FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.10.20 (Sat)

10/20 関東大学1部リーグ 最終週 日本大VS青山学院大 第1戦

日本大61(14-25,13-29,13-23,21-20)97青山学院大
1020aogaku.jpg日本大と青山学院大との優勝決定戦。青学大は勝った時点で優勝が決定となるこの試合、青学大が如何ともし難い実力の差を見せつけ、拍子抜けするほどの圧勝で2年振りのリーグ優勝を飾った。彼らにとって春の初戦負けという屈辱を喫した日からこの日に至るまでとても長いものであっただろう。わずか1敗だが、振り返れば危ない試合も少なくなかった。#1熊谷(4年・F)の戦線離脱というアクシデントもあった。そんな中勝ちとった優勝は価値あるものだろう。チャンピオンとしてようやく胸を張れる時が訪れたが、彼らはもう新たな目標を見据えている。

詳しいレポートは「続きを読む」へ。
※優勝インタビューは別途掲載します。


[続きを読む]

■GAME REPORT■
1020ueta.jpg優勝決定戦という試合の入りの難しさからか、お互いにミスと単発なシュートが目立つ。しかし青学大は徐々に修正を図る。日本大のシュートミスを速いトランジションから青学大#8荒尾(3年・C)がバスケットカウントを奪いエンジンをかけると、#10小林高晃(2年・SF)のアーリーオフェンスに、#23湊谷(1年・F・洛南)の3Pで開始5分で4-16とリードする。その間日本大は#23上江田(2年・F)、#4齋藤(4年・PG)が3Pを乱発し当然のことながらオフェンスにリズムは生まれない。なおも青学大は#15広瀬(4年・F)、#10小林高晃の速攻により、1Qで早くも最大17点差まで引き離していく。終盤、日本大は#18篠山(1年・PG・北陸)のドライブに、#23上江田の連続3Pでなんとか11点差まで詰めて終える。14-25の青学大リード。

20071021083216.jpg2Q,青学大は華麗なボール回しから#23湊谷が3Pを決める。対する日本大は#4齋藤、#23上江田の連続3Pで8点差まで詰めるが、そんな単発なオフェンスではあとが続くわけもなく、次々と外からシュートを落としていく。#18篠山ひとりがカットインを試みるも青学大の牙城はびくともしない。その間にも青学大は速い展開からこの日好調の#23湊谷の2本の3Pに、#15広瀬のドライブ、#0橋本(1年・PG・福大大濠)のブレイクで一気に突き放す。完全に主導権を握られた日本大は残り3分半にタイムアウトを取るも27-44の17点差。さらにタイムアウト明けも変化は見られず、逆に青学大にさらにブレイクを許してしまう。27-54という優勝決定戦ではあまり見られないダブルスコアで前半を折り返す。

3Q,もはや打つ手のない日本大は苦肉の策で#4齋藤、#9木村(4年・F)に代え#10香野(4年・PG)、#21種市(2年・F)を起用するも、元気だったのは最初だけ。#22栗田(2年・F)、#21種市が3Pを決めるも、その後に無得点の重い時間帯がのしかかる。対する青学大は相手のペースに合わせることなくどんどん点差を広げていく。3Qを終わってみれば40-77の37点差。この時点で勝負は火を見るより明らかとなった。その後青学大はベンチメンバーを全員出場させる余裕。気持ちの切れた日本大はその控えメンバーにも簡単に点を取られる醜態を見せる。そして青学大がそのまま日本大を寄せ付けることなく勝利を飾った。

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2007リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |