2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2016.06.11 (Sat)

【2016新人戦】6/11レポート

行き詰まる熱戦を制して
決勝進出を決めたのは中央大と青山学院大


 関東大学新人戦・本戦はいよいよ残り2試合を残すのみとなった。ベスト4に残ったチームのうち、中央大と日本体育大は長らく決勝からは遠ざかっている。さらに筑波大以外は昨年とは異なった顔ぶれとなり、どこが勝ち上がるのかが楽しみな面もあった。そうした中でも準決勝は2試合とも激しい攻防が見られたが、攻撃力が勝った中央大、そして青山学院大が3連覇を目指す筑波大を下し、決勝進出を決めた。

 順位決定戦は大東文化大、早稲田大がそれぞれ勝ち上がり、5位決定戦に臨む。


◆5―8順位決定戦

【大東文化大がリードを手放さず5位決定戦へ】
160611_daitosensyu2.jpg 順位決定戦、専修大大東文化大の第1試合は、大東大が専修大にリードを保って終始試合を進めた。注目のマッチアップは専修大#30アブ(1年・C・アレセイア湘南)と大東大#15モッチ(1年・C・桜丘)。だがここは相殺となり、優位性を出すことはできない。1Qは15-19とさほど差がつかなかったが、2Qに入り大東大が流れを掴んで突き放し、前半は33-46と13点リードで終了。

 3Q、開始1分で#15モッチが3ファウル目を吹かれベンチへ。大東大はファウルが続くが、#90小川の3Pが2本続き、さらに#91ビリシベの3Pも入り、リードは守る。しかし開始4分半で#91ビリシベも3ファウルとなり、楽な状態とは言えない。3Pの決めあい、#30アブのブロックなど互いに攻守の見せ場を作りながらのQの最後、#34森實が1対1から見事なレイアップを決めてチームを沸かせるが、大東大も#91ビリシベのアウトサイドが決まってブザー。58-64で大東大リードで3Q終了。

 4Q、ここで大東大は#15モッチも復帰。インサイドは互いに相殺となるが大東大にミスが続き、専修大が追い上げる。しかし2点差まで迫ったところで大東大は#12熊谷、#90小川のシュートが決まり、#30アブと#15モッチのマッチアップではアブのファンブル判定に。専修大はタイムアウトで修正し、その後#8幸崎の3P、#34森實のレイアップもあるが、ファウルも続いてしまう。3点差から詰め寄りきれないままゲームは残り3分へ。大東大は#15モッチ、#91ビリシべがファウル4と苦しくなるが専修大もディフェンスに阻まれうまくシュートにつながらない。残り1分半、#90小川のミドルシュートが決まった大東大が7点のリードに成功。専修大はタイムアウトで流れを止めて最後の挽回にかけるが、点差は詰まらず。69-81で大東大が5位決定戦に勝ち上がりを決めた。

写真:専修大・アブと大東大・モッチのやり合いが続いた。

※大東文化大・ビリシべ選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【早稲田大が差をつけて拓殖大を下す】
160612yamanashi.jpg 順位決定戦第2試合、準々決勝では惜しくも1点を争うゲームで惜敗した拓殖大早稲田大が対戦。立ち上がりから流れを掴んだのは早稲田大。拓殖大は積極的に外を打っていき、オフェンスリバウンドも何度も得る形になるが、決めきれない場面が続いた。立ち上がりはそれでも#24荒川(1年・G・洛南)、#18多田(1年・F・八王子)のシュートでリードするが、開始2分で早稲田大は#27濱田(2年・F)のバスケットカウント、#13長谷川(2年・G)のフリースローで加点し、#27濱田の3Pも入るとここから加速。拓殖大はベンチメンバーをコートに出すが、流れは変わらず。早稲田大はディフェンスでは高さを生かして拓殖大のシュートを何度も阻み、#15森定(2年・G)の速攻、3Pのほか、#13長谷川のアシストも面白いように決まって1Qは6-20と大量リードを得た。

 2Q、拓殖大はスタメンに戻し、早稲田大はベンチメンバー中心に進めるが、互いに得点ができずにターンオーバーが続く。しかし#15熊澤(2年・SF)、#18多田が次々に得点。3点差にまで差を詰められてしまう。早稲田大はスタメンをコートに戻しながら対応するが、拓殖大の勢いはなかなか断ち切れない。しかし終盤、#39桑田(1年・F・洛南)のオフェンスリバウンド、#12中野(2年・F)のシュートで5点差にすると、最後は#14山梨(2年・PG)のターンオーバーから#13長谷川が持ち込み、#15森定に見事なアシストを出して25-30と5点リードで前半を終了。

 3Qに巻き返したい拓殖大。しかしやはりシュートの確率は悪い。だが早稲田大も入らない時間帯が続いた。流れがきたのは残り4分半。#13長谷川の3Pが決まると早稲田大に流れが来た。そこから立て続けに早稲田のゴールで点差は離れ、3Qは37-55。4Qは互いに点を取り合う形となるが拓殖大は差を縮めることはできず、61-80で早稲田大が勝利し、大東文化大との5位決定戦へと進んだ。

写真:拓殖大は山梨が奮闘を見せるが前半のビハインドを取り戻せず。

----------------------------------------

◆準決勝

【機動力を爆発させた中央大が17年ぶりの決勝進出】
160611_nakamura.jpg 中央大は17年ぶり、日本体育大は15年ぶりの決勝進出をかけた準決勝第一試合は、立ち上がりに持ち味を存分に発揮した中央大が逃げ切った。

 1Q、中央大は#70沼倉(1年・C・一関第一)が速攻、バスケットカウントと次々加点。他のメンバーも足がよく動く。対照的に日体大は3Pを打たされる格好になり、そのリバウンドから走られさらに失点を重ねてしまう。タイムアウトを挟んでも中央大の勢いを止められず、開始3分半にして2-18と大差がつく。日体大はここでメンバーを全員入れ替え、ようやく#3大浦(1年・SG・広陵)らのシュートが入り始める。だが中央大は#33三上(1年・SG・明成)がバスカンを含む3本を3Pと暴れ、19-37と圧倒的な数字を叩き出す。

 2Q、日体大は#32フェイ(2年・C)らスターティングメンバーをコートに戻し、3-2ゾーンを敷く。すると中央大はオフェンスが外に偏り、ぴたりと得点が止まってしまう。ただ日体大もこのチャンスにシュートを決めきれず、31-43と二桁差のまま折り返す。

160611_oura.jpg 3Q、日体大がゾーンを解除すると中央大はリバウンドに飛び込めるようになり、オフェンスのリズムを取り戻す。#28鶴巻(2年・SF)のリバウンドシュートや#33三上の3Pで38-57と点差を押し戻す。だが#70沼倉、#13中村(2年・SG)、#28鶴巻と相次いで3ファウル目を犯してしまい、44-62と点差こそあるものの止めは刺しきれないまま最終Qへ突入する。

 4Q立ち上がりは日体大#64井手(2年・PG)、#3大浦が3Pシュートやリバウンドシュートをねじ込めば、中央大も#33三上が3P、#2大崎(1年・PF・北陸)がリバウンドシュートを決め返し両者譲らない。そこから日体大#32フェイがテイクファウル、#54津田(1年・C・城東)がジャンプシュートと高さを活かし、残り3分半60-71と迫る。中央大はタイムアウトに追い込まれるが、直後に#33三上がこの日7本目の3Pを沈めて突き放し、勝負を決定づけた。日体大はファウルゲームを仕掛けるもうまくいかず、65-78でタイムアップとなった。

写真上:中央大・中村は運動能力の高さを活かして攻守に絡む。
写真下:身体を張ったプレーでダブルダブルを達成した日体大・大浦。

※中央大・鶴巻選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【シーソーゲームを制した青山学院大が3年ぶりに決勝の舞台へ】
160612aogaku.jpg 激戦の左ブロックを勝ち上がり、準決勝で激突したのは筑波大青山学院大。高さがあり、ディフェンスもしっかりしたチームは終始見応えのある締まった試合となった。

 立ち上がりを制したのは青学大。ここまでルーキーながらエースの風格十分とも言える活躍を見せてきた#0納見(1年・PG・明成)が開始早々外角を2本決め#15石井(2年・PG)のリバウンドから#10高橋(2年・C)の速攻につなげる。さらに#10高橋がブロック、ダンクを披露して開始3分で0-11とリード。筑波大は#14波多(2年・SF)がドライブからのバスケットカウントでようやく初得点するが、その後も青学大のディフェンスの前にオフェンスは好転せず。しかし残り3分に入ると筑波大がリバウンドを抑え、シュートのセカンドチャンスもものにしていき#88牧(1年・PF・福大大濠)のシュートで追いつく流れになる。だが1Qは17-19と青学大が2点リードを守って終了。

 2Q頭、青学大はまたも#0納見の3Pが決まり先手を取る。筑波大はフリースローを得ていくもこの確率が悪く、#7青木(2年・SF)の3Pなどで接戦に持ち込んでいく。青学大はディフェンスで守られている#0納見にボールが渡らず、#32前田(2年・SF)のアウトサイドも決まらずに得点がストップ。#4戸田晃輔(2年・F)のドライブも止められた。筑波大はこの間に#7青木のシュートで逆転。これに#88牧が続いて3点のリードに。しかしタイムアウトで修正後、青学大はなかなか当たらなかった#32前田の3Pが遂に決まると、逆転。筑波大は#7青木の3P、オフェンスリバウンドからのシュートで同点にすると、#11増田のバスケットカウントで再逆転。しかし再び青学大がひっくり返し、35-36と青学大1点リードで前半終了。

160612maki.jpg 3Qも僅差で試合は進んだ。やや有利なのは青学大。#0納見の得点はストップするが、それ以外のところで粘り、インサイドは流れが悪そうになれば#10高橋と#7ナナー(1年・CF・横須賀学院)で交代しつつわけあっていく。一方の筑波大は#88牧、#7青木の奮闘は光るが、インサイドで絶妙の働きをする#11増田にファウルが溜まり始めていく。3Qは接戦ながらも青学大がひっくり返されることなくリードを守り、46-49。

 4Q、青学大は#35伊森(1年・F・広島皆実)の3Pで勢いをつけると、#15石井が切れ込んでのアシスト、#32前田のシュートも続く。開始3分、廣瀬HCが「ようやく決まった」と言う合わせを、#31戸田貫太(2年・F)からのパスで#7ナナーが決めて遂に10点のリードに成功。さらに#0納見、#32前田の3Pが連続し、流れは切らさず。筑波大は#7青木以外の得点が止まり、残り3分間は無得点に。青学大は終盤フリースローで稼いで最後は57-72。行き詰まる熱戦を制して決勝の舞台へと名乗りを上げた。

「前半はオフェンスリバウンドをかなり取られてイニシアチブを握れなかったので、後半はそこからのブレイクだと言っていた。それができた」と青学大の廣瀬HC。リバウンド総数では筑波大が上だが、今大会で伸びているという高橋、そして戸田晃輔のリバウンドでの働きが大きかったとほめた。

 筑波大は準々決勝ほどインサイドプレーが決まらず。青木が得点をリードしたが、波多のところで伸びなかった。

写真上:物怖じしないルーキーの納見はもちろん、2年生たちがそれぞれの役目を全うしてチームとしての形が見えてきた青学大。
写真下:筑波大は牧がオフェンスはもちろん、納見へのディフェンスでも粘りを見せた。

※青山学院大・高橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「自信を持って身体を張りたい」
バランスのよいプレーで土台を支える

◆#91ビリシベ実会(大東文化大・2年・PF)
160611_birishibe.jpg部員数が多い大東大において、4・5番ポジションもそれぞれ個性ある選手がひしめく。その中でビリシベはウェイトアップし、シュートレンジを広げ、と成長を見せている。率先して声を出したりリバウンドに飛びついていくなど、責任感も強い。心技体のバランスがよいのが特徴と言える。そのバランスを保ったまま各パラメータを伸ばしていけば、秋のリーグではさらにチームに欠かせない選手になっているだろう。


―準々決勝の青学大戦から、どう気持ちを切り替えて臨みましたか?
「昨日は競った末に逆転負けしてしまって、やはり落ち込むところもあったのですが、昨日のミーティングで『最後まで頑張ろう』とみんなで話し合ったうえで、今日の順位決定戦に臨みました」

―前半はモッチ(#15)が不在の時間もありましたが、ビリシベ選手を始め2年生がチームを支えましたね。
「僕ができるのはリバウンドだと思ったので、相手の留学生(専修大#30アブ)がどれだけリバウンドが強くとも、負けずに身体を張っていこうと。ブレイクにつなげられればみんながシュートを決めてくれるので、それをやろうと心がけていました」

―今日はリードを守りきれた要因は何だったと思いますか。
「途中、ミスも何度かあったものの、終盤の決めたいところできっちりシュートを決められたので、逆転まではされずに済んだと思います。相手のバックコートプレスも、航(#12熊谷)たちガード陣にとってはプレッシャーがきつかったと思いますが、ターンオーバーもほとんどせずに、周りを見ながら強く運んでくれたので、僕らはたまに下から助けに行くくらいでした」

―信頼して任せたんですね。さて、ビリシベ選手は2年生になって、特にこの新人戦ではメインでプレーしていますが、いかがですか?
「去年は先輩についていこう、というか……ミスしてチームに迷惑をかけないように、といった気持ちでした。僕がミスしたりだめだったとき、高校の先輩でもある毕さんに声を掛けてもらいながらやっていたのですが、今年は自分が先輩になったので。後輩がコートに出てきたら声を掛けたり、相手にやられてしまった直後やディフェンス時に切り替えの声を出すようにしています」

―体格も大きくなったのではないでしょうか。
「新人戦チームの練習期間、みんなで朝練でウェイトをやりました。それぞれ体重も増え、当たりも強くなったと思います。昨日対戦した青学なんかは当たりが強かったですが、結果は負けてはしまったものの体格の時点で完全に負けたというわけではなかったと感じています」

―また、中だけでなく外も、とプレーの幅も広がっているように見えます。
「はい、3Pシュートを練習しています。高校のときはまったく打たず、大学に入ってからも自主練でたまに打つくらいでしたが、最近は試合でも少しずつ打つようになりました。たまに決められたらいいな、という気持ちです」

―残り1試合、リーグも見据えて、どのように締め括りたいですか。
「今日のように留学生がいるチームに対してもインサイドのアドバンテージは取れていたと思うので、そこは自信を持って、インサイドで身体を張っていきたい。モッチとは高校の県大会でよく対戦していて、うちに来ることになってからいちばん色々とコミュニケーションを取ってきました。4・5番の僕らの動きの合わせについても話し合っています。あいつは結構自己主張が強いですが(苦笑)、うまく合わせて対応しています。モッチと自分がしっかりリバウンドを取れば、シュートは周りが決めてくれると信じています」

----------------------------------------

「去年とは自覚が違う」
プレーと声とで下級生を引っ張る存在

◆#28鶴巻啓太(中央大・2年・SF)
160611_turumaki.jpgルーキーシーズンからコートに立ち、高いシュート力でチームに貢献した。今年はそれに加えて泥臭い部分も意識して、1年生に気持ち良くプレーさせるよう心がけているという。全体チームと違ってビッグセンターがいない分、鶴巻がいかにリバウンドに絡めるか、そこから走れるかで、中央大らしさを出せるかどうかが決まると言っても過言ではない。

―17年ぶりの決勝進出となりました。予感はありましたか?
「自分たちなら頑張ればいけるかな、と思っていましたが、実現できて素直に嬉しいです」

―この準決勝はどのようなゲームプランで臨んだのでしょうか。
「相手の方がサイズが大きい分、自分たちは平面で、できるだけ速い攻めを意識して、リバウンドを取ったらすぐ走るようなプレーを心掛けました。とはいえ1Q立ち上がりは自分たちとしてもちょっとうまく行き過ぎたくらいでした」

―2Qに入って得点が止まる時間帯がありましたが、どう対応しましたか。
「外からシュートを打っていって入らなかったときに、もう一回中にボールを集めて、それから外に出そうと。三上(#33)を始めシューターが揃っているので、最終的にはいい形で外から打てるようにしつつ、それでも入らなければディフェンスを粘り強くやっていこうという話でした。結果として2Qはあまりシュートが入りませんでしたが、ディフェンスがしっかりできていたので焦りはなかったです」

―とくに飛び込みリバウンドが印象的でした。
「自分たちは小さいですが、それでもリバウンドを取らないと勝つのは難しいと思っていたので、どんどん飛び込んでいきましたね」

―鶴巻選手はトーナメントでケガがありましたが、新人チームではどのくらい練習できたのでしょうか?
「トーナメントの後は、1ヵ月くらい休みました。何とか間に合わせた感じです。ヘッドコーチはそんなケガで全然練習できなかった自分を使ってくれているので、その分も頑張らなければという気持ちです。練習に参加していないときもずっと外から声を掛け続けて、メンバーとコミュニケーションを取るようにはしていました」

―2年生として迎える新人戦はやはり去年とは違いますか。
「はい、去年1回経験させてもらったのもあり、1年生のときは2年生に頼ってばかりでしたが今年は最上級生なので自覚がだいぶ違います」

―それは「エースの自覚」でしょうか。
「そこまではまだ意識していないですが……2年生全体で声を出していって頑張りたいなと。1年生はシューターだったり、泥くさいプレーをしてくれる選手が多く、それをどれだけついてこさせるかが自分たち2年生の課題でした。ここまで来られたのでもう1試合、やりきりたいです」

―ベンチも含めてチームの雰囲気が明るいのは2年生が引っ張っているからなんですね。
「もともと中大は明るく元気にという感じのチームなんです。ベンチがしっかり盛り上げてくれて、コートの中にいてもだいぶ助かっています。決勝でも暴れてほしいですね」

―さて、明日は大学の大会では初の決勝の舞台となります。
「うーん、決勝戦だからといって気負うこともなく、自分たちらしさを出していけばいいと思っています」

―準決勝立ち上がりのような「らしさ」を出しつつ、苦しい時間帯に鶴巻選手が活躍できるかが鍵なのではないでしょうか。
「頑張りたいとは思っていますが、それは得点を取りに行くということだけでなく、リバウンドやディフェンスなどの泥臭いところをしっかりやっていきたいと考えています。去年はどちらかと言えばシュート重視でしたが、今年は三上というシューターがいるので、シュートも打ちつつ、リバウンドにもしっかり絡んでいく。また、三上を空けるためにドライブを仕掛けて、ディフェンスが寄ったらさばいたり、といったプレーを意識して臨みます」

----------------------------------------

「リバウンドを取って相手の得点を抑えられた」
自らに与えられた仕事を果たしながら着実に成長

◆#10高橋浩平(青山学院大・2年・C)
160612takahashi.jpg廣瀬HCが「この大会で試合を経るごとに伸びている」、という存在感で欠かせない選手になっている。準々決勝ではファウルトラブルに苦しみながらも相手の専修大のアブを抑え、この準決勝でもリバウンド、得点面で大事な部分を担った。関東の大学界は留学生だけに限らず、全体的にビッグマンが増え、大きさだけでは通用しない環境になっている。伸び盛りのセンターがここからどこまで成長するかも、勝利を左右する大きなポイントだ。


―試合を振り返って。
「昨日の準々決勝、大東大戦に勝てて、それが青学にとって大一番だと捉えていました。去年は勝ったあとにポロッと負けてしまった経験があって、それを気にしていたんですけど、今回は2年生を中心に粘って勝てたので、それが良かったと思いました」

―大東大戦はナナー選手とふたりでファウルトラブルもありましたね。
「そうですね。外国人にやられて苦しいところもあったんですけど、その半面ふたりで外国人ひとりを倒すというか、体力を削るとか飛ばせないという風にプレーできていたので、ファウルはしましたがそこは良かったと思います」

―今日は逆にファウルはせずにリバウンドに絡めたのでは。
「筑波もリバウンドは強かったんですが、余計なファウルはせずにリバウンド争いをしていきました。前半は結構やられてたんですが、後半は絡んでいけました」

―1Qはいい形でリードできましたが、予想の展開でしたか?
「いや、筑波はシュートが落ちてもそのリバウンドを取ってセカンドチャンスでどんどん得点を取るチームなので、それをやらせないようにと思っていました。最初の方は自分たちがリバウンドをちゃんと取って相手の得点を抑えられたのは良かったです」

―追いつかれたのも想定内ですか?
「追いつかれたときは相手の流れだったんですけど、そこでもタイムアウトで我慢しろ、リバウンドだけだという指示もありました。予想はしてなかったですけど、修正はできました」

―納見選手(#0)が得点を取っているのが目立ちはしますが、2年生がよく集中しているのが目立ちますね。
「練習のときから2年は気合が入っていて、悟(#32前田)とか、石井(#15)がプレーでちゃんと引っ張ってくれていて、そこに1年生も強い感じでできて良かったですね」

―決勝は初めてですね。今度は逆にスピードのある小さな中央大ですが。
「シュートが入る選手ばかりなので、いかにディフェンスで粘って、落としたものをリバウンドで取れるかが大事です。好きに3Pを打たれないことも重要ですが、リバウンドではこちらが絶対に勝てると思うので、そこを自分はリバウンドを頑張りたいです」

―昨年は1年生でまだまだ慣れていない様子も見えましたが、この1年での成長ぶりが感じられます。李相伯杯の合宿や試合も実になっているのでは?
「去年の今頃に比べたらマシですね。新人戦の練習になって1年の弾(#7ナナー)とふたりで廣瀬さんに結構しごかれて、それで少しは強くなったのはあると思います。李相伯は向こう(韓国)のほうがもっともっと大きいですが、ああいうサイズや試合を経験できたのは大きいです」

―自分の課題は今どのようなところですか?
「今日はいいパスが来たけどブロックされてしまいました。フェイクやドリブルをついてやるというのをやっていればもっと点を取れると思ったので、そこは明日はできればと思います」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2016新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |