2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.11.29 (Fri)

【2013インカレ】11/29フォト

131129banbasaimon.jpg
拓殖大と天理大の試合は、留学生対決も白熱。拓殖大・バンバはこの日特に献身的なディフェンスやリバウンドが光り、天理大のサイモンを6得点6リバウンドに抑えた。

 
※その他の写真は「続きを読む」へ。

[続きを読む]

131129souma.jpg
天理大・相馬は拓殖大の大垣や藤井が厳しくマークされて苦しい展開に。それでも12得点。


131129shinzato.jpg
スタメンガードとしてこの日は30分以上の出番を得た天理大・新里。


131129akaishi.jpg
拓殖大・赤石のことは数字に残らない部分も含めて評価していると池内監督。スクリーナーやリバウンドをはじくなど泥臭くチームに貢献。


131129fujiipass.jpg
速攻で鮮やかなノールックパスを披露した拓殖大・藤井。阿吽の呼吸で大垣が飛び込み、ブザーギリギリで得点した。


131129tsukuba.jpg
筑波大は序盤から勢いに乗り、応援席も1プレー1プレーにみな立ち上がった。


131129murakoshi.jpg
筑波大は村越が乗ればチームも勢いづく。鍵を握っている選手だ。


131129muto.jpg
武藤は15得点と奮闘。明治大の伊澤をファウルトラブルに追いやるなど一役買った。


131129tanakaseiya.jpg
今シーズン通して明治大は田中成也の勝負強さが光る。


131129nakahigashi.jpg
中東はアシストやスティールでも良いところで仕事をし、要所で攻め気を見せて14得点。


131129harimoto.jpg
後半は張本の3Pが光った青山学院大。


131129hatakeyama.jpg
青山学院大・畠山も欲しいところで1本を決めた。


131129nagayoshi_2013113008331257b.jpg
青山学院大・永吉は白鴎大のパプロブヒナス相手に簡単には攻められなかった部分もあった。ここから先はどこも強いインサイドばかり。どこまでセンターとしての存在感を発揮できるかにかかる。


131129ikaruga.jpg
青山学院大・鵤は機動力を活かしてどこまでチームに貢献できるか。


131129yanagawa.jpg
センターが体を張って道をこじあけ、そこに柳川が飛び込んでくる。白鴎大の必勝パターン。


131129shirahama.jpg
ファウルトラブルが響き出場時間が限られた白鴎大・白濱。しかし意地のダンクを見せた。


131129mantasu.jpg
白鴎大・パプロブヒナスは体を張って青山学院大・永吉に対抗した。


131129kawabe.jpg
前半のシュートが好調だった白鴎大・川邉。


131129hosino.jpg
白鴎大に3人いるガードのうち、メインで出番を得たのは星野。


131129hakuo.jpg
白鴎大・パプロブヒナスと柳川はハイタッチではなく、指先を曲げて動物のようなパフォーマンス。


131129zakk.jpg
安定感が魅力の東海大・バランスキー。


131129wada.jpg
ベンドラメの欠場により、スタメンとなった東海大・和田。須田は「ボールも回るのでやりやすい」と、4年生に信頼を寄せる。


131129tanakauto2.jpg
終始マッチアップで見せた東海大・田中大貴と専修大・宇都。


131129tanakauto3.jpg
宇都の1on1を守る田中。見応えのある戦いが続いた。


131129watanabe2.jpg
専修大・渡辺は12得点17リバウンドと見事な数字。


131129fujioka_201311300852542c2.jpg
専修大・藤岡は13点の活躍。


131129uto_20131130083334a7a.jpg
終盤には見事に3Pを決めた専修大・宇都。ケガの影響でプレーは本来のものではない。しかしそれでもオフェンスを仕掛け、チームを鼓舞して声を出し、強いリーダーシップを発揮。一挙一投足が見逃せない。


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2013インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |