2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2015.05.05 (Tue)

【2015トーナメント】5/5レポート@代々木第二体育館

中央大が青山学院大を破りベスト8へ
東海大、筑波大、拓殖大は余裕を持って勝利


150505bamba.jpg 代々木第二体育館ではベスト8を決める4試合が行われ、東海大、筑波大、拓殖大の1~3シードが順当に勝ち上がったが、昨年4位の青山学院大が中央大に逆転負けで敗退し、ベスト8から陥落。久しぶりに8の枠からこぼれ落ちることとなった。ベスト8に残ったチームは中1日を挟んで
準々決勝へ進出、翌6日は9~16位の順位決定戦が行われる。

 第2試合、拓殖大国士舘大は、国士舘大がファウルトラブルからリズムを崩した。1Qは得点では競り合いながら進むが、インサイドの要である#66馬(3年・C)と、得点源の#22原(4年・F)が1Qで2ファウル、さらに#22原は2Q開始2分で3ファウル目を犯してベンチへ。その時点までは互角に進んでいた勝負だったが、拓殖大はこれでリードを開き、前半は35-23と12点リード。さらに3Q頭に#66馬が連続ファウルでいきなりファウル4に。また、ルーズ気味のボールをしぶとく追いかけた#4菅(4年・SG)が激しく倒れてベンチに下がるのをよそ目に、拓殖大は#23バンバの3P、#39成田(3年・F)のフィールドゴールで点差を開き、3Q終了時に19点差にすると4Qも調子良く得点を重ねて81-56で快勝しベスト8へ。国士舘大は#22原がゲームを通して当たらず、苦しい展開を打開できなかった。


150505baba.jpg 第3試合、昨年度のインカレチャンピオン筑波大慶應義塾大との対戦となった。1番ポジション以外はすべて筑波大の方がサイズが大きいという状態だけに、慶應大は簡単にプレーできない。アウトサイドシュートを打っていくものの、確率が悪くインサイドの#7黒木(4年・C)も早々に2ファウルとなってしまう。しかし一方の筑波大も決定力がなく、リバウンド等にしつこく絡んでくる慶應大相手になかなか波に乗れず立ち上がりはロースコア。#6馬場(2年・SF)を中心に得点を重ねるものの、重い立ち上がりとなった。しかしそれでも能力では上回る筑波大が前半はダブルスコアで余裕を見せ、流れは渡さない。慶應大は3Qにドライブや合わせ、3Pが決まりようやく調子が上がってくる。しかし筑波大にもすぐ決め返され、後半にようやく当たり始めた#17杉浦(2年・PF)のシュートや#6馬場が3本のダンクを決めるなど、見せ場を作った筑波大が62-84と逃げ切り勝利を決めた。

 筑波大はどこか相手に合わせたような部分が見え、次からさらに気を引き締めたいところ。慶應大はシュートの悪さが響いたが、西戸、トカチョフが欠場したものの、攻守で粘りを見せた。昨年は順位決定戦で崩れただけに、ここからひと踏ん張りできるかどうかが鍵だ。


150505sato.jpg 第4試合、第1シードの東海大駒澤大と対戦した。サイズ、体格ともに東海大が上だけに駒澤大は中には攻め込めず、1Qからアウトサイドシュート中心の攻勢。固さが見えて1Qはなかなかネットを通過せず、一方の東海大はリバウンドからの早い展開で#45頓宮(4年・C)を中心に得点。1Qで大きくリードすると、後はベンチメンバーにも出番を与えてゲームを進める。駒澤大は得点面では苦しむが、次第にトランジションの展開も出して#14川嵜(3年・F)の3Pなども決まる場面を見せた。最後は92-48で東海大が勝利し、ベスト8に駒を進めた。

 東海大は昨年までインサイドを支えた晴山、バランスキーの2名が抜けた穴に2年の#23佐藤(SF)#24卜部(SF)を据える。センターの橋本が昨年のケガからまだ復帰ならず、中山も今大会は欠場しているが、それも逆にチャンス。晴山やバランスキーが1、2年の頃から出場して成長をしていったように、この両名にも、という思いがある。「敢えて安定している3年を使わず、2年に経験の場を与えている」と、陸川監督はこの状況だからこそ得られたチャンスをものにして欲しい考えだ。ただ、試合内容についてはチーム全体として「課題だらけ」、と言う。ここまでの相手は力の差があっただけに、この先の試合でこの課題がどのように発露し、またどのように克服できるか。ディフェンディングチャンピオンといえども油断のできない戦いが続く。

写真上:4本の3Pを始め、34得点と圧倒的な活躍を見せた拓殖大・バンバ。
写真中:筑波大は馬場が20得点。2年にして既にエースの風格を見せる。
写真下:スタメンに入る東海大・佐藤。卜部とともにチャンスを掴めるか。

※慶應義塾大・大元選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【中央大が逆転勝利で青山学院大を撃破】
150505turumaki.jpg 初戦で日本体育大を難なく下した青山学院大は、中央大と最後までもつれる勝負となった。序盤から互いに主導権を握る接戦となるが、青山学院大は#3大崎(3年・SG)の3Pが決まり、1Q終盤には#14柏倉(3年・PG)のバスケットカウントで17-21と青山学院大がリード。しかし2Qの頭、青山学院大はシュートを決めきれず、リバウンドでも苦しさが見える。一方の中央大も同様に失速し、得点がストップ。#25森(3年・PF)も開始2分で足を痛めベンチに下がってしまう。ここで#11田中(4年・F)、#21石黒(3年・F)のシュートで青山学院大が7点のリードを得るが、中央大はゾーンで守りを固めると、#28鶴巻(1年・SF・幕張総合)のシュート、#9阿部(2年・G)のドライブなど下級生が思い切りの良いシュートで押し戻し、傷を小さくする。2Qは27-30と青山学院大3点リードで終了した。

 後半3Qの立ち上がり、#6柿内(2年・G)の3Pで同点に追いつく中央大だが、そこからファウルが続いてしまい、青山学院大はフリースローで得点。4回のフリースローとバスケットカウントで稼いで#8時田(2年・SF)のシュートで8点のリードに成功すると、早い展開からの#11田中のシュート、#14柏倉のスティールも決まる。中央大も切れずに#99浅見(2年・PF)のシュート、#14鈴木(4年・PF)の3Pで再び点差を詰める。しかしその後は#14柏倉のバスケットカウントなども決まった青山学院大が42-54と12点を引き離して4Qに。

150505kasiwagura.jpg 4Q、中央大はここからディフェンスを締める。上からオールコートプレスを仕掛け、うまくボールを運べなくなった青山学院大はミスを連発。中央大はゾーンからの相手ターンオーバーで得点でじわじわと差を詰めていく。また、#14鈴木が攻めて次々にフリースローを得る形となり、残り2分で点差は4。青学大は残り1分半になんとかミドルシュートを決めるものの、打たされる格好のアウトサイドシュートが決まらない。中央大は残り#28鶴巻の3Pで1点差に迫ると、さらに鶴巻がジャンパーを決めて残り34秒で逆転。青山学院大は残り時間でのオフェンスに託すが、#18笠井(4年・PG)の2ポイント、そして勝負をかける#24安藤(3年・SF)の3Pも余裕を持っては打てず、最後は中央大がフリースローを獲得して68-66で勝利を収めた。

 中央大はオールコートプレス、ゾーンが効いた。サイズの優位性もあって青山学院大も攻めあぐねた。昨年の悔しさが今のひとつのバネでもある中央大。青山学院大に勝利したのは2009年のリーグ戦以来というだけに、その喜びはひとしおだろう。一方の青山学院大がベスト16以下に留まるのは2007年のトーナメント以来のことになる。ここしばらくはベスト4以上、悪くても3位、昨年は苦しみつつそれれも4位という結果が続いてきただけに、この敗戦をどう受け止められるか、切り替え具合も重要となるだろう。

写真上:勝負を決めたのはルーキー鶴巻のシュート。
写真下:バスケットカウントなど、攻めの姿勢を見せた青山学院大・柏倉。

※中央大・鈴木選手、青山学院大・笠井選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「変わらなければいけないと思ってやってきた」
ひとつの壁を破ってさらに上の世界へ

◆#14鈴木夕介(中央大・4年・PF)
150505suzuki.jpg終盤のアグレッシブなオフェンスで、フリースローを何度も獲得。思い切りの良い下級生のプレーをさらに引き上げるように、上級生の頼もしさを見えた。昨年まではアウトサイドの印象が強かったが、ドライブも武器のひとつだ。サイズのある一歩の大きなドライブは、相手に脅威を与えることもできる。
昨年の中央大は春にまずまずの結果を残しつつも、リーグ戦では下位に沈んだ。その反省を踏まえて春からチーム一丸となって取り組んできた内容を、青山学院大倒すという結果で果たした。次に待ち構えるはベスト4の壁。いかに破っていくか、新生・中央大に注目したい。

―試合を振り返って。前半から競り合いでしたね。
「みんなで青学というか、自分たちが去年成績を残せなかったので春先から『変わろう、変わろうと』きつい練習をずっとしてきました。それが出た試合だったと思います」

―昨年は確かにリーグ戦で苦しみましたが、何がダメだったのでしょうか。
「去年はチームとしてひとつの方向に向いていなかったというか、勝ちたい気持ちはありましたが、個性的な先輩も多かったし、コーチも変わってすぐで方針も変わったし、なかなかみんなが切り替えてついていけていませんでした。今年はキャプテンの史鏡(#2渡部)を筆頭にみんなで気持ちを統一して頑張ってきたので、そこが去年と大きく違います」

―青学相手にチャンスはあるなと?
「回りからは青学は強い、勝てないだろうと言われていたんですけど、僕たちは絶対に勝てる相手だと思ってスカウティングをしてきたし、2人主力がいないということもチャンスだと思っていました」

―ゾーンプレスはうまくハマったなと思いました。
「青学に向けてやってきたんです。ずっとマン・ツー・マンで練習をしてきたんですが、それだけではダメだということでマン・ツー・マンありきのゾーンプレスを取り入れました。春先は使っていませんが」

―今大会のために、という感じですね。青学もあっさりとはやられず、という感じでしたが中央大の積極的なプレーが光りましたね。
「悪くなったときってみんな外でパスを回してシュートしか打たないんです。そこは僕自身もみんなも分かっていたので、ゴールに向かって強く行くことは意識していました。インサイドに入れても体は青学の方が強くて難しいので、ドライブをしていくことを考えて。それで最後の方は青学の方もファウルが重なっていったので、強く、強くを意識していました。リバウンドも取れたし」

―1年生が逆転のシュートを決めてきれましたね。下級生は思い切り良くやればいいということでしょうか。
「そうですね。1年生は好きなようにやってもらえればと。みんな能力が高いのであまり難しいことを考えないで、好きなようにやればいいと思っています」

―鈴木選手は4年生になりましたが、何か変化はありますか。
「4年なってキャプテンが結構しっかりしているので、それに引けをとらないように、というか試合に出る4年生がしっかり引っ張っていかなければなりません。それは1年の時から入戸野さんや将斗さん(2012年度の4年生)を見て4年生がしっかりしなければならないと分かっていました。プレッシャーも感じたんですが強くいかないと、と思ってやっていました」

―それが積極的な攻めにつながったんですね。フリースローもかなり獲得しましたし。
「高校のときみたいな強くドライブしていくプレーも出せたかなと思います」

―大きな結果でしたが、次がありますね。
「次の試合も勝ってベスト4を目指します。2001年ぶりかな?(※2001年は準優勝)になるので。すごくチャンスだし、結果を残したいです」

--------------------------------

「気持ちの部分で負けていた」
敗戦を乗り越え、どうチームを導くか

◆#18笠井康平(青山学院大・4年・PG)
150505kasai.jpg青山学院大が久しぶりにベスト16で姿を消すことになった。京王電鉄杯では準優勝を遂げ、まずまずの内容を見せていた。しかしこのゲームではどこか気持ち負けしていたことを笠井も認める。
常勝チームを支えてきた選手たちが次々に卒業した今年、さらに主力の2人も欠場してチームはこれまで以上の奮起を求められている。学生バスケットにとって宿命でもある入れ替わりの時期をどう乗り越えるかは、青山学院大に限らず永遠の課題だ。順位決定戦で持ち直せるか、この先の戦いも見逃せない。

―試合を振り返っていかがですか。
「昨日できていたことができなくなって、全然相手ばかりを見て自分たちのやらなければいけないことをやろうとしていなかったと思います」

―どこか引いてしまった?
「やっぱり力がないのに、相手を相手を、と見てしまうというか勝手に相手を基準に考えてしまっていました。昨日は外が入ったけど今日は全く入らず、走るところもぜんぜん走らず、自分たちの気持ちの部分が大きいのかなと思います」

―ディフェンスはそこそこできると思っていたのですが、そういう良さもあまり出せなかったように思います。
「昨日はポイントを絞ってやって、今日もそうしようと言っていたんです。昨日の日体大と似ていると思うんです。トランジションが早くて、空いたら打って、インサイドもちょっと動けて。その中でこちらはトランジションも甘かったです。ディフェンス自体は気持ちで変わると思うので、ちゃんとした気持ちがゲームに向かっていなかったのかなと」

―相手のオールコート、ゾーンに苦しみましたね。
「準備はしていたんですが、追い上げられている展開でみんないっぱいいっぱいになってしまいました。自分で行けるところも行かなかったり、ディフェンスを見ちゃったりというのもありました。準備はできていたのに飲まれていたなと思います」

―メンバーも2人いなくて苦しい状況ですが、主将としてどういう風にやっていこうと?
「いい方向に受け止めて、自分たちが結果をだしてあいつらにも刺激を与えなければと思ってこの試合に入ったんですが、うまくいきませんでした。もっとリーダーとしてしっかりしないとな、と。光る(#11田中)とともにしっかりしないとまとめきれないし、いい方向に行かないと思います」

―笠井選手はもっと攻守ともにもっとアグレッシブだった印象がありますが、今は少しそういう部分がなりを潜めているように感じます。
「試合になると2人がいない分、自分が崩れたらどうすればいいかという部分があります。あいつらがいないのに慣れればそれも解消されると思うんですが、今は行くところと周りを見るところの判断が足りていないと思います」

―1年生もゲームに使って経験を積ませている状態なので、まだここから、ということだと思いますが、ここをしっかりやらなくては、という部分は?
「個人としては1年生が出たときに、しっかり声をかけてあげてやりやすい環境を作ることで、1年の成長にもつながると思います。彼らはまだチームの共通理解やディフェンスがままならないところもあるので。2年以上のプレーヤーがコートに立った時はこれまで通りチームとしてやることを徹底して、泥臭くやる部分で率先したいです。チームとしては全員でチームとしての理解を持つことが課題ですね。これを詰めないとリーグもバタバタしてしまうと思います」

―本当にこれからですね。切り替えて頑張ってください。

--------------------------------

「リーダーとして自覚を持ってやっていく」
最上級生として芽生えた覚悟をコート内外で示す

◆#5大元孝文(慶應義塾大・4年・G)
150505oomoto.jpg柔らかいバネとアウトサイドシュートが持ち味であり、今年は慶應大の得点源の筆頭とも言える選手だ。この試合では自分より15cm大きい馬場とのマッチアップに苦しみ、簡単には打たせてもらえなかったが、相手ボールを奪い速攻に走るなど、あきらめない姿勢を見せた。
昨年はシーズン後半に足を痛めた状態のプレーが続き、苦しんだ。しかし今年は春からチームをプレーだけではなく、言動でも引っ張っている。負担は増えるが、それが慶應大の4年生の役目、と理解もしている。今年は春先にアメリカでNBA観戦や英語研修を行うなど、チームとして新たな世界を進む慶應大。これまでの伝統と合わせ慶應というものをどう継いでいくか、副将としての存在感に期待したい。


―相手は大きく、強い相手でしたがやってみてどうでしたか?
「サイズが大きい部分がやっていて一番きつかったですね。オフェンスリバウンドを取られる場面もそうですが、それ以上にディフェンスをされているときに、ここで打てると思ったシュートに対してのチェックが早かったりだとか、普段の練習でやっていることと全く感覚が違いました。ブロックもかなり相手が大きかったし」

―それはマッチアップが馬場選手だからでしょうか?
「いや、全体的にです。自分より5cm以上大きな選手があまりチームにいないので、ここで打てると思ったシュートが練習とは違うサイズで馬場や満田(#2)、杉浦(#17)だったりで飛んでくるので」

―ややフリー気味で打ったシュートもそこは気になりましたか?
「気にしちゃいけないんですが、どうしても。一回相手に飛ばれるとその印象が残っています。走ってボールをもらって打っても、チェックに来る相手が大きいと気になりますね。それでも確率を上げていかないといけないんですが、そこにアジャストするのに時間がかかってしまいました。チームオフェンスもそんなにうまく機能しませんでしたし」

―ディフェンスはプレシーズンよりは少し良くなった印象です。かなりターンオーバーは奪いましたし。
「4Qは崩れてしまいましたが、それまではチームでやろうというのができていました。でもどれだけディフェンスを頑張ってもオフェンスリバウンドを取られてしまう部分で、厳しい時間帯が続いてしまいました。そこでもう少し早めにリバウンドを取って攻めることができれば重い空気もそこまでではなかったと思います

―西戸選手やトカチョフ選手がいない中での戦いという面では、少し苦しかったですか。
「試合前に誰かしらメンバーが抜ける状態が続いています。西戸は安定感が抜群で、困ったときは彼のシュートが何度も助けてくれたし、リングに向かう姿勢もチームで一番あります。自分にマークが集まるところで彼が打開してくれたりするので、そこはちょっと痛いです。一つ下に頼るわけにはいかないところもありますが」

―それでも、大元選手は春から調子が良さそうですね。
「この前まで決まっていなかったんですが、練習態度その他で皆が推薦してくれて副将になりました。立場が人を作るじゃないですけど、今まで3年間のようなプレースタイルだけじゃなくて、練習中やその他の姿を自分自身で自立していかないとと考えて3月からやってきました。それが周りに分かるような結果として表れて副将という立場になったと思います。今後も競った場面で福元(#4)がコートにいない時間帯も出てくるかもしれないし、そういう場面でリーダーだと自覚してコートで体現することを目指しています」

―慶應の主将、副将は指名制ではなく自分がやる、と必然性を言えて皆が認めないとなれないものですし、自分でそう考えて周囲に評価してもらえたというのは大きいですね。
プレー面では昨年は主将の伊藤選手とのボールのシェアで少し迷いがあるのかと思いましたが、今年はどうでしょうか。
「このチームだと僕が一番やらないといけないんですが、やり過ぎも良くないと思っています。伊藤さんがいなくなった分、得点だけじゃなくてパスやリバウンドも自分がやっていかないといけません。去年以上に責任感を持ってやっていきたいです」

―この試合という訳ではありませんが、4年生のカラーなのか、ちょっとフワッとゲームに入るところがありますね。
「入りが悪い訳ではないんですが、きちっとまとまる場面を作らないと。チーム全体で締まったプレーになるかはこれから福元と作り上げていかなければいけないところです。自分たちのスタイルに合った方向を作り上げていきたいです。課題はまだ多いです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2015トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |