか負けるか気持ちの部分が大きかった」
波を押さえ、安定的に勝つために必要なこと

◆#37ナナー ダニエル弾(青山学院大・2年・CF)
171022nana.jpg2日続けて2桁得点で奮闘し、この週末はチームとしても初の連勝で終えた。良い試合をしながらも勝てないというリーグ戦だったが、ここに来ての連勝は良い流れをもたらすはずだ。夏はチームを離れて代表活動に従事。その分、チームにフィットすることは遅れたが、海外経験により高めたモチベーションは少なからず力になっている。それを出し切り、いかにゴール下を支配する力を伸ばしていくか。まだまだ成長が問われる選手だ。


ー最後は劇的でした。
「裏が開けばパスということで、本当は晃輔さん(#20戸田)が打つ予定でしたが、裏の自分が完全にフリーだったので自分が打ちました」

ー昨日も今日も接戦でしたが、ナナー選手は得点面では結果を出したのでは。
「相手が大きい方が自分はやりやすいというのがあるので、早稲田は本来小さいのですごくやりにくいんですが、リバウンドとかオフェンスリバウンドから得点ができたのが良かったと思います」

ーチームとしてはこの試合、前半はシュートも入っていて良かったのですが、後半に追い上げられました。
「前回同様、前半はリードできましたが後半の早稲田大の追い上げがすごいので、それをやらせないように士気を高めてはいました。でも同じようにやられてしまいました。でも前回も勝って、今回も同じように勝てたのでそういう部分は粘り強さは出てきたのかなと感じます」

ー連敗もありましたが、何が悪かったと思いますか?
「うちは連勝ができていなくて、今週が初の連勝なんです。1日目に勝ってしまうと2日目に気を抜いてしまいます。1日目に負けると2日目に気合いが入るという…。でも今週はどちらも接戦で、本当に最後の局面でチーム全員が頑張れたと思います」

ーここまで上位チームともいい試合をしながら負けた、というのが多かったですね。
「どこのチームとでも競ることができるんですが、最後の部分で勝つか負けるか気持ちの部分は大きいと思います。今回はチームでミーティングもして、気持ちの部分から変えていきました。それがポイントだったと思います」

ーナナー選手は昨年から出場して、今年はより期待は大きいと思いますが、どういう意識でプレーしていますか?
「自分はユニバーシアードに行っていて夏いなかったんですが、その間にもチームは4部練習をしたり、方針も変わりました。そこに馴染むのが大変でしたが、そこを徐々にという感じです」

ー大会に行くと練習やトレーニング面で不足しがちですが、いかがでしたか?代表には青学の吉本トレーナーは同行していましたが。
「吉本さんがいたので、トレーニングは問題なかったです。ただ、試合にあまり出られていなかったので、試合感覚はつかめていなかったです。青学に帰ると出場時間も長くて、そこでちょっと厳しかったんですが、慣れていくしかなかったですね」

ー海外に行って試合ばかりしていて、気持ちは疲れなかったですか?
「むしろ、海外の方が気持ちは上がりましたね。自分が試合に出られなかったり、相手の体格が大きくレベルが高いので、それをどうにかプレータイムを獲得しなきゃとか、どうにかしなきゃといろいろと考えて行動も変わりました。それはすごくいい経験だったと思います」

ーそれで得られたものを青学で出すことが大事ですね。チームとしては走るスタイルに転換しようとしていますが、ついていけていますか?
「帰ってきたらみんながめっちゃ走っていて、ついていけなったんですが、チームメイトが走るともう自分も走るしかありません。試合中とかにそれをつかんでいって今は慣れました」

ー走るためにもリバウンドは大事ですね。
「それはチームの課題でもあったので、自分が取るしかないししっかり取って、ブレイクにつなげたいです」

ー1部は留学生も増えて、今年は本当にどこも高さがあるしゴール下のポジションは重要ですね。
「留学生がいるチームの方が自分が気持ちが上がります。どうにかして勝とうと思うし、いろいろ考える楽しさがあります」

ーあと2試合あります。
「筑波大と専修大が相手です。でも前回専修大には勝てています。自分たちは失点が多いので、ディフェンスを固めつつ、オフェンスはまず攻める姿勢で。そうすれば絶対に勝てると思います。残り2試合全部勝って順位を上げて終わりたいと思います」

----------------------------------------

「継続してできていかなければ意味がない」
安定力を実力として出し続けるために

◆#25平岩 玄(東海大・2年・C)
171022hiraiwa.jpg常に安定したパフォーマンスを出し続けることは、どんな選手にとっても難しいことだ。今、個人としても、チームとしてもそれができずにもがいている状況がある。突破するには何かのきっかけが必要だが、それが何かわからないうちは誰でも苦しい。ただ、求めることをあきらめずもがき続けることこそ、遠いようで最短の道でもある。この日の21点12リバウンドは、頼もしい数字だ。ホームでの勝利で少しでも突破口を開いたと思いたい。


ー今日は頑張りましたね。ホームでの白星です。
「最近自分の調子にもやもやしていました。上手くできない、強くできないという。すごく引っかかっていたんですが、今日はホームでみなさんの力を借りて、殻を破るなら筑波を相手に今日だなと」

ー何が上手くいかない原因なのでしょうか?
「それがまだわかっていないんです。わかればもう二度とこんなことにはならないと思うんですが。身体が動くときとそうでないときもあって、動かないときはアップから本当に気をつけているんですが、それを継続できないあたりがまだまだなのかなと。今日はうまくいったからといって次もうまくいくとは限らないし、本当に一試合、一試合取り組んでいくことが大事だと思っています」

ー前日の早稲田大戦の敗因は?
「準備したディフェンスを自分が遂行していませんでした。代表に行っていて、チームとしての練習が足りていない部分が原因だと思います。そこはもっとチームメイトと共有してやるべきだったし、守るのが難しい早稲田相手だからこそ、もっと準備しなければならなかったなと思います」

ーユニバーシアードでも経験を積んできた分、それを生かして欲しいとも思うのですが。
「そうじゃないと無駄だったと言われてしまいますよね。それは駄目だと思っているし、できないという訳ではないので、どんな相手にでも力を出せないといけません。でも無意識に力を出しきらない、どこか中途半端になっている部分があるのかもしれません。それを変えないと」

ーリーグ途中で1、2年がスタメンになっていることもありましたが。
「そこは期待に応えようという思いは強かったです」

ー後半になって4年生がとても気持ちを見せてやっていますよね。
「1、2年とそうした4年生の頑張りが融合すれば強みになるはずです。ただ、それを継続できない波があるのが今の課題なので、それを残りの試合で形にして、インカレに臨みたいです」

ー常勝チームだったゆえに、今年の連敗では経験のない思いもあると思いますが。
「いい時代にいたと言えるようになりたいです。この苦しかった部分が意味があるように。そして最後の週に向けてまたしっかり準備していきます」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2017リーグ戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |