2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2014.06.22 (Sun)

【2014新人戦】6/22 5位決定戦 拓殖大大VS早稲田大

序盤から主導権を握った拓殖大が余裕の勝利
早稲田大は速い展開を出せず拓殖大が5位に


140622BAMBA.jpg ほぼ全員が全体チームに絡むメンバーで戦っている早稲田大。絶対的な存在感を誇る#23バンバを擁する拓殖大が相手となった5位決定戦で、どんな戦いをするかが注目となったが、この存在に苦しめられた。

 拓殖大は#9杉谷(2年・G)が好調。ドライブで先制点を決めると、#28村上(1年・C・柳ヶ浦)へのアシストも通してみせる。早稲田大はベースとなるトランジションがなかなか出せず、単発なオフェンスが続く。拓殖大もターンオーバーが目立ったが、やはり#23バンバが圧倒的な存在感を発揮。内外からのシュートでネットを射抜く。2Q序盤には#3中島(1年・F・能代工)、#13阿部(1年・F・市立船橋)の3Pが続いて早くも二桁の点差とする。早稲田大は#8新川(1年・F・京北)の連続3Pで食い下がるが、インサイドのキーマン#38宮脇(2年・C)が3ファウル、要所で#23バンバの失点を許してしまい、きっかけが掴めず。拓殖大が16点ものリードを得て後半へ。

 後半も拓殖大の流れで試合が続いた。早々に#8新川の3Pを許すも#33富山(1年・F・佐賀東)のリバウンドシュート、#23バンバの3Pが出て勢いを持続。早稲田大も#36澁田(2年・G)のレイアップ、3Pが出てオフェンスは改善させたが、#23バンバを止め切れない。#39成田(2年・G)や#33富山にもシュートを決められ点差を縮められない。拓殖大は、#23バンバはコートに残しつつも、ベンチメンバーを送り出す余裕ぶりを見せる。早稲田大は後半こそ50得点稼ぐも、前半のビハインドは覆せず、94−76で拓殖大が勝利を挙げた。

140622SHINKAWA.jpg バンバが負傷していたという拓殖大だが、やはりその存在感は絶大。このチームでは粗さもあり、優勝した筑波大には準々決勝では敗れたが、それでもしっかりと順位決定戦を勝ちきって、最低限のノルマというべき5位となった。ただ、得意の速い展開は少なく、ターンオーバーも目立った。

 早稲田大は、ほとんどのメンバーが全体チームでも主力ではあるが、インサイドではバンバ相手に苦しさが見え、池田や山本といった上級生の存在の大きさを痛感させられる内容となった。拓殖大同様、こちらも得意の速いパス回しからのフィニッシュが少なかった。石原や新川ら、選手個々のポテンシャルは高いだけにこの先に期待したい。

写真上:大会途中に負傷したという拓殖大・バンバだが、それでも抜群の活躍で得点王・リバウンド王となった。
写真下:3P王に輝いた早稲田大・新川。リーグ戦でのキーマンとなるか。

※拓殖大・成田選手、早稲田大・河合選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「プレーや声出しで少しは変われた」
上昇途上の意識づけで、レベルアップを図る

◆#39成田正弘(拓殖大・2年・G)
140622NARITA.jpg5位という結果には満足していない。1番ポジションを担うこともあり、ゲームコントロールやチームのまとめ役としての難しさに直面した大会だったが、終盤には自ら攻める感覚を取り戻してきたという。昨年からプレータイムを得続けているが、全体チームでは確固たるポジションを与えられているわけではない。変わりつつあるという意識のもと、秋に向けてもう一歩の成長を目指す。


—この結果には、やはり満足していないことと思います。
「筑波に負けて、悔しい気持ちもあります。ただ、筑波が優勝してくれれば良いかなという風にも思いますね」

—まだその悔しさを引きずっている感じですか。
「そうですね。それまでは結構楽に勝ってきたので、いきなり強いチームと当たって、試合の中でチームが立て直せなかったです。苦戦しながらでも上がっていければな、という風には思いました」

—ご自身の出来はどのように感じていますか。
「大会の中でガードをやったり2番をやったりで、色々と考えながらプレーをしていて、思うようにいかなかったんですけれど、でもチームを引っ張ったりする部分で、自分でできたこともあるのかなとは思います」

—どういう意識で引っ張ってきましたか。
「自分とバンバ(#23)が2年生で一番試合に出ていたので、試合に勝たせるという言い方はおかしいかもしれないですけれど、勝利を前にして自分たちが一番やらなきゃいけないので。プレーだったり、声を出したりする部分で、少しは変われたかなと思いますね」

—1年生とのコミュニケーション面はどうですか?。
「難しい試合の時に声が出せなかったというのは良くなかったですけれど、この決定戦に入ってからは、試合前とかハーフタイムには声をかけられたので、そこは良かったかなと思います」

—上級生のいない面の難しさも感じましたか。
「そうですね。攻めるところが全然なかったですし、上級生がいる時はパスをまわしながらちゃんとしたプレーが出来ているんですけれど、こういう新人戦ではチームが出来上がっていないので、そういう部分で自分たちがやろうとし過ぎた部分はありました。そこは新人戦ならではなのかなと思います」

—逆に、当然収穫もあったと思います。
「普通のチームでは他にも攻める選手がいるので、そんなに自分がやらなくても良かったんですけれど、今回で攻める感覚というのを少し取り戻せたかなと思います」

—トーナメントまではそういう感覚が薄かった?
「そうですね。チーム的にうまくいっていたので、自分でもやもやするようなことはなかったんですけれど、ガードとしてどういう風に組み立てていけば良かったのかなという点では、この大会ではもやもやしながらプレーしていました」

—今後2か月で修正点、改善点を教えて下さい。
「この大会で、少し自分ではミスが目立ちました。4年生がいるチームではそんなにミスをすることはないんですけれど、下級生の自分がミスをしたらチームが崩れちゃうので、そういう部分でミスなくやっていきたいですね」

-------------------------------

「考えるところが多く、今後につながる」
上級生の存在の大きさを感じ、課題の見えた大会に

◆#11河合祥樹(早稲田大・2年・PG)
140622KAWAI.jpg全体チームでも主力となっている選手の多い早稲田大としては、上位進出は夢ではなかった。しかし、キャプテンとして臨んだ大会で、6位という結果には不完全燃焼の感覚が残る。自身では応援席に座る上級生の存在の大きさを感じ取った様子。プレーの質やチームのまとめ方など、解消していかなければならない課題は多い。


—6位という結果はどのように捉えていますか。
「全体チームでも1、2年生が多く出ていたので、優勝を目指してやってきたんですが、この新人戦でめちゃくちゃになってしまって、あまり良い雰囲気ではなくて。それでもぎりぎり6位というところは、良くはないですけれど、少しほっとしているところでもあります」

—『めちゃくちゃになってしまった』というのは具体的にどのようなことですか?
「何か問題があったわけではないんですけれど、雰囲気的に。僕らは月曜に試合をして、火曜は練習をして、水曜にまた試合をしてと、1日置きに試合だったんですけれど、その練習の日の雰囲気が悪かったです。3、4年生に相手をしてもらっている中でも、本当にやるべきことが出来ないまま試合に臨んでしまいました。そのだらだらした雰囲気で試合に入って、出だしから苦しい展開というのが続きました。トーナメントでは雰囲気が良くて、それが急に悪くなってしまって、立て直せなくてめちゃくちゃになってしまいました」

—何かきっかけのようなものはあったのでしょうか。
「強いて言えば、全体のチームの時にも1年生が出ていたんですけれど、少し過信していたのかと。1、2年生だけでも電鉄杯ではやれている部分もあって、自分たちなら大丈夫だろうとなめてやっていたのが、ダラダラしたりとか、そういうところにつながってしまったのかなと思います」

—全体チームで試合に出ている上級生の存在感の大きさも感じましたか。
「それはすごく感じました。やっぱり全体チームでやっている時は慶次郎さん(#34池田)がチームを整えて、落ち着かせていて、僕がドライブした時には純平さん(#16山本)が必ず合わせにいるというのも分かっています。そういう部分で、自分でもホットラインだと感じています。そこが一つもなかったですし、4年生がベンチにいてくれることによる安心感というのも感じました」

—ボールの回り方が普段より悪かった印象もあります。
「それは僕も感じていて、本当はもっとテンポ良くボールが回って、シューターにボールが入って、それが今年の早稲田のスタイルだったんですけれど、それが急にトップで止まってしまって、それが急に僕たちがトップでピックをやるという形に変わったというか、それしかできなくなってしまいました。いつもは慶次郎さんにディフェンスが寄る分、僕らが空いていたというところもあるんですけれど、そこをみんなでカバーし合うことができなかったのが、大会を重ねて負けが重なった理由だと思います。1、2年生が出ている分、他のチームよりは良い結果が残せると思っていましたが、ポイントガードが慶次郎さんじゃなくて1年生になるというところでも、結構チームがガラッと変わってしまったかなと思いますね」

—2年生でのコミュニケーションも行っていたんですよね。
「はい。でも僕以外は言ってもらってやろうとするタイプが多くて、自分から動いて何かをするタイプじゃないところはあったので、僕が一方的に言って向こうがどう感じたのはちょっと聞けなかったです」

—ということは、今回のキャプテンの役割は大変だった?
「そうですね。実際のところ大変でした(笑)。キャプテンとして何かが出来たかというと、今大会は何もできなかったかなと思います」

—そういう状況でも6位になりました。収穫はどのようなことでしたか。
「正直、チームとしての収穫があったかと言ったらそうではなかったんですけれど、自分個人としてはキャプテンもやって上手くいかないことも多くて、でもガードとしても試合に出ている選手としても、声を出してチームを鼓舞することとか、そういうことをやっていかなきゃいけないです。この新人戦ではそういう部分で考えるところが多かったところが、今後につながるかなと思います」

—技術面での課題はありますか。
「慶次郎さんと僕がボールを持つ時間が今年のチームは長いですが、そこで僕はドライブの方が多いと思いますけれど、そこでキックアウトしてアシストするとか、ストップシュートとか、ずらしのシュートとかをやって。今は強引なドライブとか、ちょっとしたパスとか、そういうことしかないので、もっとその精度を上げるとともに、色んなプレーをできるようにして、その精度も上げていきたいと思います」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2014新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |