2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.10.26 (Sat)

【2013リーグ1部】10/26レポート

早稲田大の9位、中央大の10位が確定
3位、8位争いは最終日へ


131026utonakahigashi.jpg 1部リーグも残すところあと2試合。下位争いは直接対決の結果、早稲田大の9位、中央大の10位が決まり入れ替え戦は中央大vs慶應義塾大、早稲田大vs国士舘大の組み合わせが確定した。また、8位は大東文化大の勝利、専修大の敗戦により最終日の結果を待つことになった。上位では青山学院大が2位を確定、3位は筑波大と拓殖大の最終日の直接対決に明治大が絡む形で決着しそうだ。
 1部リーグにとってはリーグ戦はインカレに向けた強化段階ともいえる部分がある。ここで得たものをどう活かし、または修正するか、順位は決まったとしても最終戦までしっかりと戦い、追求して欲しい。


 3位に望みをつなぐ明治大はエースの#11宇都(4年・G)が復帰で入れ替え戦回避に全力で向かう専修大と対戦し、さすがのディフェンス力を発揮した。1Qこそ明治大は思うようにシュートが決まらず12-15と僅差の出足となるが、1Q終盤から入り出したシュートが2Qになると#50伊澤(2年・PF)を中心に気持ちよく決まっていき、ディフェンスでは#11宇都に仕事をさせずに一気に突き放す形に。専修大は明治大の高さの前に決めきれない部分が目立った。後半になって#11宇都の速攻も何本か出てらしさも見えたが、ゲームの大勢を動かすには至らない。しかしほぼ明治大の勝利も決まったという終盤になり、粋な場面も見られた。#11宇都とマッチアップする#12中東(3年・SG)が互いに一対一を仕掛け合う形となり、周囲もそれを笑顔で見守る形に。互いに数回ずつのそのプレーは、互いに決め合い、または落としながら本人たちも笑顔でやりあい、ブザーが鳴るまでのわずかな時間、ひとつの見せ場を作ってくれた。試合は86-72で明治大が勝利し、3位への可能性を残した。

写真:満面の笑みで専修大・宇都に相対する明治大・中東。試合終了後に宇都は明治大の塚本HCとも抱き合い、感謝していた。

--------------------------------

【我慢比べの展開を最後に抜け出した大東大が連敗脱出】
131026TAKAHASHI-1.jpg 敗れればその時点で入れ替え戦行きの決まる大東文化大。出口の見えない連敗の渦中にあったが、この日はディフェンスが良さを発揮。僅差ではあったが、白鴎大相手にほとんどの時間でリードを維持し続けた。

 先手を打ったのは大東大。#28兒玉(3年・PG)、#30鈴木(4年・SG)が相次いで得点して3分足らずで8−0と先行する。白鴎大はここから好ディフェンスで簡単に得点させず、#15白濱(4年・F)の得点から徐々に差を詰めるが、リバウンド争いで劣勢となるなどでオフェンスは単発に終始。大東大はベンチスタートの#55永井(4年・PG)と#1高橋(3年・SG)の両名も気を吐き、ディフェンスも機能して1Qで9点リード。試合はここからロースコアの得点経過で一進一退の攻防に。#36パプロブヒナス(4年・C)や#1大釜(3年・G)の得点が出る白鴎大に対し、その都度#55永井や#99山崎(2年・F)の得点で返した大東大が、29−21というロースコアの中、リードで前半を終える。

 後半に入り、ここから活躍を見せたのが白鴎大・#23イッサ(1年・C・八王子)。ジャンプシュートやペイントエリアを制してスコアを稼ぐ。大東大はアウトサイドのシュートが単発に入るオフェンスの時間帯が長く続くが、好ディフェンスは持続して相手にもリズムを与えない。次第に球際の攻防が激しくなる中、ドライブや速攻で#5柳川(4年・F)が決め始めた白鴎大に流れが移る。4Q出だしに#10田中(4年・G)の3P、#5柳川のバスケットカウントで勢いづき、速攻で#15白濱が決め逆転に成功。しかしここから白鴎大はぴたりと得点が止む。大東大は#30鈴木のジャンパーで再逆転すると、#99山崎も続く。さらに#55永井にバスケットカウントが飛び出して点差を拡大。白鴎大はおよそ4分半の沈黙を経て#5柳川が得点を重ねるものの、大東大は#1高橋の活躍が出てリードを維持。ロースコアの消耗戦を59−51で制し、ようやく連敗を脱出した。

 互いにシュート率が上がらずにフラストレーションのたまる戦いとなったが、リバウンド面で勝った大東大が勝利を引き寄せた。ベンチスタートの#1高橋と#55永井がともに二桁得点を稼いだのも勝因のひとつと言えよう。この勝利、そして専修大の敗戦で、入れ替え戦回避へ望みがつながった。前週二試合で連勝の白鴎大は、序盤の出遅れなど停滞する時間が多かった上、白濱、柳川の両名がファウルアウトという結果に。最後の相手である専修大は、入れ替え戦の可能性が残るチーム。必死でぶつかってくることが予想される厄介な相手だが、一発勝負のインカレを見据えると試金石となる試合と言える。

写真:永井とともに、ベンチスタートで結果を出した大東大・高橋。得点面だけでなく、リバウンドも8本記録して大きな役割を示した。

大東文化大学:4勝13敗
白鴎大学:10勝6敗

※大東文化大・永井選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【一貫してシュート好調の早稲田大が勝利し、9位確定】
131026IKEDA.jpg ともに入れ替え戦行きの決まっている早稲田大中央大。前回対戦では得点の伸びない展開で早稲田大が勝利した再戦は、前回とはガラリと変わる内容。ハイペースで得点を量産した早稲田大が快勝した。

 立ち上がりは中央大ペース。#5谷口(3年・F)のシュートが次々と決まってチームを勢いに乗せる。しかし、#34池田(2年・G)を中心に得点を重ねていた早稲田大は、6点ビハインドでのタイムアウトから一挙に修正。時折ゾーンで守る相手に、#34池田はもちろん#16山本(2年・F)、#21河上(4年・F)らもシュートラッシュで畳み掛けて劣勢を跳ね返し、23−22で1Qを終える。2Qは早稲田大が優位にゲームを進めた。#10渡部(2年・SG)の得点などで若干出遅れるも、#16山本のバスケットカウントで嫌な雰囲気を払拭。トラベリングなどのミスが出る相手を尻目に、#34池田の3Pや速攻、#15木村(3年・F)のジャンプシュートなどが続いて二桁のリードに乗せる。#21河上がアクシデントで一時交代するも、勢いに乗った早稲田大の猛攻は続き、#2木澤(2年・G)が最後に3Pを沈め、12点のリードで後半へ。

 3Q、早稲田大は#21河上がコートに復帰。中央大は#5谷口や#22山田(4年・PF)が得点を重ねるが、早稲田大の勢いがここでも上回った。#16山本のシュートは高確率で決まり、速攻で#15木村が決めるなどして息つく暇を与えず。#21河上も得点していった早稲田大のリードはそのままじわじわと拡大。終盤は連続速攻などで良い雰囲気を保った早稲田大が、91−69で勝利を決めた。

 入れ替え戦行きの可能性のある大東大の勝利の結果もあり、最終日を待たずして9位が確定した早稲田大。苦しんだリーグ戦だったが、入れ替え戦が決まったことでかえって開き直れたと主将の河上が語るように、この試合は今大会最高の内容と言っていいだろう。一方これで10位が決まった中央大は谷口が29得点を挙げるも、他の選手が思うように得点を伸ばせず。1部復帰の初年度で最下位となってしまった。どちらのチームも入れ替え戦が控えるが、まずは最後に残る試合を良い内容で締めくくりたいところ。

写真:河上と並んでチームハイの22得点を挙げた早稲田大・池田。5人が二桁得点に乗せるバランスの良さを見せた。

早稲田大学:3勝15敗
中央大学:2勝16敗

※早稲田大・河上選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【東海大が3Qに勝負をつけ、全勝優勝にリーチ】
131026BARANSKI.jpg 優勝が決まり、それが全勝でのものになるかどうかがポイントの東海大。この日は3位争いの中にある筑波大とのゲームとなった。

 前節ホームで青学大を撃破した筑波大がまずは先行した。#32武藤(4年・C)がインサイドで攻め気を見せ、#21笹山(3年・PG)も2本の3Pを沈めて10−2とする。しかし、これでも東海大は慌てた様子は見せなかった。得意のディフェンスで筑波大の勢いを削ぎ、#0ベンドラメ(2年・PG)の速攻、#7晴山(3年・PF)のミドルシュートなどでコツコツと返していく。筑波大は#32武藤が早い段階で2ファウルとなって苦しい雰囲気に。東海大はなおも追い上げていき、2Q頭に#12梅林(4年・C)のミドルシュートで逆転に成功。#23佐藤(4年・PF)もペイント内にうまく侵入してリードを拡大する。筑波大は#14坂東(3年・SG)の3Pで一時同点とするも、東海大のディフェンスを容易には崩せず、得点は単発に。#24田中(4年・SF)の2連続3Pも出た東海大は、7点差として前半終了。

 筑波大は3Q以降も東海大ディフェンスを前に思うようなオフェンスが展開できない。序盤のポイントだったインサイドでの得点が止まり、外寄りのシュートが中心となってしまう。この間にも東海大は着実に加点。#7晴山、#24田中といった代表帰りの面々が多彩な形でネットを揺らす。最後はベンチメンバーもコートに入れ、83−52で余裕の勝利を果たした。

 東海大は、これで開幕からの連勝を17にまで伸ばした。最終日は宿敵・青学大戦。昨年青学大が果たした全勝優勝という偉業を成し遂げられるか。最終試合は多くの注目を集めるカードだ。筑波大は後半の失速が響いて6敗目。しかし、最終戦の拓殖大を下せば3位となり、インカレでのシードが手に入る。このカードにも、注目が集まりそうだ。

写真:堅実なプレーぶりを見せている東海大・バランスキー。泥臭さが売りである一方で外のシュートの確率も高く、対戦相手には厄介な存在だ。

東海大学:17勝0敗
筑波大学:11勝6敗


【連敗を立て直した青山学院大が拓殖大を下す】
131026takahashi.jpg 前週の8週目に2連敗という、ここしばらく経験したことのなかった状況に追い込まれた青山学院大。今いる現役だけではなく、“王者”と言われ始めた2007年以降、リーグ戦での連敗は3位に沈んだ2009年以来のことだ。それだけにどのような試合を見せるか注目されたが、3位を狙う拓殖大相手にしっかりと勝ち切った。

 1Qの立ち上がりは互いになかなか得点できない重さがあったが、拓殖大のファウルが続いたのをきっかけに#25永吉(4年・C)のミドルシュートや#7野本(3年・F)のバスケットカウントなどでリードを得ていく。拓殖大は#40藤井(4年・G)、#23バンバ(1年・C・延岡学園)、#14大垣(3年・F)のスコアラーがゲームを牽引。しかし1Qは17-14とわずかに青山学院大のリードに。2Qになるとゲームが動き、#5高橋(3年・PG)や#7野本の3Pもあって青学大が差を開き始める。拓殖大はインサイドの#23バンバへ浮かせたボールは入るが、全体的には攻め手を欠いて2Qはわずかに9得点。その後もリードを保った青学大はさまざまな選手を投入しながら後半には速攻の足も出るプレーで、91-61と30点差の完勝を収めた。

 終始アグレッシブで3Pも7本、リバウンドは拓殖大に15本の差をつけた青学大。2Q以降は余裕があったが、ベンチから出てくる選手も攻め気が見える試合だった。最終戦は東海大戦。盤石の王者に今のチームでどこまで戦えるか、すべてを出し切って欲しいところだ。拓殖大は得点源が限られてしまった場合に苦しい状況がどうしてもある。これで3位争いが分からなくなったが、最終戦の筑波大戦でどういった試合を見せるか、こちらも注目だ。

写真:ベンチスタートでコンスタントな働きを見せる青山学院大・高橋。

青山学院大学:14勝3敗
拓殖大学:11勝6敗

※青山学院大・船生選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「この1勝を弾みに入れ替え戦回避につなげたい」
4年生として最後のひと踏ん張りに懸ける

◆#55永井裕也(大東文化大・4年・主将・PG)
131026nagai.jpg13点5リバウンドのチームハイを記録。主将として頼もしい活躍を見せた。新人戦で主将を努めて以降、3年目はAチームでの出場が叶わなかった。自分でも「迷走していた」と言うが、ここにきてようやく4年生らしい働きが目につくようになってきている。この勢いを明日まで持続してチームに貢献できるか、最後のリーグ戦で後輩にしっかりと伝えて欲しい。


ーこれで4勝目となりました。長く連敗してしまいましたが。
「10連敗していたし、今日負けたら入れ替え戦確定だったのでそれを絶対回避しなければいけないと。4年生は少ないんですけど、その4人がここぞとばかりに力を出してくれたので勝てたのかなと思います」

ー休止期間中はチームの状態はどうでしたか?
「最初は少しオフがあって練習に入ったんですけど、リフレッシュしきれていないというか、切り替えられていないというか。雰囲気は悪くはないんですが、勝ち方を忘れてしまったというか。実戦経験が自分も入れて少なくて、若いチームだしそこが難しくて。3週間開くのも初めてだし、自分たちもどうすればいいか分からず、練習は全力でやるんだけれども、何か足りないなという感じでした」

ーそういう休止期間のあとで先週はうまくいかなかったんですね。今日は1勝できましたが。
「本当は先週にひとつでも勝ちたかったんですけど、やっぱりダメで切り替えられてなくて。自分たちは勝てるときはリバウンドとルーズボールを支配できていると思うし、今日もみんな全員がインサイドにもしっかり飛び込んでくれていたし、やはりそこが勝因かなと」

ー今日はディフェンスは良かったのではないでしょうか。
「的を絞ってやっていて、外は落ちてくれるのを祈りつつ、能力の高い5番(柳川)や15番(白濱)にはやられないように意識していました」

ー永井選手自身は今日も良かったですが、休止前の拓大戦での活躍が印象的でしたが。
「拓大戦が相手に同じ高校だった藤枝明誠が多いので、スイッチが入ったんだと思います(笑)。燃えたというかやらなければいけないなと。自分はムラが多いのでいいときと悪いときがあるんですが。今日はたまたま良かったんですが、これが明日、期間が開くけどインカレにも続けばという感じです。他力本願なところがありますけど、まずは明日勝って入れ替え戦を回避できれば。自分たちは単純なので今日勝ったこの1勝がすごくうれしいし、調子に乗るタイプなので勢いを明日に切らさずにやっていきたいです」

ーメインガードは兒玉選手(#28)がここまでずっと頑張ってきましたが。
「ガードはそうですね。本当はふたりで分け合う必要があるんですが最初の方が自分がダメで兒玉に任せすぎてしまいました。ここまで兒玉が引っ張ってきてくれているし、最後は4年生がコートで見せないとなと思っていました。今日もそんなに活躍できていないんですけど」

ー今日は頼もしい活躍だったと思います。4年生として、主将として下級生に思いを伝えることはありますか?
「僕らはちょっと仲が良すぎるのでどうかなという部分はありますが、でも自分たちの学年はあまり口に出して言うタイプではないけど、思いはあるし意思疎通もできていると思います。でもそれが僕たちだし、最後の試合でプレーで伝えられればと。相手の中央大には1巡目もトーナメントでも負けています。明日やるのが最後の可能性が高いので、しっかり勝って勝ち逃げしたいです」

--------------------------------

「ここまで落ちるんだったら上がるしかない」
鬱憤を晴らす活躍でチームを上昇気流に乗せられるか

◆#21河上宗平(早稲田大・4年・主将・F)
131026KAWAKAMI.jpgこの日22得点。司令塔の池田が「早稲田のエースは河上さん」と話していたが、そのとおりの活躍を見せた。同時に9本のリバウンドもマークし、主将としてのあるべき姿も提示した。2Q終盤には足を痛めてベンチに下がったものの、テーピングをほどこしコートに復帰。後半も問題なくプレーをこなした。既に早稲田大は入れ替え戦行きが確定。9位という順位も決まって、昨年に続いて国士舘大との対戦となるが、まずは目の前の試合を見つめる。最後の明治大は現在3位を争う強敵だが、これを乗り越えて連勝での締めくくりとなれば、勢いを加速させられそうだ。


—今日は非常に内容が良かったですね。
「はい。もう入れ替え戦は決まっていて、今日勝てば相手も決まる状況だったんですけど、僕たちには失うものは無いです。逆に開き直って、今週の練習も雰囲気が良く、よく走ってトランジションを頑張ろうと。今日の内容を明日につなげて、入れ替え戦につなげられればおのずと結果はついてくるのかなと思います」

—トランジションの部分は、元々取り組もうとされていたのではないでしょうか。
「そうですね。リーグの序盤から、僕たちは走らなきゃ点は取れないと言われていて、ディフェンスからブレイクがチームの鍵でした。そこを頑張らなきゃ勝てないのは分かっていたんですけど、正直徹底しきれていない部分がありました。そのままリーグに入っていってしまいました。それがこういう結果になっているんだと思います。でも、もうやってしまったものはしょうがないので、そこは反省して次に活かしていきたいと思います」

—今日の試合ではディフェンスが甘い時間帯がありましたね。
「そうですね。特に1Qは相手にターンオーバーをひとつもさせられなかったというデータが出ていて、一線の当たりが弱くて、特に僕らの3、4、5番がフォワードにゴールにアタックされることがすごく多くて。僕らは、今日ファウルが少なかったんですけど、良いことだとは思うんですけどもうちょっと当たりにいけば。一線の当たりが弱かったなと思います。一応ハーフタイムにもうちょっと当たろうと話して、プレッシャーを与えてから相手が自滅してくれたような感じだったので、そこが生命線だったのかなとは改めて実感しています」

—そういうこともありましたが、ご自身は非常に調子が良さそうでしたね。
「本当に『当たって砕けろ』という感じになっていて、良い意味でプレーに集中できました。途中で痛めた足のことを気にしなかったわけではないですが、逆にこれでできなかったら仕方がないと思って切り替えてやれたのが、体が動いてきた理由なのかなと思います」

—言い方は悪いですが、落ちる状況まで落ちて、気にすることがなくなったということでしょうか。
「そうですね。正直リーグの前半は僕が不甲斐なかったですし、何をしても全然体が言うことを聞かないような感じで。どれだけ練習で良くても試合になったら体が動かないこともあって、『ここまでになってしまうのか』と感じることもありましたけど、落ちるところまで落ちたとおっしゃいましたが、本当にそういう感じで『ここまで落ちるんだったら上がるしかない』と開き直ってやれています。それでやっと動けてきているのかなと思います」

—中断期間に東アジア大会に参加していましたよね。早稲田大に戻った際は、特に連携などで問題はありませんでしたか。
「2週間くらい抜けていたんですけど、帰ってきてチームの雰囲気がすごく良くて。今、3ガードのような形でやっていますが、それが下級生主体ですごくエネルギッシュに、フレッシュにやっていました。僕自身東アジアで悔しい思いをしてきて、その思いをこっちでぶつけようとモチベーションを高くやってきたところだったので、安心してチームに入れました。『馬鹿になって』じゃないですけど(笑)、僕自身も走り回って、チームのみんなもそのことを理解してくれていて、練習は良い雰囲気だったと思います。勝てなくてモヤモヤした中で苦しくやっていて、いっぱいミーティングもしましたし、それでも何が悪いのかも分からないくらい課題が山積みになってしまっていて(苦笑)、そこで『走るしかない』という結論になりました。練習でもものすごく走って、意識して体を動かしていこうと。それがやっと馴染んできて、無意識にできるようになってきたから、雰囲気が良くなってきたのかなと思います」

—ともあれ入れ替え戦にまわり、国士舘大が相手になります。
「勢いのあるチームとは聞いていますが、どのみち明日は勝たないといけないです。また馬鹿になって(笑)、今日の後半くらいフレッシュにやれればな、と思います」

--------------------------------

「コミュニケーションを大事にやっていく」
負けて得たものを昇華するために

◆#0船生誠也(青山学院大・2年・SG)
131026FUNYUU.jpgプレータイムをシェアして戦ってきたリーグ戦の中でも、なかなか出番を得られない場面が目立っていた。しかし前節の筑波大戦では得点を引っ張る形になり、この試合でも途中出場でまずまずの数字を残した。
まだ2年生だが将来の青学を背負わなければいけない、期待をかけられた選手でもある。チーム方針をどううまく自分のプレーとして活かすか試行錯誤している様子が見えるが、この壁を乗り越え、もう一段階の成長するための糧となるリーグ戦となって欲しい。


ー今日は良い形で勝てたと思いますが、先週の負けはチームにどんな影響を与えたでしょうか。この1週間はどうでしたか?
「負けてから1週間しかないわけで、4年生は2連敗は経験もないしどういう状況なのかも分からずみんなで話して、広瀬さんと4年生も話し合ってしっかりチームでやるべきことを決めて今日の試合に入った感じです」

ーやるべきことと言うのは?
「ディフェンスをもっと激しくやることと、リバウンド本数で負けないこと、あとコミュニケーションをしっかり取ることです。ディフェンスは具体的に60点以内に抑える目標もあります。それをこの短い1週間で意識して今日の試合をやって、今日は良かったんじゃないかなと思います」

ー船生選手は前週までのリーグ戦はそこまで出番がなかったと思うんですが、前節の筑波戦でいい活躍だったと思いますが、今日も思い切りの良さが目立ちました。
「出させてもらえるなら点を取っていこうという意識は常にあるんですが、今日はそれがうまくいきました」

ーこの2試合で結果を出せたのは何が大きいですか?
「気持ちの部分が大きいと思います。あとは自分の中でもこういうプレーをした方がいいというのがあって、今日あたりはうまく表現できました。でももう少しブレイクとかで走ってランニングプレーがもっとできたらよかったなと思います」

ーあまり出番をもらえていないときはそれがうまく表現できなかったんですか?
「バスケットボールスタイルが今のチームのプレーとちょっとフィットしていない感じですね。走るのが持ち味なんですが、ディフェンスはオールコートだけど、オフェンスはハーフコートなので。それでうまくいかなくてモチベーションも下がっていたんですけど、チームのやり方が合わないと考えるより自分が合わせていくしかない。自分では頑張っていたんだけどなかなかプレータイムはもらえなかったですね。先週たまたま活躍できたのでそこは良かったんですが」

ー昨年はやはりオフェンスがハーフコートの中でやれていたと思うんですが、昨年とは違うんですか?
「ディフェンスから走る形が違いますね」

ー今はそれを乗り越えている最中なんですね。これまで勝ってきた経験が多い中で、負けから学んだことはありますか?
「いっぱいありますね。先週の明治戦は最後の5分ぐらいしか出ていないので負けた実感はそんなになかったんですが、筑波戦は結構出してもらったけれど頑張れば勝てる試合で負けてしまいました。ユニバ組と長谷川さんが帰ってきて、残っていた方が広瀬さんとやっていて、それが一緒になって1日しか練習もできずにぶっつけ本番のような形でやりたいこともうまくいきませんでした。でもパスが合わないとか、そういうのはコミュニケーションが大事かなと思っています。負けてからそれを一番意識しています」

ー最後の一試合、インカレにつながるような試合にしたいですね。
「自分が出たら頑張ります」

ーでも今はすごく下級生が頑張っているなと思います。
「でも上級生が引っ張ってくれています。今日なんかも俊樹(#32畠山)さんや天傑(#8張本)さんがベンチで広瀬さんに『船生を出しましょう』と言ってくれて。それを言うのか、と思いましたけど(苦笑)嬉しかったです。そういう期待に応えたいと思います」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2013リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |