2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2014.05.30 (Fri)

【2014トーナメント】5/30 9位決定戦 日本大VS大東文化大

出足で苦しんだ日本大はビハインドを覆せず
大東文化大が終始リードで9位を獲得


140530be.jpg 昨年度に続き今年も行われた順位決定戦の、ベスト8以下では最高位となる9位をかけて対決したのは2部同士、日本大大東文化大となった。注目のインサイドは2m対決に注目が集まった。日本大の#24刘(3年・C)と大東文化大#20毕(1年・C・中部第一)は1Qからゴール下で激しいぶつかり合いとなった。しかし日本大は立ち上がりにシュートミスが続き、わずか5得点。大東大は#99山崎(3年・SG)の3Pが2本決まったこともあって5-16とリードを得ると、2Q以降も逆転は許さずゲームを進行していった。

 日本大の得点源は#24刘とそして#14高橋(2年・SG)。#24刘はインサイドに#20毕がいる分、このポジションで優位とはならず、この日は#14高橋の当たりもなかなか来ない。ガードの#29上原(3年・PG)が1対1を仕掛けて決める場面もあるが日本大は2Qも8得点に終わる。大東大もロースコアながら速攻やアウトサイドも入って前半を終えて13-28とリード。

 3Qに入るとようやく日本大は#14高橋の3Pが入って反撃の口火を切った。大東大も譲らず#20毕のアシスト、#99山崎のバスケットカウントなどオフェンスの流れは切らさず。日本大はこのQだけで3Pが4本入るが、#24刘が4ファウルとなり、苦しい状況に追い込まれてしまった。10点以上のリードを得て4Qに入った大東文化大は、そのままリードを許さず単発に終始する日本大を引き離す。日本大は#14高橋が攻めていき、#24刘もスティールからダンクを見せるが、大東大も#20毕がゲームの最後は3Pで締めて48-66でタイムアップ。大東文化大が勝利して昨年の14位より順位を上げて順位決定戦を締めくくった。

140530uehara.jpg 大東文化大はルーキー毕が加入したことで、チーム状況が大きく好転した。リバウンドが安定し、それによりアウトサイドは余裕を持って打てている。また、ドリブルも上手く3Pまで打てる毕は、プレー幅が広く相手ディフェンスにとっては厄介な存在だろう。ベンチも厚く今年の躍進が期待できそうな結果となった。

 日本大は昨年度の16位よりランクアップしたものの、エース頼みになる点で明暗を分けた。高橋、上原、刘の3人が柱だが、困ったときはどうしても1対1に終始してしまう。能力ある選手は多数揃っており、チームプレーに磨きをかけていけるかも大事なポイントになるだろう。

写真上:見応えのあるマッチアップとなった日本大・と大東文化大・毕。
写真下:上原のガードとしての働きも今後の日本大が勝つための鍵となる。

※大東文化大・兒玉選手、日本大・高橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「キャプテンになって、弱さの部分は切り捨てていく」
確かな収穫を自信に、勝負の秋へ臨む

◆#28兒玉貴通(大東文化大・4年・主将・PG)
140530kodama.jpg昨年からメインガードを務め、今年はキャプテンに就任。このチームの全てにおける中心的存在である。昨年の2部降格には少なからずの責任を感じていたようだが、後ろ向きな姿を決してチームには見せない。ベスト8入りはならなかったが、すぐに切り替えて順位決定戦を戦い抜き、9位の座を手にした。1部復帰にかける秋のリーグ戦を戦うための足がかりとなりそうだ。


—まずは、今大会を振り返ってのご感想をお願いします。
「ベスト8、ベスト4には入りたかったんですけれど、拓大に負けてしまって。でも、それ以外には勝てた収穫は大きいと思うので、そこはチーム的には良かったです。個人的には本当に周りに助けられた大会だったなと。そこは本当にチームに感謝ですね」

—拓殖大相手にも、そこまで悪い内容ではなかったのかと思いますが。
「でも、拓大も最後はベンチメンバーを出してきたので。2Qにブレイクで一気に点数を取られて、そこでの点差で後半に影響してしまったので、その勝負どころを止めきれなかったのが敗因ですね」

—大東大も、ブレイクの展開に持ち込みたかったと思いますが。
「そうなんですけれど、バンバ(#23)のところからワンパスでワンマン速攻に出られることに対応しきれていないというか。セーフティの部分で問題があって、課題だったリバウンドは良かったんですけれど、その分そこができていなかったです。ただ、改善していけるところではあるなと思います」

—負けた後には、そのあたりは修正に入った感じですか?
「そうですね。でも、今やっているリバウンドとルーズボールをやめてセーフティに行くよりも、リバウンド自体の本数が今年は上がってきています。そういった良いところはどんどん伸ばしていって、セーフティは自分とかのガード陣が気づいてやればケアできるところではあるので、そこは敢えてリバウンドをやめるのではなく、どんどん継続していきながら良いものにしていこうという話をやりましたね」

—リバウンドが良くなったというのは、毕選手(#20)が入学してきた部分が大きいですか。
「大きいですね。1年生なんですけれど、頼れる選手です。あいつがいるのといないのとでは大きく変わってくるので、本当にあいつに助けられた部分が多かったと思います」

—練習などでのチームの雰囲気はいかがですか。
「今年は2部からのスタートということで、チャレンジャー精神で、全員がしっかりやっていて雰囲気が良い状態でトーナメントまでやってこられました。それは良いことですし、継続してやっていければいいなと思います」

—昨年もベスト8には入れませんでしたが、順位は相当上がりました。去年とは何が違っていますか。
「今年はチーム全体でリバウンドの意識が本当に上がったのと、ディフェンスのところで去年よりもハードにできるようになったし、そういうところですね。あとはチームの雰囲気的には切り替えもしっかり良い状態でできました。あと、オフェンスは思い切りよくやろうと話していたので、そこで9位という結果が出たのは、去年とはそういうところが違ったのかなと思います」

—それぞれの選手たちの能力や個性が噛み合ってきた印象もあります。
「今年は、割と去年よりもどこでも点数が取れて、センターは外に出られるし、ガードもフォワードに中に割ってシュートにも行けるし。去年がそうじゃなかったわけではないんですけれど、そこはガードをやっていても安心して任せられる部分は多いです。各々が自由にやりながら合わせられているので、フリーランスの部分も練習してきたところではあるし、そういうところは試合に出たんじゃないかなと思います」

—兒玉選手(#28)には意識の変化はありますか。
「去年も試合には出してもらっていたんですが、弱さが多く出ていましたね。今年キャプテンという立場になって、そういう部分は切り捨てていかないといけないし、コートもベンチも含めてチームを引っ張らないといけないし、そこをしっかりと誰よりもやっていこうとは思っています。でもバスケット的には周りができる選手ばかりなので、自分が無理にやるよりも周りをどんどん使っていくバスケットをやっていければな、と思っています」

—今日は、兒玉選手と毕選手のポジションが、あまり代えが利かない印象もありましたが。
「毕のところはあれだけ大きくて3Pを取れる選手はそういないので、場面場面であいつじゃないとダメな部分もあるんですけれど、今日は控えの島元(#30)とか渡部(#7)とかも、出ても流れを切らずに大東のバスケットができるプレイヤーなので、控えがいないということは特にはないです。ガードも寺崎(#17)と吉山(#18)は、自分のプレーを出せるやつらなんで、そこで自分じゃなきゃいけないということはないです。自分が出るなら一生懸命やりますけど、あいつらもあいつらで、結果は残してくれます。そこは問題ないですね」

—ただ、経験の部分では、やはり兒玉選手は大きな存在のように思います。
「そうですね。去年戦わせてもらったのは、自分の中でも大きな経験になっていると思います。そこを出さないと、自分はこういう身長だし、そういうところでチームを引っ張っていかないといけないです。そこは控えのやつらに負けられない部分ではありますね。人一倍気持ちを強くしてやっていますね」

—去年メインガードを務めながら、2部降格となりました。やはり責任を感じた部分はありましたか。
「ありますね(苦笑)。あんまり思い出したくないんですけれど、自分のところで力があったら、結果はどうなったかは分からないですけれど、もっともっと良いゲームとか、良い内容でバスケットができただろうなと本当に感じています。かと言って、今年それを全部補えているわけではないんですけれど、良い言い方をすればそういう経験をさせてもらえたというのは、今年の自分の中では大きなものになっていると思います。そういうところをどんどん持ち味として出して、やっていかないといけないです。絶対に1部に上げてやろうという気持ちで頑張っています」

—卒業生で活躍している岸本選手(12年度主将・現bj琉球)や遠藤選手(11年度卒・現NBLリンク栃木ブレックス)たちも、2部から這い上がってきましたよね。
「先輩たちもそういう経験をしてきてから活躍をしているのは、自分たちと同じ境遇というか、そういうことを経てああいう輝かしい選手になっているので。自分たちは今年で終わって1部でできないは残念ですが、来年のやつらのために1部に上げるというのが、自分たちの最大の仕事であり使命です。このままずるずる引っ張るのではなく、1年でスパッとチームで力を合わせて1部に上がれたら、と思います」

—全体チームでの次の公式戦は、2部でのリーグ戦です。そこに向けて、今後高めていきたい部分は。
「さっきも言ったんですけれど、リバウンドとルーズボールはずっと課題にしてきたので、ここで満足するんじゃなくて、拓大などのベスト4のチームが大学で一番強いチームなので、そこを目指して越えられるように頑張っていかないと、チームは上がっていかないと思います。良いところは継続してやっていくのと、シュートが入れば良いんですけれど、入らない時にどう頑張るのかということ。根本的なシュート力も、個人個人、自分もそうなんですけれど、確率がトーナメントは悪かったので、変えていかないといけないと思います」

-------------------------------

「周りを生かしながらやらないと」
チームプレーの向上が今後の勝利の鍵

◆#14高橋耕陽(日本大・2年・SG)
140530TAKAHASHI.jpg5月上旬の京王電鉄杯はケガで欠場し、チーム合流は大会の少し前、調整という意味では遅れた感触はある。シュート能力、1対1等、個人の能力としては折り紙つきだ。昨年はルーキーで比較的自由な環境にあったとはいえ、2部リーグ得点王としてあと一歩。チームを引っ張る攻撃力を見せた。2年目となり今年は相手のマークも厳しくなるだろう。そこからひとつ上の段階のプレイヤーになるには、まだ多くのことを身に付けなければならない。楽な環境ではないが、それを打破していくことが自分の力になる。将来を見据えて、大きく成長して欲しいプレイヤーだ。


―前の試合でたいいことろでシュートが入りましたが、今日はなかなか当たりが来なかったですね。
「そうですね。流れをつかむのがちょっと大変で。前半の出だしが今日は悪くて、3Qの最初が今日は悪くて、青学戦の最初もそれでやられました。1Qと3Qの出だしは今課題ですね」

―いつからそういう傾向に?
「去年から少しずつというのはありますね。去年はリーグの前半戦は良かったんですが後半戦からそういう状況になってきています。もう少し落ち着いてやらなければ勝てないと思います」

―京王電鉄杯は欠場しましたが、その後は。
「練習は2週間半ほどは休んでいました。本当は京王電鉄杯で少しずつ調整したかったんですが、上原さん(#29)もケガがあったりして、その中でもチームはやってくれていたんですが、そこにいきなり入った形なのでそれも大変だったかもしれないです」

―そういう状況で昨日の明治大戦は良かったとは思いますが。
「昨日は気持ちも切れないで、あの接戦の中で勝てました。みんな落ち着いてプレーできたし、前半は自分も何もしてなかったし、その分後半は頑張りました。ああいう風な形を途中、途中でやるんじゃなくて、最初から最後まであれをやれるチームになれば、絶対上には行けると思います」

―坂田選手(昨年度主将)が抜けましたが、その点はどうでしょうか。
「やっぱりリバウンドが大きいですね。打ったら必ずリバウンドを取ってくれていたので。今は刘さん(#24)だけなのでちょっとキツいのはあります。そこに伊藤さん(#18)が入ってくれて、伊藤さんもリバウンドを頑張ってくれています。でも中の人たちだけにそれを任せてしまうと厳しいので、外の選手も飛び込んで取らないとダメだなと思います。今日の敗因はリバウンドですね。前半はみんなリバウンドに行っていなかったし」

―毕選手(#20)にやられたというよりは、みんなのリバウンドの意識が低かったということでしょうか。
「そうですね。あとはひとりのマークに対してカバーに行き過ぎたりして、その分ほかが空くというのが何度も続いたのがダメでしたね」

―今年はチームのエースとして期待も昨年よりかけられているのでは。
「ガードがもう少し安定してくれば、自分と上原さんが2、3番をやればだいぶチームも落ち着くと思うんです。点数はふたりとも取れるし、それも考えながら自分だけが攻めるんだけじゃなくて、周りを生かしていくのが大事かなと。ふたりともそこが課題です。自分で攻めていけるのはわかっているので、それを考えてやらないと。ディフェンスにマークにつかれるのはこれから当たり前になるので、考えながらやっていって勝ちたいです」

―次は新人戦ですね。昨年と比べてチームの中身はどうでしょう。
「上背がないので機動力のバスケットになると思います。みんな走れるので、コントロールするときはして、自分たちでゲームを作っていって走るしかないと思います。インサイドもカバーしながらやる形になると思います。みんなで声を出しながら、自分たちのバスケットをやっていきたいです」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2014トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |