2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2016.05.29 (Sun)

【2016トーナメント】5/8 5位決定戦 専修大VS中央大

我慢を重ねた専修大が逆転の5位
中央大は可能性を見せるも4Qに力尽きる


160508mikami.jpg 5位決定戦、中央大は前日の5~8位決定戦で負傷した#28鶴巻(2年・SF)に代わってルーキーの#33三上がスタートに名を連ねた。1Q、機動力を生かして専修大のインサイド陣を囲み、サイズの差を感じさせないディフェンスを展開。攻めては#15八木橋(4年・PG)から#7森(4年・CF)への合わせや#33三上、#6柿内(3年・PG)の3Pシュートで優位を得る。一方の専修大はクリアに決めきれない中、#7國分(4年・SF)の身体を張ったプレーで25-16とつなぐ。

 2Qも中央大が#2大崎の3Pや#99浅見(3年・PF)の合わせなど小気味よく加点していくのに対して、専修大は#6渡辺(4年・G)にボールを集めるもなかなかリズムをつくれない。リバウンドも中央大が確保する。専修大はディフェンスから仕切り直そうとするが、中央大#33三上に体勢を崩しながらも決められ、残り6分半37-24でタイムアウトを請求。この後は両者小さなミスが続き、44-31で前半を終える。

 3Q、中央大は引き続き専修大にブロックショットの隙を与えず得点を積み上げる。専修大はオフェンスリバウンドからチャンスを広げてじりじりと追撃。ラストプレイは中央大にうまくファールを使われたものの、60-54まで迫る。

160508osawa.jpg 4Q、専修大・佐々木監督が「テンポを上げていこう」と声を掛ける。それに応えるように中央大のターンオーバーを#6渡辺の速攻につなげ、開始2分で62-62と振り出しに戻す。中央大#7森、専修大#7國分の4年生が意地を見せ合い、一進一退となる。専修大は#30アブ(1年・PF・アレセイア湘南)がブロックショットやダンクで続けば、中央大は#6柿内、#33三上の3連続3Pでさらに上回り、残り3分75-70と突き放す。だがタイムアウトあけ、専修大はリバウンドで粘った末に#7國分が1on1をねじ込む。中央大#33三上が3ショットのフリースローのうち1本成功に留まるうちに専修大はインサイドを攻め、残り1分76-76と同点に。さらに#7國分が再び1on1を決め逆転に成功する。中央大は#6柿内の3Pに託すがやや遠く、ボールは専修大へ。#6渡辺が24秒ぎりぎりまで使い、シュートは決め切れなかったものの#30アブがリバウンドを奪取。中央大はすかさずファウルゲームに行くが、#30アブはフリースローをきっちり2投決め、土壇場で強みを生かした専修大が76-80で5位となった。

 専修大はトーナメントにおいて負けたのは1試合のみとなった。その「1回の敗戦」の大きさが刻まれたことを、佐々木監督は前向きに捉えている。下級生たちが新人戦で実戦経験を積み、#65佐々木(3年・PF)が戻ればさらに多彩なバスケットを展開できそうだ。

 中央大は1部でのプレー経験のある代が最高学年を迎えた。1部昇格を狙える戦力は揃っているだけに、今日のような試合を勝ちきる力をつけたい。

写真上:中央大・三上はルーキーながら3P王を獲得する活躍ぶりを見せた。
写真下:成長が期待される専修大・大澤。

※専修大・佐々木監督、國分選手、中央大・荻野コーチ、八木橋選手、森選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW・COMMENT】

専修大・佐々木 優一監督
(試合を振り返って)前半の入り方がかなり重かったですね。昨日の青学戦はタイトなゲームをものにできた、連敗を避けられたといった点でやるべきことができたゲームだったので、それで満足して気がゆるんだゲームにならないようにと試合前にも話したのですが、やはり何人かに少し気持ちのゆるみが出て、自分たちのプレーができていなかったです。ただ後半の、苦しいビハインドの場面で、いつもであれば外から簡単に打つギャンブル的なバスケットになってしまうところを、我慢してパッシングから全員が動いてオフェンスしていくバスケットができたので、その部分に関しては収穫のあったゲームでした。ディフェンスでも当たっていた相手の三上くん(中央大#33)を離さないことに集中しました。それでもシュートを決めてきたのは相手がすごかった。かといってうちの選手たちがやらなければならないことを見失うというのが今回なかったので、結果勝ちにつながったと思います。

(中央大は早稲田大のようにガードに力があったが、早稲田戦の反省をどう生かしたか)早稲田戦では2メンピックのところで簡単にスイッチして合わせをやられたところがあったので、今日は自分がついているマークマンに責任を持ってタイトなディフェンスを続けていこうと話しました。3Pを決められたは決められましたが、受身にならず、早稲田戦には出なかったディフェンスのタフさが出たので、それはよかったかなと感じます。

(リーグに向けての課題は)リバウンドが竜之佑(#6渡辺)とフィリップ(#30アブ)に頼り過ぎていて、そのこぼれ球を相手に拾われたりといった部分があるので、そこは課題です。ディフェンスとリバウンドをさらに強化していかないと、リーグで上を狙うのは難しい。取りこぼしていたらリーグ戦では優勝できないのです。この大会で、ビハインドの場面で何をすれば勝てるか、逆にどういうプレーをしたら厳しい状況になるかを選手自身が何となく理解できたと思うので、リーグまでの期間は決して長くないですが、1回1回をとにかく100%で、実のある練習を続けて、完成度を高めていければと思っています」

----------------------------------------

「コートでもベンチでも引っ張る」
満を辞して覚醒するリーダー

◆#7國分大輔(専修大・4年・SF)
160508kokubu.jpg愛知・名古屋大谷高時代は高レベルな県代表争いで揉まれ、専修大でも下級生のときからシュート力を買われてきた。上級生となった昨シーズンはスタートに名を連ね、飛躍が期待されたところでケガによるリーグ欠場も味わった。今年はプレーの幅をさらに広げるべく、身体を一回り大きくして臨む。1年時からスタートを務めた渡辺やルーキーのアブに注目が集まりがちだが、この國分がいかに真価を発揮するかで、専修大の最大値も変わってくるだろう。


―試合を振り返って。
「出だしはよくなかったのですが、5位を取れるよう後半気持ちを入れ直しました。前半は皆足が止まってしまって1on1しかなかったのが、後半はボールを止めずにできた。ディフェンスは絶対打たせないよう最後までチェックに出ろということで、気合でつきました」

―前半はファウルが続いてしまったのもありベンチにいる時間も短くありませんでしたが、そのときはどんなことを考えていたのですか?
「自分は結構負けず嫌いなので、正直イライラした部分もありました。でも後半が勝負だと、切り替えてゲームを見ていました」

―確かに後半の勝負どころではインサイドに切れ込んで点を決めましたね。それができるだけの体つきになったような…?
「去年まで75kgくらいだったのを、今は84kgまで増やしました。それによってプレーの幅も広がったかなと感じています。やったほうがいいと思って自主的にウェイトをやって、プロテインなんかもしっかり摂って、とオフシーズンに集中してゴリゴリやりました。成果は出てきていると思います」

―チームとしては今大会を通してどんな収穫、課題が得られましたか?
「(準々決勝の)早稲田戦は勝てると思っていたものの負けてしまい、絶対に勝てるという保証はない、チーム一丸となって勝つまで頑張らなければならないと改めて学びました。早稲田戦のような1敗をしないでリーグ優勝するために、オフェンスもディフェンスもチームで1からしっかり見直していきたいと思います」

―見直す中では、先の話にも出た「気持ち」がキーになるのでしょうか。
「早稲田戦では気持ちを入れてグイっと来られたとき、自分たちはちょっと引いてしまったかなと。でも、今日の後半のようなプレーをすればどこのチームにも勝てるはず。筑波や東海も倒したいので、皆でまず練習から変えていきたいです。最近は練習でもいい意味でのぶつかり合いというか、『何だお前』みたいな場面もあるんですよ。自分も普段はそんなに怒ったりしないですが、コートに入るとガッと言います」

―最上級生として、他にどんなことを心がけたいですか?
「去年までは田代さんが引っ張ってくれたのですが、今年は最上級生のうち竜之佑(#6渡辺)と僕が試合に出ているので、リーダーとしてチームを引っ張っていきたいという思いがあります。(去年から後輩に声を掛ける姿が見られた)言うの得意なほうなので、よく声を出して士気を高めているつもりです。コートで活躍するのが一番ですが、ベンチに下がっているときチームの雰囲気を上げていくのも自分の役割だと思うので、プレー面で引っ張るのはもちろん、ベンチも引っ張っていきたいです」

----------------------------------------

中央大・荻野大祐ヘッドコーチ

(試合を振り返って)うちはただでさえ小さいチームで、いちばんリバウンドを取る鶴巻(#28)を休ませた状態なのに対して、相手は1部の中でも大きいシフトということで、どれだけリバウンドで身体を張れるかをテーマに試合に入りました。前半は自分たちのやろうとしていることができたと思いますが、少ない人数でローテーションを回していたのもあり、後半はガス欠気味になって球際やリバウンドで頑張りきれなかったかなというのが今日の印象です。

(トーナメント前には、どのような準備を?)学生スポーツなので、一生懸命泥臭くやる。それをベースにしないと小さいチームは勝てないぞということで、『相手に・ボールに・ゴールに向かっていく』という3つをキーワードに挙げています。オフェンスでは平面をうまく使う、攻撃の回数を多くする、速い展開から流れの中でシュートを打つというのをチームとして取り組んできました。具体的にはまずドリブルを減らす。ゴールに対して2つ以上ドリブルしないでアタックしよう、ボールを保持するためのドリブルは一切するなと伝えています。また、ボールマン以外はボールを見ている状態にならないように必ずボールの動きに連動しようと取り組んできました。ただ、オフェンスで打開するというよりは、ディフェンスで耐え忍ぶのを強調しています。

(手応えは)やってきたことのうちどれが通用するかというのはだいぶはっきりしてきたので、チームが進むべき方向は見えた大会だったかなと思います。去年よりもディフェンスに対する意識が高まり、苦しい時間、うまくいかない時間を個の力で何とかしようとするのではなく、チーム全員でひとつのボールを守るとか、ひとつのシュートチャンスをつくっていく、そういう姿勢はだいぶ形になってきたのかなという気がします。課題となるのは、シュートが入らないとき、オフェンスがうまくいかないときそれを引きずらずポジティブにディフェンスに取り組めるか。オフェンスの終わり方とディフェンスの入り方のところだと感じています。

(後半の出だしが課題、どう改善していきますか?)確かに今日も後半開始3分をまず頑張ろうと入り、その3分はよかったのですが、そこから失速してしまいました。後半の運動量が落ち、ディフェンスが下がり気味になってしまうところは直したいですね。要因は色々あります。春はマンツーマンだけで臨んだので、今後はゾーンも混ぜたり、選手の変え方、組み合わせ、タイムアウトといった僕のベンチワークも含めて勉強中です。

(悪いパターンをどう抜け出すか、また期待を寄せる選手は)それぞれのポジションに核となる選手をつくりたいというのはやはりあります。森(#7)にしても八木橋(#15)にしても彼らが唯一1部を知っている代で、彼らとともにこの3年間がありました。負けた瞬間も勝った瞬間もずっとプレーしてきた彼らが、最後の年にどういうものをチームに見せられるかがひとつキーになるでしょう。彼らには『背中を見せろ』と伝えています。その次としては鶴巻(#28)に軸になってもらうべく、彼の意識に働きかけています。ワンマンチームで好き放題やるのではなく、チームの中で自分をどう生かすのか、回りをどう生かすのかを勉強してくれと。そして新しく入ってきた1年生の中には三上(#33)のような特殊能力を持った選手もいるので、それらをチームの中でどう融合させながら秋に勝ちきれるよう持っていくか。もう1つ、2つステップアップが必要だと感じています」

----------------------------------------

「今年のチームは“徹底”がテーマ」
ディフェンスチームとしての集中も鍵に

◆#15八木橋 直矢(中央大・4年・主将・PG)
160508yagihashi.jpg安定感のあるゲームメイクが特徴で、1年の途中からスタメンガードとしてこれまで活躍してきた。今年は主将であり、4年として集大成の年。実力のあるメンバーを上手く活かし、緩んだチームの雰囲気を締めるようなポイントガードになりたいと話す。今大会は6位と昨年の結果を上回ったが、ディフェンスやリバウンドなど課題は多く、リーグ戦までにどれだけ徹底して突き詰めていけるかがポイントとなりそうだ。


-専修大戦を振り返って。
「途中まで自分たちの良い流れでプレーできていたんですけど、後半になってから相手にリバウンドを取られ過ぎて、最後はやられてしまいました」

-他の試合も見ていて、前半は良い流れがあるのに後半になってそれが崩れてしまうというのが多い印象です。
「東海大の時もそうだったんですけど、前半は自分たちのペースでやって、後半は失速してしまいました。これはやっぱり相手の方が実力があったっていうのと、自分たちがちょっと勢い任せなところがあるからかなと思いますね。なかなか自分たちのペースを最後まで保てないですね。難しいです」

-6位という結果になりましたが。
「青学に勝って去年もベスト8に入っているんですけど、結局その秋のリーグ戦の結果はあまり良くはなかったんですよね。今大会は今大会で良いのかもしれないですけど、リーグ戦は分からないので、そこまでこの結果は気にしていないです。結局はリーグ戦だと思っています。今大会に関しては1試合1試合勝つという意識は持ってやっていたので、そのまま結果が出たのかなと思います」

-新チームになり、キャプテンとしてどんなことを意識しながらやっていますか。
「よく周りを見るというのを意識していますね。うちのチームはみんな個の力はあると思っているので、それをどう活かすかを常に考えながらやっています」

-今年のチームの方針は。
「今年のチームは“徹底”がテーマです。どんなことも徹底してやっていけるチームを目指しています」

-そのテーマは今のところどうですか。徹底できていますか。
「そうですね、去年よりかはできている部分っていうのはありますが、まだまだですね」

-三上選手(#33)はすでに試合に絡んでいますが、1年生たちはどうですか。
「三上はめちゃくちゃすごいですね。今は思いっきりやってほしいと思っています。他にも大崎(#2)、足立(#22)、林(#11)など能力のある選手がたくさんいるので、新人戦でいい結果を残して、リーグ戦でメンバーに絡んでほしいです」

-リーグ戦に向けて高めていきたい点、教えてください。
「ガードもセンターもインサイドで得点が取れるようになることと、ディフェンスをもう一段階良くしていきたいです。僕らはディフェンスのチームなので、特にディフェンスを高めていきたいですね。個人的にはチームとして後半が弱いので、そこを締められるようなポイントガードになりたいです」

----------------------------------------

「後輩に1部を経験させてあげたい」
1部を知る唯一の代となったからこその強い想い

◆#7森 知史(中央大・4年・CF)
160508mori.jpg下級生時からチームの主力として活躍。4年生となった今季は、シューターを活かすための泥臭い部分やリバウンドなど見えない部分でのプレーで奮闘し、2部校で唯一のベスト8入りに貢献した。中央大が2部降格したのが3年前。1部でプレー経験がある代は森たち4年生だけとなり、最後の年に掛ける想いは強い。1部を知っているからこそ、頼もしい後輩たちがたくさんいるからこそ、強く願うのは、来季1部の座だ。


―今日の試合を振り返って。
「相手は1部で、僕たちは2部のチーム。サイズ差もあるけどそれに負けないで、自分たちはディフェンスからしっかりとやることをやって立ち向かっていこう、と言っていました。その部分では4Qの最後までできていたので、とても収穫のある試合だったと思います」
―関東トーナメントを通しては?
「今までやってきたことはあまり間違いじゃなかったんだな、と改めて自信になった部分はありますが、全部の試合で3Qに集中力がもたなくなったり、前半でできていたことが後半にできなくなったりしました。40分間自分たちのディフェンスや相手が嫌がることを続ける、という課題も見つかったと思います」

―荻野HCも3Qについては課題だと言われていました。
「周りから見ても自滅しているんじゃないのかな、という風に思えると思っています。ただ一番の原因は攻め気がないというか、それでふわっとしたパスとかターンオーバーとか、僕も(5−8位決定戦の)明治戦でパスミスとかが出てしまいました。まずは…攻め気なんですかね。改善点が見つかったので、そこは秋のリーグも18試合戦わないといけないから、そういうところは直していきたいです」

―中央大としてはどういうバスケットをしていきたいですか?
「ひとつはディフェンスにしてもリバウンドにしても、何事も徹底することをスローガンにしています。ディフェンスから速攻とか、サイズがない分を運動量でカバーしないといけないと思っていて、それをチームのカラーとしてもっと出していかないといけない、と思っています」

―その中で、森選手自身の役割とは?
「周りにいいシューターがいるので、泥臭い部分や他の人を打たせるとか、チームの土台というか基本的なリバウンドとか見えない部分を頑張るようにしています。あとやっぱり4年生になったので、ここだ!という時にもっと攻めたりだとか、今日はあまりできませんでしたが、その自覚をもつようになっています」

―それは4年目になってからの変化でしょうか。
「2年目からスタートで出してもらって、3年目から少しずつ考え始めていて、今年になって去年の4年生の気持ちもわかってきました。やっぱり4年生の存在ってデカいな、というのが2年生の時、日体大との試合とかで思ったんです。ルーズボールに飛び込んだりすることで、下級生が肌で感じることがあると思うので、そういう部分を自分は頑張るようにしています」

―荻野コーチが今の4年生は1部を知っている唯一の代だと。
「そうですね、最後ですね。今の2、3年生にはうまいのがいっぱいいるので。(1部に)上げてやりたい、という気持ちがあります。1部を知っている、知っていないではだいぶ経験としては大きな差だと自分は思うので。今年、1部昇格を目指して、後輩を1部でやらせてあげたい、という気持ちでやっています」

―頼もしい後輩がたくさんいますよね。
「はい。本当に爆発力だったらあまり他の大学には負けないんじゃないかって。だから、1部でやらせてあげたいです」

―1部を後輩たちに経験させたい、ということですが、1部の魅力というか良さみたいなものはありますか?
「やっぱり、やるなら頂点、というか、一番高いレベルでやりたいと思うんです。自分はそうだったので。うまいやつとできると自分は楽しいというかやりがいあるというか。高いレベルや強い奴とやった方が自分のためにもなるし、いい経験にもなります。だからこそ、後輩たちのために1部にあげてあげたいです。自分は楽しかったので。その時はボコボコに負けましたけど(笑)でも、そういう経験はあまりないと思うので。だから、逆に」

―最後に、リーグ戦に向けて一言お願いします。
「(ベスト8に残ったことによって)何試合かやった経験を無駄にしたくないですね。去年もベスト8に入りましたが、その経験がつながらなかったのが、正直悔しかったので。それが4年生に申し訳なくて、悔しかった。だから、ここから練習1日1日を大切にしてリーグ戦につなげて、必ず1部昇格できるように頑張ります」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:00  |  2016トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |