2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.12.01 (Sun)

【2013インカレ】12/1フォト 専修大VS白鴎大

131201senshu.jpg
勝負を制し、笑顔の専修大の面々。


[続きを読む]

131201uto.jpg
勝利の瞬間、専修大・宇都がガッツポーズ。試合後の記者会見でもインタビューでも「本当に嬉しい」と何度も繰り返し、その勝利の大きさが全身から溢れ出ていた。


131201tashiro.jpg
3本の3Pを決めた専修大・田代。最終戦はファウルもなく得点源として活躍。


131201watanabe.jpg
大会を通じてリバウンドで魅せた専修大のルーキー・渡辺は5試合で57(OR28-DE29-TO57)リバウンド。ベスト4以上しか個人賞としてはカウントされないルールのため「リバウンドで日本人1位」は幻となったが、1位の白鴎大・ジャニに次ぐ数字を残した。


131201minato.jpg
大会を通じてポイントで活躍した専修大・湊。


131201uto2.jpg
ノールックパスを出す専修大・宇都。この1年はガードとしての経験を積んだ1年でもあった。


131201fujioka.jpg
専修大・藤岡は11点8リバウンドで貢献。


131201osawa.jpg
終盤のフリースロー獲得に笑顔の専修大主将・大澤。2本目のシュートをわざと外すつもりが入ってしまい、チームメイトに苦笑いをさせるちょっとした見どころも作った。


131201senshu2.jpg
ゲーム終盤、勝負どころのシュートを決めてベンチへと飛び込む専修大・宇都。この日は35得点。ケガで本来の動きができない中、最終日にはこれぞ宇都、というビッグプレーを連発してチームを勝利に導いた。


131201hakuoh.jpg
ハドルを組む白鴎大。5位は逃したが初のベスト8に食い込み、6位という立派な結果を残した。5部からスタートし、長い年月をかけてここまで到達したことを賞賛したい。


131201hoshino.jpg
大会を通じてメインの司令塔として貢献した白鴎大・星野。


131201issa.jpg
白鴎大・ジャニは春から格段の進歩を見せた。今後にも期待したい。


131201ohkama.jpg
3Qで見せ場を作った白鴎大・大釜。


131201tanaka_201312071151499de.jpg
白鴎大の主将・田中。最後は勝利ならなかったが、いつも笑顔でプレーし、バスケットを心底楽しんでいる様子が伝わってきた。


131201yamagawa.jpg
4年生として、最後の大会として懸ける思いの強さを見せた白鴎大・柳川。


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2013インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |