2018年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2007.10.13 (Sat)

10/13 関東大学2部リーグ 最終週 第1戦 拓殖大VS明治大

拓殖大81(18-15,17-25,17-27,29-21)88明治大
1013furuhashi.jpgインカレ出場決定まであと1勝の拓殖大。しかし、その“1勝”が遠い。
立ち上がりは拓殖大ペースで試合は進む。#00柳澤(4年・G)が積極的にオフェンスに参加。スピード溢れるプレーでチームを鼓舞する。また、#38宇田(4年・F)はもちろん、#21寒竹(3年・F)の得点も決まり、10-4とリードを奪う。対する明治大はシュートの精度が上がらず苦しむ。しかし、#10古橋(4年・CF)のアシストから#6伊與田(3年・G)の得点が決まるとそこからペースを掴み出す。また、明治大のもたつきの原因として#14金丸晃輔(1年・PF)の得点が伸びないことがあげられよう。高校時代の先輩でもある拓殖大#21寒竹を前に思うようなオフェンスが出来ない金丸。しかし、明治大は#45根岸(4年・F)、#3金丸英悟(2年・PF)らが粘り、1Qを3点差で終える。

2Q、明治大はところどころでミスはあるもののシュートが決まり出す。一度決まり出すと止まらない明治大は、#10古橋のゴール下、#14金丸晃輔の3Pなどで同点に詰め寄る。更に、#45根岸のリバウンドシュートで逆転に成功。すると明治大はゾーンディフェンスを展開。拓殖大はこれに対応しきれない。しかし、明治大のファウルでフリースローを得ているため、大きく突き放されることはない。残り1分を切って、拓殖大は#1宮城(3年・G)の3P、宮城のアシストから#38宇田が得点し、2点差まで追い上げるも、残り4秒で#14金丸晃輔に3Pを許し、5点ビハインドで後半へ。

1013uda.jpg3Q、明治大#14金丸晃輔が爆発。外角シュートあり、インサイドありと多彩なオフェンスを披露。金丸はこのQで明治大の挙げた27点中16点を挙げる活躍。一方の拓殖大は、インサイドにボールが入らず、パスは外を回るだけになってしまう。更には#1宮城のファウルトラブルなど状況としてかなり苦しい。しかし、4Qにゾーンプレスを展開すると明治大からボールを奪い、まずは#38宇田がジャンプシュートを決める。2度目もボールを奪うことに成功したが、#00柳澤が速攻に走ろうとしたところを明治大#10古橋がファウル。これがアンスポーツマンライクファウルとなり、流れは拓殖大へ。拓殖大は速いパス回しから#21寒竹がジャンプシュートを、更に#00柳澤の3Pとスティールからのブレイクが決まり、追い上げムード一色となったが、タイムアップ。7点差まで詰め寄ったが勝利とはならなかった。

明治大・根岸選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

◆#45根岸 豪(明治大・4年・F)
金丸晃輔選手が爆発的に点を稼いでいるため、あまり目立ちはしないが、影でしっかり仕事を果たしているのはやはりキャプテンであるこの人。リバウンドにブロックにと特にディフェンス面では相手にとってはとても嫌な存在であろう。

―入れ替え戦への意識というものは?
「あんまりないです(笑)。入れ替え戦どうこうよりも最後2試合だから勝とうっていうことしか話してないです!」

―出だしがあまりよくなかったですね。
「そうですね。先週までに比べたらみんな気が抜けていた部分があったので、そういうのが影響しているんじゃないかな?まぁ、中盤離せたのはシュートが入ったから(笑)。みんなでディフェンスを頑張ろうっていう話はしてたんですけどね」

―今年のリーグで点を取るのは、金丸晃輔選手ということだそうですが。
「あいつ(金丸)は攻めたがりだし、こっちもあいつが攻められるように色々と気を使っている部分はあります。でも、あいつはそれに応えてくれているんで、全然いいんですけど」

―ただ、金丸選手の得点が止まると明治の得点も停滞してしまいますよね。
「そうですね。別にあいつ(金丸)に頼りきりってことではないんですけど、金丸がボールを持つと、みんなパス来ないと思うからあんまり動かなくなるんですよ。リーグ終盤に来て段々とみんなも動くようになりました。あいつの得点が止まったときは自分が攻めたり、みんなも自分で攻めようっていう気持ちが出てきて、ここ最近は攻めていますね」

―“ここぞ”というときの得点はやはり根岸選手が決めているなと。さすがキャプテンと思います。
「それは自分の中にもあって。みんなが駄目なときに自分がやろうっていうことをすごい思っているんで、そういう意味ではいいところで得点しているということはいいかなって思いますね(笑)」

―長いリーグも明日で終わりです。最後はどういったバスケをしたいですか?
「明日は拓大もインカレが懸かっているからガチでくると思うんですけど、自分達も気負うことなく、楽しく自分たちのバスケが出来たらいいなと思っています」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:10  |  2007リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |