2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.11.04 (Mon)

【2013リーグ2部】10/27 日本大VS法政大

入れ替え戦を懸けた緊迫感ある大一番
日本大を下して法政大が最後の切符を掴む


131027numata.jpg 勝てば入れ替え戦、負ければ引退。そんな過酷なゲームは、会場の空気までも変えていた。法政大日本大による、それぞれにプレッシャーの重くのしかかった対戦は、ディフェンス力で勝る法政大に軍配が上がった。

 序盤は一進一退が続くが、先に抜け出したのは法政大。#0高田(4年・G)が速い展開を出し、#13三角(4年・F)も交代してすぐに3Pを決めるなど4年生がチームを引っ張る。対する日本大はゾーンディフェンスを攻めあぐね、得点が停滞。#20舘(2年・C)と#1坂田(4年・F)の合わせのプレーなどが要所で決まるが、ファウルや8秒オーバータイムなどミスも出て18−12で1Qを終えた。しかし2Qに入って日本大も挽回。#14高橋(1年・SG・札幌日大)が激しいマークをものともせずに2連続でシュートを沈めると、#31杉本(3年・PG)も#0高田からボールを奪う好ディフェンスを見せ、#1坂田のミドルで逆転した。法政大は#0高田、#67佐藤(1年・G・宇都宮工)のシュートが高確率で決まりはじめて再び8点差までリードを広げたが、2Qのラスト4分近くオフェンスが沈黙。その間に日本大が追い上げ、31−28と僅差で前半を終える。3Qに入っても、法政大が逃げて日本大が追う構図は変わらない。日本大は#1坂田が攻守で奮闘して追い上げたが、法政大も逆転は許さない。#5松澤(3年・C)が気迫のこもったリバウンドシュートを決め、49−42と7点差にして最終Qへ突入する。

131027takahashi.jpg 4Q、日本大は開始早々#37安田(4年・SG)のシュートで5点差にすると、#25菊地(4年・F)の豪快なブロックも続いて味方を沸かせる。法政大も負けじと#16沼田がブロックし返すが、今度は#37安田が#0高田を止めるなど、両者決死のディフェンスが火花を散らした。だがこの張りつめた守り合いの中で、先に崩れたのは日本大。ゾーンを崩しても最後のイージーシュートを決めきれず、タイムアウト明けもスローインをカットされるなどリズムに乗れない。その間に法政大は#16沼田の連続得点でリードを二桁に乗せ、#67佐藤もバスケットカウントを得るなど活躍して突き放した。そのまま時間を刻々と削り、74−54でタイムアップ。法政大が3位に滑り込み、入れ替え戦へと進出した。

「4年生として、今日に懸ける思いはいつも以上に強いものがあった」と法政大#0高田。「オフェンスが良かったわけではないが、本当にディフェンスとリバウンド、ルーズボール。そこは相手よりも気持ちが勝っていたと思う」と勝因をあげたように、失点を54点に抑えた変則的なディフェンスが見事だった。入れ替え戦は、3年前2部に降格させられた因縁もある大東文化大が相手。「自分が1年生のときに2部に落ちて苦しい思いもしてきているので、自分が上げた代と言われるように精一杯頑張りたい」と、高田は固い決意を語った。

 入れ替え戦まであと一歩及ばなかった日本大。1巡目は高さや体の強さなどのアドバンテージを生かしてリーグ戦を引っ張る存在だったが、2巡目は怪我人も増え、次第に負けが込んで4位で涙をのむこととなった。しかし試合に出ている下級生も多く、発展途上のチームであることは間違いない。高さも個人能力もある。選手層も厚い。来季はさらにチームプレーの完成度を高めることができれば、再び1部への道は開かれるだろう。

写真上:強気で攻めた法政大・沼田。日本大・坂田とのマッチアップは見どころ満点だった。
写真下:日本大の大物ルーキー高橋は、初めてのリーグ戦を全18試合ほぼフル出場。疲れが足に来ている中でもシュートを決め続け、スティールやルーズボールに奮闘した活躍ぶりは見事だった。

法政大学:11勝7敗(3位)
日本大学:10勝8敗(4位)

※日本大・安田選手、菊地選手のインタビューは「続きを読む」へ。

 

[続きを読む]

【INTERVIEW】

「最後まで声をかけて一緒に戦ってくれた仲間に感謝」
自分を変えることができた大切な4年間

◆#37安田太樹(日本大・4年・SG)
131027yasuda.jpg苦しい引退試合になった。前日好調だっただけにこの試合にも安田に期待はかかったが、「今日はすべて空回りしてしまった」となかなか本来のプレーは出せず。試合を終えた安田の表情は、悔しさでいっぱいだった。それでも、今リーグは途中からのプレータイム獲得となったが彼の存在が大きかったことは言うまでもない。あまり声を張り上げるタイプではないが、4年生としての強い自覚を芯に持ち、コートでもプレーで味方を引っ張った。試合に出られない時期は甘えもあったというが、上級生になって精神的にも大きく変わったと言う。幕引きに悔いも残るだろうが、大きく成長を遂げ、大切なものを得た4年間だった。

 
―率直に今どんなお気持ちでしょうか。
「いやもう…下級生に申し訳ないなという気持ちでいっぱいです」

―入れ替え戦のかかる緊張感のある試合で、固さも見えましたね。
「そうですね。今日は今までやってきたことを全部出そうと言って臨みましたが、やっぱり空回りしてしまった部分もあったし、相手のディフェンスに対しても上手く対応できなかった部分がありました。そこから自分たちのミスで自滅してしまった感じで、最悪でしたね」

―法政大のディフェンスに攻めあぐねている様子でした。
「昨日の試合で東洋のゾーンはわりと上手く崩せていたので、この調子でいこうと言っていたんですけど、法政のゾーンは変則気味でそこに対応しきれなかったのが敗因かなと思います」

―リーグ戦全体を振り返ると、2巡目は負けが込んで苦しんだと思いますが。
「そうですね。1巡目を2敗で終えて、そこでちょっと自分たちの力を過信してしまったのかなと。やっぱり1巡目も勝ってはいたんですけど接戦だったし、内容も良いか悪いかと言えば悪くて、運良く勝った感じだったので。そこに気付かず、2巡目は『一回勝っているから勝てるだろう』みたいな慢心がどうしてもチームとして生まれてしまったから、こんな結果になってしまったんだと思います」

―安田選手自身は怪我から復帰してリーグ戦の途中から試合に出るようになりましたね。自分個人の出来はいかがでしたか?
「最初は1番ポジションで出されていて、自分の持ち味を全く出せずに全然ダメでした。でも最近は本来の2番ポジションに戻してもらって、逆に刘(#24)が抜けて得点源がひとりいなくなったことで、自分がやるしかないと思って。でも、昨日はそれがうまくいったんですけど、今日はすべて空回りしてしまいましたね。本当にダメダメでした」

―反省の多い最終試合になってしまったんですね。ただここまで4年間、試合に出られない時期も長かったと思いますが、こうして4年間をやりきることができたのは大きいのでは?
「うーん…でも正直下級生の頃は試合に出られなくて、ちょっと腐ってしまった時期もあって。そういう時期を過ごしちゃったから、そのツケが4年目に回ってきたのかなと思います。他のチームの人はきっと全力で4年間をまっとうしてきたと思うんですけど、やっぱり自分にはそういうところで甘えがありました。4年間のすべてを頑張りきれたわけではないので、そういうところが最後に出たのかなと。だから、ちょっと悔いの残る部分もありますね」

―途中で意識が変わったのはいつ頃ですか?
「去年、一回リーグ戦で出て、その時に大怪我してしまってまた出られなくなっちゃったんですけど、でもその頃から自分もある程度やれるという実感みたいなものがあったし、自信もついてきました。その頃から『もうあと一年しかないし、やるしかない』って決意して、やってきましたね」

―そういう姿は後輩たちに見せられたと思いますか?
「そうですね。たぶん、変わったところは見せられたと思います」

―今年は坂田選手(#1)だけではなく、4年生で引っ張ろうという強い意志がうかがえました。
「去年は上級生にまとまりがなくてああいう結果になってしまったので、今年は上がしっかり結束力を強めて一体となってチームを引っ張ることが大事だと思っていました。それは何回もミーティングして話してきたし、結果は出なかったですけど、そういうところを徹底できたのは良かったと思います」

―4年間をともに過ごしてきた同期にはどんな思いがありますか?
「いやもう、結局4年間ほとんど迷惑しかかけていないような感じなんですけど…。それでも見捨てずに、最後まで声をかけて一緒に戦ってくれて、本当に感謝しています。最高の仲間です」

―自分はチームに、何を残すことができたと思いますか?
「残せたもの…なんか何も残せなかったような気もするんですけど(苦笑)。でも4年生になってからの頑張りというか、チームを引っ張る姿勢だったり全力で練習に取り組む姿だったり、声を出すとか、そういう部分は少し見せられたかな…?分からないですけど(笑)。自分なりに意識してやってきたと思います」

―最後に、後輩たちに向けて。
「今年の課題は、やっぱりディフェンスのチームなのにディフェンスができなかったり、オフェンスでもフロアバランスがうまく取れなくてお互い全然噛み合なかったりした部分だと思います。だから新チームが始まってもっと早い段階からそういう部分を煮詰めていって、全員で同じ意識を持って上にあがっていけるように頑張ってほしいです」

--------------------------------

「このまま腐ってしまうのは悔しかった」
プレーの幅を広げ、コートに戻ってきた4年生

◆#25菊地 大(日本大・4年・F)
131027kikuchihiro.jpg1、2年生の頃から出番は得ていたが、昨シーズンは思うように結果も出ず怪我もあって長くその姿をコートで見られないでいた。しかしこのリーグ戦では初日からスタメン起用。試行錯誤しながら3番ポジションに挑戦し、アウトサイドシュートなどこれまでとは違う新たな一面を見せてくれた。またプレーで引っ張ると同時に、下級生主体のチームの中で聞き役を担ったのが菊地や坂田だった。良いときはノリノリで勢いに乗るが、ミスが出るとベンチから怒声が上がることも多かった日本大。チームのそんな姿に気付き「怒ってもなにもならない」と、具体的に意見を聞いて最善を尽くす姿は4年生らしかった。厳しいことを言うだけでは打開できないものもある。仲間をフォローしていく菊地の役目も、チームにとって不可欠だったといえるだろう。

 
―こういう形で最終戦を終えることになりましたが。
「去年の入れ替え戦で2部に落ちてから1部に上がることを目標にこの一年やってきて、それで今日それが懸かる試合だったんですけど、すごく緊張感もありました。最初に強気で行こうとしたんですけど空回りしてしまって、そこからうまくいかなくて。…ちょっと今はまだ切り替えられないですね」

―このリーグ戦は、菊地選手は3番にポジションアップしてやってきましたね。振り返っていかがですか?
「良いときもあれば悪いときもあったし、課題を練習で少しずつ克服しながらやってきたリーグ戦でした。でもやっぱり今までずっとセンターでやってきて、ポジションが上がって個人的に経験不足だし…もうちょっとやりたかったですね。もっと覚えたいこともいっぱいありました。ここで終わりなんてちょっと実感が沸かないです」

―ポジションアップは誰かから言われたんですか?それとも自分で考えて?
「監督さんから、チームを大型化したいという話があって。それで自分は今までセンターの控えという形でしたが、刘(#24)を5番に置いて、僕と央(#1坂田)をフォワードにするという形でやっていこうということになりました。それで、一応僕が3番になった感じですね」

―もともとシュートは上手でしたが、そんなに3Pを打つような印象はありませんでした。でも今年は1試合に6本決めた試合もありましたし、アウトサイドシューターのような姿も見られましたね。
「まぁ逆に、シュートしかなかったので(苦笑)。練習でも監督さんから『とりあえず空いたら打て』と言われていて、気持ちよく打たせてもらって、そこでシュートセレクションとかタイミングを覚えていった感じです」

―気持ちよく打たせてもらったと言っても、急なコンバートで苦労もあったと思いますが。
「まぁそうですね。大変でした。最初は全然動き方も分からないし、どういうタイミングでつなぐとか外に出るとか、全然掴めなかったです。でも試合を重ねるにつれて少しずつ分かってきて。ちょっとずつできるようになったかなと思ったら、もう終わってしまったんですけど…」

―もう少しやりたかったという気持ちが強いんですね。最後の試合、相手の法政大には高校で3年間一緒にやってきた高田選手もいましたね。
「そうですね。あいつとは高校の時とかいつも一緒にいたので。どちらかが引退とならなきゃいけなかったのはちょっと悲しかったですけど、でも仕方ないですね。法政には頑張ってもらいたいです」

―4年間を振り返れば、試合に出られない時期もありましたね。今思い返していかがですか?
「去年は腰をケガして戦線離脱みたいな感じになってしまったんですけど、4年目になって腰も良くなってきて、最後の年だしという思いも強かったと思います。でも、結局こういう風に終わってしまって…ダメでしたね」

―メンバー争いも厳しいですし、試合に出られない中で腐ってしまうような場合もあると思うんですが、菊地選手は4年目になってこうして再び活躍できましたね。
「まぁ、僕も結構腐った方ですよ(苦笑)。でもそうですね、このまま腐るのはなんか悔しかったし。特に最後の年は、ちょっとのチャンスでもモノにしようという思いが強くて、そういう風にやっていったら一応スタメンで使ってもらえるようになりました。それは良かったかなと思います」

―今年は4年生全体でチームを引っ張りたいと安田選手もリーグの最初に言っていましたが。
「そうですね。自分もですけど、安田も今までの年はけっこうケガとかでチャンスを物にできずに試合に出られなくて、去年は本当に央ひとりが上級生でやっている状況でした。でも今年は監督さんからも『4年生で引っ張ってくれ』と言われて、僕も安田も気持ちが変わったというか。やらなきゃと思うようにはなりましたね」

―後輩の意見を、坂田選手や菊地選手が聞いてあげるようにしていたそうですね。
「そうですね。下級生はまだ若くて、結構ガードとかに怒っちゃうので。でも怒っても雰囲気が悪くなるだけでなにもならないし、ちゃんとどうしたいかとかどうしてほしいのかとか考えを聞いて、僕や央が調整していくようには心がけていましたね」

―下級生は能力も高いですし、あとは精神的な部分が成長すれば大きく化けそうですよね。
「本当にそうですね。今はみんな、とにかくすぐ怒ってしまうので、そこからバラバラになってしまって。もうちょっと大人にというか。成長してくれれば優勝も狙えるし、青学とかともやりあえるチームだと思うので、頑張ってもらいたいですね」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:00  |  2013リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |