2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2016.04.17 (Sun)

第32回 京王電鉄杯10大学バスケットボール・チャリティマッチ結果

後半逆転した専修大が2004年以来の優勝
新シーズン好調なスタートを切る


160417dentetu1.jpg 第32回京王電鉄杯バスケットボール・チャリティマッチは最終日を迎え、各順位決定戦を始め、Aブロック1位の専修大(3勝1敗)とBブロック1位の青山学院大学(4勝0敗)が決勝を戦い、専修大が2004年以来の優勝を果たした。

 青山学院大は李相伯杯の合宿で外角の要である#24安藤(4年・F)と、インサイドで欠かせない#10高橋(2年・C)が不在。一方の専修大も#32野口(2年・C)を同じく合宿で欠いたが、こちらは#30アブ(1年・PF・アレセイア湘南)がそれを埋める存在としてゴール下にたちはだかる。青山学院大学は#7ナナー(1年・CF・横須賀学院)で対抗するが互いに決め手の出せない前半はあまり差のないロースコアゲームになった。

160417dentetu3.jpg 後半3Qは#3大崎(4年)の3Pも決まった青山学院大学がリードして進むが、専修大もインサイドで差を詰め、残り23秒から#11秋山(3年・PG)の3Pで48-47と逆転に成功して4Qに入ると、#6渡辺(4年・PF)が積極的にドライブで攻め込んではフリースローをもらい、また得意のリバウンドでも見せ場を作って残り約5分で10点近くのリードを奪った。そのままの勢いで専修大が逃げ切り勝利を収めた。

 終盤ゲームを引っ張った渡辺は最後は勝ちを意識して「攻めていった」模様。今年はインサイドにアブが加入し、ゴール下の強さが増した。エース田代が抜けたが、アブの加入で戦力はプラマイゼロというぐらいの頼もしさを感じているようだ。また、これまで高さがないもののリバウンドで非凡なものを見せてきた渡辺だが、アブにリバウンドを任せるのではなく、「自分も負けたくない。取りに行く」と、その部分については良い意味で刺激されている。リバウンドが取れればチームを勢いに乗せられる。頼もしいルーキーの加入で「ディフェンスとリバウンド」というチームの合言葉を昨年以上に実践していくことができるかどうかが、今年の鍵になりそうだ。

160417dentetu2.jpg 専修大が優勝したのは、中川兄弟として知られた中川和之、中川直之や波多野和也、長澤晃一らが在籍した2004年以来で、現在指導にあたる佐々木コーチが主将を務めた代でもある。この年は参加チームに慶應義塾大と早稲田大が新たに加わり、それまでの8チームから10チームで総当りを行うようになった年だ。プレシーズンゲームでもあり、京王電鉄杯は「勝敗をどうこう言う段階の試合ではない」(佐々木コーチ)としながらも、やはり勝ったことによって新チームの手応えは感じられたはず。今年は高さ、攻撃力ともにバランス良く戦力が揃い勢いに乗れば作年のような上位陣撃破の可能性も高い。「まずは新しく入ってきたメンバーも絡めて、オフェンスでうまくいくよう取り組んできました。いきなりディフェンスばかりやるのはうちの選手たちの性に合わないので。それにオフェンスの調子がよければ、そこからディフェンスも頑張れます。ただ、今日のような1・2位を争うゲームになればなるほど、ディフェンスの強さというのは絶対必要になってくる。今日のゲームで選手たちもそれを感じることができたと思うので、ここから2週間はディフェンスの細かい部分をしっかり詰めてトーナメントに入れればいいかなと思います」とコメント。乗せれば強いチームだが、「調子に乗らせすぎないように」意識していくというトーナメントが楽しみだ。

160417dentetu4.jpg

写真上:ナナー(左)とアブ(右)のゴール下の争い。
写真中:専修大は秋山の3Pで逆転に成功。
写真下:今年は最上級生としてもチームを引っ張る渡辺。


【結果】
優勝  専修大学   4勝1敗(Aブロック1位)
準優勝 青山学院大学 4勝1敗(Bブロック1位)
3位  慶應義塾大学 3勝2敗(Aブロック2位)
4位  法政大学   3勝2敗(Bブロック2位)
5位  拓殖大学   3勝2敗(Aブロック3位)
6位  早稲田大学  2勝3敗(Bブロック3位)
7位  日本大学   3勝2敗(Aブロック4位)
8位  中央大学   1勝4敗(Bブロック4位)
9位  明治大学   2勝3敗(Aブロック5位)
10位  東京大学   0勝5敗(Bブロック5位)

160417dentetu6.jpg


160417dentetu5.jpg
※全部で5試合のため、画像の勝敗数には一部誤りがあります。


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:58  |  その他の試合  |  Top↑
 | BLOGTOP |