2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.10.08 (Tue)

【2013リーグ】第7週の見どころ(2部)

【2部リーグ】
2位に同率で3チームが並び白熱の2部
中盤位もまだ上位を狙える状態


131006takata.jpg 2部リーグは6週目を終えて2位に法政大、日本大、国士舘大の3チームが並ぶ混戦模様となった。残り6試合あるがこのまま3チームが並走すれば、得失点ではなく3チーム間での勝敗によって順位が決まることになる。入れ替え戦枠は3つ、インカレ出場枠は2つ。1部とはまったく異なる緊張感の中、この熾烈な戦いを勝ち抜くのは一体どのチームになるのか、俄然注目が増してきた。首位の慶應義塾大は取りこぼしをせず2位以下に星4つのアドバンテージを持つに至り、余裕が見えてきた。しかし残りはタフな組み合わせが続くだけに、まだ油断はできない。

 12日(土)で一番注目なのは2位争いをする国士舘大と法政大の対戦だろう。同率で並んだ2チームにとっては正念場だ。また関東学院大と東洋大も6週目は関東学院大が2連敗、東洋大が2連勝と明暗の分かれた格好で同率5位の戦い。週によって波を見せてきたチームだけにどちらが主導権を握るか見逃せない。下位では入れ替え戦圏内に入ってしまった神奈川大と日本体育大の同率対決もある。負けた方が8位となるが、この枠はまだ中盤のどのチームが転落してもおかしくない状態。こちらも白熱しそうだ。

 13日(日)は前半戦では競り合う場面もあった神奈川大と日本大、慶應大と法政大が2度目の対決でどういう結果になるかが見どころ。江戸川大や東洋大も勝ち星を増やし、調子を上げてきているため対戦相手は気の抜けないゲームを強いられるだろう。

写真:法政大のエース高田は2位の座を守り抜けるか。

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  04:08  |  2013リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |