2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2013.06.10 (Mon)

【2013新人戦】6/10レポート(大田区総合体育館)

接戦に沸いた本戦初日は
延長戦や僅差の試合の続く緊張感ある展開に


130610numata.jpg関東大学トーナメントより約1ヶ月、1、2年生のみで戦う関東大学新人戦の本戦が幕を開けた。大田区総合体育館では10試合が行われ、序盤戦ながら延長戦にもつれる熱い戦いも見られた。

-------------------------------

aコート第一試合、慶應義塾大東京成徳大と対戦。立ち上がりこそもたついたが、リバウンドとディフェンスから得意の速いスタイルに持ち込み、#13真木(2年・G)、#5大元(2年・G)らが次々と得点を重ねて105-58で勝利を納めた。早慶戦の翌々日ということもあって楽ではないスケジュールだが、次の相手は強豪・青山学院大。ベスト8をかけた戦いに挑む。

aコート第三試合、法政大白鴎大の戦いは、一時逆転されるものの法政大が逃げ切った。1Qはファウルトラブルで白鴎大が苦しんだ。法政大は#16沼田(2年・C)が好ディフェンスで白鴎大の#23ジャニ(1年・C・八王子)へボールが入るのを阻止。早々にベンチへ送り返すことに成功する。しかし2Qになると今度は法政大がターンオーバーを連発し、得点がストップし、ファウルも続いた。白鴎大は#7川島(1年・SF・若松商)の3Pで逆転すると、一気に10点の差をつける。しかし法政大も3Qにはいると持ち直し、#7藤井(1年・G・厚木東)の連続3Pや#35山岸(2年・G)のスティールなども出て逆転。これで焦ってしまったか、白鴎大はオフェンスの攻め手に欠き、徐々に引き離されて84-67で法政大が勝利した。

aコート第四試合は、全体メンバーでも主力メンバーで構成された日本大関東学院大が対戦。前半は日本大が優位を保ってややリード。3Qになって10点以上のリードを奪った日本大だったが、やや集中力を欠いた時間帯に、関東学院大がディフェンスから反撃。何度もターンオーバーを奪ってQ終了のブザーとともに放った#45大熊(2年・G)のシュートが決まり、関東学院大が点差を6点に詰めて終了。しかし4Qの立ち上がりに日大が畳み掛けて再び10点差。関東学院大も#38蜂谷(2年・G)を中心にトランジションで粘って再度点差を詰めていくが、残り3:42、#38蜂谷とともに中心的な活躍をしていた#24高橋(2年・C)がファウルアウト。そして2:35、エース#38蜂谷が1on1でオフェンスファウルを取られ、続けて退場に。2本の柱を失った関東学院大は追い上げ叶わず、71-55で日本大が勝利を収めた。

bコートでは3部以下同士の戦いが続いたが、山梨学院大に加え、予選から勝ち上がった学習院大埼玉大上武大明治学院大の5校が勝利し、次戦へ進出した。

写真:法政大・沼田はファウルトラブルで苦しくなりながらも攻守で活躍。

※慶應義塾大・福元選手のインタビューは「続きを読む」へ。


【延長戦の末、順天堂大が1点差で駒澤大を下す】
130610komiyama.jpgaコート第二試合、順天堂大駒澤大の2部対決は高さで勝る順天堂大が互角の点差からじわじわ引き離すが、駒澤大も粘って追い上げ、前半は30-26の順天堂大リードで終了。しかし3Qに#20込山(2年・G)の3Pなども決まった順天堂大が10点近くのリードを得る展開に。駒澤大は持ち味であるトランジションで追い上げをはかるが、勝負どころで決定力を欠く場面が続いた。それでも激しいディフェンスからターンオーバーを奪っていった駒澤大が、#11中野(2年・G)、#1井野(2年・PG)などのガード陣の牽引により4Q残り3分で4点差にまで詰め寄るふんばり。突き放したい順天堂大だがシュートが決まらず、残り1分で同点にされてしまう。しかし駒澤大も最後のシュートを決められず試合は延長戦へ。

 延長戦は互いにゴール下を決めあった後、膠着状態が続いた。均衡を破ったのは順天堂大#20込山の3P。続けて#14柳澤(2年・F)のドライブ、#20込山のミドルシュートで順天堂大が優位に立った。3点差を追う駒澤大の最後の攻撃は、3Pが打てず2点シュートにとどまり70-69で試合終了。順天堂大がベスト16へと進んだ。

写真:勝負どころでのシュートが大きかった順天堂大・込山。


【江戸川大の追い上げをかわし、専修大が初戦突破】
130610watanabe_20130611123411.jpgaコート最終戦の江戸川大専修大は、最後までわからない緊迫感のある試合となった。前半は専修大のペースだった。江戸川大が緊張感もあったかシュートが決まらず、リバウンドも取れないのに対し、専修大は立ち上がりでフリースローを連続でもらい、アウトサイドも決まって波に乗った。江戸川大は2Qに入りやや持ち直すし、ゾーンで専修大を止めるが前半は29-38と追い上げられず。

3Qも専修大ペース。#6渡辺(1年・F・福岡第一)や#7國分(1年・F・名古屋大谷)らの得点で最大18点差をつけた。しかし残り4分にリバウンドやオフェンスの柱となっていた#6渡辺が4ファウルになってベンチへ下がると流れが江戸川大に傾く。#3王(2年・C)のオフェンスリバウンドを支配し、ガード陣が鋭いドライブで得点を重ねて49-55。専修大は残り4分ノーゴールに終わった。

4Q、勢いを得た江戸川大は開始2分半で遂に追いつくと、5分で逆転。専修大は#6渡辺をコートに戻し、ここからは互いに意地のシーソーゲームとなった。専修大はエース#24田代がオフェンスの主軸として奮闘。相手に守られながらも得点していく。残り1:19、専修大は#6渡辺がファウルアウト。その直後に江戸川大#3王がミドルシュートを決めて64-64と気迫を見せる。しかし専修大は#24田代が決め返し、次の江戸川大のオフェンスがミスになると再び#24田代のシュートで64-68と残り14.5秒で4点リードに成功。江戸川大はファウルゲームを仕掛けるも時間が足りず、最後は64-69で専修大が逃げ切った。

江戸川大は高さや人数では優位にありながら、試合序盤のシュートとリバウンドでゲームを支配するきっかけを失った。後半になって得意のトランジションが機能したが、勝負どころで専修大に屈した。専修大はスタメンの3人が1年生で、人数も少ない中、立ち上がりで流れを掴み、後半のファウルトラブルを我慢して最後はエースがきっちりと仕事を果たした。次の戦いも自分たちの流れにできるかどうかが大事だろう。

写真:ファウルトラブルで退場したが、専修大・渡辺の存在感は大きかった。

※専修大・田代選手のインタビューは「続きを読む」へ。


[続きを読む]

【INTERVIEW】

「自分たちが取り組んできたことを出したい」
春の締めくくり、新人戦にかける思い

◆#4福元直人(慶應義塾大・2年・G)
130610fukumoto.jpg新人戦では主将を務める。早慶戦から中1日、新人戦のための練習は前日の1日しかなかった。敗戦の後だけに疲れはあるだろうが、それでも良い練習だったと顔は明るい。良いメンバーが揃っていると言われながらもここしばらくは組み合わせに泣き、ベスト16止まりとなっている慶應大。今年も次の相手は青山学院大という強豪だ。大きな山を越えられるかどうか、試される時間は続く。


ー早慶戦の疲れもあったのではないかと思いますが。
「疲れがないことはないですけど、やらなければならないことなので、そこは鞭打ってやっています」

ー昨日の練習はどうでしたか?
「すごく良くて、1、2年生も自分たちがやるんだっていう感じで、3年生もすごくサポートしてくれていたので、気持よく調整できたと思います」

ー早慶戦もあったので新人戦の練習はほぼしていないと思いますが、どういうところをやろうとしているのですか?
「そうですね、新人戦の練習は昨日1日だけです。1、2年生が試合に出る機会が多いし、やっていることも早慶戦からの延長ということで意識を統一しています。昨日はその確認をして、あとは僕たちのフォーメーションを確認しました」

ーちょっと立ち上がりでミスもありましたが、その後は点差も離れました。やりたいことはできた初戦だったでしょうか?
「入りは先生にも言われましたが、僕たち2年生が攻めて崩すというのを1年生に任せてしまったというのが反省すべき点です。でもその後は一試合を通して広いスペースを取って1対1ができたので、そこはいい点かなと思います。あとは前半はディフェンスからのアウトナンバーを作れていたのも良かったです」

ーあまり外は打たず、という形ですがそこでの課題は。
「後半はちょっとペイントの中でごちゃっと固まってしまった時間がありました。うまくいかないときこそスペーシングをきちんと取ってやらないといけません。次はそこを注意したいです」

ー次はおそらく青山学院大との対戦が有力ですが。
「みんな勝ちたいとずっと言ってきました。チーム自体は早慶戦に向けてやっていたんですが、新人戦に向けては僕ら1、2年生だけでスカウティングしたり取り組んできたので、気持ちも出してしっかりしたゲーム運びをしたいです。一試合を通して僕たちのやりたいことをできればと思います」

ーあちらも有力な選手がいるし、そう簡単ではないかと思いますが。
「そうですね。タレントも揃っているので強いと思います。僕らは持ち味の機動力を出してやりたいです。高校時代は毎週のように試合をしていた誠司(#13鵤)とも久しぶりにやれるし、楽しみにしています」

-------------------------------

「自分が打って負けた方がいい」
責任を結果に変えて際どい勝負を競り勝つ

◆#24田代直希(専修大・2年・F)
130610tashiro.jpg最後のファウルゲームで得たフリースロー以外、残り3分間の全得点、8点をあげたエース。1年生の多いチームで自分がやらなければという責任感を見せた。
1年生が伸び伸びとやっている間はむしろ無理に攻めず、様子を見ていたという。だが、最後の勝負を決めるシュートは激しいディフェンスの中でも打っていった。少数精鋭で戦う新人戦チームだが、その度胸の良さを次の試合でも見られるだろうか。


ー最後、田代選手が決めて勝ちましたね。
「最後2本だけですが、相手が千葉だし、自分も地元が千葉なので勝ちたいなとずっと思っていました。勝てて良かったです」

ー前半はうまくリードできたかなと思いますが。
「リバウンドが取れていたので点差も一度20点近く離せたんですが、竜之佑(#6渡辺)がファウルトラブルでコートに出てしまって、点差が縮まってしまいました。リバウンドは課題ですね」

ー相手の王選手は2m近いビッグマンなのでリバウンドは警戒していたと思いますが。
「そうですね。でもスクリーンアウトだけしていればそこまでリバウンドを取ってこないかなと思っていたので、そこだけしっかりさせるようにしていました」

ー専修は人数も少ないので大変そうですが、どういう練習をしてきたんですか?
「3、4年生とずっと試合をしていただけですね。あとはディフェンスのディナイとかローテーションの練習ですね。ちょっと今日はあまり生かせなかったかなと思います」

ー1年生が3人スタメンで、みんな頑張ってくれていますね。
「能力が高くてシュートが入るやつもいるので、使い勝手がいいと思います」

ーその中で田代選手はかなりマークが厳しい中、点を取っていかなければならないと思いますが。
「来るなとは思っていたんですが、最初は周りで攻めようと思っていて。最後だけ攻めればいいかなという考えもありました。自分が外して負けたらいいかなとも思って」

ーちょっと先輩の宇都選手のようですね(笑)。
「ちょっと(考えが)似てるんですかね? 周りが1年生で、あいつらが打って負けるなら自分が打って負ける方がいいかなと思って最後は打ちました。決まって良かったです」

ー競るかもという予想はしていました?
「そうですね。負けるかもと思っていたので、かなり緊張はしていました」

ー後半から速攻に走られて追い上げられてしまいましたね。
「ビッグマンがいるから相手はリバウンドが取れるのが大きいですよね。みんながリバウンドに行ってしまって、速攻の方に追いつけませんでしたね」

ー次は勝ち上がり次第ですが、明治大の可能性がありますね。ディフェンスも強いですが。
「1部相手の方がやりやすい部分もあるので、頑張りたいと思います」

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2013新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |