2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.11.04 (Mon)

【2013リーグ2部】10/27 東洋大VS江戸川大

東洋大が快勝でリーグ戦を締めくくる
苦戦が続いた江戸川大は順天堂大との入れ替え戦へ


131027murakami.jpg 8勝9敗で3チームが並ぶなか、入れ替え戦を免れるためになんとしても勝っておきたい東洋大は、2勝15敗ですでに9位が決まっている江戸川大と対戦した。東洋大は序盤に固さも見られ、勢いに乗った江戸川大にスタートダッシュを許す。それでも#24遠山(3年・F)がアグレッシブに攻めてフリースローをもらい、その遠山が怪我でベンチへ下がるも#88山本(1年・C・市立船橋)や#6村上(3年・G)がミドルシュートを決めて開始5分で逆転した。その後も試合は東洋大ペースで進み、江戸川大は#97小澤(3年・F)や#1田中(4年・G)が果敢にドライブするが肝心のシュートが決めきれない。6点差で2Qに入ると、東洋大が序盤に3本の3Pを決めてリードを二桁に乗せた。しかし東洋大も#4井谷(4年・C)の調子が上がらず、その間に江戸川大は#3王(2年・C)がインサイドを攻め立て得点を重ねる。#7筑波(3年・F)も3つ目のファウルを吹かれ、東洋大はなかなかリードを引き離せないまま44−34で前半を終えた。

131027kikuchi.jpg 試合が動いたのは3Q。東洋大は#3宮里(4年・PG)のシュートを皮切りに畳み掛けるように得点を重ね、大きくリードを引き離す。江戸川大は#1田中の3Pを最後に得点が止まり、開始4分で最大17点ビハインドに。#89陶山(4年・F)がバスケットカウントを獲得して流れを変えたかに見えたが、東洋大も#6村上が欲しい時の1本を冷静に決めて譲らない。16点差で入った4Q、江戸川大は#17菊池(3年・G)が3Pを2連続で決めるが、大きく開いた点差を埋めるにはいたらず。東洋大は最後に持ち直して点差を離し、コートに4年生3人3年生2人という布陣を揃えた。#31本田(4年・SG)がシュートを決めると味方も大いに沸き、88−70でタイムアップ。快勝で試合を終えた。

 東洋大は9勝9敗と勝敗を5割に戻してリーグ戦を終えた。今年は昨年からほぼメンバーが変わらず、力のある1年生も入ってきて「すごく成長が感じられたシーズンだった」と主将の#3宮里も振り返る。下級生の頃から声が出ないと言われ続けてきた3年生も徐々にリーダーシップを発揮し始め、今年はコート内でのコミュニケーションをとる姿も増えていた。4年生が残したものを引き継ぎ、来季もさらなる成長を楽しみにしたい。

 創部初の2部リーグを2勝16敗という成績で終えた江戸川大。1桁差での惜敗が7試合と接戦に泣くことも多く、どうにかして勝ち方を身につけようともがいてきた2カ月間だった。「去年は勝って当たり前のチームだったが、3部と2部は全然違う」(陶山)と、これまで味わったことのない経験を積んできた選手たち。リーグ終盤はなかなか持ち味が出せずに苦しんだが、入れ替え戦で2部での経験を生かすことができるか。4年生は最後の仕事を成し遂げたい。

写真上:上級生になって下級生に声をかける姿も増え、頼もしい司令塔へと成長した東洋大・村上。最終学年となる来季も奮闘に期待したい。
写真下:江戸川大・菊池はサイズはないもののスピードと3Pシュートが武器。入れ替え戦でも炸裂するか。

東洋大学:9勝9敗(6位)
江戸川大学:2勝16敗(9位)

※東洋大・本田選手のコメント、宮里選手、井谷選手のインタビューは「続きを読む」へ。
 

[続きを読む]

【COMMENT】

「いつでも出られる準備はしていた」
チームを第一に考え、示した4年生としての姿

◆#31本田拓巳(東洋大・4年・SG)
131027honda.jpg最終戦で5得点。これが本田の今リーグ唯一の得点になった。シックスマンとして出番を得ていた昨年に比べ、今シーズンは出場機会もぐっと減り、下級生の活躍を陰ながら支える立場に回った。それでも現状を受け止め、自分の持ち味であるシュートはずっと磨き続けてきたと言う。その言葉通り最後の試合、1本目のシュートを決めて味方を大いに沸かせ、4年生としての意地を見せた姿は立派だった。最上級生として後輩たちに見せた背中、そしてその貢献度は、数字以上に大きかったはずだ。

 
「最後みんなのおかげで試合に出させてもらって、シュートもしっかり1発目で決められて良かったです。今年、試合に出られる機会は減ってしまったんですけど、それはそれで自分の力が足りないんだと受け止めて、出られなくても必死にシューティングをしていつでも出られる準備はしてきました。それに4年生として、試合に出る出ない関係なくチームをまとめることがひとつの仕事だと思って。あとは、監督から試合に出たときは1発目でシュートを決めろと言われてずっと心がけていました。だからそういう意味で今日1本目から決められたのは良かったですね。後輩たちは、能力もあるしうまいので心配もないし、きっとやってくれるやつらだと思います。来年は、今年“しゃべれるチーム”というのをコンセプトにやってきたのでそれを継続しながら、もっと上に。上にいくにつれて細かいところもまだまだ求められてくると思いますが、そういった面も頑張ってほしいです」

--------------------------------

「この1年間、僕が教えられることは全部教えた」
後輩たちの成長を促したチームリーダー

◆#3宮里航貴(東洋大・4年・主将・PG)
131027miyazato.jpg強いキャプテンシーで仲間を引っ張る存在であり、ベンチでまわりを笑わせるようなチームの盛り上げ役でもあった。コートにひとたび出れば4年生としてしっかり仕事を果たし、たくさんのものを後輩たちに、そして見ている観客の心にまで伝えてくれた選手だ。バスケットはおそらくここで終わりだと言う宮里。最後の言葉は、4年間の充実感や後輩を思いやる気持ちであふれていた。「悔いなく終われた」と、スッキリした表情で学生バスケットを締めくくった。

 
―最終試合を終えて、今あらためて今シーズンを振り返っていかがですか?
「去年は4年生が少なくて2、3年生主体だったんですが、今年はその2、3年生が上級生になって一人ひとりの自覚とかも変わったし、すごく成長が感じられたシーズンでしたね。僕も助けてもらったし、みんなもついてきてくれたというか。みんな、すごく素直なやつらなんですよ。でも素直だからこそ、ちょっとメンタルの弱い子とかもちらほらいて…。目さん(監督)はプライベートではすごく優しくて仲も良いんですけど、練習中はガーっとすごく怒られる方なので、そこに対して落ちてしまうようなこともありました。それでリーグ戦の序盤はつまずいたりして、もったいない負けもしてしまったなと思います。でもやっぱりリーグの後半に進むにつれて、4年生にしろ3年生にしろ声を出してちゃんと活躍できるようになりましたし、本田(#31)もああやって最後にシュートを決めてくれました。3・4年生が成長して最後まで踏ん張れたことは、シーズンを振り返って結果オーライなんじゃないかなと思います」

―宮里選手は『コート外でもできることをやろう』と以前言っていたように、試合に出られない中でもしっかりとチームをまとめていましたね。ただ、そういう風に開き直るまでに葛藤はありませんでしたか?
「いや、ないですね。僕、そんなネガティブな性格じゃなくて、すごくポジティブなんですよ。出られないなら出られないで、楽しんでいこうぜって切り替えられたし。結構ベンチでふざけたりもしたし、試合に出て行くやつに『行ってこい!』ってパンチしたり、緊張をほぐすというかみんなのプレッシャーを少しでも軽くできるように心掛けていました。やっぱり得点力とか能力的に高いのは中村晃太郎(#11)とか山口(#2)とか村上(#6)だと思ったし、実際僕があの子たちをベンチから助けてあげるのも4年生の仕事かなと思って。ベンチから出るって体も動かないしなかなか上手くいかないことも多かったんですけど、僕としてはベンチウォーマーとしてチーム全員のパフォーマンスを上げられれば、それはそれで良いなと思っていました」

―では、東洋大でのバスケットはいかがでしたか?沖縄からこっちに来て4年間やりきったわけですが。
「もともと僕、関西の大学に行くか関東に行くか迷っていたんです。それで関東に挑戦しようと思って東洋に入って。あ、今日応援に来てくれた弟は今、大阪体育大にいるんですけど。それで忘れもしないのが、東洋に入って1年生の新人戦。そこでいきなり2回戦くらいで当たったのが、国士舘だったんですよね」

―国士館大には特別な思いがあると言っていましたね。
「そうなんです。その時の国士舘は平田さん(12年度卒)とかがいて、結局ベスト4まで入ったチームで。それで、松島良豪(#4)とか沖縄のやつも結構いる国士舘に、ボッコボコにされたんです。それがすごく悔しくて、せっかく関東に来たんだったら絶対に国士舘を倒そうって、そのとき思ったんですよね」

―1年生の春からそういう風に思っていたんですね。
「はい。始まりはそこでした。大学生活でバスケを頑張ろうと思えたきっかけですね。でも1、2年生のときはなかなか試合に出られなくて…。さっき試合に出られなくてもすぐ切り替えられたと言いましたけど、下級生の頃はどちらかというと悩んでいましたね。『なんで試合に出られないんだ、俺は通用するのに』ってずっと思っていました。まぁパスミスが多いから怖くて出せないって言われたんですけど(笑)。それで1、2年生のときは結構ちゃらんぽらんだったというか、先輩が頼もしかったのでそこについて行くだけという感じでしたね。2年生の時まで、純平さん(荒尾純平・11年度卒)や池田祥さん(11年度主将)に頼ってばっかりで甘えていて。でも3年生になってそういう先輩たちがいなくなって自覚とかも変わったし、2部に上げてもらえてやっと国士舘にリベンジできるってことで、自分としても気持ちが違いました」

―国士舘との初対戦は、気合いも入ったでしょうね。
「はい。リーグ戦で初めて国士舘と戦う時は、かなり気合いも入ってバチバチでした。それで勝つことができたのは自分的にも本当に嬉しかったです。まぁチーム的には、去年のリーグ戦は結構負けが込んで下との入れ替え戦も行ってしまって、なんとか残留できた形だったんですけど。でも今年に入ってキャプテンとしてチームを任されて、あと1年だしバスケ人生も僕はたぶんこれで終わりなので、全部伝えられるものは伝えなきゃいけないし、やらなきゃという気持ちも強くなりました。そうやってここまでやってきて、悔いなく終われたと思うし良かったですね」

―後輩たちには、来年どんなチームを作ってもらいたいですか?
「去年は、前田さん(前田健滋朗・12年度主将)が“考えるチーム”を作ってくれて、今年はそこからさらに声を出すことを意識して、考えてしゃべれるチームになりました。だから来年は来年で僕らが伝えたことをしっかり受け継いで、さらにレベルアップしてほしいですね。次の4年生がどんなチームを作ってくれるのか楽しみです」

131027toyomiyazato.jpg―1年生の頃から主力だった現3年生は、来年最上級生になりますし期待したいですね。
「そうですね。やっぱりチーム内でポジション争いもあると思うんですけど、その中でも3年生がチームを引っ張っていけるように。キャプテンシーを持つというか、村上(#6)だけが引っ張るんじゃなくて全員がリーダーシップを持って1年生から3年生を引っ張る気持ちがあれば、たぶん来年は上位3位以内に入れるんじゃないかなと思います。…まぁ、不安も多少ありますけどね。でもこの1年間、僕が教えられることは全部教えたと思うので。たぶん大丈夫でしょう!」

写真下:ハーフタイム、メンバーを集めて声を懸けていた宮里。4年生として最後の瞬間まで後輩たちに伝えようとしていた姿が印象的だった。

--------------------------------

「恩返しのつもりでプレーしていた」
感謝の思いを胸に誓った、挫けない心

◆#4井谷達規(東洋大・4年・C)
131027itani.jpg最終戦は空回りする部分もあり、勝ちはしたものの「不完全燃焼だった」と試合後は悔しさいっぱいだった井谷。それでも東洋大での4年間を振り返るときのその表情は、大学バスケットをやり遂げた達成感に満ちていた。特に2部に上がってからのここ2年は、「毎日毎日が勉強だった」と言う。一歩一歩確実に進歩してきた道のりは、確実にチームの成長にもつながっていた。
どんなに怒られても、しっかり返事をして決してめげることがなかった。そうした強いメンタルは、これからのチームにも受け継いでほしい部分だ。

 
―今どんなお気持ちですか?
「試合に勝ったのは良かったんですけど、個人的にはダメダメで…。どうしても気持ちが空回りしてしまって、最後も不完全燃焼でした。目さん(監督)にはこうして最後まで使っていただいたのに、結果が出せなくて申し訳ないなと思います」

―やはりリーグ戦最後ということで、堅くなってしまったんでしょうか。
「そうですね。いつも通りやった方がいいんですけど、熱くなってしまったというか、勝たなければいけないと思うと気持ちが焦っちゃって。最後、結構リードして勝ちが決まったときには自分のプレーもできたんですけど、そこまでは堅くなってしまいましたね。それでも使い続けて下さった監督には本当に感謝したいです」

―ここまで4年目を振り返ると、下級生の頃は3部でしたが3・4年生のときは2部でプレーすることができましたね。
「でもやっぱりまだまだ僕は2部の中で一番下のセンターだったし、毎日毎日が勉強でしたね。練習でも収穫していましたし、試合でも日々収穫することがたくさんあってまだまだだなと思いました。でも課題のフリースローも克服できましたし、今日の試合はそうでもなかったですけどインサイドも前より攻め込めるようになりましたし、試合のビデオを見て自分も日々成長しているなと感じられたシーズンでした。本当にこの2ヶ月、成長できたリーグ戦でしたね」

―井谷選手は目監督から強く言われるシーンも多かったですよね。怒られ役と言ったら失礼かも知れませんが…。
「そうですね(苦笑)。でも目さんにそこまで見ていただけているというのは、目さんの優しさでもあったなって。本当に、僕を使わない方が勝てたんじゃないかって試合も結構あったのに、そこでも3年生の頃から我慢して使っていただいたので。目さんは偉大な人というか、感謝の気持ちが大きいですね」

―今年は4番ポジションに1年生の山本選手(#88)が入りましたね。彼との連係プレーもよく見られましたが。
「そうですね。彼が入ってきたことによって攻め方のバリエーションも増えたので。やっぱり彼の存在は大きかったですね。僕もやりやすかったですし。彼はセンターとしてマッチアップもうまいので、練習中から一緒にやりあうことでもいろいろ勉強になりました」

―今年は下級生主体のチームで4年生の人数も少なくて、苦労もあったのでは?
「そうですね。やっぱり下級生主体になると、どうしても気持ちの浮き沈みが激しいので。でもそういう時は航貴(#3宮里)がキャプテンとして締めてくれたし、逆に勢いに乗れば『いけいけー!』ってチームだったので。沈んでいるときは沈んでいるんですけど、一気に弾かせていけるチームだったと思います。1年生もすごく活躍してくれましたし、良かったと思います」

―来年もタレントはそろっていますし、期待できるチームだと思いますが。
「かなり期待できそうですね。上との入れ替え戦も目指してほしいです。まぁどんなことがあろうとも、東洋らしさを忘れずに戦ってくれると信じています」

―自分は4年間で彼らにどんなことを伝えられたと思いますか?
「やっぱり声の部分と、怒られてもへこたれない部分ですね(笑)。でも逆に怒られているうちが花というか。目さんともいろいろ話すんですけど、ちゃんとお前のこと分かっているからって言われたんです。それで僕も、大学2年生までは怒られるとふてくされる部分があったんですけど、3年からはちゃんと怒られてもへこたれないようにしようと思うようになりました。僕は本当に東洋に拾ってもらった感じなので、恩返しのつもりで毎回プレーしていました。結局最後まで恩を返せたのか分からないようなプレーをしてしまったんですが(苦笑)。でもバスケットは今後も続けるし、そこで東洋大学のOBとして成果を残していけたらいいかなと思います」


131027toyo.jpg
松井田勇紀学生コーチも揃って、4年生4人で一枚。

 
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  07:14  |  2013リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |