2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2014.10.18 (Sat)

【2014リーグ】15、16戦の見どころ

【1部】
東海大と筑波大のカードに注目

141011SUZUKI.jpg 今週の1部リーグは、18日(土)が2会場開催。注目の筑波大VS東海大は、明治大和泉キャンパスにて行われる。1巡目での戦いは最後まで接戦が続き、最後は東海大が劇的勝利を収めた。大黒柱の橋本が欠場した今回の戦いはどうなるか、見逃せない対戦だ。また同会場で行われる明治大と国士館大の対戦も、6勝8敗同士とあって注目カードだろう。もう一つの専修大生田キャンパスでは、慶應義塾大と法政大による1部昇格組の対決が見どころか。同会場で、下位で苦しむ専修大と白鴎大は上位チームとの対戦になるが、なんとかして金星を上げたいところだ。

 19日(日)は明治大和泉キャンパスの一会場で行われる。専修大と白鴎大に下位争いや、近い勝敗数で並ぶ国士館大と慶應義塾大による対戦など、熱戦必至だろう。また、筑波大は法政大を相手に前回のリベンジを狙う。拓殖大も東海大との対戦で、何としても土をつけたいところだろう。

写真:東海大は橋本の欠場で、鈴木やベンチスタートのメンバーらのより一層の活躍が問われる。


【2部】

大東文化大がこのまま首位を守れるかが見どころ

141011yasuoka.jpg 11勝3敗で現在単独トップを走る大東文化大は、18日(土)に日本体育大、19日(日)に早稲田大と対戦。どちらも現在ベスト4に位置している力のある相手で、1位を守るためには負けられない。2位につける関東学院大は、今週江戸川大、神奈川大が相手となる。勢いづけると厄介な相手であり、こちらも油断はできないだろう。

 下との入れ替え戦を逃れたい下位争いも、佳境に入ってくる。現在4勝10敗で3チームが並び、まだまだ分からない状況だ。18日(土)に行われる、神奈川大と中央大の対戦のほか、5勝9敗で7位につける東洋大は、立教大、江戸川大と対戦。ケガ人もいて苦しいが、下位に転落しないためにも今週は落とせない試合だ。

写真:前節では日体大にあと一歩というところを見せた江戸川大。上位に一泡吹かせられるか。


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  02:14  |  2014関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |