FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.09.30 (Sun)

9/30 関東大学2部リーグ 第5週 第2戦 國學院大VS神奈川大

國學院大54(12-19,21-10,8-20,13-27)76神奈川大
0930ishikawatanuki第1戦同様、立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられ、得点が伸びない。1Qは神奈川大が7点のリードを奪い最高の立ち上がりを見せたが、2Q序盤、國學院大は#15大熊(2年・SF)の3P、#11須永(3年・PG)のジャンプシュートが決まりじわりじわりと神奈川大に詰め寄っていく。そして残り4:45、國學院大は#14粟根(2年・SF)のゴール下の得点で23-23の同点に追いつく。しかし、神奈川大#2綿貫(2年・G)が、ディフェンスの厳しい中レイアップを決め、逆転を許さないが、國學院大も#14粟根がドライブを決めて譲らない。残り3分を切ると神奈川大はファウルを連発。流れが徐々に國學院大に傾きかける。すると、残り1:07で國學院大は#11須永のアシストから#12成田(3年・PF)がゴール下で得点し、逆転に成功。神奈川大はタイムアウトでその流れを断ちたいところだがミスが出てしまい、逆に國學院大に得点を決められ、4点ビハインドで後半を迎えることになった。

3Q、神奈川大のディフェンスが光る。國學院大は神奈川大の激しいディフェンスの前にシュートを打つことが出来ない。また、ファウルがかさんでしまい前半までの流れを引き戻すことが出来ない。対する神奈川大は、#11内藤(1年・C・興誠)のバスカンや、全員でルーズボールを繋ぎ、#1蓮見勇紀(2年・G)が3Pを沈めるなどして再び逆転に成功する。なかなかリズムが作れない國學院大は#11須永が全員に「普通にやろう!」と声を掛ける。しかし、直後に24秒オーバータイムを取られてしまうなど依然としてペースを掴めないまま。そんな國學院大を尻目に神奈川大は#10石川(2年・F)のゴール下、更には#45川上(3年・F)のアシストから#2綿貫が得点し國學院大をじりじりと離していく。神奈川大は3Qの流れをそのままに4Qも立ち上がりから#10石川、#11内藤らインサイド陣が得点を重ね、14点差をつける。國學院大はタイムアウトを請求するが、反撃の糸口を見つけることが出来ない。更にファウルもかさみ、國學院大の選手はフラストレーションが溜まる一方。残り3分を切って、13点差。國學院大はオールコートプレスと仕掛ける。すると神奈川大は焦りからかボールが回らなくなり、ミスを連発。しかし、國學院大は簡単にファウルをコールされてしまい、流れを掴みきれない。神奈川大はもらったフリースローを着実に決めていき、國學院大を離していく。結局、國學院大は最後まで点差を詰めることができずに敗退。神奈川大はリーグ戦初勝利を飾った。

前半は互角の戦いを展開する神奈川大だが、後半の立ち上がりに相手に大量リードを許し、そのまま敗退というケースが多かった。しかし、この試合では後半の立ち上がりにディフェンスを頑張り、得点の面ではガード陣に頼りきりということがなかった。また、ルーズボールやリバウンドなど地味なところも全員で頑張った結果が、リーグ初勝利に繋がったといえよう。残りは共に高さのある中央大と白鴎大のゲームが待っている。高さで劣る神奈川大だが、一生懸命さを全面に表す“神大ディフェンス”を期待したいところだ。

神奈川大・石川選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

◆#10石川 協(神奈川大・2年・F)
0930ishikawa攻守共に積極的にプレーし、チームの勝利に大きく貢献した。
いつも叱られ役だが、今日はお叱りも受けなかった様子。
試合中は涼しい顔をしてプレーしている石川。しかし、
“実はアガリ症で、色々言われると頭の中がごちゃごちゃになる(笑)”
と意外な一面があることを明かしてくれた。

―ようやく勝ちを掴みましたね。
「長かったです(笑)。でも、すごく嬉しいです!勝った瞬間はホッとしました」

―今日は積極的に攻めていましたね。
「そうですね。今日は結構いい感じで攻めることが出来ました。今までも積極的に行っていなかったというわけではないんですが、気持ちの面で沈んでしまうことが結構あって。やっぱり負け試合が続くと、どうしても気持ちの面で落ちてしまうんですよね。それは僕に限ったことじゃないですけど。でも、その中で皆で声掛け合ったり、ミーティングしたりしてなんとか頑張ろうって。みんなで気持ちを繋いだ結果ですね」

―リーグ序盤は幸嶋監督に「戦え!」と怒られていることもありましたね。
「そうですね。タイムアウトとかでベンチに戻るとまず怒られました。“戦え!”って。自分では一生懸命やっているつもりでも、自分は波があるから。いや、波がありすぎるから、幸嶋さんに怒られてしまうんですよね。怒られると結構凹んだりするんですけど、試合中はそんなことを考えている余裕もなく。とにかく精一杯やることだけを考えていたんですけど、それが伝わらないというか。自分でももっと観ている人の心が動かせるようなプレイヤーにならなきゃいけないなと思いますけど、なかなか難しいですね(苦笑)」

―今日の勝因は何だと考えますか?
「ディフェンスですね。でも、ディフェンスで我慢できてるときにオフェンスで点が取れないのがちょっと苦しいところ。今後はディフェンスで我慢できてるときにオフェンスでどれだけ頑張れるかっていうのが課題ですね。1戦目はそれができなかったんですけど、今日は比較的にそれができて。だから勝ちに繋がったんだと思います。あとは、困ったときに瞬(綿貫)、困ったときに勇紀(蓮見)っていう風になるんじゃなくて、困ったときに自分がボールを持ったら攻められるようにしていかないといけないなということも感じました。3~5番の選手がもうちょっと点を取れるようになると、あいつらの負担も減るし、もっとギリギリで戦えると思うんですよ。うちはギリギリで戦って、ギリギリで勝ちたいっすね」

―今後は“困ったときは石川!”となるように頑張らないといけませんね。
「結構厳しいっすね(笑)。でも、練習中からそういう意識を持ってやることは本当に大切だと思います。困ったときは瞬(綿貫)、困ったときは勇紀(蓮見)ってなりがちなところを“自分が!”ってなっていければと思います」

―疲れなどはいかがですか?
「相当やばいっす…。でも、去年よりは寝れているので(笑)。去年は、試合前は緊張で眠れなかったんです。体は疲れているはずなのに、緊張の方がそれを上回ってしまって。今年ももちろん試合前は緊張するんですけど、去年ほどではなくなりました(笑)」

―アガリ症なんですね(笑)。
「そうなんですよ(笑)。アガリ症もあってその上に色々と言われてしまうと、頭の中がごちゃごちゃになって、“あぁ!!”ってなってしまうんですよね。メンタル弱すぎですね(苦笑)」

―メンタルと言えば、綿貫選手が“神大に足りないのは気持ちだ!”と言っていました。
「本当にそうだと思います。まぁ、瞬(綿貫)はすごい気持ちを持っていて、毎試合それが全面に出てる。あれだけ気持ちをむき出しにできるのもすごいけど、でもそれくらいやらないとうちは勝てない。僕は瞬のように気持ちをむき出しにすることはできないけど、瞬のような強い気持ちを持つことは出来る。少しでも瞬に近づけたらと思います。それにしても、試合中のあいつの顔は怖いっすよね(笑)。普段はいい奴なんですけどね」

―あと2週ですが。
「そうですね。全勝したいですね。中央と白鴎…。高さで劣っていることには変わりないですけど、なんとかして勝ちたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:20  |  2007リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |