2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2015.10.16 (Fri)

【2015リーグ1部】第7週 慶應義塾大ホームゲーム・Unicorns Game「Unite」(前編)

「大学スポーツを盛り上げたい」
慶應義塾大学のホームゲームにおける取り組み
〜Unicorns Game「Unite」〜

keio_main.jpg

 今年度の関東大学バスケットボールリーグ戦は、代々木体育館の使用が1回のみとなり、持ち回りで1部所属の大学を舞台に開催している。ホームゲームとしてどんな中身にするかは各大学によるが、大々的に試合を行っている東海大、筑波大などは回数を重ねて学内の支援体制や地域密着の形が整い、ひとつの形として出来上がっていると言えるだろう。このたび、第7週の会場校となる慶應義塾大が新しいスタイルでのホームゲーム開催を試みる。開催前にその意図と取り組みについて話を聞いた。


目指すのはアメリカのカレッジバスケのような空間

keio_fukumoto.jpg 昨年からチームの指揮を執る慶應義塾大の阪口HCは慶應義塾ニューヨーク学院で教鞭をとった経験があり、今春は希望する部員を募ってアメリカでNBA観戦と英語研修を行うなど、体育会の部活動の枠にとどまらない取り組みを進めている。根底には「日本のバスケットを変えたい」「大学スポーツを盛り上げたい」という思いを持っているが、それを形にするひとつの方法と捉えているのが今回のホームゲームだ。各大学がそれぞれのカラーあるホームゲームを開催し、充実させていくことで、ゆくゆくは大学全体の盛り上がりにしていきたいという考えがある。

 10月17日(土)、18日(日)に慶應義塾大が第1回のUnicorns Game「Unite」と題して行うホームゲームは、つながること、団結すること(=Unite)を意味し、アメリカのカレッジバスケのような独特のホーム空間を作り上げることを目指している。凝った演出や企画ではなく、母校を応援する空気感を孕んだ試合空間をいかに作り上げるかに主眼を置く形だ。企画・運営には学生とOBによる選抜チームがあたり、その他の部員は空いた時間に宣伝活動などに携わる。学生代表を務める山﨑健詞SFC校コーチによれば、初年度の目標として「まずは会場の色を統一することが目標」と、会場をUnicorns色に染めることを考えている。そのために当初HPで保護者、ファン向けにスクールカラーTシャツを販売。会場をホームカラーで統一する目的を達成するために、追って一般の学生向けにも応援Tシャツを製作した。


部員のキャッチコピー入りポスターをSNSで発信

keio_oomoto.jpg 重要な告知部分だが、駅を挟んで位置する「ホームタウン」である日吉の商店街にも協力を呼びかけ、宣伝を行っている。また、特徴的なのはSNSを活用していることで、部員が自分自身で考えたキャッチコピー付きのポスターを製作し、個人のFacebookアカウントで告知を拡散。40人近い部員の「友達」は最低でも数百人、中には1000人を越える者もいる。シェアしてもらえればさらに多くの人に情報が届く仕組みだ。ポスター画像はそれぞれの個性が見え、宣伝の文言も選手自身の言葉で語られており、身近に感じられるものに仕上がっている。こうした宣伝を選手個人がそれぞれの色を持って発信しているのが、これまでの他のホームゲームになかった試みだろう。さらに、チームでホームゲーム用のページも開設し、選手個人のものとこれらを総合した閲覧数はかなりの数になる。「例えばビラを作ってそれを撒くことを考えたら、我々の手だけでは何千枚も配ることは難しい。SNSを使ったやり方なら数千単位の閲覧数を得ることが可能で、宣伝という意味ではかなり効果的」(山﨑)と考える。

keio_kuroki.jpg 会場となる日吉記念館のキャパシティは3000人規模。慶應義塾大といえば、日本最大の学生の定期戦である早慶戦(慶應では慶早戦という)で毎年3000人以上の観客を集める。早稲田大とともに、この2校では母校を応援するのは当たり前という空気が、長い伝統を積み重ねる間に自然と醸成されている。それをうまく生かし、会場に観客を集め、ホーム空間を作り出せるか。新しい試みの第一歩が、踏み出されようとしている。

 後編では当日の様子をレポートしたい。


写真上:ポスターはモノクロゆえの存在感がある。福元のポスターは主将としての強い意志がこめられた文言に。
写真中:副将・大元はエースの自覚が見えるキャッチコピー。
写真下:インサイドでチームを支える黒木のポスターからは、キャラクターもかいま見える。

Unicorns Game 「Unite」Facebookページ

※画像提供/慶應義塾體育會バスケットボール部



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  11:17  |  2015リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |