2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.12.01 (Sun)

【2013インカレ】11/30レポート(順位決定戦)

逆転ゲームに沸いた順位決定戦
5位決定戦に進んだのは白鴎大と専修大


 インカレも残り2日。週末とあって多くの観客が代々木第二体育館に集まる中、ファイナリストを決める準決勝2試合と、5〜8位決定戦の2試合が行われた。4試合ともどちらに勝負が転ぶかまったく分からない白熱のゲームが続き、見応えある一日となった。

※準決勝の明治大vs青山学院大、東海大vs拓殖大は別途掲載します。


【白鴎大がルーキーの活躍もあり筑波大を下す】
131130issa.jpg 白鴎大筑波大が順位決定戦で相まみえた。リーグ戦の対戦成績は1勝1敗。試合は筑波大が流れを掴んで3Qまでリードを奪ったが、白鴎大が巻き返して競り合う形となった。

 1Qは16−16とスコア的には同点だったが、流れの良い筑波大に白鴎大が食らいつく形だった。#21笹山(3年・PG)を起点に軽快なトランジションゲームを出す筑波大に対して、白鴎大は固さも見えてシュートがこぼれる。#5柳川(4年・SF)のバスケットカウントや#28川邉(1年・F・高岡工芸)の3Pで追いすがるが、2Qに入って#21笹山がボールを積極的にまわりへ供給し、#32武藤(4年・C)が攻め気を見せた筑波大がじわじわリードを広げた。白鴎大はこのQ11点に終わり、34−27で入った3Qには序盤に最大11点差をつけられる。

 しかしここから白鴎大も反撃した。#23ジャニ(1年・C・八王子)がインサイドで体を張り、外からは#5柳川と#15白濱がドライブ。ディフェンスでもこのQの失点をわずか9点に抑えて43−42で4Qに入ると、競り合いが続くが残り3分には#5柳川の3Pが決まって6点リードに成功した。だが筑波大は#21笹山が集中を切らさず連続得点、さらに残り1分半には#32武藤の速攻で再逆転する。白鴎大もフリースローや#23イッサのリバウンドシュートで対抗し、残り40秒の時点で同点に。するとこの緊迫した状況の中、勝負を決めたのは白鴎大の下級生だった。#23イッサがしっかり面をとってバスケットカウントを獲得すると、この1ショットのリバウンドを#28川邊がもぎとって勝利を大きく引き寄せる。そのまま56−60で逃げ切り、5位決定戦へと駒を進めた。

 昨日に続いて悔しい逆転負けを喫した筑波大。ハマったときは大きくリードを奪える実力を持っているが、流れを40分間持続させることが難しく、後半一度崩れるとなかなか立て直しが効かない展開がこの2試合続いている。明日は天理大との7位決定戦。気持ちを切り替え、3連敗は避けたいところだ。
 
 白鴎大は試合の中で波も見えたが、最後は大事なところでリバウンド勝負に勝り勝利をものにした。次はリーグ最終戦で悔しい負け方をした専修大が相手。どの選手からも「リベンジしたい」という言葉が聞かれるだけに、どのような戦いぶりでインカレをしめくくるか注目だ。

写真:チームを救った白鴎大・ジャニ。

※白鴎大・柳川選手、星野選手、川邉選手のインタビューは「続きを読む」へ。

 
【田代の連続3Pが決め手となり専修大が逆転勝ち】
131130SENSHU_20131201091623292.jpg 拓殖大に大差で敗れた天理大と、東海大相手に良さを示しながら惜敗した専修大。前日の内容を踏まえれば専修大ペースかと思われたが、前半は天理大のディレイドがぴたりとはまった。エース#18相馬(4年・SF)のシュートが次々と決まり、絶対的高さを誇る#6サイモン(2年・C)のローポストにもボールを集めて着実に加点していく。専修大は、コンディションが万全ではない#11宇都(4年・G)が決めきれず、他のメンバーも#6サイモンを擁する天理大のディフェンスに対して対応に苦しみ単発なオフェンスに終始。2Qに入ると#11宇都がフリースローをもらい始めるものの、この確率が上がらずになかなか天理大の尻尾を捕まえられない。完全に主導権を握り留学生を下げる時間もあった天理大が、前半は11点をリードする展開になった。

 しかし、後半から専修大は見事な立て直しを見せた。#6サイモンの動きを自由にさせず、#6渡辺(1年・SG・福岡第一)がしつこくリバウンドを狙い始めて徐々に自分たちの流れに。前半に確率の悪かったフリースローを#11宇都がしっかりと決め始め、#6渡辺のバスケットカウントも出てコツコツと詰め寄る。3Q残り4分、#11宇都がレイアップを沈めて同点とするや、天理大はゾーンディフェンスを織り交ぜて対応する。だが、ここで一気に勝負がついた。#24田代(2年・F)が連続で3Pを決めて引き離しに成功。このQ4得点に終わった天理大に大きなダメージを与えた。4Qは専修大がほぼ一貫して焼く10点の差を維持。天理大は最後はファウルゲーム気味に当たりにいくが、ことごとくフリースローを#11宇都に決められてはなす術がなかった。最後はメンバーを全て4年生として66−56とした専修大が笑顔で試合を締めくくり、2年続けて5位決定戦に進出することとなった。

写真:床に倒れ込みながらもバスケットカウントを獲得した専修大・渡辺を、宇都が助け起こす。

※専修大・藤岡選手、田代選手のインタビューは「続きを読む」へ。

 

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「4年生の責任を果たしていく」
最後の戦い、チームに何を残せるかを考えて

◆#5柳川 龍之介(白鴎大・4年・SF)
131130yanagawa.jpgリーグ戦では不調で自分でも納得がいかない様子だったが、インカレでは本来の柳川らしい伸びやかなレイアップやアウトサイドでチームに貢献している。インカレまでは1日4時間の練習をこなし、戦いに備えてきた。そうして築き上げられた体力と練習をしてきたのだという自信が今の白鴎大を支えている。
4年生として、と何度も繰り返した柳川。チームに伝えるもののを意識し、最後の戦いに挑む。


ー勝ち切りましたね。
「うれしいです。その一言です」

ー前半はリードされましたが、昨日の負けで気持ちが落ちていたのはありますか?
「昨日は正直白鴎のバスケットスタイルを貫き通せたことは証明できました。負けたあとの試合ってモチベーションが下がるやつは多いと思います。うちは負けても5位を目指そうという気持ちが感じられていたのでそういうことは考えていなかったんですけど、相手に合わせちゃう癖があって前半は筑波のペースになったのかなと」

ーじわじわ詰めていけたのは諦めていなかったということですね。
「筑波はみんな上手なので最後は体力で勝つぞということをみんなの理解のもと監督も言っていたし、後半もトランジションで行くぞと。点差が離れていても後半勝負なのはわかっていたので、ネガティブな感じはなかったです」

ー最後は柳川選手のシュートも良かったですが、1年のジャニ選手(#23)と川邉選手(#28)がいい働きをしましたね。
「1年生はすごくフレッシュにやってくれていて、そういう地味なことをやってくれている選手がいてみんなも刺激を受けています。信頼もしているし、それをリーグ戦をはじめここまで築きあげてきたし、最後はああいう大事なところでやってくれたのも信頼関係のおかげかなと」

ーその中で4年生として柳川が心がけていることは。
「自分は声とかで引っ張るタイプじゃないのでプレーですね。オフェンスがダメでもディフェンス、ルーズボールやリバウンドみたいな小さいところを見せたいです」

ーインカレ前はすごく練習してきたそうですが、コンディションはいかがですか?
「リーグ戦では悔しかったし、そういう意味ではそれを跳ね返そうと自分ではうまくコンディション調整はできたかなと思っています。連戦なので体はキツイですけど、4年の集大成なので支えきって後輩に来年もこういうふうに戦うんだよという姿勢を見せて来年にもつなげて欲しいので、もしダメでもディフェンスとかで貢献していければいいかなと思っています。でも調子としてはいいと思います」

ー前の試合では手詰まりの時はお前がいけ、というふうに田中選手(#10)に言われたということですが。
「最後やるのは4年生ということは重々わかっています。前の青学戦は白濱がファウルトラブルだったし、切り込んでいくのは自分だし4年の責任もあります。そういう意味で田中が言ってくれたのかなと。背中を押してくれたというか。ああいう言葉をもらうと心強いし、ああいうことを分かってくれて言ってくれたのはうれしかったです」

ー今日はいい試合ができて次につながりましたね。
「悪い試合のあとを切り替えられない難しさはわかっていたので、今日は40分間相手のペースが多かったですけどその中、最後の最後で勝ち切ることができました。リーグ戦が終わってからの練習の成果かなと思います」

ーあと1試合ありますが。
「勝って終わりたいです。それだけです。悔し涙ではなく嬉し涙でやりきったな、このインカレと思えるような終わりにしたいです」

--------------------------------

「競っている場面でも自分の冷静さは失わずに」
勝負所でも落ち着いてコントロールを担う司令塔

◆#14星野和希(白鴎大・3年・SG)
131130hoshino.jpg今大会ベンチから出るシックスマンとして司令塔を務める星野。3PシューターでもあるスタメンPGの田中に比べ、ボールをまわしてゲームを組み立てる立場、そしてアグレッシブなディフェンスに徹しており、こうしたガード陣の色の違いも流れを変えるひとつの武器になっている。この日は終盤の大事な場面でも、緊張感を押し隠して落ち着いた様子で試合を組み立てた。
来シーズンは最上級生となるが、今はまだあまり今後のことは考えられない様子。目の前のゲームを一戦一戦戦い、上を目指してほしい。

 
―筑波大に逆転勝利となりましたが、試合を振り返っていかがでしたか?
「自分はこの大会シックスマンとして出ているんですけど、今日は出だしがみんな重かったと思います。そこでうちの足を使ったディフェンスから速攻を出すというトランジションに持ち込もうという話になって、後半はみんな足が動いてきたし、白濱さんとか柳川さんが得意のドライブで点を取っていってくれたので、最後粘り強く逆転できたのかなと思います」

―出だしが重かったのは、昨日の敗戦を少し引きずる部分もあったのでしょうか。
「いや、引きずることはなかったと思うんですけど、大会もここまで来てたぶんみんな疲労もあるだろうし、そこでシュートが入らなくて。そこでちょっと気持ちが切れた部分がありました。でもそこで我慢できたし、自分もベンチから見ていて出番がきたらみんなで足を動かしてディフェンスから我慢していこうと考えていました」

―相手チームは笹山選手がキーマンのひとりですよね。
「そうですね。昨日の明治戦からずっと当たっていたので、そこの笹山くん(#21)のところと、あとは坂東くん(#14)のところをしっかり抑えるようにベンチからも指示が出ていました。今日も結局最後笹山くんにやられてしまったんですけど、そこまではふたりに点を取らせないように一応頑張りました」

―今日は最後、下級生の奮闘が光りましたね。
「そうですね。亮平(#28川邉)とかイッサが最後良いところでリバウンドをとったり点をとったりしてくれたのでそこは本当に助かったし、この大会はマンタス(#10)がすごく良い活躍をしているので、そこの3人のリバウンドとか活躍があってこその勝利だったと思います」

―星野選手は競っている大事な時間帯でもガードを任される形になりましたが、緊張感などはありましたか?
「いやまぁ、インカレの期間中はずっと緊張しているんですけど…(笑)。初戦から、負けたら4年生の引退がかかっていたので。でも競っている場面でも自分の冷静さは失わずに、コントロールして、2人に点をとらせるように自分がセットプレーを組み立てるだけかなと思っています」

―星野選手は試合中も落合コーチからいろいろ指示を受けてコミュニケーションをとっているように思いますが。
「そうですね。ガード陣は、嘉郎さん(落合コーチ)や謙介さん(佐藤コーチ)から『次はこのセットプレーをやれ』とか、試合に出ていたら結構任されている部分があるので。自分も次何したらいいだろうとか迷ったら、嘉郎さんとか謙介さんに相談して聞くようにしています」

―試合に出たらこれをしよう、と心掛けていることはありますか?
「自分が出たら、ディフェンスをハードにやって勢いをつけて、オフェンスではコントロールして柳川(#5)さんや白濱さん(#15)に点を取らせるように心掛けています」

―先ほど緊張しているという話がありましたが、インカレ全体を振り返っていかがですか?
「ベスト8に入ってオールジャパンに出ることができたのは良かったんですけど、本当に青学を倒すためにリーグ戦が終わってからこの1カ月くらい練習してきました。それでも結果負けてしまって悔しい気持ちはありますが、4年生と一緒にできるのも最後なので、最後は5位になって良い形で終わりたいです」

―まだ気が早いかもしれませんが、4年生が抜けた来シーズンのことを考えることもありますか?
「来年のことは…白濱さんと柳川さんが抜けたらその分をどこで点とろうとか、そのあたりの不安は少しありますけど、来年は来年でまた新しい白鴎のカラーができると思います。今年はあのふたりが点をとって頑張ってくれるチームで、自分たちもそれについて行くだけなので。来年のことはまだ考えられないですね」

―明日は5位決定戦です。
「専修と天理のどちらかと戦いますが、もし専修がきたら、リーグ最終戦で負けた相手なので。リベンジを狙って、勝って5位で終わりたいと思います」

--------------------------------

「後半も決められるように勝負強さを身につけたい」
シュートとリバウンドに徹してチームに貢献

◆#28川邉亮平(白鴎大・1年・F・高岡工芸)
131130kawabe.jpg残り30秒を切った終盤の勝負所、ジャニのバスケットカウントを演出するパスを出したのが彼であり、その1ショットのオフェンスリバウンドまでもぎとる集中を見せた。1年生らしくやるべきことが定まっているからこそ、思いきりのいいプレーで良い働きをしている。シュートも上手く、まだまだ大事な場面では決められていないと課題を口にするが、大舞台でも固さがとれるにつれてしっかりと決めている印象だ。1年に1度の大舞台で、ひとつでも多くのものを得てほしい。

 
―逆転勝利おめでとうございます。最後は良い仕事をしましたね。
「齋藤さん(監督)に『最後チームの鍵となるのはリバウンドだ』とタイムアウトのときにも言われていて、最後リバウンドにしっかり入ろうかなと思っていたら、フリースローのあとに取れたので良かったです」

―今日の試合は我慢の時間帯も多かったと思いますが。
「多かったんですけど、先輩たちが点をとってくれたので。勝ったときはすごく嬉しかったです」

―初めてのインカレはいかがですか?愛知学泉大戦や青学戦を見ても、3Pもわりと決めている印象ですが。
「でも僕、前半しか入ってなくて…。今のところ後半の良いところで入っているイメージはないので、後半も決められるように頑張りたいと思います。勝負強さを身につけたいです」

―確かに決まっているのは前半ですね。それは体力的なものが原因ですか?それとも気持ちの問題?
「メンタル的な問題だと思います。そこはこれからの課題です」

―インカレは全国の舞台ですが、緊張はありますか?
「1試合目の愛媛大学との試合は、緊張がやばかったです。1Qの10分しか試合に出てないんですけど、疲労が1試合分くらいありました(苦笑)」

―そこから固さも取れてきた形ですか?
「はい。愛知学泉のときからは、固さも取れてのびのびとやれていると思います」

―今日の試合は最後、下級生の活躍で勝利をものにしましたね。今年は4年生が主体となってやってきたチームで、4年生のためにも、という思いもあるのでは?
「はい。4年生はやっぱり最後なので。青山学院大に負けてはしまったんですけど、僕らはリーグ戦で6位だったのでインカレではそれ以上を目指そうと。5位に目標を向けて、今日筑波に勝てたのは良かったです」

―青山学院大には勝ちたかったと思いますが、順位決定戦に向けて気持ちはうまく切り替えられましたか?
「そうですね。青学には本当に勝ちたかったですが、試合が終わったあとのミーティングで『しっかりチームとして戦えた。あとの高さの部分とかはある程度仕方ないから』と言われて。そこから次もすぐ切り替えて筑波に挑もうという感じで、切り替えられました」

―5位決定戦は、天理大と専修大の勝者(※)との対戦になりますが。(※インタビューは試合終了前)
「天理のことはよく分からないんですけど、専修だったらリーグ戦の最後に負けているので、借りを返したいと思っています」

―個人的にはどういう部分で貢献したいですか?
「自分は今リバウンドと、合わせのシュートを期待されているので。1本1本チャンスがあったら打っていって、確実に決めていきたいと思います。後半の大事なところで決められるようになって、チームを勢いづけたいです」

--------------------------------

「4年生の頼もしい姿を目に焼きつけて欲しい」
残り1試合となったインカレで、有終の美を誓う

◆#14藤岡昂希(専修大・4年・F)
131130FUJIOKA.jpg常に泥臭く体を張り、時折気持ちをたぎらせるプレーを見せるが、コートの外に出れば柔らかい口調で後輩思いの部分をのぞかせる。現在の専修大の、縁の下の力持ち的存在だ。最後となったインカレで、残す試合はひとつだけとなった。タイムアップの瞬間までハードなプレーを示し、後輩たちに少しでも多くのことを伝え残したい。

 
—疲れましたか。やはりあの相手はきつかったですか。
「そうですね。いやー、疲れた(苦笑)!やっぱり関東のチームとしては違うスタイルなので、やっぱりキツいですね。しかもみんな外が入るし、インサイドもしっかりしているし、だからローテーションを間違えるとすぐにやられちゃうし、だからそこに気をつけて。でもみんな集中してそれができたので、良かったです」

—前半は後手を踏んでしまいましたね。完全に相手の術中だったように感じます。
「前半は自分たちの頑張るべきところを頑張れていなかったので、そこで一回飲まれました。外も打たれて、簡単にディフェンスも破られて。そのディフェンスの部分からやっていかないと、うちの流れにならないです。前半は、そこじゃないですかね」

—昨日敗戦したところから、よく後半に立て直したと思います。
「ちょっと引きずった部分はあったと思うんですけれど、さっきも言ったように関東のチームとは違うので、そこでのやりにくさはありました。後半は対応して、みんなのプレーができて勝てたので良かったです」

—オフェンスは、インサイドで起点が作れない分、外で勝負していた意図があったように思います。
「自分もあんまり上手くいっていなかったですけれど、宇都(#11)が切れ込んでいって、ドライブをしていって、竜(#6渡辺)もゴール下とか、リバウンドを頑張っていたので、その分ディフェンスが中に寄ってきたんですよね。そこで田代(#24)を使うことで外がフリーになって。で、田代は今日は良かったので、それで一気に乗ったというのはありますね」

—頼もしい後輩ですね。
「そうですね(笑)。最近どうなのかな、と思っていたんですけれど、待ってました。田代がこうやって決めてくるのを。田代がそうやって入ってくるとうちは強いです。うちは今宇都が万全ではないので、得点の部分はシェアできているし、それでディフェンスをやって、良い感じでオフェンスに入って。うちは今最高の流れじゃないですかね」

—明日が5位決定戦ですが、昨年はそこで敗れています。昨年以上の結果を出したいところですね。
「さっきもミーティングで中原さんが言っていたんですけれど、『去年はインカレが黒星で終わっているから、今年はみんなでディフェンスとリバウンドをきっちりやって、白星でこのトーナメントを終えよう』ということだったので、明日もみんな良いプレーができると思います」

—今日の後半の流れを続けられればおのずと結果は見えてきますね。
「そうですね。だから今、うちはどこにも負けないんじゃないかと思います」

—今、もう一度東海大と対戦したいのでは?
「そうですね、やりたいですね!正直やりたいです。でも、自分たちも昨日は悪くなかったので、それでも勝てなかったというのは、気持ちや練習量、あとは経験の差があるかとおもいます。あっちは優勝経験がありますし。だから東海には自分たちを倒した分優勝してもらいたいですね」

—今日は最後4年生だけでコートに立ちましたね。
「はい、やっとです!1回戦とか2回戦でそういうことをやる予定だったんですけれど、そこではみんな気持ちの緩みがあったので、そういうことはできずに。今日の最後は楽しかったですね」

—小野寺選手(#15)に最後は決めて欲しかった?
「そうです!なのにあいつ、ビビってて(笑)!ボールをすぐに離すからみんなから『お前!』って、クレームだらけです(笑)」

—(笑)。専修大は、このメンバーでは明日で最後ですよね。
「そうですね。何人かはオールジャパンには残らないと思うので、最後ですね。その分みんなで楽しんで勝ちたいと思います」

—ここでひとつ上の順位に入ることで、下級生に伝えたいこともあるかと思いますが。
「最後まで4年生の頼もしい姿を目に焼きつけて欲しいし、後輩にもしっかりしてもらわなきゃいけないということで。やっぱりしょげている4年生は見せたくないです。最後の残り1秒まで『これが4年生だぞ』というのを見せたいと思います」

—そういう意味では、最後のひとつ前の試合をああいう形で終えられたのは良かったですね。
「そうですね。明日につながりました。絶対に良いプレーできますね」

—藤岡選手は後輩思いで優しいですね。
「はい、いつも迷惑かけられっ放しなので(笑)!」

--------------------------------

「チームの流れが良かったから入った」
緊張感ある全国の舞台で魅せた連続3P

◆#24田代直輝(専修大・2年・SF)
131130tashiro.jpg連続3Pを決めて大きくガッツポーズも見せ、勝利を大きく引き寄せる活躍だった田代。これまであまり経験のない全国の舞台に緊張していると言い、毎試合ファウルトラブルに悩まされるなどもどかしい部分もあった。チームのエース宇都も怪我を抱えながらプレーしているだけに、そのぶん田代らまわりの選手の得点が大きなカギとなるだろう。この1戦がきっかけとなり、5位決定戦で爆発できるか。持ち味のディフェンスとリバウンドを最後まで貫き、昨年の成績越えを目指す。

 
―逆転勝利となりましたね。振り返っていかがでしたか?
「前半は自分たちのバスケットができなくてダメだったんですけど、後半からはディフェンスとリバウンドがしっかりできたので、そこが勝因になったと思います」

―最終的には自分たちのスタイルが出せたんですね。
「そうですね。ディフェンスとリバウンド。リバウンドはちょっと竜之佑(#6渡辺)ばかりになってしまっているんですけど。もっとみんなで体を張ってリバウンドに飛び込みたいです」

―逆に悪かった前半の要因はなんだったんでしょうか。
「個人的な話だとインカレ1回戦から僕、全部ファウル4回なんですよ。今日も3回だったんですけど。ファウルのところでちょっとリズムを崩していますね。インカレの笛にぜんぜん対応できてないです。そこは迷惑をかけていますね」

―それでも今日は田代選手の連続3Pも大きかったですね。
「あれは、流れの中で打ったので。チームの流れが良かったから入ったのかなと思います」

―そこまではなかなか当たりが来ませんでしたね。
「ぜんぜんですね。まぁ、明日まだあるので!明日がんばります」

―入らなかった時間帯は、シュートタッチなどはどうだったんですか?
「いや、シュートタッチは良いんですよ!良いんです。良いんですけど、入らないです(苦笑)。打った時は『あ、入るかな』と思うんですけどね」

―そこはインカレの緊張感でしょうか。去年のインカレはほぼ出てないですし、主力として味わう初めてのインカレですね。
「そうですね。インカレって全国大会じゃないですか。自分は小・中・高と1回も全国に出てないので、去年から数えて2回目の全国大会なんです。だからスゲー緊張しています(笑)」

―こういう全国の大舞台に立つというのは、いかがですか?
「素直に嬉しいですね。はい」

―今大会、宇都選手が怪我で万全の状態ではありませんね。
「そうですね。足首とひざで、両方の足をやっちゃっているんですけど……でも関係ないです。宇都さんならやってくれます」

―宇都選手の分も自分が頑張ろうという気持ちは?
「あ、それはもちろんですよ!もちろんですけど、今のところファウルばっかりして足引っ張ってばかりなので…。明日はもうちょっと役に立てればいいなと思います」

―5位決定戦は白鴎大との対戦です。白鴎大はリーグ最終戦のリベンジに燃えているようですが。
「白鴎はちょっと苦手なんですよね。トーナメントも負けているし。でも、去年も5位決定戦で負けて6位だったので、去年よりは上にいきたいです。4年生のためにも勝って終わりたいですね」


 
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  10:33  |  2013インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |