2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.09.21 (Sat)

【2013リーグ2部】9/21レポート

慶應義塾大は勝利して首位を守り
関東学院大が勝ち越しでじわじわ順位を上げる


130921NAKAMURA.jpg 2部リーグは団子状態ながら上下の差が広がりつつある。先週首位に立った慶應義塾大はこの日も手堅く勝利し、全勝を守った。2位につける日本大、3位の法政大も大崩れはない。だがここに来て下から順位を上げつつあるのが関東学院大だ。序盤は連敗もあったが、チームの良さも出てきて遂に勝率が5割を上回った。翌日の慶應義塾大との対戦に向けて好材料が出てきたと言えよう。2部はリーグの真ん中あたりの日程に入っているが、この辺りでしっかりと勝ちを掴んでいかなければ後半に大きく影響する。片時も気が抜けない。


 2勝の東洋大はまだ勝ち星のない駒澤大と対戦。1Qを1点差で終えると、2Qで抜けだしたのは東洋大。この日スタメン出場の#11中村(1年・PG・幕張総合)が3P、速攻を続けて決めると流れが生まれ、#24遠山(3年・F)のオフェンスリバウンドやアウトサイドも調子良く決まって差をつけた。駒澤大は後半粘って、控えメンバーを使いつつの試合になった東洋大に対し#33佐々木(4年・SF)や#8野村(3年・SG)らの得点で一時3点差にまで追い上げるが、東洋大も#2山口(1年・F・桐光学園)のシュートで追い上げの流れを切ると64-81で試合終了。東洋大が3勝目をあげた。

 前節で勝率5割に戻した関東学院大は同じく5割で並んでいた神奈川大と対戦。1Qからインサイドの#10エリマン(3年・C)によくボールが入り、高さを活かした戦いで流れを作ると、ベンチスタートの#38蜂谷(2年・F)、#45大熊(2年・G)ら2年生もオフェンスで貢献。神奈川大はディフェンスで後手を取ってしまい、#7古橋(4年・F)も前半で3ファウルと苦しい状態に。後半に入っても関東学院大は勢いを持続。神奈川大は粘って追い上げるも10点差からはなかなか縮められず、80-90で試合終了。関東学院大が国士舘大と同率4位へと浮上した。

写真:積極的に攻めてチームハイの東洋大・中村。

※関東学院大・大熊選手のインタビューは「続きを読む」へ。

--------------------------------

【後半に逆転した法政大が4Qで突き放す】
130921kouzu.jpg 法政大江戸川大の対戦は、前半は江戸川大の思い切りの良さが反映された。1Qは互いに走り合う部分も見られ、20-19と1点差。2Qは江戸川大の持ち味である3Pやスティールからの速攻などもあって法政大を逆転。最大8点のリードを奪う。法政大は無得点の時間帯が続くやや我慢の展開も見えた。しかし#24加藤(2年・F)や#0高田(4年・G)のシュートで同点に戻すと前半は35-26と江戸川大の1点リードに。

 後半の立ち上がり、法政大は#16沼田(2年・C)がゴール下をかいくぐり、2連続の得点で逆転。しかし江戸川大も切れずに#97小澤(3年・F)の得点でついていくと、#14伊藤(4年・G)の3Pやシュートで再び同点に追いつく。法政大は簡単には江戸川大を引き離せないが、相手のチームファウルが5を越えて次々フリースローを獲得していくと59-55と4点リードで4Qへ。立ち上がりはしばらく互いに停滞するが、法政大は交代した#1神津(2年・F)の3Pが出て点差を7とすると勝負を決定的にする。江戸川大は外を打っていくが当たらず、その後も得点し続けた83-67で法政大が勝利した。

 江戸川大は前半はいい勝負だったものの、後半にかけて失速してしまった。40分を通しての戦いをどう組み立てるかも課題だ。法政大は国士舘大が負けたことによりこれで単独3位に立った。

写真:3Pを放つ法政大・神津。4Qの登場だったが、シュートが決まってチームも沸いた。

法政大学:5勝2敗
江戸川大学:1勝6敗


【日体大は前半リードするも後半に失速し、日大に軍配】
130921kikuti.jpg 前節で1敗のついた日本大は同じく高さのある日本体育大と対戦。1Qは2m同士の豪快なインサイドのマッチアップが見どころになった。日本大は#24刘(2年・C)がポストアップで#12周(3年・C)を簡単には攻略できず、外中心。#25菊地(4年・F)が3Pを決めていく。日本体育大も#9出羽(3年・F)、#11北川(4年・G)の3Pに#12周のフックシュートなど内外のバランスの良さが目立った。日本大は4本の3Pもあって1Qで3点リードを奪うが、2Qに日本体育大はインサイドを#88万(2年・C)に変えて対応。#88万は#24刘をかいくぐって得点していき日本体育大が逆転。#19中野(4年・F)の3Pもこれを援護し、一時は8点のリードに成功した。しかし、#88万が獲得したフリースローが入らず、日本大は#14高橋(1年・SG・札幌日大)の3Pが前半残り3分から立て続けに3本決まると一気に追い上げ、43-45に戻して前半終了。

 このままの流れを持続したいところだったが、後半の立ち上がりで日本体育大がシュートが決まらず失速。日本大は逆転すると残り5分で#14高橋の3P、#25菊地のドライブで畳み掛けて点差を開くと、4Qもをこれを維持し、89-59で最後は30点差をつけて勝利した。

 日本体育大は後半の立ち上がりにシュートが決まらず、一気に崩れてしまった。日本大は序盤こそインサイドで攻めあぐねる部分が見えたが、全体的にアウトサイドが好調で11本の3Pが効果的に決まった。

写真:菊地も3本のスリーを決めて13得点。

日本大学:6勝1敗
日本体育大学:2勝5敗

※日本大・安田選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【攻守で焦らず対処した慶應義塾大が国士舘大を乗らせず】
130921ebina.jpg 唯一全勝を守って首位を走る慶應義塾大は、能力者の揃う国士舘大と対戦。全体的にサイズのある国士舘大を前に思ったように攻められない慶應大だが、#4蛯名(4年・G)がミドルシュートやアシストで攻撃の要になっていく。国士舘大は#14高橋(4年・G)がドライブを仕掛け、交代した#8伊集(3年・G)もミドルシュートを決めて1Qは17-17。2Qに入って1Qから継続してディフェンスでゾーンを敷く国士舘大は慶應大の足を止め、#8伊集の3Pで逆転。しかし慶應大は#4蛯名が#13吉川(3年・G)へアシスト、スクープショットで同点に戻すと、#14大元(2年・G)、#16伊藤(3年・G)による3連続の3Pが決まった。国士舘大は#10大河原(3年・F)のドライブ、#22原(2年・F)のオフェンスリバウンドなどもあるが、流れを持っていかれた格好に。慶應大はその後も#4蛯名がブロック、パスカットからの速攻への流れを作るなど中心的な働きをして43-32の11点リードで前半終了。

 後半に入り、ややファウルが込み始めた慶應大に対し、国士舘大は10点差前後をなかなか詰め寄ることができない。慶應大はそれでも欲しいところでスコアラーがきちんと得点し、ディフェンスでも要所でリバウンドをもぎ取って点差を保つと、そのまま乗り切りきって84-68でタイムアップ。終始国士舘大を乗らせず、全勝を守った。

写真:リバウンドをもぎ取る慶應義塾大・蛯名。13得点9アシスト3ブロックに加え、高さのある国士舘大から要所のリバウンドでこの日多大な貢献。

慶應義塾大学:7勝0敗
国士舘大学:4勝3敗



[続きを読む]

【INTERVIEW】

「チームの雰囲気を作り、引っ張るのは4年の仕事」
最上級生であることを意識し、最後の年に賭ける

◆#37安田太樹(日本大・4年・SG)
130921yasuda.jpg1年生時からメンバー入りはしていたものの、なかなか出番を得にくく、チャンスを掴むことができないでいた。今季はリーグ戦前のケガもあって登場が遅れたが、3週目から長時間のプレイングタイムを得て司令塔の役割を果たしている。
今のところ派手な動きはせず、得点力のある周囲を生かすことが主となっているが、本来は点を取る能力のある選手。慣れない1番にはまだ戸惑いもあるようだが、ここまで下級生主体で戦ってきた日本大にとって、4年生が中心的な役割を果たすことでチームに落ち着きも生まれつつある。今後彼が得点に絡んでいくようになれば日本大はさらに強くなるだろう。


ー前半は競り合いましたが、後半は良くなりましたね。
「前半はトランジションから相手に外からどんどん打たれてしまって、インサイドのオフェンスに対してもこっちが守れず競ってしまいました。後半はしっかりリバウンドを取って戻り、ディフェンスの捕まえからしっかりやってのでこういう結果になったんじゃないかと思います」

ー前半はインサイドのオフェンスも刘選手(#24)で攻められず、という場面がたびたびありましたが。
「うちも刘に関しては頼りきってしまう場面があったので、そこで刘が引きつけたところをガード陣がカッティングに行って、そこから外に展開して外のシュートにつなげるという形が前半少なくて苦労した部分でした」

ー安田選手は先週から本格的に試合に出場していますね。
「今年は試合に出ることにはなっていたんですが、リーグの一カ月前に足をケガしてしまったんです。ちょうど先週から復帰する形になってやっと出られるようになりました」

ーではケガをするまでは調子は良かったんですね。
「悪くはなかったですね。あとは試合勘を戻したり体力を戻したり個人的な課題はまだまだあるんですが、そういったことはこれからやっていきたいと思います」

ー菊地選手(#25)も出ていますし、4年生がようやく揃ってきたなという印象があります。
「そうですね。最後の年ですし4年生全員で一致団結して頑張ろうという雰囲気は監督も認めてくれたみたいで。やっぱり実力的には力があるというとおかしいけど、4年生もやれなくはないはずなので、自分たちがしっかり引っ張っていこうと思って今年はやっています」

ー昨年は上級生が坂田選手(#1)だけになってしまって厳しかったですが、そういうことにはしない、という気持ちですね。
「今年はもう去年みたいなことにならないように、と新チームのときからずっと言ってきました」

ー下級生は個性が強くてなかなかまとめられないと昨年から坂田選手が言っていましたが、それは4年生全体から見てもそうなのでしょうか。
「去年から下級生メインでやってきたのであいつらの意見も合ってる部分もあるし、実力もあります。そこは認めるんですけどチームを引っ張るだったり、雰囲気を作るのは4年生の仕事だと思うのでやらせるときは4年生がしっかり言ってやらせるようにしています」

ー2部リーグはこれが初めてになりますが、ここまでどう感じていますか? 慶應大には1敗してしまいましたが。
「1部と比べると高さがないのでガード陣がすごくガチャガチャやってきます。そういった部分で日大はガードのディフェンスがまだぜんぜんで、相手のガードを抑えきれていないので不安定な試合が続いています。監督にもガードのディフェンスさえできればどのチームにも勝てると言われているので、そこはこれからの課題になります」

ー安田選手もガードとしてそこは重要ですが。
「自分はまだまだですね」

ー日大といえばディフェンスは元々強いチームという印象ですし、熊澤選手(10年度卒・現アイシンAW)などがいた頃はガードのディフェンスも見事でした。今年はまだそこまでディフェンスの印象が強くないのですが。
「監督からはディフェンスをやれと意識させられているんですが、自分たちがまだまだやれていない部分はあります。そこさえ徹底できれば昔の日大のような強さに戻せると思います。だから練習からディフェンスはやっていかなければいけないな、と思っています」

ーオフェンス面ではどういうコントロールを心がけていますか? 今は安田選手がそこまで攻める形ではありませんが。
「うちのチームには14番の高橋やキャプテンの坂田、菊地(#25)など、全員点数が取れると思うので、そこにうまく点を取らせるようにしたいんですけど、自分もガードを今年から始めたようなものなので。元は2番で点を取りに行っていたんですが、今年から1番ということでまだまだできていません」

ーそこは新しいポジションに挑戦中ということなんですね。
「監督からは攻撃が特徴なのでもっと攻めろとは言われているので、周囲をうまく生かしつつ自分も点に絡めるように、これからもっと練習していきたいなと思います」

ー2部は半分も来ておらず、まだ先は長いですが。
「今日は圧勝できたけれど先日慶應には負けてしまいました。今日の勝ちに甘んじず、これから全勝で入れ替え戦、インカレに向かっていけるようにチーム一丸でやっていきたいと思います」

--------------------------------

「プレー中は考えないで積極的にやっていく」
流れを変える成長株のシックスマン

◆#45大熊喜章(関東学院大・2年・G)
130921ookuma.jpg今年から出場機会を得て、ベンチスタートで思い切りの良い働きを見せる大熊。鋭いドライブはうまくスペースを見つけて切り込んでいくプレーが印象的だ。ベンチスタートだからこそ勢いも必要で、それをよく理解もしている。6人目、7人目の選手がこうやって仕事をしてくれればチーム全体も楽になる。
関東学院大は出足こそ躓いたが、3週目あたりからゲームの内容も良くなり、上位に浮上しつつある。今後もチームに勢いをもたらす存在になれるかどうか、ここからもさまざまな面で注目したい。


ー今日はチームとしても出足から良かったですね。
「今日は僕らもエリさん(#10エリマン)を使ってゴール下も調子が良かったので、そこで攻められました」

ー大熊選手は途中から出る形ですが、何を求められていますか?
「6人目、7人目は出るからにはチームの流れを良くするしかないので、基本的には交代したからにはディフェンスもして、役割を果たすようにやりたいと思っています」

ードライブなども積極的ですね。
「そこは意識して積極的にやっています」

ーうまくスペースにいてボールを取れていなりするな、とも思うんですが。
「そこはたまたまです。うまくボールが来たと思います」

ー今年の新人戦から出番を得る形になっていますね。
「去年は出番がなかったんですけど、2年生になってからちょっとずつ出るようになってきました。そこら辺もしっかり自覚してプレーしています」

ー公式戦の印象は?
「最初はすごく緊張しました。でも緊張したけれど新人戦でそれなりの経験もしましたし、それを活かしてリーグ戦でもやれていると思います」

ー序盤の連敗している中でも大熊選手は攻めることができている印象でした。プレッシャーはありませんでしたか?
「あまりプレー中は考えないですね。積極的にゴールに向かってやっているのでそのせいだと思います」

ー先週日体大に勝利してチームもかなり喜んでいましたが、雰囲気なども変わってきましたか?
「日体戦の前は2勝3敗のときで最初ずっと負けていたのでチームの雰囲気も悪かったんですが、みんなでミーティングをして話し合って切り替えてやれました。日体戦から上げていって、今日もいい感じでやれたと思います」

ー2年生には蜂谷選手(#38)という同期がいて、彼は1年生から試合に絡んでいますよね。
「あいつはあいつで積極的にやっていて、自分もお互いカバーしあって、いろいろ話し合ってやっています」

ー攻めていく感じの選手としては似ていますね。
「そうかもしれません。あいつはなんというか、よく声を出しているので自分も声を出さないといけないなとは思っています。できているかといったらあれですが、意識しています」

ー次は全勝の慶應大との対戦になりますが。
「僕らも勝っていて今調子がいいので、これを持続して明日の慶應戦でも通用するかどうか分からないけどやっていきたいです。頑張ります」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2013リーグ戦2部・3部/入替戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |