FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.10.21 (Sun)

10/21 関東大学1部リーグ 最終週 青山学院大VS日本大 第2戦

日本大69(16-16,10-25,16-22,27-20)83青山学院大
1021umeda.jpg第1戦で青山学院大の優勝、日本大の準優勝は決まっていたが、最終日の最終試合ということで、1部らしい試合を期待したいところ。立ち上がりは互角の展開となったが、2Qに日本大が10得点に留まると、そこをついた青山学院大がこの試合好調だった#3竹松(4年・CF)を中心に一気に加点、前半終了時に22点差をつける。日本大にエンジンがかかったのは4Q。#18篠山(1年・PG・北陸)、#4齋藤(4年・PG)が気を吐き、反撃を始めるも点差を7点差以内に詰めることができずに敗退。青山学院大が日本大に連勝し、最終日を最高の形で終えた。
写真:ブザービーターを決めた青学大#7梅田。

詳しいゲームレポートと日本大・齋藤選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

■GAME REPORT■
1021kumagai2.jpg1Q、先制点は青学大#15広瀬(4年・F)のバスケットカウント。しかし、日本大も#22栗原(2年・F)が決め返し、譲らない。中盤までは、互いに決めれば決め返すといった展開が続いていたが、青学大は24秒オーバータイムをとられてしまうなど思うように攻められない。対する日本大はディフェンスでは光るものがあるものの、オフェンスでは#23上江田(2年・F)以外に攻め手を欠き、得点が伸びない。互いに堅いディフェンスで簡単にシュートを許すことなく、1Qは16-16の同点で終える。

2Qの立ち上がりは点の奪い合いとなったが、日本大は残り8:27に#11中村(2年・C)の得点を最後にしばらく得点が止まってしまう。その間に青学大は、インサイド陣がディフェンスリバウンドを量産。そこから速攻に走るという得意なパターンで試合を進めていく。#10小林高晃(2年・SF)のリバウンドシュートや#3竹松(4年・CF)のバスカンで加点していき、8点差をつける。日本大はたまらずタイムアウトを請求するが、タイムアウト後に動いたのは青学大だった。青学大はディフェンスのプレッシャーを一層強め、24秒オーバータイムを奪うと、更に激しいディフェンスでパスミスを誘う。なんとか流れを変えたい日本大は、メンバーチェンジを行うが、オフェンスのリズムは一向に生まれない。日本大が残り8分を切ってから奪った得点はわずか4点。対する青学大は、コンスタントに得点を重ねていき、41-26と15点差をつける形となった。

1021kurihara.jpg前半の流れをなんとか変えたい日本大。先制点は青学大に奪われてしまうが、日本大も前半に比べてリバウンドが取れるようになり、#23上江田のダンクが飛び出すなど、徐々にリズムを掴み始める。しかし、青学大は#12渡邉(2年・G)がその流れを3Pで断ち切る。また、#3竹松がインサイドで奮闘し、点差を詰めさせない。日本大は#18篠山が積極的にシュートを狙いに行くが、なかなか決まらず、逆に点差を広げられてしまう。また、終了間際に青学大#10小林高晃に速攻に走られ、せっかく詰めた点差もまた開いてしまった。

最終Q、日本大にようやくエンジンがかかる。立ち上がりこそ、青学大に連続得点を許したが、その後は#18篠山のジャンプシュート、#4齋藤(4年・PG)の3Pなどで得点を重ねていき、徐々に青学大に迫っていく。流れを掴み始めた日本大はディフェンスでも集中力を見せる。堅いディフェンスで青学大のオフェンスの芽を摘むと、そこから#22栗原が連続で得点すると、残り5分で10点差まで詰め寄る。青学大はタイムアウトで立て直しを図る。すると、この試合インサイドで奮闘している、#3竹松がゴール下で得点を重ね、点差を詰めさせない。日本大は決め手の1本が欲しいものの、#18篠山の3Pが単発に決まるだけで7点差以上を詰められない。対する青学大は#1熊谷(4年・F)の3Pで日本大の反撃をかわし、点差を広げる。最後、青学大はベンチメンバーが出場。#7梅田(3年・PG)はブザーと共に3Pを沈め、青学大応援席が大歓声に包まれる中、試合は終了した。


◆#4齋藤崇人(日本大・4年・G)
1021saito2.jpg本来の仕事はゲームコントロール。
しかし、今大会では“点を取る”という仕事を任されることに。4年目にして自分のバスケットスタイルを変えるということに苦労もあっただろうが、得点、3P、アシストのランキングで上位にランクイン。オールラウンドな活躍を果たし、敢闘賞を獲得した。

―リーグを終えて。
「…長かったですね(笑)。“やっと”っていう言い方はおかしいけど、“やっと終わった”という感じ。今年は4年で最後のリーグだったから、リーグに対しては“入れ替え戦に行かないように”とか色々なことを考えてやってきました。自分たちは黄金世代の次。去年のスタメンで上の4人が抜けて、下級生主体になったからすごい不安で。でも、そのなかで2位までいけたのはよかったと思います。最後はちょっと悪かったですけど…(苦笑)。でも、インカレへ向けてまた頑張ればいいかなと」

―リーグを通してなかなか日大のバスケができなかった理由は?
「…若いからかな?いつも日大には絶対的な得点源がいて。今までで言うと、祥平(菊地祥平・東芝)や呉屋(呉屋貴教・富山グラウジーズ)さん。こんな風に絶対的な得点源がある中で日大のバスケットは作られていて。“ディレイドオフェンス”っていうのが日大の特徴であったんだけれども、今年は絶対的に点が取れる選手がいないってところで、チームの組み立てができていなかったかなって。そこができないとディレイドオフェンスもできないし、青学のような走るチームに勝つのはちょっと厳しいのかなって感じました。1人でもそれを破ってくれる人がいたらいいんだけど、なかなか難しいですね(苦笑)。絶対的な得点源は本当に欲しいです。ただ、自分がそうなることは無理。そこは下級生に頼るしかない。だから、出てる以上は頑張ってもらうしかないですね」

―リーグを通して辛かったことや大変だったことはありましたか?
「負けが続いたり、前半は1勝1敗でゲームが進んでいたところは本当に不安だったし、もどかしかった。うーん…不安よりも、もどかしさのほうが先だったかな。“なんでこんなにできないんだろう”、“もっとできるんじゃないか”ってずっと思っていました。今大会から自分が得点に参加するようになって、シュートも積極的に打ちに行くようにして。なんとかチームを引っ張っていかなければならないと思って、自分が今までやってきたことを0にして新たなカラーを出していっていました。シュートも打ったし、ガードだから、アシストもしなくちゃいけない。リーグ中は、“求められているものは何なのか?”っていうのを自分で考えてやってきました。その結果、得点ランキングも3Pランキングにも入ることができたし、アシストランキングにも入れたっていうのは、よかったと思います。もうちょっと出来たかなって気はするけど、自分の中で得点ランキングに入るのは目標にしていたから、こうして結果が出たことに関しては嬉しいです」

―下級生に期待することは?
「バスケットをもう少し理解しないといけないなと。今のままだとこの先勝っていけないです。そこは大学バスケがあと少ししか出来ない僕が教えていかないといけないところ。能力はある。でも、それだけでは勝てないっていうのをわかってほしいですね。どこか、簡単に点を取れると思っているというか…。バスケットは1on1だけでは勝ってないっていうこと、5人でやらないとできないスポーツだってことを理解してほしいです。スクリーンがあったり、合わせがあったり。まして、ディフェンスはチームやるもの。こういうところを理解していかないといけないですね」

―篠山選手はゲームを通してアグレッシブなプレーを見せてくれました。彼の出来についてはどう思いますか?
「本当にすごいと思いますよ。1年生であれだけできるのは本当にすごい。僕の時から考えたら、試合に出て活躍するなんて無理だったし。竜青のいいところは展開を速くすることだったり、ドライブをしたりしてっていうところ。今までのチームにそういうのがなかったから、あいつが入ったことによって、プラスアルファになったというか。1年生だからハッスルしてほしいと思っていて、それをやってくれたのでよかったです。よく頑張ってくれました」

―インカレへ向けて。
「チームとしてまとまりを見せるってことが1番。下級生は頑張っているから、評価はするべき。上級生が出ていないのが不甲斐ないですよね。本来ならば上級生が下級生を押し上げていかないといけないのに。まずはそういう環境作りをしていかないと。そうしないと、チームとして勢いが出てこないんじゃないかなと思うし。インカレは短期決戦だから、絶対に勢いは必要になってくると思うし。自分としては、点を取りながらアシストふやしていって、リバウンドに絡んでっていう、オールラウンドに活躍できるように。そうしていかないと、チームとして苦しいなってリーグ中に思ったから、そこはもう少し自分の中で考えていかないと。あとは自分の中で熱くなるときがあって。そのときは自分で得点を取らないととか、流れを変えないとって思って空回りすることが多くなるので、そこは自分の中でもう1回整理をつけて、どういう風にやっていったらいいのかを考えていきたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:58  |  2007リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |