2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 9月2日より2部以下が開幕
1部リーグは9月9日(土)より
2017 年度 関西学生バスケットボールリーグ戦 9月2日より開幕

2016.10.30 (Sun)

【2016リーグ1部】10/30筑波大VS拓殖大(第18戦)

前半は互いに譲らぬハイスコアリングゲームを展開も
後半筑波大が拓殖大を突き放し、最終戦を勝利で飾る


161030aoki_201611161252224a1.jpg 優勝が既に決定している筑波大と順位を上げたい拓殖大との戦いが、このリーグを締めくくる最後の試合となった。内外バランス良く得点できる筑波大に対し、インサイドの要である#23バンバ(4年・F)を欠く拓殖大がどう戦っていくのかが注目された。

 1Q、筑波大はまず#17杉浦(3年・F)と#6馬場(3年・G)の3年生コンビが良い流れを作る。#17杉浦がインサイドで積極的に1on1を仕掛け、#6馬場は3P、速攻と活躍し、#46生原(4年・PG)も要所でアシストして味方の得点を演出する。#39成田(4年・G)と#18多田(1年・F)の連続3Pで得点を伸ばしてきた拓殖大に対し、筑波大はタイムアウトで立て直しを図る。そのタイムアウト明け#17杉浦のインサイドと「この日は積極的に得点を取りに行こうと思った」という#2満田(4年・SG)の連続3Pで、内外バランス良く得点を重ねていく。拓殖大はアウトサイドシュートの確立が良く、#18多田、#13阿部(3年・G)が3Pを決め、1Qは互いにハイスコアをマークし29-25と筑波大がリードするが大きな差はつかず。
 
161030fujii_20161116125224138.jpg 2Q、筑波大は#17杉浦、#6馬場の活躍に加え、途中交代で入った#11増田(1年・PF)のインサイドと#2満田の3Pで得点を伸ばしていく。対する拓殖大は#33富山(3年・G)、#16飯田(3年・F)、#11山崎(3年・G)と控え選手が代わるがわる3Pを決めていき、それに対して筑波大のディフェンスが外に広がる中、要所で#55藤井(4年・C)がゴール下で得点。拓殖大はアウトサイドシュート中心のオフェンスを展開し、第2Qまでに3P成功率9/18という驚異的な数字を叩き出すと、前半終了時は48-46と、2点差。互角の勝負となった。

 3Q、ここまで好調だった拓殖大の外の確率が下がり、苦しくなっていく。筑波大はトランジションバスケットでオフェンスを早く展開し、また内外バランス良く得点をしていく。拓殖大はこのQ序盤、#13阿部のジャンプシュートが決まるも後が続かず、その後の得点も単発になり、また前半驚異的な数字を出した3PもこのQ2/7となり失速してしまい、このQ22-9と一気に差がついてしまった。続く4Q、取り返したい拓殖大は#39成田、#13阿部を中心に得点を重ねていくが、筑波大が控えメンバーも出場させる中、#17杉浦、#11増田といった得点源が中心になって拓殖大を上回る勢いで得点を重ね、最後は100-74。筑波大が後半に一気に差を広げて最後の試合を勝利で締めくくった。

161030tukuba.jpg リーグ優勝した筑波大は16勝2敗。大崩れこそなかったが、後半戦で2敗しており、精彩のない試合があったのも確か。しかし、集中している日は驚異的な強さを発揮する。インカレという一発勝負でそれを持続し続けられるかどうかに、3連覇の期待がかかる。

 拓殖大はこの結果で7位。リーグ中盤にエースの一人、バンバを負傷で欠く形になり、後半戦はリバウンドなどインサイドで苦戦が見えたが、得点力では成田、阿部、そして3P王獲得の多田など、リーグ屈指の実力がある。インカレの布陣はまだ未定だが、持ち味を生かしたバスケットを貫けるかどうかになるだろう。

写真上:生原が負傷した時期は青木が司令塔としての役割を担った。インカレでの働きも大事になるだろう。
写真中:バンバ欠場後はサイズ面で苦しんだ拓殖大。インカレに向けても藤井らインサイド陣の奮闘が欠かせない。
写真下:下級生の貢献もチーム力アップのためには欠かせない筑波大。このリーグで得たものを大一番でも発揮できるか。

※筑波大・生原選手、満田選手、木林選手、杉浦選手、拓殖大・多田選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「チームに自覚を持たせるため、自分が役割を果たす」
インカレ3連覇の偉業に向け、強い意志でチームを支える

◆#46生原秀将(筑波大・4年・主将・PG)
161030ikuhara.jpg優勝にも反省点は多く、特に最終週の今ひとつの出来は、主将としても危機感だらけと言っていい。本人の言う通り、リーグ戦の前半を終えた時点で無敗だった筑波大は、最も優勝に近かった。しかしその安堵感が後半戦では2敗という足元を救われる結果を招いたとも言える。もちろんそれでも優勝が脅かされることはほぼなかったが、これから挑むインカレではそんな甘さは通用しない。
この2年で頂点を2度極めた筑波大は、これまでと異なる新しい壁を目の前にしている。しかし、それを乗り越えてこそ、真の常勝チームと言えることも確か。代表クラスを揃えた青山学院大が、層の厚さで挑んだ東海大が越えられなかった3連覇の壁。それを崩し、乗り越えることができるのか、生原が主将としてどこまでチームをまとめられるかを見届けたい。


—すごく良くない試合(前日の東海大戦)のあとの最終戦ということでしたが。
「今日も良くなかったですね。間違いなく優勝して気持ちが切れていました。正直なところ、主力のほとんど、5人ぐらい怪我をしていて、金曜日の練習まで休んでいた状態でした。優勝が決まったからという気持ちも正直あったと思うんですが、揃って1日しか練習ができなかったのは痛かったです。昨日の東海大は、立ち上がりから2位を守るために気持ちは強かったし、こっちは受けて立ってしまって向こうのペースでした」

—今日の拓殖大戦も前半は46失点と大きかったですね。
「相手のシュートが入ったというのがあって、それはもちろんこちらのディフェンスが悪かったとも言えます。それ以前に止められる部分は止められていたはずだし、自分たちの一番の課題であるコミュニケーションの部分ができてなかったですね。お互い分かってるだろと、と勝手に思って声を掛けずにディフェンスしたりしていました。本当は分かっていなかったのに。でもこういうことはインカレまでの3週間に直せる部分です。リーグ戦では突き詰めて直さなかったんですけど、ここからは修正してもっといいチームになっていきたいです」

—吉田先生は東海大戦のあと、チームが成長していないとおっしゃっていましたね。後半戦はとくにしっくり来ないまま終わってしまった感じがあります。
「その通りです。修正しよう、しようと思っていてもどこか甘い。去年も一昨年もリーグ戦は2位、3位でしたが、今年は1巡目が終わった時点でほぼ1位を取れる確信があって、どこか影響が出て、見えない部分でそれぞれの気持ちが切れていたのかなと思います」

—筑波大はメンバーも大きく変わらず3年目ですし、形としては完成されていますよね。能力も高い。ほんのちょっとしたことが良い日とそうでない日の差ではないかと思うのですが。
「スタメンでもワンプレーで失敗したりすると、下を向いてしまう悪い部分があります。自覚がまだ足りないのかもしれません。でも、そういうときに、いかに気持ちを持ち直させるか、そこで自分の力が問われていると思います」

—筑波大は期待され続ける立場にもう立っています。それに応え続けるということは難しいですが、乗り越えなければならない壁ですね。
「インカレの3連覇は、近年の東海大さんも青山学院大さんも挑んでできていません。自分たちはその3連覇にチャレンジして、到達できる可能性があります。この3週間で、どれだけそれが難しいことなのかを、吉田先生を始め、僕が皆に浸透させられるかどうかです。皆に自覚を持たせて、皆が難しさを感じ、危機感を持つことでもっとそれぞれのプレーにも責任感が出てくるのかなと思います。頑張ります」

--------------------------

「リーグ戦の中で出た課題はいっぱいある」
最後の勝負を勝つには何が必要か、インカレ3連覇に向けて

◆#2満田 丈太郎(筑波大学・4年・SG)
161030mituda.jpg敗戦した前日の東海大戦では出来が良くなく、最終戦では意識を変えて臨んだという。17得点で貢献はしたが、それでもまだまだ課題は多いと自身もチームも感じている。今年はずっと他チームからも目標にされ続け、それをトーナメント、リーグ戦の優勝という結果で応えた。しかし、不安定な面も露呈したリーグ戦での修正点を自身のさらなる成長につなげられるかどうか。チームとして、4年生として、集まる視線と期待にどんな答えを出すのかが、インカレの大きな見どころとなるだろう。


―リーグ戦優勝おめでとうございます。まず、今日の試合を振り返ってみて個人として、チームとして出来はどうだったかについてお願いします。
「そうですね。個人としては、昨日良くなくてむちゃくちゃ怒られたので、今日は最後の試合というのもありますし、気持ち良く終わってインカレにつなぎたいというのもあったので、個人的には完全に点を取りに行くという気持ちでいました。チームとしては、ディフェンス面が良くなかったと思います。後は本来の筑波大の攻撃ができていなかった部分があったのでそれを出していけるようにという感じでした」

―昨日(東海大戦)、満田選手の調子が少し悪かった部分があったのかなと感じましたが自分の中ではどう修正する必要があると考えていましたか。
「昨日は気持ちが入っていなかったわけではないのですが、完全に気持ちがプレーに出ていなかったので、闘志を前面に押し出していこうと考えていました」

―リーグ戦を振り返って見て、個人として、チームとして出来はどうだったかについてお願いしいます。
「個人としては、前半戦は普通・まあまあの出来だったのですが、その後、後半戦に移っていくにつれて3Pや外のシュートの確率を上げてこられていたので、個人的にはそこは良かったのかなと思います。チームとしては、途中、白鷗大戦でディフェンスが一回崩壊してしまってやられる所をやられてしまったので、その後一週間の練習からディフェンスに対する意識を変えていきました。オフェンスよりもディフェンスで、チームでしっかり守ろうと後半から意識をしっかり変えていきました」

―インカレに向けて、個人として、チームとして修正していきたい点についてお願いします。
「インカレに向けては、やっぱりリーグ戦と違って一発本番勝負なので、正直4年生なので責任も大きいと思います。その中で4年生が良いプレーができればチームも盛り上がると思うので、リーグ戦の結果を踏まえてもっとシュート確率を上げること、ディフェンスではもっとアグレッシブに相手にプレッシャーをかけることを頑張りたいです。チームとしても、昨日東海さんにもディフェンスをやられていたのもそうなのですが、リーグ戦の中でいろいろなチームと戦って得た課題というのはまだまだいくつもあると思いますので、そういったところを吉田先生とチームの皆で話し合って改善していきたいです」

----------------------------------------

「リーグ戦での2敗を重く受け止め、成長したい」
ディフェンスを始めとする課題の修正が必須

◆#8木林 毅(筑波大学・4年・PF)
161030kibayashi.jpgインサイドの要として、重要な役割を果たす。本人の言うように、前半戦では個人のプレーでは得点を取るシーンが目立った。後半はチームのためにどう動くかということを意識していたようだが、ディフェンス面でのほころびがチームにほころびを生じさせていることが、懸念としてある。意識するのは受け身にならず、攻めるディフェンス。優勝するためには、気持ちで守りに入るのはNGだ。筑波大らしい、アグレッシブなディフェンスがインカレで威力を発揮するかどうか、それも注目ポイントになりそうだ。


―優勝おめでとうございます。優勝した気持ちを聞かせて下さい。
「優勝したこと自体は本当に嬉しいです。けれども、やっぱり目標は全勝優勝であったので、白鷗大に負けてしまったことも当然なのですが、前日の東海大に負けてしまったこと、後は今日の拓殖大戦も良くかった。やっぱり優勝が先週決まったことで、皆どこか気が抜けてしまったところがありました。吉田先生も言っていたのですけれども、他のチームはどんどん成長していっている中で自分たちも負けないくらい成長しなければならないのに、僕たちは気持ちの面で負けてしまっていたところはありました。インカレに向けて、このリーグ戦で2敗というのを重く受け止めて、自分たちももっと成長していけるように頑張っていきたいです」

―成長という話が今出ましたけれども、主にどういった点を改善していく必要があると考えていますか。
「ディフェンスでトラブルが起きていることが多かったと感じています。これに関しては、一人の責任という問題ではなく、チーム全体での共通理解が足りていなかったのかなと思います。相手のチームは絶対打倒筑波大で研究してくるのはわかっていることなので、そこで受け身にならないで、攻めていくディフェンスができる必要はあるのかなと思います」

―リーグ全体を振り返ってみて、個人とチームの出来としてはどうでしたか。
「そうですね。個人としては、前半戦は自分が1対1で点を取るシーンも多々あって良かったのですが、後半戦に入って相手チームが中のディフェンスを固めてくることが多かったと感じました。そのときに筑波大は全員が点を取ることができるチームだと思うので、自分が無理に点を取りに行くというよりは、中にディフェンスが寄った所を外にパスを出すなどして、一人がこだわって点を取りに行くというよりはチームで点を取りに行くこと・チームのムードを良くすることを心がけて優先できたところは良かったと思います」

―繰り返しになる部分もあるのですが、インカレに向けて個人の課題とチームの課題についてお願いします。
「個人の課題としては、まず1対1で点を取ることが大事ですし、どのチームも中をしっかり守ってくるので、そのときにしっかり外を見てアシストしていくことが自分の役目だと思います。チームの課題としては、さっき言ったディフェンスの部分の意識・共通理解をしっかり詰めていきたいです。オフェンス面では、特に生原(#46)がいない時間帯にすごく崩れることがあるので、そこで自分が4年生としてキャプテンシーを出していけたらなと思います」

----------------------------------------

「今のままではインカレは怖い」
現状を直視し、危機感払拭のためにすべきこと

◆#17杉浦佑成(筑波大・3年・PF)
161030sugiura.jpgリーグ戦の最優秀選手勝を受賞。得点ランキングは3位、出場時間も筑波大の中では1試合平均約30分とトップだ。馬場が途中までベンチスタート、生原が怪我で欠場する試合がある中、プレーし続けて貢献したと言える。だが、本人としては好不調の波が大きく、タイトル獲得にも笑顔はない。リーグ戦では課題も多く見つかった。チームの主力として乗り越えるべきものはまだ多い。肩書きよりも納得できる中味、それこそ本当に望むべきものであり、インカレで掴み取るべきものだろう。


—最優秀選手勝というのは嬉しいものですか?
「微妙ですね。個人的にすごく良かったわけでもないし、チーム内に怪我人が多かったりしてもらえたのかなという感覚はあるので」

—ただ、出続けて安定してプレーして貢献してきた面では大きいのでは?
「でもダメな試合は本当にダメだったし、納得はいかないですね」

—反省は多いようですね。最終週もいろんな課題が見えたとは思いますが、優勝チームだというプライドはチームにはできていると感じますか?自分たちのプレーはこうで、発揮し続けて勝ちたい、というような思いは。
「それはもちろんあります。それができればとプロ相手にもいいところにいけると思うんですが、ダメなときに本当にダメというのが今の自分たちでもあります。そういう状態では一発勝負のインカレは危ないし、ましてやプロ相手になんて最初にガツンとやってくるだろうから、最初に崩れたらお終いですよね」

—どうしていかなければ、みたいなことは考えていますか?
「悪いときも全員がふわふわしているわけではないんですよね。あくまでチームの一部の人がそうなる。で、そうなっている人がいたら学年に関係なく、言えるようでなければ。そのまま放っておけばふわふわした空気が伝染してダメになっていってしまいます。自分も言うタイプではなく、生原さん(#46)やヤス(#4青木)に任せてしまっているのが課題なんですが」

—杉浦選手がそういうこともこなすようになると、変わるのでは?
「ずっと声を出せとは言われていて、吉田先生にももっと上のレベル、例えばナショナルとかに声を掛けられたいなら、そうなっていかないとダメだと言われています。もちろん、試合中に声を出すことが必要だなと思うときもあるんですが、とっさに出ない場面が多いですね」

—だったらなおさら、杉浦選手が声を出せばチームにも影響を与えられるのでは、という気もしますね。
「そこを頑張っていこうとはしています」

—インカレではそういうことも注目ですね。3連覇もかかります。昨年のようにうまくいくかどうか。
「今のままでは僕は怖いと思っています。だからこそ、今ある課題を乗り越えていきたいと思います」

----------------------------------------

「自分たちだけでも戦えるという感覚を得たリーグ」
エース復帰を待ちながら、自分たちの経験値も自信に

◆#18多田武史(拓殖大・1年・SF・八王子)
161030tada.jpg前日まで専修大の大澤と3Pの本数で激しいデッドヒートを繰り広げ、最終戦で4本の3Pを沈めて3P王を獲得。ここから先が期待されるシューターだ。オールラウンドなプレーがこなせる選手が増え、ピュアシューター的な存在は今の大学界にそう多くはない。多田もまだまだプレースタイルを広げていく可能性はある。だが、シュート能力は一朝一夕で作られるものでもない。この武器を磨いて、第一人者になるような成長にも期待がかかる。


—前半はシュートも当たって、拓殖大らしい試合展開でしたね。
「前半、みんな戦う気持ちは全面に出ていて、みんなで勝とうという意識がありました」

—意気込みは高かったんですね。
「そうですね。意識が高くて、アップのときからそういう勢いがある日は、そのまま試合に入れて拓殖大らしいプレーができますね」

—最終戦の相手は優勝を決めている筑波大ですが、だからこそ頑張ろうと?
「そういうのもあったと思います」

—前半は2点差で終えましたが、後半に離されてしまいましたね。
「なかなか自分たちのタイミングでシュートを打たせてもらえなくなりました。相手のディフェンスが前半よりプレッシャーが強くなりました。あと、インサイドアタックを防げずに、そこから流れを失ってしまいましたね」

—多田選手個人としては3P王がかかった試合でもありましたが、そういう意識はありましたか?
「試合前に池内さんからどんどん打っていけというアドバイスはありました。自分ではなるべく意識はしないようにしたんですが、やっぱりタイトルがかかってると思うと、意識して3Pを狙いにはいっていましたね。でも緊張はなくいつも通り打てました」

—怪我人も出てしまって、順位としてはふるわないリーグ戦でしたが、個人としての心がけはどういうものでしたか?
「チームの中心であるバンバさん(#23)が途中で離脱してしまいましたが、でもそういう場面はいつか来るという意識もあったので、そこで自分でできるプレーを精一杯やろうとはしていました」

—ルーキーですが、スタメンでもある責任感などもあったのでは?
「でも1年生だからできることもあると思います。それは考えつつやっていました」

—インカレではどういう風に戦っていきたいですか?
「リーグ戦でもバンバさんなしで戦って、そういう面では経験を積ませてもらったという面があります。バンバさんがいれば心強いし、いなくても戦えるんだという自信を持ってやりたいですね。ここまでできる、というのはリーグ戦の中でみんな持ったと思います」

—多田選手はずっとシューターだったのでしょうか?
「いや、高校のときはそんなにシューターという感じでもなかったです。高校のときはもっと1対1をしながらという場面が多かったんです。でも大学に入ってから動いて、ボールを貰って、というスポットシューターみたいなプレーをやるようになりました」

—その割に確率はいいですね。
「3Pを打つことに関しては何も変わらないので、問題はないかなと思います」

—成田選手(#39)のように1対1からのシュートもではできると?
「大学のレベルではまだ分かりませんが、これからはやっていけるようにならないとダメだなと思っています」

—シュート以外に身につけたいプレーはありますか?
「ドライブができたらもっとプレーの幅が広がるなというのは、自分でもわかっています。ドライブをしながら、アウトサイドもうまく打てるようになるのが理想ですね」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:54  |  2016リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |