2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2015.11.28 (Sat)

【2015インカレ】11/28レポート(順位決定戦)

互いに譲らぬプライドで延長、再延長に突入
最後までわからなかった順位決定戦2試合


 準々決勝では前半に良いところをみせながらも敗退した4チームは、今年も準決勝とは別会場での順位決定戦にまわった。前日からの切り替えが試される舞台になるが、4チームともこれを払拭した様子。日体大を会場にした行われた2試合とも、延長戦にもつれる戦いが繰り広げられた。


【専修大がビハインドから追いつめるも近畿大が押し切る】
151128FUJITA.jpg 専修大は、今季これまでケガを抱えながらも戦ってきた#24田代が、ついにこの日は出場を見合わせた。大きな得点源を欠いた状態で、近畿大との対戦に臨んだ。

 最初のリズムは近畿大が手にした。#22ソウ(4年・C)が易々とゴール下を決めると、速攻で#11室垣(4年・PG)と#33藤田(4年・SF)が得点するパターンが出る。最大の得点源のいない専修大は#6渡辺(3年・PF)の奮闘が出るも、1Qは5点を追う展開で終了となった。2Qに入ると近畿大はベンチメンバーも起用。#9渡邊(4年・F)がこれに応えて得点を重ねるが、次第にバイオレーションも出るようになり、点差拡大とはならず。専修大はシュート率を上げられずにいたが、#65佐々木(3年・PF)がゴール下の奮闘でスコアを動かし、近畿大を追走。最後に#69中西(3年・PF)の連続得点を許すが、#7國分(3年・F)の得点で繋いで前半を終えた。

 後半に入ると、専修大は#14髙澤(2年・SF)のシュート率が上がり始める。近畿大は#22ソウと#33藤田の両輪で逃げ切りを狙うが、#7國分の得点も要所で出た専修大は粘る。4Q、追いつきたい専修大は外角勝負。#14髙澤の2本、#11秋山(2年・PG)と#7國分には1本ずつ3Pが出て3分余りで3点差に詰め、近畿大を揺さぶる。速いパス回しと、能力の高さにやや後手の近畿大。#33藤田が意地の得点を決めるが、ここからフィールドゴールが止まる。専修大は#11秋山の得点で追いつくことに成功。勢いに勝る専修大が、その後一時逆転し#14髙澤の3Pで6点差とする。瀬戸際の近畿大は、#22ソウが意地のダンク。ミスも目立つが、専修大も得点しきれない場面が出て勝利への可能性を繋げる。すると#8濱高(1年・F・金沢市立)のスティールからボールを得た#3岡田(2年・PG)の速攻で残り14秒で再び同点となる。専修大は最後に高沢に打たせるが、これはアウト。勝負は延長戦に入った。

151128TAKASAWA.jpg どうにか追いついた近畿大は、ここで活躍を見せたのがルーキー#8濱高。延長へのきっかけを作ったスティールに続き、緊迫の展開で得点していく。一方専修大も#14髙澤のアウトサイドが落ちずに、譲らない。だが#6渡辺が3Pを決めてリードしたものの、速攻を止めたプレーの判定はアンスポーツマンライクファウルで、5つ目。専修大は要というべき存在を失った。ビハインドだった近畿大は、#22ソウのポストプレーで一旦同点に。専修大は#7國分に託すが3Pは外れ、勝負は再延長に入った。しかし、キーマンを失った専修大には既に余力が無かった。#7國分が意地で2本の3Pを決めるも、既に近畿大が#22ソウの活躍でリードを保った後だった。専修大の粘りは随所に光ったが、最後まで大黒柱の活躍が光った近畿大が100−98で勝負を制した。

写真上:26得点をマークした藤田。彼がこれだけ稼いでくれれば近畿大には心強い。
写真下:田代が出場しなかった専修大だが、髙澤らがその穴を埋めた。

※近畿大・ソウ選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【#20秋葉の好調さが光った明治大が5位決定戦へ】
151128YOSHIMOTO.jpg 明治大国士舘大による試合は、明治大が出遅れながらも挽回。しかし国士舘大も粘り、前の試合に続いて延長戦にもつれた。

 前日敗戦の影響もあってか、序盤は互いに得点を伸ばせない。しかし、エースの#22原(4年・F)の3Pで先に抜け出したのは国士舘大。#32臼井(2年・PF)の得点もこれに続く形となった一方、コンディション面に不安のあった#50伊澤(4年・PF)が大事を取る形で欠場した明治大はなかなか糸口が掴めない状況で推移した。結局、1Qは17−9と早々に国士舘大優勢の構図となった。しかし、2Qはこの様相が一転。国士舘大のシュートがリングに嫌われ、逆に明治大は#55吉本(4年・SF)の3Pから一気に活性化。#2齋藤(2年・PG)のドライブや#20秋葉(4年・SF)など、怒濤の攻めを見せて一挙に逆転。国士舘大は#22原の得点は出るが、全て単発となってしまう。これにより、前半は明治大が10点のリードを得る形となった。

 立て直したい国士舘大は、3Qに入ると#22原に加えて#32臼井(2年・PF)がスコアを伸ばし始める。明治大も#20秋葉が積極的に得点しこれに応戦するが、さすがに2Qの好調ぶりとまではいかない。すると伊澤不在のインサイドで#66馬(4年・C)と#32臼井の得点が続き、#15下(1年・PG・浜松開誠館)の3Pが出て一旦は同点に。すぐに明治大は決め返すが、追いついた国士舘大も引かずに試合は4Qに入った。ここからは我慢の時間帯となる。国士舘大は好調だった#32臼井がなおも攻めるが決めきれず、外での勝負に比重を置く明治大も決定打を出せない。59−59となった残り18秒、この試合絶好調の#20秋葉の4本目の3Pで明治大は大きな3点のリード。だが、国士舘大は#22原がうまくマークを外して打った3Pが決まり譲らず。勝負は延長戦に委ねられた。

 先の見えない戦況で迎えた延長戦で、流れを手にしたのは明治大だった。#20秋葉のレイアップ、#55吉本(4年・SG)のジャンプシュートに#32吉川(2年・PG)の技ありの得点も出てラストスパートに入る。国士舘大はこの場面で再びシュート率がダウン。#22原の3Pで迫るが、その後は互いにシュートを決めきれなかった。もつれた試合は70−67で明治大に軍配が上がり、昨年に続いて5位決定戦に駒を進めた。

写真:吉本が2Qに見せた積極性が明治大を蘇らせた。

※明治大・秋葉選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「去年の成績は絶対越える」
関西のため、近畿大のために5位を狙う

◆#22シェリフ ソウ(近畿大・4年・C)
151128SOW_201511290707360a4.jpg関西では安定していたプレーも、準々決勝の拓殖大戦ではバンバを相手にはなかなか通用する場面が出なかった。1年目に記録した4位という成績を超える可能性は既に断たれ、順位決定戦を戦うのは本意ではないだろう。ただ、近畿大の場合は最終順位が来年の関西1位のインカレシードに影響する。まず専修大を退けたことで、最低でも6位は確定させて残り1試合の状況となった。鍛えてくれた関西リーグと、何よりチームメイトのためにも、最後の試合も勝ちに行く。


―試合を振り返って。
「うーん、あまりよくありませんでした。専修のディフェンスはさすが関東のチームという感じでプレッシャーが厳しくてうまく、こちらの体力が切れてしまったところもありました。その中で終盤の1、2本をきちんと決められたのはホッとしています。去年の成績(7位)は絶対越えないといけないと話していたのもあって、疲れたときも他の4回生が『頑張れ、頑張れ』と声を掛けてくれて、それで粘れました」

―昨日の準々決勝では拓殖大のバンバ選手との対決でした。
「高校でも公式戦では2回対戦しました。外を打ってくるのは相変わらずでしたが、昨日はインサイドのほうでやられて、バンバもそこが成長していたと思います。試合後にバンバと話したところによると、僕が外を気にし過ぎて外ばかり守っているから中に入れ、と監督に言われたんだそうです。ヘルプも行かずほとんどフェイスガードで守って、バンバの外を前半は抑えられましたが、後半に3Pを2本決められ、そこから崩れてしまったかもしれません。他にも赤石(#99)、成田(#39)という、拓大といったらバンバも入れてその3人、なメンバーにやられてしまいました。何より昨日は自分らしいプレーが全くできず、チームには申し訳ないと思っています」

―そこから今日の試合にはどのように切り替えたのでしょうか?
「拓殖大戦は第3ピリオドにやられ過ぎました。夜ビデオを見てみてもそれが勝負を決めてしまったと感じて、個人的に落ち込んだ面もありました。同じセネガル出身のバンバとの対戦ということで、回りからはライバル対決だとも言われていて、それで負けてしまったのは今までで一番悔しくて。もちろんチームの皆も悔しかったと思います。でも、バスケットはそういうスポーツなので、しっかり切り替えて今日に臨みました」

―インカレでの最後の試合となる、5位決定戦ではどんな試合にしたいですか。
「詳しい仕組み(※)はわからないのですが、とにかく順位が上がるほどいいんですよね。関西のためと、近大のためにも勝って5位になりたいと思います。僕らが1年生のときも、前年に天理大が頑張ってくれたおかげでシード枠に入れてベスト4につながったので、自分たちもそれをやってつなげたいと思います」

※最終順位が来年のシード順位となる。

----------------------------------------

「最高の活躍で、全員で最高の笑顔で終われるように」
次代のために最後まで明治大を引っ張る

◆#20秋葉真司(明治大・4年・SF)
151128AKIBA.jpg普段はあまり得点を取るプレイヤーではないが、伊澤が欠場した分積極性を披露。春から取り組んで来たというシューティングの効果もあってか、19得点をマークした。サイズに恵まれているわけではないが、身上のリバウンドも8本を記録し、勝利に大きく貢献した。ベスト8での敗退にはショックもあったというが、切り替えに成功。タフなゲームを制し、最終戦にも士気が高い状態で臨めそうだ。


—あまり得点を取るイメージはないのですが、今日は積極的でしたね。
「やっぱり今までは伊澤と吉本が得点源で、その次は拓実(#2齋藤)やガード陣が多くて。でもみんなが点を取れれば勝てるわけではないので、自分はそこでリバウンドやルーズボールなど、得点を取る選手がディフェンス面で楽になるようになることを心がけてきました。自分もできないことは仲間にも助けてもらっているので。チームスポーツなので、自分にしかできないことをやれば自分の存在価値があるし、そういう意味では今日は伊澤が抜けていたので、自分が積極的に攻めようと決めていました。でもディフェンス面があやふやになっていたらこれまでやってきたことが台無しになってしまうので、この先のランクアップのためにも最後の2試合をやりきっていくことでチームに残せるものがあると思っています。得点は、リバウンドやルーズをやって自分のリズムになったからこそ取れたと思うので、今日は入って良かったです。春先から課題だと思っていたので、練習中もシューティングでただ打つだけじゃなくて勝負どころで決めきるにはしっかり決めることが大事なので、300本インに取り組んできて。そういうことが身になってきたのかな、というのは自分自身でも嬉しいです。自信にもなりますね」

—さすがに昨日敗れた際は落ち込みもあったと思います。
「そうですね。ずっとインカレ優勝を目標にやってきたので。若いチームなのでリーグ戦は経験をさせながらも5位というのは自信になったと思うし、でも優勝が目標だったので昨日負けたことに関しては、正直喪失感はすごく大きかったと思うんです。でも残り2試合できるのはベスト8のチームだけなので、自分たちに負けたチームの分も残り試合を戦わないといけないと思うし。あとは、自分たちの明治のバスケというのを引き継がなくちゃいけないです。この2試合は引き継ぐためにも明治らしいバスケをして、それだけを考えてやっていたらこうして結果もついてきました。昨日からの切り替えは難しかったですけど、そういうことも考えて一日で切り替えられたのは大きかったと思います。こういう試合ができたことも自信にして良いと思います」

—学生同士の試合は明日が最後ですね。どのような試合にしたいですか。
「自分自身はこれまでほとんどインカレを経験できていなくて、ずっと憧れてきた場所だったので、そこは個人としては楽しんで、あとはこのチームのために明治を引き継ぐために大切なゲームにしたいです。明治を見に来ている人は明治らしいバスケを見たくて来ていると思うので、そういう人たちに感謝を伝えるためにやることは明治のバスケットをやることが一番だと思います。明治らしいバスケットをすれば結果はついてくると思うので、自分自身も最高の力を出し切って。もっと出せると思うので、そうしたことをやって最高の活躍をして全員で最高の笑顔で終われるように頑張りたいです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2015インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |