2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 9月2日より2部以下が開幕
1部リーグは9月9日(土)より
2017 年度 関西学生バスケットボールリーグ戦 9月2日より開幕

2017.06.11 (Sun)

【2017新人戦】7位決定戦 日本体育大VS立教大

日体大が追い上げをかわして7位
立教大は最後まで粘り健闘の見える8位


170611hirosawa.jpg 7位をかける戦いは日本体育大立教大のカードになった。ベスト8に入ったものの、未だ勝利のない両チームは1勝をものにしようと奮闘し、終始目の離せない試合となった。

 第1Q、立教大は#6井関(1年・PF・アレセイア湘南)の3Pで先制すると、その後も持ち味の速い展開で点数を重ねる。日体大は#54津田(2年・C)、#45河野(2年・PF)のセンター陣の高さが有利となり、オフェンスリバウンドでセカンドチャンスをものにし、点差を詰めていくが立教大の2点リード。第2Q、日体大はガード陣が前からタイトにディフェンスを仕掛け、立教大のミスを誘う。さらに#44広沢(2年・F)の3Pとジャンパーが好調。立教大は#20新屋(2年・SG)で踏みとどまるが、44-32と日体大が流れを掴み後半へ。

 3Q立教大は#24木口(1年・PF・福島南)の3Pで先制。早めに追いつきたい立教大は、ディフェンスリバウンドからの速攻で得点。さらに、#18木村(2年・C)のバスケットカウントで勢いに乗せると、残り4分とうとう2点差に迫る。我慢の時間となった日体大は#9武藤(2年・PG)のドライブインに合わせた#45河野と#54津田がシュートを決め、#24土居(1年・F・福岡第一)の1対1が再び流れを引き寄せる。終盤立教大は#2田中(2年・C)のドライブインと#30根本(1年・PG・八王子)のファーストブレイクで持ちこたえるが、日体大が9点のリードで最終ピリオドへ。

170611sinya.jpg 第4Q序盤、立教大は#20田中のファーストブレイクと#24木口のバスケットカウントで流れを作り、点差を詰めていくが日体大#24土居のジャンパーが好調。ディフェンスを緩めることなく再び12点差をつけ立教大はタイムアウトを取る。その後立教大は#6井関と#20新屋の3Pが決まり追い上げへ。残り1分30秒に4点差まで詰め寄るが、日体大#9武藤の冷静なゲームメイクと#24土居の勢いは止まらず一歩上を行き、日体大が逃げ切りの勝利。82-74で両チームの新人戦が幕を閉じた。

写真上:トーナメントは怪我明けで出番の少なかった広沢も新人戦では見どころを作った。
写真下:立教大は新屋が専修大の森實と同数の13本で3P王を獲得。勝負強く決めていった。

※日本体育大・武藤選手、立教大・横地選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「みんなを同じ方向に向けるのが大変だった」
リーダーとして必要なことを学んだ新人チーム

◆#9武藤海斗(日本体育大・2年・PG)
170611mutou.jpgトーナメントでも活躍した河野や津田といったインサイドを軸に、土屋など生きのいい選手も入った期待が大きかった日体大。しかし、チームの意識付けや雰囲気が少なからず結果には作用したようだ。苦労したと語る武藤だが、この新人戦では宿題をもらったようなもの。自分たちがここから主力となっていくために必要なものをここで確認し、成長していって欲しい。


―試合を振り返っていかがですか。
「まず勝てて良かったです。新人チームの期間に入っても練習試合で全く勝てなくて、チーム的にも悪い雰囲気で大会を迎えました。それでもなんとかベスト8に入れて、そこで燃え尽きた感覚が少しありました。今日は結果にこだわるというより楽しもうという目標を掲げていたので、それに結果もついてきたので良かったです」

―短い期間でしたが、新人チームはどうでしたか。
「みんな個性が強かったです。高校でもキャプテンをやっていましたが、けっこう大変でした。やっと終わったなという感じです(笑)。高校はみんなが一生懸命やるという感じでしたが、大学はやはりムラがあるので、みんなを同じ方向に向けるのが大変でした」

―その中で意識的に声をかけたことは何でしょうか。
「下手でも声を出せば雰囲気は良くなるので、声かけは意識しました。毎年日体の新人チームは楽しいですが、今年は最初全然楽しい雰囲気ではなかったんです。だから、練習から楽しくやろうと声かけをしてきました」

―全体チームだとトーナメント戦では3位と良い雰囲気でしたが?
「やはり盛り上げる人が上級生にしかいないんです。下級生にがむしゃらにいい雰囲気に持っていける人がいなくて、少し大変でした」

―この立教大戦は接戦でしたが、そこで勝てた強みは何でしょうか。
「今日はインサイドが優勢で、そこを生かしていこうと思いました。最後は3Pで結構追い詰められましたが、リバウンドやインサイドのプレーを意識した結果、確実な2点を取れたので、勝てたと思います」

―PGとして意識していたことはありますか?
「今日はみんなドライブに行けていました。でも青学大や東海大はウィングのディナイが強くて、どうやってパスを回そうか考えていました。今日はウィングにパスが入りやすかったので、なるべく早くさばこうとしました」

―1部のチームと当たる機会が多くありましたが、いい経験になりましたか。
「そうですね。まず圧倒的に体の強さが違いました。ミーティングでも出ましたが、リーグ戦に向けて体の強化の必要性を、また改めて確認できたことが大きいです。個人的には、PGをしたことがなかったのでドリブルがうまくつけず、ターンオーバーが多いと思います。新人戦の少し前からガードをやってみろという指示があり、この経験を詰めたことは自分にとって大きな経験になりました」

―シュートの方は良かったのではないでしょうか?
「そうですね。中高とシュートを打つポジションをやっていたので、ドリブルよりは少しは得意ですね。これからはミス減らして、仲間にパスをつなげることからもう一回やっていけばもう少しチャンスも増えるかなと思います」

----------------------------------------

「全体の雰囲気ややる気を底上げでしていきたい」
良い経験を今後の成長の糧にするために

◆#16横地夏樹(立教大・2年・PG)
170611yokochi.jpg上武大、そして昨年準優勝の中央大を破ってベスト8に名乗りを上げた立教大。しかしそこから先の戦いは甘くなく、連敗続きとなってしまった。新人チームとはいえ強豪との対戦で感じたこと、学んだことは多いはず。本人の言葉の端々からもそれが見えているだけに、この5試合が財産となるように頑張っていって欲しい。


―今日の試合を振り返っていかがですか。
「個人的には全然ダメでしたが、みんなが頑張ってくれました。負けはしましたが成長した試合にはなったと思います」

―大会全体を振り返って。
「大会全体では負けが多くなってしまいましたが、普段試合に出られない選手が試合経験を詰めたので最終的にはよかったと思います」

―ベスト8に入れたことで普段対戦できない1部の強いチームとも戦うことができましたが、いい経験になったでしょうか。
「そうですね。実際格上のチームと対戦して、体の強さや技術とか高さなど、通用する部分とそうでない部分が明らかになりました。その課題をどれだけ修正することができるかでリーグ戦も変わってくると思います」

―新人チームは頑張るチームだったと思います。その雰囲気を3、4年生のいるチームに持っていくにはどのような意識が必要だと考えますか?
「1, 2年生のフレッシュさや頑張る気持ちがいい影響を与えると思います。そのためには1,2年がどんどん試合に出るようになることがこれから先必要だと思います」

―キャプテンとして意識したことは。
「声出しですね。ベンチにいるときは常に声を出そうとしました。プレー面では自分ができることをやろうと思いました。それで引っ張るしかないので、特に点を取ることを意識しました」

―リーグ戦では横地選手も主力で出ると思いますが、改善していきたい点はありますか?
「もっと全体の雰囲気ややる気を底上げでしていきたいです。それができないとリバウンドやディフェンスも気持ちが入らず、相手に劣ってしまうと思います。それが上級生と下級生の違いであると思います」

―1年生の活躍はどうでしたか。
「彼らは入ってきたばかりでしたが、フレッシュマンということもあってやる気がありますね。普段試合に出られない分、やってやろうという気持ちも強いので、今大会は試合にいい影響を与えてくれました。たまに逆にそれがムラになり粗削りにもなってしまったりしたけど、活力をチームに与えてくれて。それに2年生も引っ張られてきた部分がありました。これから先、そのいい部分がどのようにして普段のチームに出るかが鍵にもなってくるし、力になると思います」

―センター陣が身長的に劣っていた部分もありましたが、彼らの頑張りが見えた大会であったと思います
「そうですね。小さくて体の強さも劣るので、ガード陣からどんどん攻めろとかリバウンドを頑張ろうと鼓舞した部分もありました。でも少ない人数の中で能力的にも劣っていたけれど本当に頑張ってくれたと思います」

―リーグ戦に向けて横地選手の伸ばしていきたい部分はなんでしょうか
「やっぱりシュートですね。今大会でも点数を取ることは意識していましたし、それくらいしかできないので。当たらない日もあると思いますが自信をもって打っていきたいです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2017新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |