2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月


関東大学新人戦 〜6/11(日)東海大がブザービーターで優勝を決める

西日本学生バスケットボール選手権大会 〜6/11(日) 東海大九州が初優勝

2017.05.05 (Fri)

【2017トーナメント】5/5 15位決定戦 法政大VS明星大

点の取り合いを経て法政大が後半に引き離し15位
明星大は創部初のベスト16入りを果たして大会終了


170505nakamura.jpg 15位決定戦、法政大明星大の戦いは前半、点の取り合いになった。

 前半は法政大#14植村(4年・PG)が3本、明星大は#29丹野(4年・SG)が4本と互いに3Pが得点を引っ張り、50-50の互角。法政大は前の試合と打って変わって勢いあるプレーを続けた。対する明星大は後半に息切れ。3Qは#0濱田(1年・SG・育英)、#14植村、#30水野(1年・PG・福島南)の3Pが沈んだ法政大がリードして引き離していき、#6中村(2年・PG)がリバウンドから中央突破でレイアップを決めると、残り3分で75-64の法政大2桁リードとした。法政大は控えも使いつつの戦いになるが、攻撃力は落ちずに81-68で3Q終了。4アウトの明星大はシュート確率が上がらず苦しい展開が続いた。

170505ishii.jpg 4Q、リードする法政大は次々に速攻を出していく。明星大も最後の踏ん張りとディフェンスで当たって隙を狙っていくが、簡単には追いつけない。最後は#10和田(4年・F)の3Pで法政大が100点に載せて100-84。ハイスコアリングゲームを制して15位に。明星大は6連戦の中16位となったが、創部初となる成績を残して大会を終えた。この両者は秋は3部リーグで戦う相手でもある。約4か月後にどんな戦いを展開するのかも見どころだ。

写真上:2年目となり、存在感が増してきた法政大・中村は21点。李相伯杯メンバーにも入っている。
写真下:大会中に主力の怪我が相次ぎ、残り2試合はスタメンを努めた明星大・石井。抜群の脚力で速攻を出し、シュートを果敢に狙っていった。

※法政大・植村選手、明星大・丹野選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「自分がしてきた経験をしっかり伝えたい」
プレー、コミュニケーションでも上を目指して

◆#14植村哲也(法政大・4年・主将・PG)
170505uemura.jpg新体制となった中で歩む今年、主将としてチームをどう導くかというのは一つ注目したい。大会を通じてはムラもあり、ロースコアに苦しむ試合もあれば、上位相手に引かぬ姿勢を見せる試合もあった。ただ、ベスト16の接戦を勝ち抜いたこと、オフェンスの積極性が増した点などは良い意味で捉えたい。
Bリーグや代表入りする選手など、将来性豊かなメンバーもいるが、まだ若さも見える。1部、2部、3部と経験することになった植村がその過程で学んできたことは、プレーに限らず多いはずだ。今年はチームのコミュニケーションを意識しているというだけに、重要なことを後輩たちに伝えていって欲しい。


―日によって波があるというか、今日のように前半50点取れるときもあれば前日の青学大戦のように25点で終わる、というような波が気になりました。
「点が取れているときはボールがしっかり回っているときだと思うんですが、そうじゃない昨日のようなときはガードがピックを呼ぶだけという状況になっていました。今日はメンバーを、今まではアウトサイド3人とインサイド2人だったんですが、途中から4アウト1インにしました。それもリズムが良くなった原因だと思います」

―ガードが動いてボールを動かすことももっと必要ということでしょうか。
「センターに入れたあとに外が止まってしまっています。一人でもカットに行ったりすれば外が開くし、そういう意味で目の前の相手との駆け引きをもっとやっていかないとリズムが生まれないなと思います」

―ここ2年はディフェンス主体で取り組んできたと思いますが、今年は?
「ディフェンスは今まで通りしっかりチームディフェンスをやるだけです。オフェンスはここ2年はかなりセットオフェンスをやっていました。今年は例えば3部チームでも身体能力があるチームが多くて、うちは高さはあるとは思いますが1対1の能力に長けている訳でもなく、あまり能力もないと思います。速い展開でいかにフリーでシュートを打っていくかというのは今年のテーマですね」

―練習は学生主体ですか?
「監督の佐藤さんも来てくださっていますし、学生を主体に練習中も話し合いながらやっていますし、ミーティングも練習以外で重ねながらやっています」

170505uemura2.jpg―秋は3部からのスタートになります。下級生には将来性の豊かな選手も揃いますし、自分がキャプテンとしてどうしていかなければ、というような思いはありますか?
「僕は1部・2部・3部とすべて経験しています。2部昇格は義務だと思っていますし、あとは1部と2部、2部と3部のディフェンスの違い、例えば1部は前からプレッシャーも来るし簡単にはボールを運べません。そういうところも後輩に伝えながら練習中に自分がそういうプレーを見せることで、1部とやってもこれから後輩はやっていけるはずです。僕がしてきた経験を練習で体現して伝えていくことが大事なのかなと思っています」

―プレーだけではダメだという部分もあるでしょうね。下級生も多いですし。
「トーナメントが始まる前に勝つ・負けるということ以前のチーム状況でした。僕も怪我で離脱していたりしたので。今年は自主性・主体性をテーマにやっていますが、自由にやっていいと履き違えると一番怖いかなと新チームが始まる前に思っていましたが、実際大会前はバラバラでそうなってしまっていたんです。それで、マネージャーたちもそうしたチームを見ていてミーティングをやろうと声をかけてくれました。スタッフも含めて全員でミーティングを行いましたが、トーナメントを迎えるに当たってどうすべきか、どう戦えばいいのか、自分たちのバスケットを見直したことで延長で勝利した江戸川大戦もしっかり戦えたと思います。これからもミーティングは増えていくと思いますし、同期でもよく話しますが縦のコミュニケーションがなかったと言っていたので、そういった意味では今年はそこを強固にしていきたいです」

----------------------------------------

「ほかにもできるメンバーがいるとわかった」
秋までに3部で戦い抜けるチームへの成長を求めていく

◆#29丹野合気(明星大・4年・主将・SG)
170505tannno2.jpg今大会、休息日のない6連戦を戦い抜いた。3部チームにはなかなか経験する機会のないハードな時間だったことは、自他共に認める。長時間出場しているだけにパフォーマンスには波があったが、最後までアグレッシブに攻め気を見せていた。
チーム初のベスト16進出はオフェンスを得意とする順天堂大を下してのこと。ディフェンス面では反省と言うが、点の取り合いを制したことは一つの自信にはなるだろう。昨年は2部入れ替え戦まで進出したが昇格はならず。この秋はそれを叶えるため、この春を戦い抜いたことを糧にして欲しい。


―6連戦だった訳ですが、いかがでしたか?
「4戦目、5戦目は疲れがドッときて、思うようなパフォーマンスができずに自分は悩んでいたんですが、今日は最後だしリーグ戦でも法政大とは戦うので弱いところは見せられないと思って自分としては気合を入れてやりました。結果は負けでしたが、発見があったので次のリーグ戦に向けて生かしたいです」

―発見とは?
「自分が得点を取れない時間帯でも、後輩がドライブとかで点を取れるとわかりました。ワンマンチームじゃないなと。石井(#11)が良かったですが、やればできるので出していって欲しいですね」

―今日の法政大は同じ3部ですが、他の上のチームとやれたのも大きいのは。
「特に順天堂大は101-98でハイスコアだったんですが、うちはディフェンスからリズムを作ってプレーするということを考えているんですが、得点を取られたのでもう少し楽に勝ちたかったですね。ディフェンスからリズムを作ってどんどん速い展開に持っていくのが理想です。昨日の東京聖徳大戦では相手のペースに合わせて速い展開にできず、ロースコアで最後までペースを合わせて負けてしまいました」

170505tanno1.jpg―いかに自分たちのペースに持ち込むかを意識していかなければですね。リーグ戦の目標としては。
「昨年2部との入替え戦(対東洋大)に行ってまだ2部と戦う力はないと感じました。まだリーグ戦まで3か月ちょっとあるので、まだ詰めていければ。3部も結構レベルは高いので戦い抜きたいです」

―法政大は昨年2部ですが、やってみて手応えなどは感じましたか?
「技術などはそんなに差はないと思いましたが、リバウンドや基本的なハリバックとかで差が生まれて最後は体力で負けてしまいましたね。体力も作らないと。激しいディフェンスをする分、明星大はベンチメンバーも含めて試合に絡んでいかないとリーグ戦は戦えないと思います。それをどれだけやれるかも鍵だと思っています」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2017トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |