2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.10.27 (Sun)

【2013リーグ1部】10/27 大東文化大VS中央大

大東大が試合を制すもあと1勝が足りずに8位
2勝止まりの中央大とともに入れ替え戦での残留を期す


131027DAITO.jpg 既に10位の決定している中央大。負けの込んだリーグ戦最後の相手は、前日終了時点でまだ入れ替え戦回避の可能性を残している大東文化大となった。

 大東大はこの日#28兒玉(3年・PG)が絶好調。ミドルシュートや積極的なペネトレイト、3Pも狙い、全て沈めてチームを盛り上げる。中央大はターンオーバーが頻発し、タフショットも増える傾向に。#28兒玉は2ファウルとなってベンチに下がるが、代わった#55永井(4年・PG)が、終了のブザー間際に得点し、1Qに早くも16点ものリードを得て主導権を握る。2Qは#7渡部(2年・F)が好調。インサイドで得点を重ね、中央大を黙らせる。#30鈴木友貴(4年・SG)の3Pや#55永井のランニングショットも出てたまらず中央大はタイムアウト。#5谷口が3Pや、速攻でダンクを沈めるも、14点差で前半終了となる。

 しかし、3Qから中央大は切り替えた。#21大野(4年・PF)の合わせ、#27宍倉(2年・C)のセカンドショットなどでコツコツと追い上げる。大東大は#99山崎(2年・SG)が早い段階で4ファウル目となり、不穏な空気に。ターンオーバーから失点するシーンも出て、7分には4点差にまで詰められてしまう。だが、#8戸ヶ崎(4年・F)の3Pで厳しい状況に一息つくと、スティールを続けて速攻につなげ、二桁の点差に戻した。4Qも序盤は互いにノーゴールとなるが、#7渡部の活躍で大東大が徐々に引き離していった。結局83−60とした大東大が、中央大を振り切って勝負を制した。

131027TANIGUCHI.jpg 勝利した大東大だったが、直後の試合で専修大が勝ったことにより8位が確定。2部3位の法政大との入れ替え戦にまわることとなった。しかし、10連敗という苦境から最終週に連勝を果たし、勢いは出てきた。また、ここに来てリーグ中盤から試合に絡むようになった永井や高橋といった面々がチームと噛み合ってきている。このリーグ戦、勝利した試合はいずれもディフェンスの機能やリバウンドで優位に立って成し遂げたもの。この日の勝利もリバウンド面で相手を圧倒したことが大きかった。入れ替え戦では、この部分をどれだけ引き締められるかが鍵となってきそうだ。

 中央大は、1部復帰初年度で2勝に終わった。山田というインサイドの要を欠いてリーグ戦に入り、途中からスタメンガードを変えるなど、試行錯誤を繰り返しながらの戦いとなったが、思うように結果が出せなかった。入れ替え戦で対戦する慶應大は、昨年の2部リーグでは2勝したチームだが、1年前からは格段に進歩を遂げている。「ディフェンスが機能する時間を長く続けたい」と主将の大野。雰囲気の良さを更に高め、同時に緊張感を持って入れ替え戦に臨みたい。

写真上:1Qの最後に得点した大東大・永井を、戸ヶ崎と渡部が笑顔で出迎える。3名とも、この試合では存分に良さを見せた。
写真下:ダンクに行く谷口。個性豊かなカルテットの卒業した中央大にあって、エースと呼ぶべき存在に成長を遂げた。

大東文化大学:5勝13敗(8位)
中央大学:2勝16敗(10位)

※大東文化大・兒玉選手、中央大・大野選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「責任も喜びも感じ、少しは成長につながった」
激しい浮沈のリーグ戦の経験を活かし、残留あるのみ

◆#28兒玉貴通(大東文化大・3年・PG)
131027KODAMA.jpgこの試合でのプレータイムは10分少々にとどまったが、リーグ戦を通じて大東大をコントロールした。10連敗を喫した期間もあり「辛かった」と話す一方で、最後には連勝。勝つことの喜びも噛み締めるなど、兒玉にとっては濃密な経験のできた2ヶ月間だった。フロアリーダーとしてチームを鼓舞する姿は、3年生らしからぬものである。専修大の結果を気にしながらのインタビューとなったが、最後の2試合で披露したディフェンスを継続できれば、おのずと結果はついてくるはずだ。


—ひとまずリーグ戦は終了です。スタメンとして試合に出続けて感じたことはどのようなことでしょうか。
「自分自身の好不調と、チームにも好不調がある中で、結果を残さないといけないので。自分では、初めてのことばかりで。スタートで出ることもそうだし、こんなにプレータイムをもらうことも初めてだったので。最終的には勝敗が絡んだというのもあるし、辛かったな、というのが印象的には大きかったです」

—永井選手が試合に出るようになり、負担は減ってきましたか。
「はい、全然違います。もともと自分よりもゲームの流れを掴める人なので、信頼しています」

—永井選手は兒玉選手に負担をかけ過ぎてしまったとおっしゃっていました。
「そんなこともないですけど(笑)。リーグが始まる前に自分と永井さんでプレータイムを分け合っていた時に、『ふたりでやっていきましょうね』と話しはしていました。昨日と今日は自分は良くなかったんですけど、永井さんがその分やってくれました。他にもガードがいるんですけど、永井さんとふたりでやってこられたのは、ここに来て勝ちを掴めた要因かと思います」

—高橋選手も良い働きを見せ始めてきて、噛み合い始めてきた印象があります。
「10連敗している中では元気も無くてバラバラだったんですけど、10連敗したあとではあったんですけど、もうやるしかないということで、もう一回ハッスルして声を出していこうとやってきました。ベンチメンバーの試合への入りも意識してやってきたので、高橋もつないでくれて良かったなと思います」

—ここに来てディフェンスの良さが出てきたのではないでしょうか。
「そうですね。リーグ前からもディフェンスはプレッシャーをかけていこうとしてきたんですけれど、負け続けてきた時にちょっと弱くなっていたので、他のチームも見習って良いところも拾っていって。特にディフェンス面なんですけど、そういったことがこの2勝に活かされたんじゃないかと思います」

—あとがない状況になってしまって、この一週間のチームの雰囲気はいかがでしたか。
「3年生以下は『4年生のために』と考えて、団結して。4年生も『最後だから』と気持ちで区切りをつけてくれて、練習もしっかり取り組めていました。コミュニケーションも取れていたので、とても良かったなと思います」

—今日は、まずは絶対に勝たなければいけない試合でした。1Qのシュート率が100パーセントでしたね。
「ああ、あれは多分まぐれです(笑)。でも調子が良かったので、自分で打っていこうかなと。意識して狙いました」

—リーグを通じて試合中はリーダーシップが見られました。
「一応副キャプテンなんで。特に意識はしていないですが、ガードということもあるし、友貴さん(#30鈴木)が色々と引っ張ってくれるので、そこは協力しながらやっていますね。3年生の自分としては、4年生とできるバスケットというのはあとちょっとしかないので、その部分では楽しむということを念頭に置いてやっていきたいと思います」

—入れ替え戦の可能性が気になるところですが、仮に入れ替え戦となってもこの内容を続けられれば勝ちは見えてくるのではないでしょうか。
「一番は行かないのが良いんですけど、行ったとしてもやることは変わらないです。しっかり頑張っていきたいです」

—連勝で終えたことも大きかったですね。
「大きかったですね。次につながると思います」

—兒玉選手個人で、このリーグ戦で得られたことはどのようなことでしたか。
「個人的なことだと、自分の力の無さを教えられた試合ばかりだったし、その中でチームも見ながらやっていかなきゃいけない責任も感じました。あとは、10連敗していたこともあって、昨日と今日で勝つことで得られた喜びも感じられました。そういう部分が、ちょっとは成長につながる部分だったかなと思います」

--------------------------------

「声を出すようになり、チームは良い方向になっている」
1週間後の入れ替え戦へ、今一度チームを引き締める

◆#21大野竜一(中央大・4年・主将・F)
131027OONO.jpg2勝16敗。中央大にとっては苦しい結果に終わったリーグ戦だった。佐藤(12年度主将)ら、個性的で才能豊かなカルテットが卒業していき、大きく陣容が変わったことの難しさもあっただろう。それでも拓殖大を相手に延長戦の試合を演じるなど、決して悪い内容ばかりでもなかった。幸いリーグ開幕当初よりも、チームの雰囲気は向上したという。入れ替え戦への1週間で、チームのベースであるディフェンスを確たるものとしておきたい。


—2勝のみで終わり、厳しい2ヶ月でしたね。
「久しぶりの1部で、相手が強かったなというのが正直なところです。本当は、入れ替え戦は回避したかったんですけど、こうなってしまうパターンもある程度予想はしていたので、入れ替え戦に向けて切り替えて頑張ろうかなと思います」

—それでも2勝はしています。決して戦えなかったわけではなかったと思いますが。
「そうですね。リーグの前は雰囲気も良くない状態で、でも段々1部相手でも戦えるようになってきたので、チーム力自体は上がっていったと思うので、そこは良かったと思います。雰囲気も、当初よりは今の方が全然良くなってきています」

—順位が確定した中での今日の試合でしたが、モチベーション面で難しさはありませんでしたか。
「入れ替え戦のシミュレーションという形で、それに向けての準備という感じでしたが、3Qまでは良いところがちょくちょくあったんですけど、踏ん張りきれなかったのは、負けが込んでいて気持ちが落ちている面かなと思います」

—今大会の中央大の試合は、良いところがあっても続かない部分があるのが気になりました。
「そうですね。良い時間帯が短いんですよね。そこを長くすることが、入れ替え戦に向けてのこの1週間の課題だと思います」

—主将として、リーグ戦はどのような取り組みを行ってきましたか。
「最初はプレーで頑張って引っ張ろうという感じだったんですけど、それだけじゃ良くはならなかったので、声を出して、みんなが分かるように引っ張っていこうと思っていました」

—その点の出来はどう感じていますか。上手くいったのか、上手くいかなかったのか。
「それができたかどうかは分からないんですけど、チーム自体が最初よりは声を出すようにはなったと思うので、自分の影響かは分からないですが、良い方向にはなったと思います」

—入れ替え戦は慶應大が相手になります。
「慶應の試合は昨日見てきたんですけど、シュートがすごく手堅いので、ディフェンスが鍵になってくるのかなと思います。うちが良い時はディフェンスが機能している時だと思うので、さっき言ったように、そこを長く続けられるようにしていけば、慶應のハイスコアのペースを止めることはできると思うので、そこを意識して試合に臨みたいと思います。チーム一丸となって全員で戦わないと、簡単には勝てないと思っています」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |