2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2016.10.30 (Sun)

【2016リーグ1部】10/30 専修大VS青山学院大(第18戦)

前半は青山学院大が快調に飛ばすも
後半専修大がリバウンドを押さえる逆転劇で4位に


161030watanabe.jpg 8勝9敗同士の専修大青山学院大の対戦は、やはり同率の拓殖大、早稲田大も巻き込んで順位を決する戦いになった。

 1Qは完全に青学大ペース。前日の試合で8分の出場にとどまった#24安藤(4年・F)を始め、#3大崎(4年・SG)らもアグレッシブに攻めて3Pも気持ちよく沈んだ。専修大はオフェンスが回らず一桁の点数で長い時間とどまってしまった。1Q、2Qも青学大リードのまま先行。互いにゾーンを繰り出すなどさまざまなプレーを試しつつ試合は推移し、最後は青学大#15石井(2年・PG)がリバウンドからこぼれたボールをフローターで決めて28-42と、前半7本の3Pが決まったことも作用し、青学大が14点リードして前半を終えた。

 3Q、青学大は得点がストップ。ファウルも続き流れが良くない。リバウンドを押さえた専修大がそこから追い上げ、#10大澤(2年・F)の3Pが決まると、開始5分で41-44の3点差に。さらにタイムアウトを挟んで#11秋山(3年・G)のジャンパーで1点差に詰め寄り、#6渡辺(4年・PF)がオフェンスリバウンドを取り逆転。青学大は開始7分が経とうとしてもこのQ2点にとどまり、苦しい状態。残り2:55にようやく#32前田(2年・F)の3Pが決まるが、ディフェンスでは専修大にフリースローを与えてしまい、チーム全体でもファウルが嵩んでいく。互いに譲らない両者は、専修大は#30アブ(1年・C・アレセイア湘南)のダンク、青学大は#21石黒(4年・PF)、#7ナナー(1年・CF・横須賀学院)のドライブからのバスケットカウントなど見せ場を作り、57-55の専修大2点リードで最終Qへ。

161030maeta.jpg 4Q、速攻、バスケットカウントと流れが切れない専修大はオフェンスリバウンドの強さも発揮。青学大はこのQも得点が決まらない時間帯が長く、開始から5分ほど無得点。10点以上の差が開いてしまう。残り3分半、ようやく#24安藤の3Pが決まるが、専修大のリード残り2分で11点と安全圏に近づく。勝利を確信したところで最後に#5山田(4年・F)、#25大越(4年・F )の4年生をコートに送り出し、#5山田がシュートを決めるとベンチも大盛り上がりに。最後は83-66として専修大が勝利を収め、最終成績でも4位へと滑り込み、インカレのシードで有利な立ち位置を得た。

写真上:リバウンドを取る専修大・渡辺。「チームがまとまっておらず、泥臭さみたいなものが足りなかった」と言い、ハーフタイムに気合を入れ直し、後半は一気に加速した。
写真下:青山学院大は安藤不調の時間帯は前田の得点が頼りに。

※専修大・國分選手、青山学院大・柏倉選手のインタビューは「続きを読む」



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「自分が率先して声を出すようにしてきた」
やるべきことを果たす、最上級生としてのプライド

◆#7國分大輔(専修大・4年・F)
161030kokubu.jpg今年、渡辺とともにコートでチームを引っ張る最上級生の立場だ。ペリメーターのシュートの安定感を始め、リバウンドでもボールに絡み、チームになくてはならない存在でもある。個性的な面々が揃う専修大だが、そういうチームカラーの中で、自分の役割は声を出し、皆を引っ張ることだと言う。リーグ戦では怪我人も相次ぎ、4位には滑り込んだが結果には満足いっていない。インカレで専修大らしいバスケットを発揮し、それを國分が牽引していけるかどうかに注目したい。


―最終戦を勝って追われました。今日の試合を振り返って。
「前半は自分たちの思ったような試合展開にならなくて、監督にハーフタイムに言われて、一からやって、少しずつ点を取って勝とうと。それを実践できて勝てました」

―どういうことを言われたんですか?
「中原さんや新関さんに、かなり喝を入れられました。前半はぜんぜん元気がなくて、声も出ていませんでした。本当に怒鳴られるぐらいの勢いで。それでみんな後半に切り替わりました」

―後半は専修の良い部分が出て逆転できましたね。リーグ戦を通してチームとしてはこういう波のある試合が多かったと思います。それについてはどう思いますか?
「リーグ戦の最初から怪我人もたくさん出てしまって、スタメンもバラバラ。自分たちが思っていたメンバーで戦えなかったことが結果につながらなかったと思います」

―怪我人もいて、渡辺選手(#6)も夏はいない時期があって、ということが響いたんですね。そういう中で國分選手は安定してプレーしていたように思いますが。
「そこは頑張りました」

―拓殖大との2戦目ではかなり活躍しましたね(37得点)。
「あのときは竜之介(#6渡辺)も怪我していて、自分しか攻める選手がいなかったので、頑張ろうと思っていた結果ですね」

―4年生が少ないチームですが、意識していることはありますか?
「4人と少ないので、逆にまとまりやすいと思います。でも練習では4人しかいないので4年が声を出してもなかなか盛り上がりには欠けるんですね。そういう状況で自分は声をだすのはそこまで苦手ではないので、率先して出すようにしていました」

―國分選手が引っ張る役目なんですね。主将の大越選手(#25)とは役割の違いは?
「キャプテンはまとめるというタイプじゃないので、僕がチームを引っ張って、その中で全体を見る感じですね」

―今年はアブ選手(#30)の加入もあったし、大澤選手(#10)はこのリーグでも伸びましたね。下級生に対しては何か言っていましたか?
「自由にやることですね。専修はチームとしても自由なので。フィリップはコミュニケーションが難しいところはあるんですが、その中でも自分が強めに言うとか、なるべくはっきり言うようにはしました。でも基本は自由にやらせていますね」

―アブ選手なんかはかなり頑張るタイプですよね。それでも言うことはあるんですか?
「周りが見えなくなって、ダメになっている時なんかがありますね。そのときは言うようにしています。とはいえ、そんなに言うことはないんですけどね(笑)」

―9勝9敗の結果についてはどう感じますか?
「自分たちのメンバーなら優勝に絡むことはできたと思うので惜しいです。リーグ戦では無理でしたが、インカレでは勝ちたいです」

―まだ少し怪我人もいますが、今いるメンバーでインカレに向けてどこを修正していきますか?
「リーグ終盤にかけて少し専修のバスケが見えてきたと思います。今は少しディフェンスがダメなんですが、そういう部分を確認して挑みたいです」

―専修のバスケというとディフェンス面の強化ですか?
「リバウンドですね。その辺はコミュニケーションがぜんぜんできていないので、そこをしっかりやって最後は優勝したいですね」

----------------------------------------

「インカレに向けてチームのために尽くしたい」
4年生として全体を引き上げ、最後の勝負に懸ける

◆#14柏倉哲平(青山学院大・4年・主将・PG)
161030kasiwagura.jpg8勝10敗で6位。前半は無敗で上位を守ったが、リーグ途中から後半にかけて崩れる試合が続いた。今年の大学界はどこも下級生をいかに育てるかがポイントになっており、青学大もインサイドの若手を育てている最中だ。その分、波ができやすいのはチームとしても理解している。だからこそ、4年生が頑張らなければならない。エースの安藤を始め、コツコツと4年間研鑽を積んできた4年生にとって、次のインカレは最後の舞台。そこでいかに力を発揮できるか、チームのコミュニケーション強化を始め、それぞれの活躍が望まれる。


―いい入りだと思ったんですが、後半は残念な展開でした。
「そうですね。でもあれが今のチームの状況なのかなと思っています。いいときは全員で声を出してリズム良くシュートも打てます。でも後半になってああいう相手の強いところ、フィリップ(#30アブ)だとかインサイドでやられ始めると、うちのインサイドはまだ下級生だしうわ、やられたという感じで気持ち的にも下がってしまう部分があります。そこは気にするなと声をかけているんですけど。いい時と悪い時の差が出てしまうのが今の現状なので、そこを上級生が引っ張って、うまく下級生たちに楽にプレーさせてあげられる雰囲気を作らないといけないなと思っています」

―途中で何が崩れるのがいけないところだと?
「やっぱり相手にやらせてはいけないところ、ゴール下も簡単に得点されて、オフェンスリバウンドも取られてしまった。前半はできていても、後半に緩むと相手に流れを持っていかれていますね」

―リーグ後半に入って、勝率が悪くなっていったのも気にかかるところです。
「相手に先行されたり、こっちのシュートが入らないとどうしてもチームの雰囲気が悪くなってしまっています。そこを先週の練習ぐらいから全員で雰囲気を変えようとみんなで声を出しながらやっていたんですが、そう簡単には変わるわけもなく。それをインカレに向けて修正していきたいなと思っています」

―安藤選手(#24)などが最終週は怪我もあって不調でしたが、そういうことがあればチームとしても苦しくなってしまう。そこはインカレに向けて大きな課題ですね。
「どこのチームも安藤潰しになってきます。そこで自分だったり、ウイングで出ているフォワードなんかは自分で積極的にアタックしたり、シュートを狙いにいけばおのずとディフェンスも寄って、フリーでシュートを打てる状況が作れるはずです。自分で打開する力はもっとみんなで意識して出していかなければなりません」

―そういう意味では、去年の方が積極性の見えた試合も多かったようには思いますが。上級生は途中から出る難しさもあると思いますが。
「今年はフォーメーションとは関係なく、自分でボールをもらってからパスを探している場面が多いのかなと思います。ボールを動かそうとは言っているんですが、それ以前にボールをもらったときに自分でいけるところはいかないと、どうしても手詰まりになります」

―下級生を育てるために使う意図も理解できるのですが、あと1か月、インカレまでにどういう風にやっていきたいですか?
「一番はチームのためにやりたいですね。1か月で技術なんかは伸びたりしません。チームディフェンスのところで下級生とのコミュニケーションをしっかり取って、そこでのミスをなくすようにするのと、オフェンスではビッグマンがシールしたら、ボールを取りやすいようにいいタイミングでパスをしてあげたりだとか、そういう部分ですね。インサイドを使って戦えないと優勝はできないと思っているので、そこは信頼してパスを出して、チームとして全体として良くしていきたいですね」

―もちろん最後のシーズンになりますし、4年生同士、懸けるものはあると思います。
「他の3人は個性的で、周人(#24安藤)はシュートでチームを引っ張ってくれて、大崎(#3)はリザーブで出てきますが流れを変えたり、ベンチでも積極的に声を掛けてくれます。石黒(#21)もあまり数字には出ないけれど、渋いところで頑張ってくれます。4年生4人でいかに苦しい場面のときにチームを盛り上げて鼓舞していくか、それが求められると思います」

―どういう姿を見せてくれるのかを楽しみにしています。
「とにかく、声を出していると思います(笑)。頑張ります」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:52  |  2016リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |