2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2015.09.19 (Sat)

【2015リーグ2部】9/19レポート(第5戦)

2部上位対決を制したのは早稲田大と日本体育大
大東文化大は痛い2敗目を喫す


 2部リーグは3週目にして注目の上位対決が行われる組み合わせ。有力校であった大東文化大が既に2週目に1敗をしていることもあって、残りの大学の勝負の行方が大きな注目を浴びた。白熱した展開は持ち味を出したチームの勝利となり、早稲田大が日本大に勝ち、日本体育大が大東文化大に勝利して全勝を守った。大東文化大は痛い2敗目、日本大にも1敗がついた。

 中央大神奈川大88-72で勝利してやや持ち直した様子を見せ、東洋大は4Qで江戸川大を突き放し83-77で勝利した。


【#4藤井のシュートで立教大が逆転勝利】
150919fujii.jpg 立教大関東学院大の一戦は、前半まで立教大は#8阿部(4年・C)、関東学院大は#45大熊(4年・F)を中心にお互い得点を重ね接戦に。流れが変わったのは3Qから。立教大#4藤井(4年・SG)の3Pのバスケットカウントによる4点プレーから波に乗り、一気に16点差まで開くと、これに関東学院大はついていけずそのまま4Qへ。しかし4Qに入ると立教大のペースは落ち、流れは関東学院大に。後半から関東学院大の3Pが4本決まり、2点差まで迫った。残り0.5秒のところで関東学院大は#11伊藤(3年・PG)の3Pが決まり逆転に成功。立教大はすかさずタイムアウトを取り、フロントコートからのスローインで再開。#4藤井がボールをもらいそのままシュートへ。それに反応したディフェンスがブザーの音と共にファウル。3Pのフリースローが3本与えられ、#4藤井がそれを2本決め、最終的に1点差で75-76と立教大が勝利した。

写真:最後のフリースローで試合を決めた立教大・藤井。


【GAME REPORT1】
早稲田大のディフェンスが機能し
日本大はなかなか攻められず初黒星


150919nanmoku.jpg この日、全勝同士の上位決戦として注目された早稲田大日本大の1戦は白熱した試合展開となった。1Q、はじめにリードしたのは早稲田大。早稲田大#34池田(4年・PG)が得点をしていく一方、日本大はシュートミスが多くなかなか点が決まらない。また、#8刘(4年・C)がボールを持つと早稲田大は素早くダブルチームを仕掛け、オフェンスの要である#8刘が思い通りにプレーできない状況に。開始4分間無得点の日本大は残り6分のところでタイムアウトで修正をはかると、今度は日本大の流れになる。#24高橋(3年・SG)や#33上原(4年・SG)の3P、#5仁平(3年・PF)のバスケットカウントなどで大量得点。この間早稲田大はターンオーバーやファウルを重ねて相手にチャンスを与えてしまい、更には自分たちのシュートも決まらず一気に差が開き、9-18で1Qを終える。

 2Q、早稲田大がまたもやスタートダッシュで日本大との差を縮めにかかる。しかし勢いは序盤しか続かず、すぐ日本大のペースに。日本大はターンオーバーが多いものの、#7古牧(4年・SG)や調子を少し取り戻した#8刘などの活躍で、詰められた点差をまた引き離していく。早稲田大は、途中タイムアウトを挟むも流れを変えることができず、日本大にリードされたまま22-34でハーフタイムへ。

 3Q、早稲田大の反撃が始まる。スタートで4連続得点、これで波に乗ると#16山本(4年・F)や#21南木(2年・G)、#34池田の3人を中心にどんどんゴール下へと攻めていく。これが追いつかれて焦る日本大のファウルを誘い、大量にフリースローを獲得。早稲田大が逆転に成功する。また、ディフェンス面では日本大#8刘に対し、早稲田大#16山本と#38宮脇(3年・C)のダブルチームが効き、得点を許さなかった。終盤、早稲田大は#2木澤(4年・G)の3連続得点で離しにかかるが、最後の最後に日本大が粘って49-48で終えた。

150919singo.jpg 4Q、序盤はお互い点を取り合いシーソーゲームに。両者一歩も譲らず同点の中、残り5分のところで試合は動いた。早稲田大が交代で#34池田と#7石原(2年・PG)を出すと、そこから1分間で#34池田はバスケットカウントで3点プレー、石原は3Pを決めるなどして一気に10点差に。すかさず日本大がタイムアウトを挟む。しかし早稲田の勢いはそのまま、その後も#34池田と#7石原が得点。日本大は#1本村(1年・SG)が3Pを決めるなどするが、シュートミスやファウルが重なり巻き返すことができず。74-60で早稲田大が勝利した。

 お互いに不安定なペースでの戦いとなった。得点力のある日本大だが、早稲田大のディフェンスに苦しめられ思うように得点することができず、一方の早稲田大は日本大のペースに合わせてしまったことでなかなか自分たちの流れを作ることができなかった。最終的に、終盤に自分たちで立て直し、いつもの速い展開のバスケットをできた早稲田大が勝利する結果となった。

写真上:早稲田大・2年の南木。新人戦から活躍し、リーグ戦ではスタメンとして出場中。
写真下:日本大のガードとして大きな役割を果たしている2年生の新号。

※早稲田大・木澤選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【GAME REPORT2】
全員バスケで日体大が快勝
大東大はリバウンドで粘るも初黒星


150919odagiri.jpg 第4戦で東洋大に敗北してしまった大東文化大と、無敗で好調さを維持する日本体育大の戦いは、終始日体大がリードする形となった。

 1Qは一進一退の展開。しかし、終盤に#20小田桐(2年・PG)の速攻と#88万(4年・C)のゴール下が決まった日本体育大がわずかに上回り、18-14で終える。このまま競り合いが続くかと思われたが、2Qに入ると#32フェイ(1年・C・大分明豊)の連続得点と#20小田桐のフローターシュートで一気に10点を開く。この間、わずか1分間の出来事。一気に引き離された大東大はタイムアウトで流れを断ちたいところだが、一度波にのった日体大を止めるのは容易ではなく、日体大#34加藤(4年・G)の連続3Pで更に点差を広げられてしまう。このQここまで無得点の大東大は、残り6分半でようやく#7渡部(4年・SF)のミドルシュートが決まる。渡部はその後も連続得点でチームを引っ張り、この10分で大東大が獲得した13得点のうち、9得点をあげる活躍。また、#20毕(2年・PF)のバスケットカウントも決まって一時は追い上げムードとなるが、ところどころでミスが出てしまう。対する日体大は#75赤土(3年・PF)のゴール下での得点が光り、41-27。日体大が大量のリードを奪った。

 3Q、大東大がリバウンドをきっかけに反撃。全員でリバウンドに飛びこんでいき、得点に繋げていく。また、リバウンド争いでファウルをもらいフリースローを得るなどチャンスを広げていった。リズムを掴んできた大東大は、#20毕と#18吉山(3年・PG)の外角シュートが決まりだし、残り5分42秒には49-41の8点差まで詰め寄る奮闘を見せる。しかし、日体大は#32フェイで対抗。終了時にはダンクも飛び出し、62-51の11点差で最終Qへ。

 4Q、粘る大東大に対し、日体大も積極的にリバウンドに飛び込んで楽にプレーさせない。それでも#20毕を起点に得点していく大東大。しかしこの日の日体大は勢いを持っていた。内外角どちらからでも得点が取れて、終盤にかけては完全に主導権を握り、最後まで大東大を寄せ付けなかった。84-69で日体大が勝利し、全勝を守った。

写真:ベンチスタートでいい働きを見せた日体大・小田桐。

※日体大・加藤選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「後半でしっかりアジャストできた」
前半で出た課題点を後半で修正

◆#2木澤義椰(早稲田大・4年・G)
150919kizawa.jpg前半リードされるも後半切り替えに成功し逆転。強敵の日大を下し、波に乗る早稲田大は、下級生の層が特に厚い。ベンチスタートとして後方からチームを支える木澤はチームの土台を支える役割がある。この木澤を始め、池田、山本といった4年生たちの集大成と、それに加わる下級生たちの成長を見ることができるか、この先が楽しみである。


-試合を振り返ってみて。
「前半は日大のペースと言いますか、相手のスローペースに合わせてしまった部分があって。自分たちの持ち味というのはディフェンスからのブレイクっていう早い展開なので、そこに持っていきたかったんですけど、前半はできませんでした。でも後半はそれができて、自分たちのプレーが出せて逆転できたんだと思います。それはやっぱり、前半の課題に対して後半でしっかりアジャストできたからだと思っています」


-1Q目で遅れを取りましたが、それは先ほどおっしゃった「相手のペースに合わせてしまった」というのが原因ですか。
「それもありますし、全体的にシュートセレクトが悪かったっていうのもあります。ドライブしてゴール下にアタックしていくんですけど、ビッグマンにビビってしまってシュートが適当になったり、ドライブからのキックアウトで3Pを打つ時も、難しいシュートになってしまったり。なので、後半はしっかりアジャストしてもっと果敢に攻めようってチームで話していましたし、そのゴールにアタックするっていうのは後半表現できたかなと思います」

-刘選手(日本大#8)がボールを持った時に、ダブルチームで当たっていたと思うのですが、これはチームでの指示でしょうか。
「そうですね。今週の練習中にビデオを見たりして、ボールが入ったらダブルチームにいくということをチームの約束事として決めていて。向こうが全然インサイドで攻められていなかったので、そこは成功したと思います」

-他に日本大に対して注意していたことはありましたか。
「相手の3Pに注意はしていました。インサイドはインサイドで強いですし、そこからのパスアウトで3Pを決められると向こうのペースになってしまうので、インサイドはしっかりダブルチームで、3Pにはしっかりチェックをしてドライブさせるっていうのを意識していました。今日はディフェンス面でのゲームプラン通りのことができたと思います」

-ここまで勝ち進んできましたが、逆にチームとしての課題は何か見えてきましたか。
「シュートの確率ですね。前半は3Pが1本も入っていないので、やっぱりそこを決めていかないと得点もなかなか伸びないですし。でも今日は後半立て直せたので、この試合を通してメンタル的にもチームとして強くなってきているのではないかと思います」

-今日の試合において、自身の出来はどうでしたか。
「最初フリースローを4本連続外しちゃって、ちょっとやばいと思ったんですけど、でもその分違うところで活躍できて。自分の持ち味はリングにアタックするところなので、そういった面でしっかりドライブして、ファウルをもらいに行きながらアタックできましたし、慶次郎(#34池田)と代わって出るんですけど、しっかり慶次郎につなげることができたかなと思います」

-明日は大東文化大が相手ですが、どういった戦いにしたいですか。
「大東は、今日戦った日大とプレースタイルが似ていて、スローペースで来ると思うので、いかにして自分たちがディフェンスで相手にプレッシャーをかけて早い展開に持っていけるか、もっとゴールにアタックできるかが大事になってくると思います」

----------------------------------------

「まだまだなんです」
全勝でも気を抜かず、目の前の試合に全力を尽くす

◆#34加藤 慧(日本体育大・4年・G)
150919kato.jpg豪快なドライブに、勝負所での3P。昨年から勝負どころのクラッチシュートを幾度となく決めて、入れ替え戦への道を開く一端を担った。今年もベンチスタートで流れを変える役割は変わらない。しかし、調子は悪いとは言うものの、加藤がいるからこそスタメンも安心してプレーできている部分はあるだろう。この試合でも15得点し、チームの勝利に大きく貢献した。しかし彼は「まだまだ」だと言う。少し厳しい評価だと感じるが、その言葉の裏には昨年入替え戦で敗れた悔しさがある。手に入れられなかったものを手に入れにいく権利を得るために。現状に満足せず、前を向いていた。


―試合を振り返って。
「チーム全員で掴みとった勝利だと思います。みんなでプレータイムを分け合って、それぞれがきちんと自分の仕事をしていました。ディフェンスを頑張る選手もいれば、リバウンドとかルーズとかを頑張る選手もいて、役割をしっかり分けられたことが勝因だと思います」

―1Qは互角の展開でしたが、2Qの立ち上がりに一気に突き放しましたね。何か指示があったのですか?
「特に指示はなかったです。でも、2Qは走って点を取っていくことをメインにしていて、それが毎回はまっていて。ディフェンスも誰かがリバウンドを取ってくれるし、パスを繋いでくれるガードもいます。特に小田桐(#20)はスピードがあるので、そこに繋いでトランジションの形を作るということを練習のときからやっていて。それをきちんとやったら結果がついてきました」

―相手が大東大ということで何か意識していたことはありましたか?
「大東は大きい選手が多いということです。でも、この試合もリバウンドをとられてしまいました…そこが課題です」

―加藤選手自身の調子はいかがですか?この試合も3Pにドライブにアシストにと大活躍でしたよね。
「いや…自分は1試合目から全然調子が上がっていなくて。3Pは打っても全然入らなくて…。入らないならと立教戦(9/6)ではドライブをして。神大戦(9/13)ではディフェンスを頑張って。そうしたらこの試合は少し入ってくれて。個人としてはまだまだです」

―本当ですか?(笑)
「はい(笑)。まだまだです」

―4年生としてコートに立つ時に心がけていることはありますか?
「プレーしている間は、声をかけるようにしています。調子は悪いですが、声はかけ続けています。この試合も『ディフェンス頑張ろう!』『ナイッシュ!』とか声を出すようにしていました」

―そうですね。加藤選手を始め、今年の日体大の選手は良く声が出ている印象を受けます。そして、いい雰囲気で試合に臨んでいますね。
「そうなんです。チームも学年関係無しで仲良くて。いい雰囲気で練習できているのがこの結果につながったのかなと思います。去年もいいチームだと言って下さった方がいたんですが、それを受け継いでいるというか…。去年のチームに負けないくらいチームの雰囲気は大切ですね。ダリ(#32フェイ)も結構熱いことを言ってくれるので」

―フェイ選手はチームのムードメーカーになっていますよね。大きな声を出してリバウンドをとっている姿には驚きました!
「間違いないですね。練習のときからずっとあんな感じなんですよ(笑)」

―最後のリーグ戦、加藤選手はどういう戦いをしてきたいと思っていますか?
「全勝でリーグ戦を終えたいです。まだ始まったばかりで、次は日大戦も控えていますが、全勝したいです。去年は2部リーグ2位で終わって、入替え戦で白鴎に負けて。その負けを取り返すつもりでこの1年間やってきたので、しっかり気を引き締めて。入替え戦とインカレ、オールジャパンをまでを目標にやっているので。負けられないです」



関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2015リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |