2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2014.11.28 (Fri)

【2014インカレ】11/28 準々決勝 慶應義塾大VS大東文化大

ノーシード同士の激闘を制した大東文化大が準決勝へ

141128KODAMAITO.jpg シード校を破って準々決勝へ駒を進めた慶應義塾大大東文化大。慶應大は4年ぶり、大東大は7年ぶりとなるベスト4を目指し、両者白熱の攻防を演じた。

 まず先にペースを掴んだのは慶應大だった。#10大元(3年・G)のタップで先制すると、#4伊藤(4年・PG)も奮起。内外で難しいシュートを決める。大東大は、リバウンド面での優位性を示せず、シュートがアウトサイド中心となって点が伸びない。しかし、最後は#4伊藤のブザービーターが決まった慶應大の1Qのリードは6点止まり。リズムが良い中でもターンオーバーも目立ち、完璧な内容とはならなかった。2Qも、ミスが出ながらも慶應大が試合を優位に運ぶ。ベンチスタートの#19西戸(2年・G)が2連続得点で仕事人ぶりを披露し、同じく交代出場となった#22トカチョフ(1年・CF・國學院久我山)の豪快なリバウンドシュートが決まった。苦しい大東大はこの局面で、#99山崎(3年・F)が単発ながらも外寄りのミドルシュートを次々と決めて、チームを救う。慶應大は、#10大元の4点プレーが飛び出すが、その前後にバイオレーションを犯してしまい、5点リードと若干詰め寄られて前半を終えた。

 迎えた3Qは、互いに難しい内容となった。マークは厳しくなり、ボールへのプレッシャーも増してファウルが頻発。早い段階で両者ともチームファウルが5つとなり、フリースローを決め合う展開となった。大東大はこの状況下で#99山崎と#28兒玉(4年・PG)が積極性を示して一時同点に追いついたが、慶應大も終盤に#10大元の速攻、#4伊藤のバスケットカウントが炸裂。スコア上はほぼ相殺し合う10分間となったが、慶應大が流れを掴んだかに思われた。だが、大東大はしぶとい。#99山崎が4Q開始すぐに連続得点。総じて好調だった慶應大のオフェンスが、この時間帯で停滞する。大東大にも決めきれない場面はあったが、#28兒玉も連続得点、#99山崎の3Pで残り5分40秒で遂に逆転。慶應大はすかさず#13福元(3年・G)のドライブ、速攻を#10大元が決めて再逆転するが、大東大も#99山崎、#28兒玉の両輪でまたも逆転。予断を許さない攻防が続く。残り2分40秒、大東大は#99山崎の3Pでこの試合6度目の逆転。ここで決め返されずに#7渡部(3年・F)がフリースローを2本揃える。大東大がファウルを修正したのに対し、慶應大は不運な形もあったがファウル数を抑えられずに次々とフリースローを献上。じわじわと点差を離される展開となってしまった。やむなく最後はファウルゲーム気味に仕掛けて勝利への可能性を残し続けるが、大東大はタイムアウトを上手く使ってかわし、ゲームセット。70—65で大東大が勝利し、準決勝進出となった。

141128BI.jpg 両者ともにミスを犯し、それを相殺し合うような大味な内容でもあったが、試合の中で修正する力を示した大東大が僅かに上回った。近年稀に見る混戦だった関東2部リーグからの挑戦という立場にいるが、その立場に恥じない戦いぶりを演じてとうとう準決勝にまで到達。筑波大を突破するのは容易ではないが、「トップ4のチームで、今日の相手よりもチャレンジ精神を持ちやすい。しっかり自分たちのバスケットをやりたい」と、西尾コーチは前を向く。果たしてどこまで通用するか。

 慶應大は終盤までリードし続けたが、終盤に失速。4年ぶりのベスト4入りは果たせなかった。それでも現メンバーにとっては翌日からの順位決定戦も新鮮な舞台である。今年はコーチが代わり、スタイルに変化を見せつつある。それを少しでも来年以降の自信に繋げられる内容としたいところだ。

写真上:18得点の慶應大・伊藤と17得点の大東大・兒玉。白熱のマッチアップだった。
写真下:疲労もあるようだが、それでも誰もが絶大な存在だと認める大東文化大・毕。

※大東文化大・山崎選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「ベスト4の実感よりも、まだ試合ができる喜びを感じる」
もっとプレーがしたい気持ち一心に、大東大の冒険は続く

◆#99山崎渉真(大東文化大・3年・F)
141128YAMAZAKI.jpg試合前から「自分がやってやろうという気持ちだった」という。孤軍奮闘する姿は、まさにエースの冠に相応しい活躍だった。24得点だったが、もっと稼いでいる印象さえあった。これでベスト4入りとなったが、山崎本人にはそれによる強さの証明よりも、4年生と一緒にまだプレーができる喜びの方が大きいという。無欲のチャレンジのフィナーレは、果たしてどのようなものになるのか。


—ベスト4の味は、またひと味違いますか。
「そうですね。自分たちは1部に上がれなくて、あの時は勝てなかったことが残念だったんですけれど、でもこのインカレで4年生を良いところまで行かせてあげたいという気持ちもあったので。ベスト4ということには実感はまだないですね。ベスト4というよりも、まだ試合ができることへの喜びですね」

—とは言え、今日を勝つか負けるかで戦うステージも少し異なってきます。試合にあたって心がけていたことは。
「キャプテン(#28兒玉)がいつも引っ張ってくれているんですけれど、自分が引いてしまってやられるよりも、自分が何とかしようとして貰いにいってプレーした方が良いと思っているので、今日は自分がやってやろうという気持ちが強かったです」

—少し立ち上がりが悪かったですね。
「そうですね。相手が思い切りくることは分かっていたんですけれど、シュートが入らなかったことでつまずいたというのはあります」

—先ほど西尾コーチが、昨日野本選手(青山学院大#7)とマッチアップした毕選手(#20)が、疲労でなかなかリバウンド面が苦しかったと話されていました。そこは気になりませんでしたか。
「あいつもまだ1年生なので、頼るんですけれど、責任は変に背負わせないで。ダメなら声をかけてあげて、思い切りやらせてあげるのが一番かなと思います。出だしにリバウンドを取られてそこでやられたりしていたんですけれど、後半は強みであるリバウンドをもう一回修復しようとやって、その結果が点数に出たのかなと思います。これからもリバウンドもルーズボールも継続してやっていこうと思います」

—ご自身のシュートタッチはいかがでしょうか。今日は相当決めましたが。
「最初に1本入ったんですけれど、少しあがっていて(苦笑)なかなか難しかったんですけれど、徐々に決めてやろうという気持ちが強くなりました。入ってくれて良かったです」

—あがっていたんですか。
「はい、一応(笑)。最初は少し呑まれていました」

—またすぐに試合が来ます。また一段と強い相手になります。
「自分たちはワンランク下の2部なんですけれど、ここまで来た以上は思い切りやって。何度でも食らいついて、向かっていくだけなので。下を向かずに頑張っていきたいです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2014インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |