2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 9月2日より2部以下が開幕
1部リーグは9月9日(土)より
2017 年度 関西学生バスケットボールリーグ戦 9月2日より開幕

2016.10.30 (Sun)

【2016リーグ2部】10/30 法政大VS東洋大(第18戦)

入替え戦に向けた最後の試合
前半終了間際の連続3Pで東洋大が勝利


161030nakamura.jpg 両者ともに3部との入替え戦が確定している9位・東洋大と10位・法政大。勝敗により順位変動はないが、それでも入替え戦に向け、いい形で最終日を終えたいのはどちらも同じ事。終始ロースコアとなった戦いの勝負の分かれ目は、前半終了間際だった。

 試合は東洋大#25島崎(4年・SG)のドライブ、#2山口(4年・SG)の3Pで決めれば、法政大も#7藤井(4年・SG)の3P、#57玉城(2年・PG)のドライブで返すなど、どちらも落ちついた入りではあったが、全体的には両者シュートを決めきれず、得点が伸びず。そんな中で#24塚原(4年・PG)、#11中村晃太郎(4年・PG)らの得点で一歩東洋大が抜け出し、6-11で2Qへ。

 2Qに入っても法政大はシュートの決定力が上がらない。#11中野(4年・SF)の3Pが決まるまでの3分間半は、対する東洋大が#2山口のジャンプシュートなどでリードを広げる。しかし、粘りを見せる法政大が1歩ずつ差を縮め、15-18の3点ビハインドとすると、2-3ゾーンを仕掛ける。これに、東洋大は少し攻めあぐねるもタイムアウト明けでアジャスト。東洋大#11中村晃太郎が怒涛の4連続3Pを決め、最後は#2山口のブザービーター3Pが決まり、15-33と一気に突き放して後半へ。

 3Qは1Q同様にロースコアの展開。わずかながら決定力で東洋大が上回り、22-45で4Qへ。このまま東洋大ペースのままかと思われたが、最後まで自分たちのバスケを全うしようとする法政大は、途中出場の#13鈴木蓮(3年・G)が3連続アシストで#2田勢(4年・PG)のレイアップや#57玉城の3Pをお膳立て。東洋大はタイムアウトを請求するも、法政大の得点は続き、#24鈴木悠介(1年・C・洛南)のフリースローや#57玉城の3Pで35-50と追い上げる。その間、5分間ノーゴールにとどまった東洋大だが、#1渡邊(3年・PF)がドライブで切れ込みフリースローを獲得。1本沈めると東洋大の得点が動き出し、追撃を阻止。41-57で東洋大が勝利をあげた。

161030suzuki.jpg 東洋大は、内外でバランス良く得点を取りつつ、前半終了間際に5本連続の3Pを決めたことで、勝利を大きく引き寄せる結果に。今季リーグ戦では、開幕2連勝と好スタートを切るも11連敗を経験するなど、「とにかく苦しかった」(#2山口)と結果的には苦難のシーズンとなった。2012年に2部昇格を決めた時以来の入替え戦となるため、4年生含めて初となる。「勝つのが一番だが、東洋らしく楽しんでやりたい」(山口)という気持ちを胸に、2部残留をかけた戦いに挑む。

 法政大は、藤井、植村を中心にパスを展開し、多くのシュートチャンスを作るも、決定率の低さが響き、最終戦を勝利で飾ることはできなかった。3部との入替え戦に向け、1勝しかできなかったという事実は不安要素でもあるが、それでも自分たちのバスケットを貫きとおした自信は、入替え戦の苦しい場面で立ち向かう力となるはずだ。3年生以下の多くが経験を積んだだけに、来年につなげるバスケットをしたい。

写真上:東洋大・中村が決めた怒涛の4連続3Pは、勝利を大きく引き寄せるプレーとなった。山口と並んで東洋大の得点源の一人であり、入替え戦でのプレーぶりが見ものになる。
写真下:4Qに追撃ムードを演出した法政大・鈴木。藤井、植村、玉城とともに今季の法政はガード陣の成長が目立った。

※東洋大・山口選手、法政大・藤井選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]


11連敗も経験した辛いシーズン
だからこそ最後は「楽しんでやることが一番」

◆#2山口健大(東洋大・4年・SG)
161030yamaguchi.jpg前半終了間際、中村の4連続3Pが大きな勝因ではあったが、最後にこの山口が3Pを沈めると、チーム応援席からは一際大きな歓声があがり、これが勝利を決定づける一打になったことには間違いない。それも11連敗を経験し苦しむチームに対し、得点ランキング5位となる287得点を決め、そして支えた山口だからこそ送られた声援だろう。
1年時から確かなシュート力を見せてきた東洋大のポイントゲッターの一人だ。最後のリーグ戦では怪我もありながら出場し続け、常に得点で牽引し続けたその責任感を、入替え戦の舞台で勝利に変えることができるか。


―学生最後のリーグ戦、お疲れさまでした。振り返るとどうでしたか?
「自分たちらしさが全然出せなかったです。どの試合も接戦で負けるというのが多かったし、結果はもう出てしまいましたが、悔しい部分が残るリーグ戦でした。(11連敗の時は)精神的にもきつかったですし、チーム状況もどんどん悪化していく一方でした。“早く勝ち星がほしい”という焦りからも連敗が続いてしまった。そういうのもあって、とにかくきつかったです。(応援席から大きな声援があがっていたことについて)元気にやるのが東洋らしいと思うので、負けが込んで暗くなって最悪な状況が続いていた分、入替え戦には行きますが、最後は勝ててよかったです。」

―負けが続いてしまった要因を振り返るとなんだと思いますか?
「選手がやらなかった、と言ってしまったらそれまでなんですが、チームが一丸となっていなかった。そういう所から綻びが生まれたのかなと思います」

―悔しかった想いは、入替え戦での奮起する気持ちに変えていきたいですね。
「はい。自分たちは初めての入替え戦なので、全然雰囲気とかもわからないです。勝たないといけない、というのはありますが、4年生たちはもう最後なので、楽しんでやることがチームにとっても自分たちとっても一番いいのかな、と。勝つことが一番いいですが、最後はみんなで自由にやりたいです。3年生は4年生を慕ってくれていて、きつい時も下級生たちが練習中から声を出してくれて、支えてくれました。自分ら4年生が思う通りのプレーができるように、というのを常に言ってくれていたので、楽しくやれるようにしたいです」

----------------------------------------


昨年の苦しい連敗から得た頼もしさも
「雰囲気が悪くならないようになったことは成長の証」

◆#7藤井裕太(法政大・4年・主将・SG)
161030fujii.jpg学生最後のリーグ戦は、怪我にも見舞われ、練習復帰したのは最終週の数日前だったという。そのためか、これまでなら手堅く決めていたスクープショットや3Pも少し確率を落としたが、最後まで自分たちのバスケを全うしようとチームメイトと共に駆け抜けた。リーグ戦自体は1勝という結果に終わったが、それでも下を向かず、ただ前を向くコメントを口にした藤井からは、昨年1部リーグで連敗を経験した時とは違い、少し頼もしさも感じた。1年生では1部昇格をかけて、3年生では1部残留をかけて、そして3回目となる今回は2部残留をかけて最後の入替え戦に挑む。


―学生最後のリーグ戦、お疲れ様でした。どんな2か月でしたか?
「結果としては、正直不本意でした。技術とかそういう面では負けていないと思うし、ただチームとしてはまだ一つ何かが足りていないというのがあるので、そこはちょっと勿体なかったです」

―そのもう一つ足りなかったところとは?
「やっぱり集中力が続かなくて、毎試合どこのチームとも前半はいい試合をしていて、後半でやられるというのがありました。それが練習にも出てしまって、水、木曜は良くて、金曜が悪かったり。そういうのが出てしまったので、直すべきところだと思います」

―去年の1部リーグでも負けが続く苦しい時期がありましたが、今季の方がベンチも落ち込んでいないというか、コートの中の声もずっと出ている印象です。
「2年生から4年生は去年負け続けることは経験していますが、雰囲気が悪くなるのは違う、と去年ずっと思っていました。だから、今年は負け続けたとしてもそこだけはしっかりと通してやろうと話していたので、その辺は良かったというか、去年よりも成長できた部分だと思います」

―コーチが代わってから2年目となりますが、浸透度など何かチームに変化はありましたか?
「塚本さんが来て、もちろん練習内容とかは変わりましたが、一人ひとりバスケに対する気持ちも良くなってきたし、すごくいい練習をしていると思います。逆に、それだけいい練習しているのに勝てていない、というのが勿体ない。前よりは練習は大変にはなりましたが、それぞれが技術も身に着くし、自分は2年間しか教わっていないですが、それを4年間続けていたら、もっと変わってたかなと思います」

―最後に入替え戦に向けて一言お願いします。
「リーグ戦は1勝しかできませんでしたが、そのことは忘れて。去年も(入替え戦は)経験していますが、また切り替えてフレッシュにやっていきたいです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:46  |  2016リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |