2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.10.27 (Sun)

【2013リーグ1部】10/27 筑波大VS拓殖大

拓殖大が筑波大を大きく引き離し
30点差の快勝で最終戦を締める


1131027oogaki.jpg 勝てば昨年よりランクをひとつ上げて3位確定となる筑波大は、勝率では並んでいるものの、前の試合で明治大が勝利したことにより3位争いからは脱落した拓殖大と対戦した。

 先行したのは筑波大だったが、開始3分過ぎに苦境に陥る。#14坂東(3年・SG)が#40藤井(4年・G)に対し立て続けにバスケットカウントを献上し、2ファウルに。さらにはインサイドでは#32武藤(4年・C)、#92村越(2年・PF)もファウルが続き、約3分で3人の選手が2ファウルずつとなってしまう。拓殖大は逆転するが1Q終盤には#39成田(1年・G・藤枝明誠)のアンスポーツマンライクファウルも出てしまい、15-17で1Qを終了した。2Qも競り合いが続いた。筑波大は#32武藤、#10山田(3年・SF)がゴール下、#21笹山(3年・PG)がスティールからのシュートを決めていく。拓殖大は#40藤井の3P、アシストを出していくのを始め、#14大垣(3年・F)が残り4分で5連続で得点し、3P2本を含む10得点と奮闘。最後は#17高倉(3年・G)もいい形で3Pを沈めて31-41と引き離した。筑波大は終盤の得点が伸びず、置いていかれた格好となってしまった。

 後半に入ると、拓殖大はファウルが続いて重苦しい状態もあるが、10点のリードを得た状態が続く。筑波大は#35池田(4年・SF)、#92村越で返し、#14坂東が3Pファウルをもらう場面もあるが、点差が縮まらない。拓殖大は#23バンバ(1年・C・延岡学園)のタップシュートやフックシュートで差を広げていき、3Qで20点のリードを奪うことに成功。4Qも修正できない筑波大に対してその差を広げていき、52-82の30点差をつけて最終戦を快勝した。

1131027ikeda.jpg 拓殖大は明治大とは同率だったものの、直接対決では負けているために4位でフィニッシュ。青山学院大を倒すなど、後半に良いパフォーマンスを見せていた筑波大を倒す雰囲気のいい終わりを演じられた。若手中心の布陣だったが、それでも波を乗り越え、この結果を導き出したことはチームにも自信になるだろう。

 筑波大は勝てば3位だったが、この負けで5位に後退してリーグ戦を終えた。立ち上がりのファウルトラブルも2Qでは大きく影響しなかったように見えたが、拓殖大のオフェンスを阻止できず後半一気に引き離されてしまった。こちらも良い試合も課題のある試合もあったリーグ戦。1カ月後のインカレまでにどう修正してくるかが見ものだ。

写真上:両チーム通じて最高の24得点をあげた拓殖大・大垣。藤井、バンバとともに拓殖大の要だ。
写真下:10得点10リバウンドの筑波大・池田。奮闘は見えたが水を開けられてしまう戦いとなった。

拓殖大学:12勝6敗(4位)
筑波大学:11勝7敗(5位)

※拓殖大・藤井選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「インカレに向けて一戦必勝でやっていきたい」
最終戦は最後の大会に向け、最高の締めくくり

◆#40藤井祐眞(拓殖大・4年・主将・G)
1131027fujii.jpg15得点10アシストのダブル・ダブルで大会を締めくくった。同率の相手に対して最初からイニシアチブを保っての勝利は、自身にとっても理想的な状態だ。若いチームを率いて波を抱えながらの2カ月を、最高の形で幕引く形となった。
藤井以外は下級生という布陣で好不調の波が大きいのは自覚している。リーグ戦のような長期戦ではそれが顕著になる試合が多かった。しかし勢いが活かせるインカレは逆にそうした部分も長所になる可能性も大きい。拓殖大らしいアグレッシブなバスケットで上位を狙えるか、1カ月後の戦いに期待したい。


―最後はいい試合ができたのではないでしょうか。
「そうですね。久々に自分たちのバスケットができたんじゃないかなと思います」

―昨日の試合はあまり良くなかったのですが、入る前は何か言いましたか?
「リーグ最後だし、今日は楽しんでやろうと言いました。ディフェンスを頑張って走れたかなと思います」

―昨日からの修正点でいえばディフェンスだったんですか?
「ディフェンスとオフェンスリバウンド、相手にはオフェンスで取られないようにと。そこは多少やられましたが、ディフェンスではローテーションやスイッチを頑張れて、いいディフェンスができたんじゃないかと思います」

―今日はディフェンスでもよく声が出ているというか、細かい指示もよく聞こえてきました。
「今日はチームでコミュニケーションがいい感じで取れていたので、その分チームディフェンスがうまくいったんじゃないかなと思います」

―筑波大は笹山選手(#21)をどう抑えるかといったところがあったと思いますが。
「いやーでも、やっぱりあいつは上手いですね。スクリーンの使い方といった部分では何本かやられてしまいました。やっぱりあそこはキーマンです。今日は筑波のシュート率が上がってこなかったという部分で点差が開いたんですが、自分たちがそれなりのプレッシャーをかけていたという風に捉えたいです。だからあれだけの点数が開いた、いい試合だったと思います」

―リーグを通していいときと悪いときの波があった2カ月だと思います。原因は。
「やはり若さはありますね。4年は自分しかいない中でメンタル面を保つのが難しかったかなと思います。集中が切れたりしたら、自分が引っ張って立て直すのに時間がかかりました。いいときは下級生がハッスルしてプレーしてくれていたし、そこは良かったんですが」

―やはりそこは下級生が多い中では立て直すのは難しいんですね。大垣選手(#14)がみんなは藤井選手の言うことはよく聞くという話をしていました。
「そこはみんな素直に聞いてくれますね。自分もそれなりにこうして欲しいということを伝えていました。でもプレーで何度か噛み合わないことがあったり、そういう部分は多少惜しいですが。チーム全員の経験という面では相手チームとの差はあったかなと思います」

―昨年までは頼もしい先輩たちがいましたが、今年は4年生としてひとりで引っ張る立場になりましたね。そこは大変だったのでは。
「コートに立っている4年は自分だけだし、試合になったら自分がちゃんとコミュニケーションを取ったり声を出したりして引っ張ったりしなければいけなくて、そこは去年よりぜんぜん責任感の違いはありました。去年まで思い切り自由にやらせてもらっていたので、そこは苦労しましたね」

―そういう面では自分の成長にも役立ったのでは?
「そうですね。まだまだですけどこれからもっといろいろ勉強が必要です。1番ポジションも今年やり始めたばかりだし、これから頑張りたいですね」

―東アジア大会の疲れは大丈夫でしたか?
「まあそうですね、大丈夫です。国際ゲームは疲れるというのはありますけど」

―次はインカレになりますが、リーグ戦ではっきりした課題も見えたのではないかと思います。どこを突き詰めたいですか?
「一番は自分たちのバスケットを忘れないというか、自分たちが練習してきたことを出せるように、ディフェンスでしっかりコミュニケーションを取ることですね。オフェンスではちょっとうまくいかないときも絶対出てくると思うので、そういうときにしっかりスクリーンから入ったりピックから入ったりして、もうちょっと徹底・追求したいですね。あとは若いので相手のシュートが入り始めたときや、こっちの集中が切れたときにどう立て直すかというところが重要になってくると思います。昨年はベスト8に入れず悔しい思いをしたので、今年は上に行けるように一線必勝でやっていきたいと思います」

―でもいい形の最終戦で、いい雰囲気で終わってよかったのでは。
「最高でしたね。久しぶりに勝った印象があります。終わり方も良かったし、それがインカレにつながれば最高ですね」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:53  |  2013リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |